Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

幸せに生きる為には“嘘”や“ズルさ”も時には必要!?

幸せに生きる為には“嘘”や“ズルさ”も時には必要!?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)丿

今日は「幸せに生きる為には“嘘”や“ズルさ”も時には必要!?」というお話をおしますね。

さて、このサイトを訪れてくださる皆様は、本当に真面目で性格が良い方ばかりかと思います。

真面目なのはとでも良いことですし、性格が良いのも素晴らしいことだと思います。

しかし、この現世においては、真面目で性格が良い人は、どちらかというと損をしがちになってしまいますし、これは事実です。

この世で幸福感を感じながら、幸せに生きていくためには、実は・・・ある程度の「ズルさ」も持っていたほうが良いのですね

これは言い換えると「要領の良さ」と言っても良いでしょう。

こんな事を書くと、自分は損をしても良いから「まっすぐ素直に生きていきたい!」という人もいるかもしれませんね。

しかし、あまり真面目で素直すぎると、自分自身がどんどん生きづらくなって、結局、自分の人生が不幸になってしまいがちになるのです。

というわけで今日は、「嘘」や「狡さ」について詳しく解説していきますね☆


スポンサーリンク




ズルさは悪くない!?

わたしはと言うと、昔は本当に糞真面目で、何があっても嘘をつくのはよくないと思っていました。

そのため、いつも自分自身を犠牲にしてしまいがちになり、常に自分が損をしているという感覚がありました。

しかし今となっては、割りと要領も良くなってきたので、割かし嘘もつきますし、自分の都合で行動したりしています♪

と言っても、わたしが嘘をついたり、自分中心で動いたりしても、それによって誰かが凄く困ったりとか、誰かに損害を与えるようなことは、絶対にしないようにしています

たとえば若い頃は、お客さんから仕事の納期を聞かれれば、1週間かかって費用20万円くらいの案件があったとすると、昔は「納期は1週間で20万円です」と、そのまま答えてたんです・・・

逆に今では、たとえ1時間でできる簡単な仕事でも、「1週間必要」と言ったりします。

休みの日に仕事をしていて、本当は電話はつながるのに、自分が喋りたくないときは、ヘーキで居留守を使います(・∀・)

ただ、元々このように上手く立ち回って、「自分が得をするように生きている人」は、あえてそれ以上、性格を変える必要はないと思います。

何故かと言うと、そういった要領の良い人は、そもそも人生や人間関係で悩んだりしないからです

ですから、こちらの記事は、あくまでも、真面目すぎて、自分が損をしがちな人に向けて書いていると捉えてくださいね

関連記事
要領が悪い人の方が得をする!? 「要領の悪い人」と「要領のいい人」の違い


スポンサーリンク




嘘をつくのが悪くない時もある

わたしは、今では、嘘をつくことはさして悪くないと思います。

なぜなら、世の中には、物事の真実を伝えることにより、それを聞いた事により、その人がすごく悲しい気分になる場合もありますし、真実を知ることによって、その人が「不幸になる」場合だってあるからです

たとえば、余命3ヶ月の人に、正直に「あなたは余命3ヶ月です」と伝える医者は、どうかと思いますし、殺人などの犯罪を犯した親の子供に「君の親は人殺しなんだよ」と正直に伝えるのも、どうかと思います。

こういうのは「綺麗な嘘」と言えますね。

このように、「綺麗な嘘」を付くことにより、相手の心を必要以上に傷つけないようにする事は、気を使える人ならば、すでに実践している事だと思います。

ただ、今日のお話で、わたしが伝えたいことは、そう言うことではなく・・・

皆んなもっと、「自分が一番ラクできるような嘘をついていいんだよ」と言うことです。

重ねて言いますが、このサイトを見てくださる方は、ほんとうに真面目な方ばかりなのです

その為、「他人の苦労を自分が背負い込む」なんて事をしがちなのですね。

ですから、そういった皆様には、もっと「自分中心」に行動をして、自分が楽になるような要領の良い立ち回りほしいのです☆

朝起きて会社に行きたくなかったら、たまには「風邪を引いたこと」にして仕事を休めば良いですし、友達と旅行に行きたくなったら「遠くに住む親戚のおばちゃんが亡くなった」とか、もっと嘘をついていいんですよ☆

昔の私は、このへんの融通がまったく利かずに、ブラック企業に勤めていたのにもかかわらず、ズルして仕事を休むことは絶対にしてはいけないことだ・・・と自分で信じておりましたし、それを実践しておりました。

つまり、昔の私は、真面目過ぎたのですね。

この時に、自分が嘘をつく事により「誰かが苦労する」と、考えてはいけません。

あくまでも、自分中心に考えましょう

他人の幸せを願うのは確かに素晴らしい事なのですが、特に真面目過ぎる人、優しすぎる人は、まずは、自分自身の幸せを考えたほうが良いのですね。

少々乱暴無い方をしますと、「嘘」というのは、相手にバレなければ、それは「真実」なのです

わたしは、今ではこういう考え方をするようになりましたので、正直なところ、浮気も悪くないと思っています

浮気は「バレる」から、相手の心が傷つくのです。

仮に浮気をしたところで、一生の間、誰にもバレなければ、誰の心も傷つきません。

とは言っても、男性の方が浮気する場合は、大抵の場合は奥さんにバレますけどねw

関連記事
本音と建前〜会社組織で生きていくために絶対必要なテクニック〜

 

それでもスピリチュアル的に見たら「嘘」は良くないこと

嘘をつくことは、スピリチュアル的に見たら「良くないこと」です。

どんな宗教でも、やっぱり「嘘」は良くないとされています。

ただ、その嘘により、他人を騙して相手が不幸になる嘘が「100悪い」としたら、嘘を付くことにより、相手が幸福感を維持できるような「きれいな嘘」は「50くらいの悪さ」なのです。

どちらにしろ、「嘘」は悪いことなのですが、悪いレベルが違うと言えます

わたしは、たとえ「嘘」が悪い事だとは解っていても、その嘘により、自分が救われたり、他人が幸せでいられるのなら、あえて嘘うをついた方が良い。と考えております。

たぶんあの世に行ったら、現世でついた様々な嘘について色々とお説教をされるのでしょうが・・・

まぁ、それは仕方ありませんね(*´ω`*)

それよりも、現世で真面目に生き過ぎる事により、自分が他人の苦労を背負い込んでいまうような形で、自分自身の人生を苦労だらけにしてしまうことのほうが、よっぽど悪いことだと、わたしは思います☆

読んで頂き、ありがとうございました!

関連記事
正しく生きるな! 楽しく生きよう♪


スポンサーリンク