神様は自分の中にいる

神様は自分の中にいる




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)丿

今日は「神様は自分の中にいる」というお話をしたいと思います。

はぃ、いきなり「神様は自分の中にいる」と言われても何のことやらサッパリ解りませんね♪

しかし、もしも今日のこの話を100%理解できると・・・

悟りが開けます!
アセンションしちゃいます!
そしてあなたは、高次な存在へと一気に飛躍できます

という事が実現しちゃうくらい、理解するのが難しいお話ですが・・・

ただ、このことを知っているのと知らないのとでは、わたしたちの今後の人生の幸福感が違ってくると思いましたので、今日の記事を書く事としました。(*´ω`*)丿


スポンサーリンク




神社になぜ鏡があるのか?

皆様の中には神社仏閣めぐりが好きな方も多いと思います☆

神社に行かれた時に「そういえば、どうして神社には鏡があるの?」と不思議に感じていた方も多いかもしれませんね☆

実は、ここでもう今日の話の答えが出てしまっているのですが、神社に鏡がある理由が、「神はあなた自身なのですよ」という事なのですね。

と言われても、まだピンと来ませんよね(・∀・)

では、更に詳しく説明します・・・。

 

自分の中にいる神様とは「分け御霊(わけみたま)」の事

「分け御霊」と言う考え方は、「神道」での教えです。

分け御霊を簡単に説明すると、「神様と同じ存在が、全ての人達の中にも一つづつ入っているんですよ」。という事になります。

神道では、神とは絶対神であり、この宇宙の中心に、叡智を超えたとてつもなく大きな存在である神様がひとりだけいるのですよ。というような教えとなっております。

絶対神であり唯一神である神は、「大日如来」とか、「天之御中主」と呼ばれる、天の中心の神様とされています。

ただ、神様は唯一神であり一人(ひとつ?)しか居ないということで間違いないのですが、その同じものが私たちの中にも入っているのです。

そして、唯一神である神様を「外神様(そとがみさま)」、自分の中にいる神様を「内神様(うちがみさま)」と言います。

この話は、電話の「親機と子機」を例に説明すると、解りやすいかもしれません

たとえば、神社に行って何かお願いをするとします。

そして、ほとんどの方は、願い事は「外神様」に対して願っていると思います。

宇宙の中心に在る「外神様」が「電話の親機」だとしたら、わたしたちの中に入っている「内神様」は「電話の子機」と言えます。

つまり、親機でも子機でも、電話番号は同じなので、願い事は「自分自身」に言っても同じなのです

「自分自身に願い事を言う??」

ここでカンの良い人は気づいたかもしれませんね☆

実は、これ「自分の潜在意識に向かって願い事を言う」という、「潜在意識を活用した願いを叶える方法」と同じなのですね。

関連記事
潜在意識で願いは叶う! 潜在意識とは?


スポンサーリンク




自分の中にいる神様とは、原始意識のこと?

原始意識とは、わたしたちの意識の奥底にある「潜在意識」の更に最深部にある部分です。

引き寄せの法則が存在する理由を説明すると、「潜在意識に入った願望は叶う」という心理学のお話になってきます。

そして、更にこの話を突っ込んで説明しますと、潜在意識の更に奥にある「原始意識」の部分に、願望や願い事が入った時、願い事は100%現実化すると言えます

心理学者のユングは、潜在意識とは宇宙意識であり、すなわち「神だ」とも言っていました

ここからは、わたしの説も交えて解説致します・・・

潜在意識の更に深層部にある「原始意識」は、全人類とのつながりを持つ集合意識体であり、宇宙と繋がりを持っています。

というよりも、原始意識に蓄積された宇宙誕生からの記憶(アカシックレコード)が、すなわち宇宙そのものであり、言い換えると「神」なのですね☆

つまり、この地球上の全ての人間は、神そのものなのです。

わたしの中にも、この記事を読んで下さっているあなたの中にも・・・

皆んなに神様が入っているのですね☆

ただ、わたしたちは輪廻転生を繰り返し、この物質世界で様々な経験を積むうちに「自分が神である」という事をどんどんと忘れていっているといえます。

ではどうして、魂を成長させるためにあるはずの輪廻転生というシステムにより、神であることを忘れる(つまり退化)するの?という疑問も浮かんできますよね。

実はこれに対する回答もあるのですが、これを説明しようとすると、かなり難解ですし、陰謀論的な話も入ってきますので、今日はその理由については省きます。

ただ言えるのは、わたしたちは、「本当は神である」という事を忘れていっているという事実。

そして、自分が神であるという事を忘れてしまっている原因は、わたしたちが持つ「我の強さ」と言えます

では、次に、わたしたちは皆「神なのだ☆」という事を思い出すためのアファーメーションをご紹介致します。

関連記事
集合的無意識とは? 人の意識は繋がっている!?

