人生諦めも肝心! 正しい諦め方により得られる幸福感

人生諦めも肝心! 正しい諦め方により得られる幸福感




こんにちは!NORIです☆

今日は「人生諦めも肝心!」というお話です。

こんな事を書くと、意識が高い人はから

「目標達成のために諦めたくない!」
「人生諦めたらお終いだ!」

なんて、批判も聞こえてきそうな気もしますが、今日の「人生諦めも肝心」のお話は、少し違います・・・

世の中には、一つの事を諦めずに努力し続けたほうが上手くいく場合もありますが、反対に、清く諦めたほうが上手くいく場合もあるのです


スポンサーリンク




「諦める」とは「明らかに眺める」こと

明らかに眺めるといってもちょっと解りませんよね(笑

明らかに眺めるとは・・・

人生で何か問題事や厄介事が起きたとしても、

その事実を明らかに眺めていれば良いですよ

という教えなのです。

普通は、問題ごとが起きた場合は、躍起になって問題を解決しようとします。

努力により解決できる問題ならよいのですが、実際は、問題事や厄介ごとの多くは、悩んだり努力したりしても、解決不可能な問題がほとんどなのです

家族のことであったり、病気のことであったり、仕事上の人間関係であったり・・・

解決したくても、解決する方法が無い問題ごとってのはあるんですよね。

解決ができない悩み事は、悩むだけ無駄ですし、その問題ごとに時間を取られて疲弊するくらいなら、いっそのこと、解決しようとせず、傍目から眺めている様にしているほうが疲れません。

「諦める」と書くと、その問題ごとを我慢することを自分で納得する、というマイナスなイメージになりますが、「明らかに眺める」と言えば、問題ごとはたしかにそこにあるのだけれでも、自分はただ眺めているだけなので、疲弊したりしません。

そしてこれは問題ごとから「逃げる」と言う意味ではありません

生きていれば、必ず様々な問題ごとは起きてきます。

しかしそんなときも、解決不可能な問題を、無理に解決しようと努力したりする必要はないのですね♪

問題に対して「諦める」のではなく、「問題はどうせ解決できないので、ただ眺めていれば良いのですよ」と言うことなのですね☆

関連記事
悩み事は解決できないので、勝手に無くなるのを待つのが正解


スポンサーリンク




「諦める」の正しい意味

それでも「諦める」という事が悪いことだと思ったり、「逃げている」と捉えてしまう方もいるかもしれません。

しかし、それでは、人生に疲弊するばかりで幸せになることは出来ません。

たとえば、どうしても貯金が苦手な人がいるとします。

毎月1万円でも、5千円づつでも貯金しよう!

と意気揚々に貯金を始めるのですが・・・

新作のブランドバッグが出たら、欲しくて欲しくて我慢できず買ってしまうタイプの方。

そういう人は、無理して貯金する必要なんて無いのです。

自分は「欲しいものを我慢できず買ってしまう人間なんだ」と諦めて、とっととバッグを買いに行けばよいのです。(笑)

ダイエットをしよう!

と固く心に誓ってみたものの、スイーツの誘惑に負けて、ついつい甘いものを食べてしまう人・・・

そんな人は、無理して甘いものを我慢しなくてもよいのです。

自分は「甘いものが我慢できない人間なんだ」と諦めて、好きなだけ食べればよいのです(笑)

辛い思いをして、無理をして貯金したり、甘いものを食べないように我慢することなどないのです。

大切なのは、あなたが「健やかな気分」、「嬉しくてワクワクした気分」でいられることなのですね☆

関連記事
悩みの原因は全て自分の中にある!敵は外にはいないのです

 

「諦める」ことで、新たな能力や才能が解る!?

たとえば、月旅行へ行こうと思ったら・・・

普通の人は、月までの距離はどのくらいあるのだろう?と調べます。

実際は地球から月までの距離は38万kmあるのですが、その情報がわかると、なぜか、地球の周りを38kmひたすら歩き始める人がいるのですw

しかし、月へ行くために必要なことは「ロケットに乗る」ことであって、地球上を歩き回ることではないのですね

このお話は、脳科学者の中野信子先生が、脳科学的に見た「人の脳の弱点」を語ったものです。

この例え話はちょっと極端ですが、しかし世の中には、実際にこのような無駄な努力をしてしまっている人が、実に多いのだそうです

どういう事か、詳しく説明いたしますね・・・

まず、「月へ行く」という目標を達成するには、ロケットに乗ることが唯一の方法となります。

ただ、ロケットに乗ろうと思っても、実際は何億円ものお金がかかりますし、仮にお金があったとしても、厳しい訓練に耐え抜いた、ごく一部の人しかロケットに乗ることは出来ません。

つまり、「月へ行く」という目標は、最初から達成出来る確立が物凄く低いのです

確率的には宝くじに当たるようなものでしょうか。

そして、その為に必要な努力も半端ではありません。

だったら、そんな夢はとっとと諦めてしまって、もう少し現実的なの目標に向かった努力をしたほうが良いのです。

「夢に向けて努力する」と言うと、とても美しい言葉のように聞こえますが、そもそも確率的に実現がほぼ不可能な夢だってあるのです

プロ野球選手にしても、Jリーグにしても、活躍できる人数の枠は最初から決まっていますしね(笑

しかし、わたしたちは子供の頃から「諦めるな!」と教育されてきました。

そのため「諦める」と言うことが、さも悪いことのように思ってしまいますが、じつは、諦めることは全然悪いことでもないですし、恥ずかしいことでもないのです。

叶わない夢のために無駄な努力をするくらいなら、そんなモノには早くに見切りをつけて、新しいことを始めたほうが絶対に幸せになれます

たとえば仕事などで、少しやってみて「自分には合わない」、「自分には辛くて無理」と思ったら、その仕事は諦めて、また次の職種にチャレンジしてみる・・・

これは、一見すると「すぐ諦めてしまう」というマイナスな行動にも見えますが、実は、そのほうが本当に自分にあった仕事が見つかる確立が高くなるとも言えます。

人生は有限で限られた時間しか無いのですから、無駄な努力をしている暇はないのですね☆

関連記事
才能とは何か? 才能があると不幸になる⁉

 

最後に

今日は「人生諦めも肝心! 正しい諦め方により得られる幸福感」というお話を書いてみました。

一見すると「マイナスなイメージ」を与える「諦める」という行為も、実は恥ずかしことではないのですね

問題事が起きたり、物事がうまく行かなかったっ時は、まず「明らかに眺めて」みて、これ以上苦痛が続きそうなら、清く辞める。

人生には、こういう思考も大事なのですね☆

読んで頂きありがとうございました!

関連記事
与えられた条件通りに生きれば、人生で苦労をしない
こだわりを捨てれば人生が楽になる


スポンサーリンク