UFOを見る人、霊を見る人の特徴とは?

UFOを見る人、霊を見る人の特徴とは?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)丿

今日は「UFOを見る人、霊を見る人の特徴」のお話をしてみます☆

この記事を読んでいる方の中には、UFOや霊を見たことがある人も結構多いのではないのかな?と思います。

ちなみに、わたしはUFOも霊もまったく見たことはありませんw

ただ、金縛りや、寝ている間の夢なのか起きているのか曖昧な状態の時に、霊のようなものは何度か遭遇しております(・∀・)


スポンサーリンク




なぜUFOを見る人は霊も見えるのか?

皆様の中には「なんでUFOを見る人は霊も見るの?」と不思議に思った方も多いかもしれませんね♪

たしかに、UFOと霊を別けて考えてしまう方もいるでしょう。

スピリチュアルは好きだけど、オカルトや都市伝説にはまったく興味がない。という人も結構いると思いますしね♪

しかし実は、UFOと霊は同じに考えて良いのです

これはどういう事かを説明いたしますと・・・

まず、この宇宙には3次元、4次元、5次元・・・と複数の次元が存在しています。

さらに細かく言うと、宇宙は「個人個人が認識することによる無数の時空間によって出来ている」と言えますが、ここではそういったパラレルワールド的なお話は、ややっこしくなるので今回は省略します・・・

わたしたちが暮らすこの世界は3次元世界です。

しかし、霊がいる霊界や幽界といのは、4次元以上の高次元な世界なのですね。

そして、UFO、つまり地球外の知的生命体と言うのも、大抵は、わたしたちの暮らす3次元世界よりも高次な4次元、5次元世界の住人なのですね。

なぜなら、地球外知的生命体のような高度に進んだ存在であるという事は、同時に精神性も進化した生命体であるという事だからです。

そして、精神性が高いということは、つまり高次元に移行している生命体ということなのですね。

簡単に言うと、地球外知的生命体はアセンションを何度も通過しているので、地球人から見たら「神」とも言えるほど、精神的に高次に進化した存在と言えます。

しかし、今のところは、わたしたち人間は物質世界であるこの3次元空間がお似合いの低次な存在です。

そのため、わたしたち人間には、宇宙全体のごくごく一部でしかない3次元の物質的現象しか、感知することも理解することも出来ないのです

そしてこれが、ほとんどの人には霊やUFOが見えない理由です

関連記事
5次元世界とはどんな世界? 次元上昇と波動の振動数のお話
パラレルワールドは実在する!?


スポンサーリンク




UFOや霊を見る人はどんな人?

さて、ほとんどの人はUFOや霊を感知することは出来ませんが、地球人の中にも少数ですが、霊やUFOのような高次な存在を感じ取ることが出来る人は、実際にいます。

チャネラーや超能力者、霊媒師、預言者なんて呼ばれる人たちですね♪

よく言われる話では、心の綺麗な人や、心が純粋な人が霊やUFOを見ると言われていますが、わたしの見解では、これは関係ないと思います

なぜなら・・・

わたしの回りに何人かいるUFOや霊の目撃者は、心が綺麗でも純粋でもないからです

私の統計では、UFOや霊の目撃者は、どちらかというと社会の枠からはみ出している人が多いです。

少し変わった仕事をしていたり、独特な人生を歩んでいる人が多く、一般的な「普通の人」というのはいません。

そして、共通点は皆、20代後半までの若い頃に観ている。という事が上げられます。

関連記事
悪霊の正体と種類。悪霊に憑りつかれやすい人の特徴
妖精は実在する!? 精霊や自然霊など、色んな霊の種類のお話
宇宙人とUFOテクノロジー。地球人の叡智を超える地球外知的生命体

 

UFOや霊を見る人は霊感の強さに関係している

では、UFOや霊を見る人は、どんな特徴があるのでしょうか?

わたしの見解を申しますと、UFOや霊を見る人は、単純に「霊感の強さ」が関係しているのだと思います

江原さん的に言えば「憑依体質」とでも言いましょうか。

ただ、霊感というのは「ある」「ない」の二極性に別れるものではなく、霊感が強い人と霊感が弱い人は、段階的なものなのですね。

とは言っても、本当は、わたしたち人間は、全員が霊感があります

実は、霊感がゼロ!なんて人はいないのですね♪

「自分は霊感が全くない」なんて人は、霊感がないのではなく「霊感が弱目な人」という事なのです。

そして、この霊感の強さというのは、どうやら遺伝的な「先天的要素」が強いようです

やはり「生まれつきUFOや霊を見やすい」という人はいるのですね☆

関連記事
地球人と関わりがある宇宙人たち。地球はレプティリアンに支配されている!?

