経済格差の原因とは? 知識格差とモチベーション格差のお話

経済格差の原因とは? 知識格差とモチベーション格差のお話




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)丿

今日のお話も少々現実的な「お金の話」となりま〜〜す☆

今日は、「経済格差の原因とは?」と題して、「経済格差が起きる本当の理由」などを書いてみようと思います♪

さて、そもそもの「経済格差」の原因は「知識格差」という事が出来ます。

以前の記事でも書きましたが、沢山の収入を得ようと思ったら「勉強」をするしか方法はありません

つまり、常に「頭を使い続ける人」というのが、収入を上げていくことが出来る人のですね。

今までは・・・

( ̄ェ ̄;) エッ?

という事は、これからは違うの?

という事になりますが、はぃ、チョト違います

今までは、勉強をしてたくさんの知識がある人が、より高い収入を得ることが出来る時代でした。

もちろん、収入を上げ続けるには「勉強し続けるのが大切」という事は変わりないのですが、ただ、これからはちょっと違ってくるのですね・・・

ちなみに、今日の記事は「これから収入を上げていきたい」と思っている方に向けて書いていきます

そのため、少々難しい話になるかもしれませんが・・・

詳しく順を追って説明していきますね〜♪


スポンサーリンク




インターネットが社会の仕組みを変える

今までは、人よりも知識があり、より有益なノウハウや技術を知っている人が、より裕福になっていく傾向にありました。

しかし、今は「ネット時代」です。

みなさんもご周知の通り、今の世の中は、知りたい情報や解らないことは、チョチョっと検索するだけで簡単に知る事が出来るような時代になりました。

これが、20年前でしたら、何か知識を得ようと思ったら、その知識を知っている人に教えてもらうとか、図書館に行くとか、本を買って読むとかしか方法はなかったのですね。

昔は知識を得るために勉強しようと思っても、「勉強」する環境に自分を持っていくまでに、まずひとつのハードルがあったのです

しかし今は、世界中のありとあらゆる「叡智」は、インターネットに繋がる環境にいれさえすれば、誰もが公平に、簡単に得ることが出来るようになっています。

つまり、現在では、世界中の殆どの人に、ほぼ無料で簡単に勉強ができる環境が与えられている、ものすごく恵まれた時代といえるのです

では、そんな恵まれた状況下でも、実際に「格差」が起きてしまっている原因は何なのでしょうか?

もちろん、生まれつき持ち合わせた「知識を吸収するスピード」や、「読解力」や「応用力」などの、個人差は少なからずあります。

しかし、それよりも、個人個人で「知識の差」が起きてしまっている原因は、「知識を得ようとする欲」があるかないか?の差と言えます。

つまり、今の時代の格差の原因とは、実は「モチベーションの格差」なのです

そして、これからの時代はこの「モチベーション」が、どんどん格差を広げていきます。

日頃から、「より多くの知識を吸収したい」と考えている人は、自ら勝手に検索して、どんどんと知識を得ていきます。

逆に、テレビとかで流れるニュースやドラマだけで情報を得ている人は、本当の情報を得ているのでなく「利権」による、お金儲けをする人たちに都合の良い情報だけを受け取っていると言えます

そして、そういった人たちは「情報弱者」と呼ばれ、今後は「収入を増やす」ための行動を起こす活動の土俵にも上がることが出来ないようになってしまうのです。


スポンサーリンク




「知識を知っている」のと「知識を使える」のは違う

これからの時代は「モチベーション格差」が更に広がっていくと思われます。

知識なんてのは別に、知ってても知らなくても、それほど問題ではないのですね。

なぜなら、知らないことは「検索」すれば解るからです

しかし、更に大切なのは何かといいますと・・・

自分がその知識を「ちゃん使える」かどうか?なのですね。

これは、「応用力」と言い換えることが出来ます。

わたしが以前、取引先の経営者の方から言われた言葉で心に響いたのは・・・

知っているのと体現するのは違う」。という言葉です。

その人が言われたことは、まさにこれからの時代を生き残るために真髄を得ていて、知識として知っているかどうか?なんてのは、これからは、ほとんど意味がないという事なのです。

もちろん、知識を知らないよりは知っていたほうが色々と都合が良い場面も多いのですが、これからの時代は、その知識をちゃんと活かして、自分自身がどんな行動をすることが出来るか?ということが大切だ。

とその人は言っていたのですね。

実際、わたしの仕事上の付き合いがあるリテラシーの低いオッサンとかは、今でも自分が解らないこ事とかをいちいち電話で聞いてくる人もいます。

わたしは、そういった人もジャケにはしませんので、一応は優しく対応しますが・・・聞かれたことは、ほぼ100%答えることが出来ます。

なぜなら、仮に自分の知らない事とかでも「検索すれば解るからです」

相手からすれば、「NORIさんは何でも知っている知識豊富な人だなぁ」と思っているかもしれませんが、こちらとしては、受話器を肩に挟んで、喋りながらPCで検索しているだけだったりしますw

つまり、情報や知識を「知っている」何てことは、これからの時代は凄い事でもなんでもないのです。

世の中には「インターネット」という膨大な知識の宝庫が既に存在しているので、自分が知らない事や解らない事は、そこにアクセスして情報を引っ張ってこればよいのですね。

そしてこれが、ホリエモンがよく口癖にしている「ググレカス!」という言葉の本質だったりするのですw

関連記事
お金の仕組み

 

