Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

全ての物に魂は宿る〜宇宙規模で行われる輪廻転生のシステム〜

全ての物に魂は宿る〜宇宙規模で行われる輪廻転生のシステム〜
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)丿

今日は「全ての物に魂は宿る〜宇宙規模で行われる輪廻転生のシステム〜」と題しまして、魂と輪廻転生について色々と書いてみようと思います♪

これからお話する魂と輪廻転生のお話は、宗教屋さんが言っている事と少し違うかもしれません。

今日のお話は、わたしが色んな方から教わった知識と、更にわたしの仮説も交えてのお話になりますが・・・

まぁ、夢のある楽しい話だと思って読んでいただければと思います♪

それではいきますね〜(・∀・)丿


スポンサーリンク




物や車などの機械にだって魂は宿るのです

魂は、人間や動物だけに宿るのではありません。

言ってしまえば、この世のすべての物に魂は宿ります

魂は、虫や動物はもちろん、植物や石っころ、更には、家にある家電やソファやぬいぐるみにも、魂は宿ります。

たとえば、解りやすいのが車です。

わたしは車が結構好きなのですが、車に魂が入るという感覚はいつも感じています。

若い頃はお金が無かったので中古のボロ車に乗っていたのですが、遠くへ出かけるときなども、車に「今日もがんばってね♡」なんて声をかけると、本当に調子が良くなったりしたものですw

逆に自分の体調が悪い時や、嫌なことがあった時などは、それに同調するように車が壊れた事もよくありました。

このように車に宿る魂が、比較的分かりやすく物質現象として現れるには、実は理由があるのです。

まず、車は工業製品としてはパソコンやテレビと較べても値段が高いので、大抵の人は車に対して愛着を持ちます。

それに毎日、通勤などで車という空間に囲まれて長い時間を一緒に過ごし続けることにより、自分の波動が車から発せられる波動と同調して、こちらの愛着が車にも伝わりやすくなります。

そのため車に宿る魂は、オーナーの愛着を感じながら日々成長する。と言えるのですね☆

これと同じように、たとえば、男性の方だったら毎日使う電気ひげ剃りなんかにも「いつもありがとうね♪」なんて声かけしながら使うと、本当に歯が長持ちしたりするものです。

毎日使う炊飯ジャーや洗濯機にも、ちゃんと感謝の気持ちを込めながら使うと、あなたのそういった愛の波動は、ちゃんと機械にも伝わるのですね☆

関連記事
魂と輪廻転生の仕組みを、図解してみた

 

魂はあらゆるものに宿り、自らを成長させていく

では、アッチの世界から初めてこの地球に降り立った魂は、最初に何に宿るのでしょうか?

実は、ごくごく若い魂というのは、最初は「鉱物」に宿ります

そして、魂には少なからず「意志」や「理念」があります。

しかし、鉱物に宿った魂は、自分で動くことも出来ませんし、かなり不自由な状態とも言えます。

もし、石っころに宿った魂と話を出来るのなら、「どっか行きてーなー」なんて思っているかもしれませんねw

よく、「河原に落ちている石をむやみに持ち帰らないほうが良い」と、こんな話を聞いたことがある方も多いかとは思います。

ただ、石に魂が宿るとは言っても、その石を持ち帰ったことにより、その人に不幸が降りかかる。なんて事はありません。

なぜなら、石に宿る魂とはいっても、そのエネルギーはごく微小なものだからです。

もし、何かを持ち帰ったことにより体の調子が悪くなったりしたら、その原因はどちらかと言うと「本人の暗示」によるものでしょう。

つまり、「この石を持ち帰ったことにより、何か縁起の悪いことが起こるんじゃないか?」という恐怖心が、その人に不幸な現象を呼び寄せるといえます。

そして、鉱物に宿ることにより少しづつ成長した魂は、次に「植物」に宿ります

植物に宿った魂は、自分の意志で動くことこそ出来ませんが、昆虫たちの助けを借りることにより、「自ら増加したい!」という意志を行動に移せるようにまでなります。

昔、とある植物学者が植物に電極を通して、こんな実験を行いました。

電極を通した植物の枝を折ったり、葉っぱをハサミで切ったりしたのです。

すると、まるで植物が悲鳴を上げるかのように、電流計の針が大きく動いたのだそうです。

山などに行って自然の木々と触れ合っていると、とても心地の良い気分になるのは、こうした自然霊のエネルギーを感じることが出来るからだと、わたしは思ってます。

そして、植物の次に魂が宿るのが「動物」です

魂が動物に宿るくらいまで出世しますと、更に自由に動けるようになります。

では、人間に宿る魂と動物に宿る魂は、何が違うのでしょうか?