 

アファーメーションによる魂の浄化のススメ

実際、わたしたちの魂はとても汚れているといえます。

聖職者の中のごく一部の本当に心が綺麗な人や、生まれつきのライトワーカーなどは、「自分の中に神がいる」という事を何となく感じているかもしれませんが、ほとんどの人たちは「自分の中に神がいる」という意識すら持てないでしょうし、集合的無意識により、他の人たちとの意識を共有しているなんて感覚もないでしょう。

しかし、魂の汚れを落として、「本当は自分自身が神だった」と気づくことは、悟りを開く事にもなります

言い換えると、これは自分自身が一気にアセンションに向かうとも言えるでしょう。

ただ、魂の浄化は、そんなに簡単なことではないと思います。

もし、魂の完全な浄化が簡単なら、世の中の人達はとっくに悟りを開いて、この世から戦争や争いごとは無くなっているはずだからです。

しかし現実は、世の中はまだ酷い状態にあります。

というわけで、長年こびりついてきた魂の汚れを落とすのは大変なことかとは思いますが、興味のある方はぜひ実践してみてくださいね☆

それでは、ここで魂の浄化をするためのアファーメーションをご紹介します。

この方法は、実業家の斎藤一人さんが提唱している、「自分自身が神であること」に気づく為の、天国言葉と呼ばれる言霊です☆

「我は神なり、愛と光なり」

これを1日100回言いましょう☆

アファーメーションを言う時は、自分が楽しく幸せな気分であることがベストなのですが、最初はこれも難しかもしれません。

ですから、最初は自分の感情は気にせずに、ただただ呪文の様に称えてみてください。

キリストも「始めに言葉ありき」って言ってましたしね♪

そして、このアファーメーションから解ると思いますが、わたしたちは最初から神であり「愛と光」の存在なのですね

本当は、誰だって愛にあふれているのです。

わたしたちは、「愛」にあふれてた存在であるからこそ、人に優しく親切にしたり、人の痛みを感じたりすることが、実は生まれつき出来る存在なのですね。

関連記事
全ての地球人に贈る、宇宙人からのメッセージ
言霊(ことだま)の効果は科学的に実証されている

 

まとめ

今日のお話は、チョット解りにくかったかもしれません・・・。

わたし自身も、まだ自分が神であるなんて、なかなか信じられませんしね(*´ω`*)丿

では、まとめてみます☆

1. 自分の中に神様がいることは神道が証明している。その為、神社には自分自身を映す鏡がある。

2. 神道で言う「自分の中にいる神様」とは「分け御霊(わけみたま)」の事。そして、絶対神である神様は「外神様」、自分の中にいる神様は「内神様」で、双方の神様は電話機の親機と子機のように繋がっている。

3. 自分の中にいる内神様をユングの心理学で説明すると潜在意識や原始意識の事で、神は宇宙そのものでアカシックレコードと言える。つまり、わたしたちは全員神であると同時に、すべての人は宇宙と繋がっている、というか宇宙そのもの。

4. 神様が自分の中にいることを思い出す方法としては、アファーメーションによる魂の浄化がオススメ☆すると、本当は自分が「愛と光に溢れた存在」であることも思い出すことが出来る!

とまぁ、こんなところです(*´∀`)丿

わたしたちは全員が神であるということは、あなたの大好きな人も、あなたが大嫌いな人も・・・みんな、あなたと繋がりがあり「神」だと言えます。

もしも、あなたが大嫌いな人がいるとしたら、「その人の中にも神がいる」という事を思い出してみるのも良いかもしれませんね♪

読んで頂きありがとうございました!

関連記事
人生に生き辛さを感じている人は“ライトワーカー”かも!? ライトワーカーの特徴とは?


スポンサーリンク