欲は悪くない!質素倹約の考えでは幸せになれないのです

欲は悪くない!質素倹約の考えでは幸せになれないのです




こんにちは☆NORIです♪

今日「欲」のお話をしてみますね。

とくに、スピリチュアルに傾向する方に多いのですが、「欲」を悪いものだと思ってしまう方がいます。

今日は、そんな方に向けて、「人間らしく欲をもって生きることこそが、幸せをつかむ第一歩なのです!」というお話をしたいと思います♪

では、なぜ欲を持つことが正しいことなのか?

そんな事も含めて「欲を持つこと」の大切さのお話をしていこうと思います。


スポンサーリンク




沢山のお金を稼ぐことに、なんとなく罪悪感を感じていませんか?

とくに年配の方に多いのですが、大金を稼いだり、商売で沢山の利益を出すことに、なんとなく「罪悪感」を感じてしまっている人がいます。

つまり、「質素」に「倹約」して生きることこそが「美徳」だと思ってしまっているのですね。

もちろん、必要以上にお金を欲したり、必要もないのに沢山のモノを所有するのはどうかとは思いますが、お金を稼ぐことは悪いことでもなんでもありません。

この世の中はあくまでも「物質世界」なので、生きていくためには「お金」も必要ですし、「モノ」も必要なのです。

そしてこれは断言できますが、日本で生活している以上、どれだけ綺麗事を並べても、「お金がなければ絶対に幸せになれません」。

なぜなら、この世は物質世界だからです。

この世界で幸せに生きていこうと思ったら、最低限・・・

・趣味にお金を使うことが出来る
・綺麗な服を着ることが出来る
・健康を考えた体に良い食事をすることが出来る
・快適な睡眠を取れる住まいがある

これが満たされるくらいのお金は、絶対に必要なので、その為にお金を稼ぐことは、悪いことでも何でもないのです。


スポンサーリンク




質素倹約を美徳とする考えが広まってしまった理由とは?!

質素倹約を美徳と考える思考は、日本人は特に強く、この考え方が広まった原因は、「日本が敗戦国」だからなのですね・・・。

戦中、戦後は、とにかくモノがなく、人々はいつも「モノ」を求めていました。

そのような状況下で幸福感を得るために、人々は、

「いまは貧乏でも、そのうち良いことあるさ」
「お金やモノがなくても、幸せになれるんだ」

なんて思考が根付いてしまったのです。

というか、そう考えるしか幸せになれなかったのですね・・・。

わたしたちの親は、そんな戦争を経験し、貧乏を余儀なくされた世代の人に育てられ、教育されてきました。

そして、わたしたちもまた、そんな親に同じように育てられたのです。

その結果日本人は、必要以上のお金を稼ぐことに、なんとなく罪悪感をもったり、「貧乏」は美徳であるという思考が、根付いてしまったのですね

 

質素倹約を美徳と考えいると、限りなく貧乏になってしまう!

今の時代は「モノ」があふれています。

反面、あらゆる商売は飽和状態で、市場は客の奪い合いになっている状態です。

そのため企業は、利益を出すために常に凌ぎ合っています。

結果的に、競合企業を蹴落とす事ばかりを考える状態となってしまっているのです。

こんな状況は、全然思わしくないことではありますが、これが今の経済の現状です。

では、こんな世の中で、「自分は生きていけるくらいの収入があればよい」とか、「マイホームや車も自分には必要ないから、このまま質素に生きていければ良い」なんて、考えていたらどうなるでしょうか?

周りの人が他人の利益を奪うことばかり考えているこの世の中で、そんな事を言っていたら・・・

あなたは行き着くところまで貧乏になってしまうでしょう

ですから、人は常に欲を持って、「もっと良い生活」「より豊かな生活」を望まなければならないのです

 

スピリチュアル的に見ても、質素倹約の思考はよくない!

もしあなたが、「自分は贅沢をしないので、最低限のお金しかいらない」と思っている方、この考え方はすぐにでも止めたほうがよいです!

なぜなら、「自分は質素に生活できれば良い」とか、「最低限の暮らしができれば良い」と思っていると、仮に今そういった状態でなくても、「貧困」を引き寄せてしまうからです

詳しくは「引き寄せの法則」や、「潜在意識」にも書きましたのでご覧ください。

簡単に言うと・・・

日々考えていることや、思ったことは、良いことだろうと悪いことだろうと、現実化してしまうからです。

 

大欲を持つことで人は成功する

キリストにしても、釈迦にしても・・・

「この教えを多くに広めたい」

という「大欲」のもとに行動をしていました。

もしあなたが、この世から戦争をなくし世界平和を実現したい。

という夢を持っていたとしたら、それは「大欲」なのです。

「欲」が人を動かし、教えを広めるのです。

ビジネスにしてもこれは同じで、「この商品を沢山の人に使ってもらいたい」という、大きな欲を持つ人が成功し、その結果、お金もたくさん入ってくるようになるのです

「欲」をもって行動することが自分を豊かにし、周りの人も幸せにするのですね。

 

もともと人間に備わっている「欲」が悪いはずがない

男性だったら、誰でも女性にモテたいと思います。

女性だったら、ブランドバッグをいくつも欲しいでしょう。

沢山のお金を稼ぎたいとも思うでしょう。

豪邸に住んで、高級車に乗りたい!とも思うでしょう!

こうした「欲」は人間に最初から備わっている思考なのですね。

実業家の斎藤一人さんは、「そもそも人間に必要ないものを神様が授けるはずがない!」と解いています。

みなさまも是非「欲」を持つことに罪悪感を持たずに、どんどんお金を稼いで、沢山のものを手に入れることは正しいことなのだ☆

という事を知っていただき、これからも正しい欲を持って幸せな人生を歩んでいただければと思います。

読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク