魂の目覚め。新しい年の幕開けに、皆様に伝えたいこと

魂の目覚め。新しい年の幕開けに、皆様に伝えたいこと




皆さま明けましておめでとうございます(*´ω`*)ノ

昨年は、本当に沢山の方々がこのサイトを訪れてくれました事を感謝いたします☆

今年も、皆様にとって素敵な1年になる事を、わたしは願っています!

さて、いよいよ2018年の幕開けです。

今年はどんな年になるのでしょうか・・・

今日は、わたしが普段から考えていることも含めた、2018年の生き方なんかを書きたいと思います☆


スポンサーリンク




魂の目覚めが始まろうとしています

わたしたちが理想とする世界・・・

それは、嫉妬、妬み、怒り、憎悪などの負の感情が存在しない世界と言えます。

このサイトを訪れてくださる方も、きっと同じ気持ちでしょう☆

わたしたちが、新しい時代に向けてやらなければならないこと・・・

それを一言でいうと

「繋」

だと、わたしは思います。

今、世界は少しづつですが、ライトワーカーの活躍が目立つようになってきたと感じます。

反対に、この地球に負のエネルギーをまき散らす「負の存在」も、負けじと活動を活発化させています。

そこで、わたしたちにできることは、一人一人のスピリチュアリスト、ライトワーカーが、「繋がる事」と考えています☆

世の中をもっと良くしたい

こんな願いを持つ、個人が、簡単に繋がることが出来るツールが、インターネットです。

ただ、インターネットという媒体は、負の勢力も利用しています。

しかし、インターネットの「誰でも利用できる」という特性は、力のない個人でも、情報を発信し続ける事が出来るのが良いところです♪

負の勢力は、膨大な資金力にモノを言わせて、インターネットだけでなく、あらゆるメディアを使い、負のエネルギーを拡散します。

しかし、わたしたちスピリチュアリストは、知恵を使い「繋がる」事により、「喜のエネルギー」を拡散します。

わたしも、ライトワーカーとして自分の使命を果たします。

数年前から噂されている、イベントと呼ばれる予言どおり、すでに一部のライトワーカー達が、イベントに向けて組織的に動いているようです。

では、わたしたちに出来る事はどんなことでしょうか?

まず、この地球には負の勢力が実際に存在し、そして、そういった勢力により作り出された制度により、わたしたちは奴隷となっている。ということを、多くの人たちに気づかせる事にあります。

その上で、この物質世界で幸福感を持って生きていく為には・・

常にプラス思考で明るく生きる
人の悪口や愚痴を言わない
他人の嫌がることはしない
人と自分を比べることに意味はない

そして、思考は現実化する

といったような基本的な考え方を広める事であり、すべての人類に向けて「わたしたちは魂のレベルを上げるためにこの地球に生まれてきている」という情報を広める事なのですね☆

 

幸いなことに、私たちは日本という世界で最も精神性の高い国に生まれました。

日本人であるという事は、それだけで物質的に豊かで、精神的にも「他者を尊重する」という愛の精神を生まれつき持ち合わせています。

昔から、「アセンションは日本がキーになる」と、多くのスピリチュアリストの間で言われていますが、わたしもそう思います。

この世界をもっと良い世界にするという事は、他人の幸せを願うという事です。

しかし、他人を幸せにしようと思ったら、まずは、自分自身が幸せでなければならないという法則があります

まずは、皆さま一人一人が、人生で幸福感を感じられるように、魂を成長させましょう☆

そしたら、その幸福感は、集合的無意識により、必ずあなたの周りに伝わります。

幸福感を連鎖的に広めて、世界中の人を幸せにする。

割合的に言えば、悪の枢軸はこの地球上でほんの一握りしかいません。

どちらかというと、悪の勢力の存在に気づき、すでに行動を起こしているライトワーカーの方が人数は多いと思います。

しかし、世界中のほとんどの人たちが、今の世界の現状を知らないのも事実です。

なぜ、地球にはこれほどまでに貧困があるのか?

なぜ、いつもかも戦争をしなければならないのか?

なぜ、人々は憎しみあっているのか?

わたしはその理由を知っています。

世の中がここまで酷い状態なのは、原因があるのです。

わたしはこれからも、多くの人たちが幸せになるような情報を発信し続けます。

まずは、日本から・・・

インターネットの仕組みを最大限に利用した情報拡散により、多くの人たちに幸せになってもらうために、活動していきたいと思います(`・ω・́)ゝ

読んでいただきありがとうございました!

関連記事
世界から戦争や貧困を無くす方法を考えてみた
悪魔崇拝者による金融奴隷システムからの開放。本当の敵は誰なのかを知る!


スポンサーリンク