 

UFOの目撃例のほとんどは勘違い!?

とは言っても、UFOや霊を見たりする人の中でも、UFOの目撃例については、残念ながら9割以上は勘違いかと思います

わたしも超常現象とかは結構好きですので、Youtubeなんかで最近のUFOの目撃動画とか、都市伝説系のYoutuberの方が紹介している読者からの投稿写真をよく見ているのですが・・・

これは本物だな~って思える映像は、ごくわずかしかありません。

写真や動画を投稿してくる人自身は、「これは本物だ!」と信じて投稿をしているようですが、多くは「見間違え」なのですね。

そして、UFOでないものをUFOと見間違えてしまう原因、それは「知識不足」にあります。

つい先日も、わたしの友人がブログに「UFOだ!」って写真を掲載していたのですが、どう観ても夕日に映し出された飛行機雲の写真でした(・∀・)丿

まぁ、ブログに「それ違うよ」ってコメントして皆の夢を壊すのもするのも何だったので、後からLineでコッソリ教えてやりましたがw

UFOの目撃例の殆どは・・・

太陽光と雲による光の加減
単なる気象現象

航空機との見間違い
観測気球やドローン etc..

と、こんな感じがほとんどなのですね(*´ω`*)

 

実際のUFO目撃例

ただ、わたしの身近にいる信頼できる人(Bさんとします)の若い頃のUFOの目撃例は、かなり具体的で真実味があるので、わたしは信じております☆

残念ながら30年前の話になりますので、当時は携帯カメラなど無く写真は残っていないのですが、今でも当時のUFO遭遇の時の記憶は詳細に覚えているようです。

Bさんの目撃したUFOの詳細を書きますと・・・

◯まっ昼間に船に乗って釣りをしている時だった
◯会社の同僚数人で同時に目撃
◯形は下から見て三角形をしていた
〇晴天だった事もあり、高度や大きさなどは掴みきれなかった

◯ただ何をするわけでもなく上空に停止していた
◯5分ほど空中に停止していた後、どっかに飛んでいってた

と、こんな感じです。

さらにBさんは、その次の月にも別の場所でUFOを目撃しており、その時はシルバーかグレイ色をした球体だったと言います。

その時も、ただ上空に停止しているだけで、高度も大きさも、いまいち解らなかったそうです。

さて、この話を聞いて「ピン」と来た方もいるかもしれませんね。

そうです、三角形のUFOといえば・・・

今をときめく「TR-3B」ですね(*´ω`*)ノ

TR-3Bは、オカルトマニアの人たちには有名なUFOです♪

都市伝説では、アメリカ軍が開発した「地球製UFO」とされており、イラン・イラク戦争でも使われたとか何とかいう噂ですw

しかし、Bさんが三角形のUFOを目撃したのはもう30年前の話。

当時はTR-3Bなんて都市伝説もありませんでしたし、これはナカナカ面白い体験だなぁ〜と思います☆

もちろん、真相は誰にも解りません(*´ω`*)丿

 

まとめ

今日は「UFOを見る人、霊を見る人の特徴とは?」というお話を書いてみました。

今日のお話は、普段私が考えていることのほんの一部をかい摘むようなカタチとなりましたが、今日のポイントをまとめます・・・

1. UFO(地球外知的生命体)も霊的存在も、わたしたちの暮らす3次元世界よりも高次な次元に存在している。

2. UFOや霊を見る人は、心が綺麗だとかは関係なく、単に霊感が強めの人だと言える。

3. UFOという飛行物体の目撃例のほとんどは、知識不足による見間違え

まだまだ解明されていないことの方が多い、UFOや霊について色々と思考をめぐらすのは実に楽しいことでもありますね(*´ω`*)ノ

読んでいただきありがとうございました!

関連記事
ポルターガイスト現象など、心霊現象が起きる原因とは?
宇宙人と神のお話。宇宙人、魂、輪廻転生と宗教の関係とは?
宇宙人テクノロジーのまとめ。高次に進化した宇宙人たちの社会システム
コックリさんや、肝試しを絶対にやってはいけない理由


スポンサーリンク