モテない男とモテる男、特徴や違いとは!? 〜女性が理想とする男と好きになる男は違う〜

モテない男とモテる男、特徴や違いとは!? 〜女性が理想とする男と好きになる男は違う〜




今日は「モテない男とモテる男の違いや特徴とは!?」と題して・・・

主に、男性に向けて色々書いてみますネ(*´ω`*)丿☆

今日の記事は、ネットや本でよく書かれている「モテる男の条件」とは、ちょっと違います。

なぜなら、巷でよく見る「モテる男の条件」という記事には、「実際、女性がどんな男性に惹かれているか?」という事実が、まったく反映されていないからです。

実は、一般的に言う「モテる男性の条件」と、「女性が好きになってしまう男性」は、実際は全然違うのです

たとえば、女性に「理想の男性は?」と聞くと、返ってくる答えは・・・

◯高身長
◯イケメン
◯清潔感がある
◯収入が多い
◯男らしい
◯優しい
◯誠実さ
◯話がおもしい etc..

誰に聞いても、おおよそこんな答えが返ってきます。

しかし実際、わたしのまわりにいる「異常なまでに女性にモテる男性」は、清潔感もなく、お金持ちでもなければ、優しくもなく、誠実でもありません。

なぜ、このような現象が起きてしまうのでしょうか?

その理由は、女性は「理想のタイプ」という理想の男性像を持ってはいるものの、「好きになる男性」は、たとえ自分の理想とかけ離れていても、好きになってしまうからです

わたしは、自分の回りにいる異常なまでに女性からモテる男友達の現状を分析して、本当にモテる男性とはこうなんだ!という確信の元にこの記事を書く事としました。

そんなわけで、今日の記事は、人によってはちょっと納得出来ないような話になるかもしれませんが・・・

男性の皆様も、女性の皆様も、適当に楽しんで読んでいただければと思います(*´∀`)丿

関連記事
モテる女性とモテない女性の違いや特徴、モテる方法とは?


スポンサーリンク




女性を気持ち良くさせることができる男性は、それだけでモテます

セックスの話ではありませんよww (*´∀`)丿

もちろん、セックスも大事なのですが、どちらかというと「心」の部分です

これは、何の話かというと・・・

男と女の脳の構造の違いなのですね。

男性は、何でも理論的に考える傾向にありますが、女性は「感性の生き物」です

たとえば、男性は人生計画においても、人間関係や仕事の将来的な計画、収入を上げるために、色々と計画的に考えたりします。

そのため、男性の中には、女性からモテるために収入を上げたり、社会的地位を上げようと頑張ったりする人がいますが・・・

実は、女性からすれば、男性の収入の多さや社会的地位なんて、どうでもよいのです

女性は「感性の生き物」ですので、「感覚的にモノを見ます」。

簡単に言うと、女性は、「一緒にいて幸福感を感じることが出来る男性」に惹かれるのです

20代の女性も50代の女性も、これは同じです。

では、一緒にいて幸福感を感じる男性とは、どんな男性でしょうか?

それが、「女性を常に気持ちよくすることが出来る男性」なのです。

くどいようですが、セックスの話じゃありませんw

簡単に言うと、デートをしていて楽しい男性はモテます

さらに言うと、女性は、「今この瞬間、瞬間を、気持ちよくしてくれる男性」が好きなのです。

ポイントは今が楽しいかどうか?です。

もし、社会的地位や収入の多さで男性を選んでいる女性がいるとしたら、その女性は、本心では「将来的に養って欲しい」というポイントでしか男性を選んでいません。

もちろん、「社会的地位も収入も高く、人として尊敬できるから、その人を好きになった。」なんてパターンもあるでしょう。

しかし、これは稀な例なのですね。

実際、年収1千万以上(手取りで700万〜位)の人でさえも、全体の5%以下しかいないのに、その中で、社会的地位も立派で、それでいてルックスも悪くない・・・こんな男性は数千人に一人しかいません。

それよりも、「女性を楽しませることが出来るかどうか?」これが出来る男性の方が、はるかにモテます。

たとえ、その男性が、本当は借金返済に苦しんでいたとしても、二股や三股をかけていて、自分が本命じゃないとしても、デートしているその瞬間に、女性に幸福感を与える事ができるかどうか?

コッチのほうが大事なのですね☆

「最初は全然好きじゃなかったけど、だんだん好きになった」

こういった経験は、ほとんどが女性だと思いませんか?