実は、人間の輪廻転生には因果が発しますが、魂は動物に宿っているうちは因果は発生しません。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる

その理由は、動物は生きていくために互いに殺し合う必要があるからです

その為、肉食獣のライオンがシマウマを殺して食べたところで、来世はシマウマに生まれ変わってライオンに食べられる苦しみを学ぶ・・・

なんて事はありませんw

そして最後に、魂は人間に宿る事により、地球上で最も自由を与えられた状態で生きることとなります

更に、こういった魂の輪廻転生の仕組みから解るように、魂には性別はありません

ちなみに、魂の成長の過程で一旦人間になった魂は、もう二度と動物に後戻りする事もありません。

人間の魂が最終段階なのです

と、ここまでは一般的な宗教で言われていますが・・・わたしの見解は少し違います(・∀・)

関連記事
死ぬとどうなる!?あの世ってどんな所? 死後の世界は存在する
宗教とは何か? 宗教の問題点と、自分に合った信仰の仕方

 

宇宙規模で行われる輪廻転生のシステム

ここからは、最新のスピリチュアリティーな考え方も含めた輪廻転生のお話となります。

人間として輪廻転生を繰り返した魂は、次のステップとして何に宿るのでしょうか?

人間に宿ることにより極限まで魂レベルを上げた魂は、地球外知的生命体として、別の星に行くことになります

地球に暮らすわたしたち人間は、宇宙全体から見たらかなり原始的で未熟な生命体と言えます。

この世は3次元の物質世界ですが、地球外の生命体には、わたしたちの地球のような3次元物質世界もありますが、それ以上の高次な世界に暮らす生命体もいるのです☆

そういった、地球人よりも、よりスピリチュアルで精神性の進んだ生命体に輪廻転生するという事は、ある意味、輪廻転生の本当の最終段階と言えるかもしれません。

また、最新の情報では、地球人を支配する地球外知的生命体により、人間が地球内でしか輪廻転生が行えないように、意図的に操作されている。なんていう説もあります。

そのため、地球人が精神性を高めようとスピリチュアルな存在に近づいても、それを阻止するように、意図的な金融支配と差別社会の形成が行われ、地球人がアセンションに向かうのを妨害しているそうです。
アセンションとは? アセンションに向かうと起きる変化

と、この話は長くなるのでまた次回するとして・・・

つまり、輪廻転生は宇宙全体規模で行われるシステムなのですね

そして、そういった高次な世界では、時間が過去から未来へ進むという地球人が考えるような時間の概念はありませんし、金融システムや戦争もありません。

ある意味、そういった高次な世界は地球人から見たら「天国」と呼べるかもしれませんね。

魂は、最終的にはグループソウル内の魂と経験や感動を共有し、そして、グレート・スピリットと呼ばれる宇宙の真理の部分へ里帰りすると言われています。

関連記事
前世の記憶は何故消えてしまうのか? ちょっと変わった前世のお話
宇宙人とUFOテクノロジー。地球人の叡智を超える地球外知的生命体


スポンサーリンク




最後に

いかがでしたでしょうか?

今日は、魂のお話と、今言われている最新のスピリチュアルな輪廻転生の仕組みについて書いてみました☆

こういったお話は、まだまだ真相は解りませんし、色んなスピリチュアリストの方が言われる内容は少しづつ違っていて、仮説の域を超えていないのも事実ですが・・・

また新しい情報が入りましたら、皆様にシェアしたいと思います(*´ω`*)丿

読んで頂きありがとうございました!

関連記事
宇宙の摂理と人生の目的。真理に則った生き方とは?
神は人間の創造主ではない!? 魂と肉体の起源のお話
人は何度も生まれ変わる〜輪廻転生のお話〜


スポンサーリンク