アセンションとビジネス。テクノロジーの進歩がアセンションを後押する!?

アセンションとビジネス。テクノロジーの進歩がアセンションを後押する!?




こんにちは!NORIです☆

スピリチュアリストの間で騒がれている「アセンション」。

アセンションとはつまり、次元上昇ですが、2012年に起きるとか、2016年に起きるとか、結局何にも起きてないじゃん!と、様々な議論がかわされている今日このごろ・・・

今日は、そんな「アセンション」を私なりの解釈で説明したいと思いますね。

ただ、今日のお話は「アセンションとビジネスの関係」についてです

スピリチュアルな話もふまえつつ、アセンションによる「ビジネスの変化」などを書きたいと思います♪

さて・・・

キリスト教では「昇天」とも呼ばれているアセンションですが、わたし自身は、すでにアセンションの状態に入っている、と考えています。

本屋さんのスピリチュアルや占い、宗教系の書籍コーナーに行けば、以前よりアセンションなどスピリチュアルに関する書籍が増えてきたと思いませんか?

これは、単純にそういった思考を受け入れる人が増えてきたと言えますし、時代は確実にアセンションへ向かっているといえるでしょう☆


スポンサーリンク




ビジネスに見るアセンション

1980年代、日本はバブル真っ盛りでした。

高級車に不動産投資、とにかく「物質」に価値を求めて、必要の無いモノまで奪い、投資をしていました。

この時代は「物」が神様になってしまった時代なんですよね

バブル期により「物質至上主義」は加速され、その代償として人々の心は、本当に大切なものは何なのか?という事を忘れていってしまったように思えます。

ビジネスの世界では、とくにバブルを経験した経営者は、今でも搾取型ビジネスこそが、正しいビジネスだと信じています。(全員がそうだとは言いませんが・・・)

搾取型ビジネスとは、相手からモノを奪うスタイルのビジネスです。

同業他社からお客さんを奪い、競合他社を潰すことに力を入れ、そこには「愛」などかけらもありません。

反対に、最近はスピリチュアルな考えをビジネスに取り入れる、若い起業家たちが本当に増えたと思います。

彼らの行うビジネスはとても純粋で、ただただ自分が楽しいと思ったこと、自分自身がワクワクして幸せだと感じた「商品」や「サービス」を、沢山の人に教えたいんだ!

という純粋な気持ちで行動しているだけに見えるのです。

実際わたしは、幸福感とワクワク感いっぱいでビジネスをしている若い起業家に何人か会いましたが、彼らはハナから「利益を出そう」とか、「会社を大きくしよう」なんて思ってませんでした。

ただ、「楽しいから」とか「面白そうだから」という思考で動いているのです

美味しいイタメシ屋を見つけたり、面白い映画を見たりすると、嬉しくて人に喋りたくなっちゃいますが、ちょうど彼らもそんな気持ちでビジネスをしているだけなのですね。

そこには「競争」という意識もなく、「楽しいことを皆に広めたい」という、「愛」や「奉仕」の気持ちしかないのです。

そして、こういったビジネススタイルを可能にしたのが、じつは「インターネット」という仕組みが大きく後押ししています。

インターネットの登場により、大きな資本がなくても、人脈がなくても、「純粋に自分が良いと思ったもの」を世界中に発信できる環境が、もう完成しているのです。

最近はコーチングや個人コンサルを仕事にする若い方も増えてきましたが、彼らの思考も「愛」や「ワクワク感」だけで動います。

では、アセンションとは何なのでしょうか?