男性も最初から「理想の女性像」というのはあますが、男性の場合は、自分の理想の条件近い女性を見つけると、何とか落とそうと努力します。

しかし、女性の場合は、タイプでもない人と何回かデートしていたら、気づいたら好きになっていた。

という事例が多いのです。

つまり、最初はタイプでもなかった男性でも、あまりの女性の扱いの上手さに、「気づいたら好きになってしまった」というパターンが多いのですね。


スポンサーリンク




魅力的な男性かどうか?と、モテるモテないとは別の事

わたしの友人の中には、「女性から異常なまでにモテる男」が何人かいます。

そういった友人たちに共通するのは「一緒にいて楽しい」という事です。

よく、「モテる男」は、同性の男からは人気がない。なんて話を聞きますが、そんなことはありません。

女性からもてる男性は、同性からも人気がある事が多いのです

なぜなら、モテる男性というのは、「女性を楽しませる」というモテ要素を持ち合わしていると同時に、「人を楽しませる」という要素も同時に備わっているからです

ただ、さきほども書いた通り、そういったモテる男性が、お金持ちかどうかとか、社会的地位が高いかどうかなんて、まったく関係ありません。

実際、わたしの友人S君は、学生時代から40歳超えてた今に至って、恋人がいなかった事がまったくなく、常に3〜5人の彼女がいます。

S君は、ルックスこそ悪くはないですが、ファッションセンスが悪く、ロン毛で清潔感もありません。

仕事はフリーターで、貧乏ですし借金ばかりしています。

しかし、そんなS君は、男のわたしから見ても「イイい奴」ですし、一緒に遊んでいてもすごく面白い奴なのですね

別の友だちのY君も、昔から女性にかなりモテる奴でした。

Y君も、S君同様、男のわたしから見て「イイ奴」で面白い奴なのですが、貧乏ですし、イケメンでもなければ身長が高いわけでもなく、ぱっと見は、ただのオッサンです。

そんな友人たちがモテるのは、とにかく「女性を気持ちよくさせる」事が上手なのです

学歴が無くても、大企業に務めていなくても、背が低くても、清潔感がなくても、貧乏でも、浮気ばかりしていても・・・

「女性を気持ちよくさせる能力がある男性」はモテるのです。

ただ、この「女性を気持ちよくさせる」という物凄い能力は、もう先天的なのですね。

わたしのような非モテがどれだけ努力しても、得られるような能力ではないのです(´;ω;`)

このように「モテる男性」とは、決して「女性が理想とする男性」ではありません

モテる男性は、先天的に持ち合わせた「人を楽しい気分にさせる」という能力により、女性が理想とする男性像なんて全く無視するかのごとく、次々と自分の周りに女性たちを引き寄せているのですね

その結果、一部のモテる男性が複数の女性と付き合うことにより、パートナーのいない男性が大量に溢れると言った現象が起こるのです。

交際相手やパートナーがいない男性の割合が、女性の割合よりも多いのはその為です。

 

サイコパスな男性はモテる

サイコパスとは、他人の不幸の上に自分の幸福を築く事が得意な、「他人の心の痛みをまったく感じない」という、特殊な脳の構造を持った人たちのことです

関連記事
サイコパスの正しい知識。他人の心の痛みを感じないサイコパスとの付き合い方

日本人の場合、数百人に一人の割合で存在するサイコパスですが、このサイコパスもまた、女性に物凄くモテます!

何故かと言うと、サイコパスは、生まれつき「他人の気持ちを察知する」という能力が、普通の人の何倍も優れているからです

その為、女性の気持ちを察知する能力にも優れ、自分が狙った女性に対しては、女性が気持ちよくなるような言動を見事に達成できるのです

ただ、サイコパスは、他人の心の痛みを感じません

その為、口では「君のことを愛してるよ」とは言っていても、本心はそんな事はまったく思っていないので、次から次へと浮気をして複数の女性と関係を持ちます。

しかし、ここからが厄介なのですが・・・

実は、女性は生物学的にサイコパス男に惹かれてしまいがちなのです

これは女性の「生物学的な本能」に関係しています。

どういうことか説明します・・・

サイコパスな男性は、不特定多数の女性を関係をもつことにより、自分の遺伝子を複数の女性にばら撒きます。

そして、その女性達が出産をし「男の子」を産んだとします。

その男の子が生殖可能な年令になると、今度は自分もサイコパスの遺伝子を持った父親と同じように、不特定多数の女性に、自分の遺伝子と、更に、母親である女性の遺伝子をばら撒くことになります

つまり、女性がサイコパスの男性に惹かれてしまう理由は、女性には、サイコパス男の特性を利用して自分自身の遺伝子もばらまきたい。という本能が根付いているからなのです

女性が「悪い男に惹かれる」というのは、こういった生存本能に理由があるのですね

こんな事を書くと、「よし、おれも悪い男になって、女性にモテまくるぞ!」なんて考える男は少ないとは思いますが・・・

そもそも、「サイコパス性」というのは「先天的」なので、良い人がサイコパスになって、悪い男を気取ろう!と思っても無理なのですね。

 

モテる男性は、人生を正しく生きている!?

このように、モテる男性とは、「女性に幸福感を与えている」という事になります。

これはつまり、モテる男性とは、言い換えると「多くの人を幸せにしている」と言えるのです。

モテる男性は遊び人になりがちですので、一見すると「女泣かせ」と思われてしまいますが、実は、スピリチュアル的に見れば「多くの人を幸せにしている」と言えるのですね

イタリア人の男性が、女性にすぐ声をかけるのは「声をかけないのは女性に失礼だ」というお話がありますが・・・

実はこれ、言い換えると「多くの女性を幸せにしたいんだ」とも言えるのですね。

そして、モテる男性は「自分自身も幸せ」なハズです。

つまり、沢山の女性からモテる男性は、スピリチュアル的には、「自分も他人も幸福にする」という理想の人生を生きているとも言えるのです

 

最後に

今日は、モテる男性、モテない男性について色々書いてみました。

ネットなどで書かれていることとはちょっと違っていた部分もあるかと思いますが、わたしの周りの友人を見ていると、実際は「女性を気持ちよくする事ができる男性」がモテるのです。

それと、「女性を気持ちよくする」事が出来ればモテるということは、つまり、ルックスが良い男性はそれだけでモテると言えます。

イケメンと一緒にいれば、気分がいいですもんね♪

ルックスが良い方がモテるのは、これは、男も女も変わらずなのですね・・・(´・ω・`)。

そして、今日の結論となりますが・・・

わたしのような普通の人間が「モテる男性になろう!」というのは・・・実は無理なのですw

ただ、落ち込む必要はありません。

わたしたちは、ただ人生を楽しく生きれいれば、それでよいのです☆

そもそも、モテるようになる必要なんてないのですから(*´∀`)丿

読んで頂きありがとうございました!


スポンサーリンク