世の中の“お金の量”は決まっている

世の中には膨大な量のお金が存在しています。

今の現状としては、全世界の上位わずかな人達が、そのお金を所有しているのが事実です。

お金の実際の量は、金融機関により意図的に増やしたり減らしたりされ、それにより意図的に経済格差が作られているのも事実なのですが、この話は、そういった根本的な経済の話ではなく、もっとわたしたちの生活に近い部分でのお話となります。

では、ここでちょっと、現実的なお話をしますね(*´ω`*)ノ

実際、世の中には膨大なお金が存在はしているのですが、「わたしたちが回せるお金の量」とうのは、だいたい量は決まっています

たとえば、ある人が収入を上げて「もっとお金持ちになりたい」と考えるとします。

しかし、「お金の量」は基本的に決まっているので、その人がお金を得たいと思ったら、「誰かからお金を頂く」事となります

お金をとは「価値を交換するためのツール」ですので、その人は、お金を頂く代わりに、お金をくれる人には「同等の価値」を与える事になります。

と、このように今の経済は回っているわけなのですが、これはどういう事を意味しているかと言いますと・・・

仮に「全員がお金持ちになりたい」と思ったとしても、全員がお金持ちになる事は、そもそも不可能なのです。

なぜなら、ある人が「お金を得る」という事は、すなわち、その分「お金を手放す人がいる」という事だからです。

関連記事
全ての人がお金持ちになるのは無理なのです。しかし将来を心配しなくて良い理由とは?
収入を増やす方法。お金に困らない生活をするには?

 

すべての人が裕福になることは物理的に出来ないのです

ある人が、何か商品やサービスをお客さんに与えることにより100万円を手に入れたら、お客さんは100万円と同等の価値がある商品やサービスを受取り、その代わりに、現金である100万円を相手に渡します。

基本的にお金は、このようにして世の中を回っているのです(金融商品、株、FXなどで収益を上げる場合は除く)

たとえば、「みんなで稼いで幸せになりましょう!」なんて言葉をスローガンにしてセミナーとかしている、自称コンサルタントとかをたまに見かけます。

しかし、わたしからすると、よくそんな無責任なこと言えるな・・と思ってしまうのです。

なぜなら、本当に、お金の仕組みが分かっているなら「みんなで稼いで幸せになりましょう!」なんて事は言えないはずなのです

この世の中のお金の量は決まっているので、セミナーの受講者の全員が経済的に成功して豊かになることは、そもそも物理的に無理があるのです。

そして、もしセミナーを開催している自称コンサルントのような人が、そういった事実を知らずにセミナーをしているとしたら、その人は、まぁ「天然」と言うことになるので、悪意はないといえるでしょう。

逆に、セミナーの講師が「本当は全員が儲けることなんて出来ない」という事実を知った上で、「みんなで稼いで幸せになりましょう!」なんて堂々と言っていたら、その人は「大嘘つき」という事になるのですね

某大手のコンサルティング会社で、あえて名前は出しませんが「F◯研」という会社があります。

F◯研は中小企業だけでなく大企業の経営コンサルもやる、コンサルでは有名な会社なのですが、わたしがF◯研の社員にコッソリ聞いた話では・・・

コンサルにより実際収益が上がる成功事例は「20%」だそうです

ということは、残りの80%の会社は、コンサルタント料だけ取られて、全く収益が上がってないのですね。

F◯研のような大手のコンサルティング会社にコンサルを頼めば、1社につき数百万円から数千万円の契約料となります。

そんな大金を払っても、実際の成功事例は2割なのです。

F◯研も、一応は一流企業になるわけですし、そこで働いているコンサルタントは東大や慶応出のエリートばかりです。

しかし、そんな頭の良い人達がコンサルティングをしても、成功事例はたったの2割なのですね。

実際、こんな状況なのに、FacebookなどのSNS上で活動してる何だかよく解らない自称コンサルタントの成功事例など・・・ほぼ無いに等しいでしょうw

関連記事
簡単に月収100万円稼げます←Facebookなどでよく見かけるビジネス勧誘の嘘

 

まとめ

というわけで、今日は「経済格差の原因とは?」と題して、格差やお金の話を書いてみました。

いろいろ解りにくかったかもしれませんのでまとめてみます。

1.  現在はインターネットにより、全世界の人が公平に収入を上げるためのチャンスである「叡智」に触れることが出来る恵まれた環境が整っている

2. 収入を上げるための知識は誰でも得られる状況なのに、格差が起きている現状を踏まえると、格差の原因は「収入を得たい(勉強したい)」と、どれだけ思うことが出来るか?のモチベーションの差である

3. お金の量は決まっているので、全員がお金持ちになることはそもそも不可能。つまり「みんなでお金持ちになりましょう!」と言っている自称コンサルは、天然か詐欺師のどちらかw

といった感じです

今日の記事はあくまでも「これから収入を上げていきたい」と思っている人に向けて書きました

ただ、このサイトでよく言っていますが、そもそも収入を上げたいなんて思わない人も、別にそれは全然OKなんですよ☆

実際、今の世の中は、生活する上での最小限お金があれば、十分幸せに楽しく生きていくことは可能なのですから(*´ω`*)丿

読んで頂きありがとうございました!


スポンサーリンク