怒っている人、威圧的な人への対処法

怒っている人、威圧的な人への対処法




こんにちは、NORIです!

威圧的な人、高圧的な態度の人って、皆様の周りにもいませんか!?

やたらと大きな声で怒鳴ったり、必要以上に怒ったり・・・

威圧的で、高圧的な態度な人ってほんとに嫌ですね(汗

今日は、そんな人への対処法を書きたいと思います!


スポンサーリンク




威圧的な人、怒っている人は、本当は「怖がっているだけ」なのです

威圧的な態度や威圧的な態度を取る人は、一見すごく強そうに見えます。

大きな声で怒鳴ったりしてるので、余計にそう見えますが・・・

実は、威圧的、高圧的な人というのは、恐れているのだけなのです

では、怒っている人は、いったい何を恐れているのでしょうか?

それは、自分を理解してもらえない事に恐れているのです

もし、あなたの会社でやたら怒ったり怒鳴ったりしている人がいたら、

「この人、なにをそんなに恐れてるんだろう?」

という目で見てあげてください。

自分が仏様になったような気持ちで、ギャーギャー喚き散らす上司を、ひとつ上の段から冷静に見てみるのです。

そして、相手は怒っているのではなく「恐れているんだ」ということがわかれば、こちらの怒りもだいぶ収まりますし、その波動が相手に伝わると、相手もだんだんと熱が冷めてきて、怒鳴るのを止めます。

これの良い例が、アニメ「風の谷のナウシカ」のワンシーンで見ることが出来ます。

クシャナを乗せたナウシカが腐海に不時着したシーンを思い出してみてくださいね♪(マニアックですいません)

クシャナ:「動くな! 命令は私が下す」
ナウシカ:「あなたは何をおびえているの? まるで迷子のキツネリスのよう」
クシャナ:「なにぃ〜〜!」
ナウシカ:「怖がらないで。私は、ただあなたに、自分の国へ帰ってもらいたいだけ」

さすが、宮﨑駿先生!

「怒り」という感情は、じつは「恐怖」だということをよく解っていらっしゃるのですね♪

関連記事
ストレスは無くならない!? ストレスとの上手な付き合い方


スポンサーリンク




必要以上に怒っている人は、怒ることで満足感を得ている

会社の上司や親など、必要以上にガミガミ怒っている人は、自分の怒りを他人にぶつけることで満足感を得ている場合がとても多いです。

どういうことかといいますと・・・

たとえば、仕事上であなたが何らかのミスをしてしまった場合、あなたの上司はあなたを叱ります。

しかし、叱られるあなたも、子供じゃないんだから、普通に注意してくれば解りますよね♪

それなのに、必要以上に大きな声を出して、何十分にもわたりひたすらと怒り続けている人というのは、「怒る」ことでストレスを発散しているのです

相手があなたに怒る建前としては・・・

「あなたの為を思って」とか
「本当は怒りたくないけど、解ってもらいたいから」と・・

自分はあくまでも正しいことをしているという前提で、あなたをストレスの捌け口に使っているのですね。

実は、この事は、怒っている本人さえも気づいてない場合が多いので、非常に厄介です

怒っている本人は「正義感」で怒っているつもりになっているのですね

あなたを必要以上に長時間に渡り怒り続けた上司は、きっと家に帰ったら奥さんに「今日も部下に付きっきりでマンツーマンで指導したよ」「これで、部下も成長してくれるだろうよ」と・・・

自分は「体を張って部下を育てている」と、あたかも「愛」を持って部下に接していると感じてしまっているのですね。

しかし、この事実がわかったとしても、もちろん上司にそんな事は言えません。

ですから、こういった「勘違いの正義感」で部下を必要以上に怒鳴り散らすような人には、「この人はそういう人なんだ」という目で見るしかありません。

この人は口では「あなたの為だ」と行って怒りまくっていますが、それは、「怒っている本人も気づいていない勘違いの正義感なんだ。」

と言う目で冷静に見てあげてください。

関連記事
怒りをコントロールするテクニック。時には演技で怒るフリも必要!?

 

威圧的な態度な人、必要以上に怒鳴る人は「恐怖心」をあなたにブツけているだけなのです

職場の上司だろうが、姑だろうが・・・

怒って高圧的な態度を取っている人を恐れる必要はありません。

 

怒っていて、高圧的な態度のこんな人も・・・

本当の姿は・・・

と、こうなのですね(笑

高圧的な態度、威圧的に怒るというの人は、実はあなたに「もっと自分のことを理解して欲しい!」と嘆いているのです。

そして、自分を理解してもらえない事を、恐れているだけなのですね

これが、高圧的、威圧的な態度を取る人の本性なのです☆

関連記事
ブラック企業から脱出しよう!

 

弱い人間ほど、高圧的・威圧的な態度を取る

弱い犬ほどよく吠える

昔の人は、上手いこと言ったもんですね(笑

頻繁に怒鳴ったり、必要以上に大きな声を出す人は、本当は弱虫なのです。

威勢を張って自分を大きく見せることで、それが周りにバレないように必死なのですね。

あなたの会社の上司が、必要以上に怒鳴り散らしていたら・・・

「何をそんなに恐れてるんデスカ?」

って言ってあげてください。

いや、言えませんよね・・・(笑

ただ、そういう目で見てあげるだけで良いのです。

もし、旦那さんとかが、暴力を振って威圧的な人だった場合は・・・

「あなた、なにをそんなに怖がってるの?」

と、ひとこと言えば、相手は図星をつかれて、きっと発狂してその後、怒鳴るのを辞めるでしょう。

威圧的な人というのは、「実は自分は怖がっている」ということがバレるのが、一番イヤなことなのですね。

 

人の「怒り」は一過性なものなので、放っておいて治まるのを待つ

機嫌が悪い人、怒っている人というのは、一過性のものです。

年がら年中、365日怒り続けている人はいません。

何故かと言うと、そんな風に生きていたら、人間の体がもたないからです。

年がら年中、威圧的な振る舞いをしていたら、きっとその人は病気になって死んでしまうでしょう。

それほど「怒り」というのは、人間のからだにとって毒なのです。

つまり、どれだけ、高圧的で威圧的な人がいたとしても、それは「その時」だけなのですね。

もし、旦那さんや奥さんがすごく機嫌が悪くて、あなたに威圧的な態度をとるのであれば、ちょっと家から出て、怒りが収まるのを待つのが良いでしょう。

数時間か、1日ほど、友達と遊びにでもいけば、そのうち相手はおとなしくなります(笑

「怒り」というのは、放おって於けば、そのうち治まるものです。

関連記事
機嫌の悪い人や怒っている人は、無視するのが正解

 

怒ってる人、威圧的な人には近づかない

怒ってる人、威圧的な人には近づかないのが一番です。

これが、できるなら是非そうしてください。

相手が友達や知り合いだったら、こんな人とは縁を切りましょう☆

無理して付き合う必要はありません。

しかし、多くの場合は、仕事関係の上司であったり、学校で先輩であったり、親族など、縁を切れない関係であったりと・・・離れたくても離れられない場合が多いと思います。

そんな時は、ぜひこの記事を参考にしていただき、なるべく無駄なストレスを溜めないようにして、幸せな人生を送ってくださいね☆

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
怒ると自分が損をする!? キレて得をすることは何一つ無い
サイコパスの正しい知識。他人の心の痛みを感じないサイコパスとの付き合い方


スポンサーリンク