この答えですが、わたしは・・・「今のこの現象こそが、まさにアセンション」と解釈しています。

スピリチュアリストの間では、マイナス思考な人や、人を恨んだり、妬んだりする心を持っている人は、アセンション出来ない、と言われています。

未だにバブル期のような物質至上主義の「搾取型ビジネス」をやっている50〜60代の経営者(もちろん全員がそうだとは言いませんが)は、アセンション出来ない人、と言うことになってしまいますね・・・。

もちろん、犯罪を犯したり、人を傷つけたりする人は問題外です。

そして、劣等感や競争心とは無縁の思考で動く、新しいタイプの若いビジネスパーソンたちが、これからの時代を作っていくんですね。

関連記事
アセンションとは!? アセンションに向かうと起きる事

 

時代は良い方向へと向かっています

日本という国は、世界的に見ても元々「奉仕」や「義」を重んじる国で、わたしたちのDNAにも最初からそういった美しい思考が組み込まれているのです。

実際に、海外で活躍するスピリチュアリストの間では、「アセンションは日本がキーになるのでは?」と言われています

一般的には、アセンションとは、3次元世界から5次元に切り替わるので、次元上昇について行けない人は地球と一緒に滅亡して死んでしまうとかいう人もいますが・・・

そんなことは絶対にありません!

なぜなら、5次元世界などは最初から「ここ」にあるからです

ただ、今の私たちの科学力では、それを「認知」することが出来ないだけなのです。

「人は死なない」の著者である東大病院の矢作直樹先生もおっしゃっていますが、「あの世(別次元)は何処にあるか?」の質問に対しての答えは「ここ」にあるのです

すでにアセンションは始まっていますが、その変化は、地球の環境が劇的に変わるとか、みんなで5次元世界に移動するとか、そういう事ではないのですね。

これは、どういうことかといいますと・・・

たとえば、若くして、皆の幸せのために会社を起業したり、人を恨んだり嫉妬したりせず、愛に溢れた生活を送っている人は、自分も含めた同じような意識の人達が増えてきた事に、直感的に気づき始めています

つまり、アセンションとは地球そのものに起きる現象ではなく、「個人」それぞれの意識の変化の事なのですね。

そして、個人レベルの人格が上昇し、そんな魂レベルが高い人たちが増えてきた時・・・

この地球全体が、高次な次元へとシフトすると言えるでしょう☆

「何だかわからないけど気付かないうちに周りの環境などが飛躍的に良くなってきた」と感じる人は、自分も含めた自分の周りの環境のアセンションが、すでに始まっているのですね☆

 

テクノロジーの進歩がアセンションを後押ししている

近年に見られる「テクノロジーの進歩」もアセンションに関わっていいると私は考えます。

たとえば近年は、インターネットにより、瞬時に世界中の人と対話ができるようになりました。

次はAI(人工知能)も加速度的に進歩していきます。

AIは様々な仕事の場に導入されるようになり、単純作業や、危険な作業、つらい仕事などは、これからは全て機械がやってくれるようになるのです。

そのおかげで、人々の心は「ゆとり」を手に入れられるようになり、先進国の人たちから順番に、よりクリエイティブに、より幸福感に満ちた活動に時間を使えるようになります

簡単に言うと・・・嫌な仕事をする必要がなくなり、これからはあなたの趣味が仕事になるのです

このことは起業家の堀江貴文氏も、随分前からTVや本で言っていますね♪

人々の心が豊かにクリエイティブな思考になっていけば、そこには競争心や嫉妬心などはハナから存在しません。

つまり、テクノロジーの進歩が、人類の進化のスピードを加速させ、そして、物質至上主義を切り離した新しい思考をする人が増えていくと言えるのですね。

そして、この現象こそがまさに「ただいまアセンション中です!」と考えてよいと思います。

あなたの周りに「最近、優しい人が増えてきたなぁ」と感じたら・・・

それは、あなたも含めて「只今アセンション中♪」と解釈して良いと思います。


スポンサーリンク




最後に

今の10代〜30代の若い方などは、物質に価値を求めず、それよりも精神的な豊かさな方を大事する方が増えてきていると感じます。

たとえば、若者の間では「車離れ」なんて言われていますが、実際のところ「車」は、無駄にお金を使いますし、更に環境も破壊します。

このように、最近では「車」などの「モノ」に対してに興味がなくなり、精神的な豊かさを求める人が増えてきています。

モノやお金に執着せず、本当に大切なものは何なのか?

これを直感的に感じる始めている人も「アセンションし始めている人」とわたしは解釈しています。

読んで頂きありがとうございました!

 

関連記事
物からは幸福感が得られない理由


スポンサーリンク