私たちは洗脳されているという事実

私たちは洗脳されているという事実




こんにちわ☆NORIです(・∀・)丿

今日は「世の中の仕組み」について、私が知っていることをちょっと書きたいと思います。

この記事は限定公開としておりましたが、この度、公開する事としました☆

なぜこの記事を公開しようかと思ったかといいますと、生きていく上で、今の世の中の状況を知らなければ、本当の意味での「幸せ」になることは難しいかな?と思ったからです

ぶっちゃけた話ですが、タイトルの通り、わたしたちは長い間洗脳され続けた生活を送っていると言えます

それでは、順を追って説明していきますね♪




企業によって行われる洗脳

さて、わたしは本業がIT屋で、業界的には広告業界にいます。

日本では、ファッションや、グッズ、映画、音楽など・・・様々な流行が、流行っては消え、流行っては消えを、繰り返しています。

ところであなたは、流行はどうやって起こるか?を考えたことがありますか?

広告業界にいる私は断言しますが、ほとんどの流行は自然に起きるのではなく、企業により意図的に流行らされるのです

流行を起こす企業というのは、その事により利益を得る企業です。

世の中に起きる流行で、何か不自然さを感じたら、その流行によるお金の流れを追えば、仕掛け人が誰か解ります。

まぁ、流行が起きるだけなら良いのですが、問題なのは、わたしたちの普段の考え方や、思考、生きていく上でどんな事が本当に大切なのか

こんな事までもが、広告会社によって情報をコントロールされているのが問題なのです。

つまりこれは、広告会社による国民の洗脳が行われていると言って良いと思います。

ちなみに日本国内では電〇という某一流広告代理店が、広告情報の9割をコントロールしています。

関連記事
常識を疑わないと不幸になる!? 偽物の幸せ像を信じていませんか?




戦後から始まった日本人への洗脳

わたしたちは何年もかけ洗脳をされてきてしました。

日本人にとって特に解りやすい洗脳が始まったのは、戦後日本に入ってきたダグラス・マッカーサー率いるGHQによる洗脳です。

GHQが日本人に行った洗脳とは・・・

日本人は真珠湾を奇襲攻撃したという、大変な罪を背負っている
日本人は、戦争犯罪者として、反省しなければならない
天皇陛下は日本のシンボルというだけで、政治に口を出す存在ではない
ハリウッド映画によく見る、不健康で不良なスタイルで生きることが格好いい
神や仏を信じることは格好悪いし、霊やUFOなども存在しない
陰謀論や宇宙人を信じる事は恥であり、社会から阻害される
欧米式のビジネスこそが正しいビジネス
塩分は体に悪い。塩分控えめの食品が体に良い
 etc…

まぁ書き出すとキリがないのですが、ざっと書くと、日本人にはこんな感じの洗脳が行われました。

この記事を読んでいる方も、「昔教科書で読んだことや学校の先生が言ってたことが含まれている!」と思った方も多いかもしれませんね。

それもそのはずで、学校の先生ですら、真実の歴史を知らないのです。

もちろん、教科書に書かれている事には、嘘の情報も混ざっています。

そして、GHQの指示の下、国民に洗脳を行ってきたのは、広告代理店などのPR会社であり、広告代理店と組んで洗脳の情報を流し続けているのは、金融機関や保険会社と言った企業です。

彼らは、TVや新聞などのマスメディアなどを巧みに操り、わたちを嘘の情報で洗脳し、わたしたちから日本人が元々持ち合わせていた高貴な精神性を奪い、莫大なお金を搾取しています。

つまり、日本国内の日本の企業自身が、日本人の民度を下げるような洗脳を今も尚行っているのです

たとえば、最近の洗脳で解りやすい事例は、従軍慰安婦問題などは、本当は実在すらしない事なのに、朝◯新聞やN◯Kは、今でも率先して「日本人が罪を犯した」という嘘の情報を流し続けています

では、なぜ日本の企業が日本人を陥れるような嘘の情報を流すのでしょうか?

それは、日本の情報をコントロールしている企業の株主が海外の企業だからです。

つまり、日本の情報操作を行っている日本の企業は、すでに日本の企業ではなくなっているのです。

関連記事
日本人と道徳心。忘れ去られた日本人の精神性を取り戻す

 

保険会社、製薬会社などの「多国籍企業体」が利益を上げるために行われたオバマケア

アメリカは日本と違い医療費が激高なのはご存知でしょうか?

たとえば、アメリカでは、風邪を引いて病院に行くと十数万円、盲腸の手術をして入院をしようもんなら300万円もの医療費がかかってしまいます。

しかし、アメリカがこんな状態になってしまった原因も、オバマ前大統領が行った「オバマケア」が原因だと言われています。

オバマケアは、「全国民が保険加入できるような安全な社会を作る!」と、最初はあたかも国民の為を思った制度のように見えました。(アメリカには日本の国民健康保険制度のようなものはありません)

しかし、蓋を開けてみると、実は「国民は全員、民間保険会社に加入しなければならない」という決まりが出来ただけだったのでした。

そして、オバマケアを押し進めた張本人は、民間保険会社(正しくは多国籍企業体)なのですね。

そして、病気にかかった人が、いざ保険を使おうと思ったら・・・

保険を使える薬が、実は最初から限られていた
癌とかの重症の病気ほど自己負担額が増える仕組みだった
HIVやリウマチ、心臓病などは、そもそも保険が使えない

などといった、保険会社にとって都合の良い保険内容で、病気になった人は結局は高額な医療費を払わなければならないという状況になってしまったのです。

そしてオバマケアにより、アメリカではバカ高い民間保険に加入させられたのに、高額すぎる医療料を払うことが出来ない国民が、結局病院に行くことが出来ずに苦しんでいるのです。

仮に病院に行けたとしても、高額な医療費を払えず破産してしまう人も続出しました。

今、アメリカでは、子どもたち5人に1人は貧困に苦しみ、街中はホームレスだらけだと言います。

もちろん、この事実をマスコミは報道しません。

マスコミは、クライアントである保険会社や製薬会社に都合の悪くなるような報道はしないのです。

つまり、オバマケアとは、メディアをコントロールして国民を騙し、保険会社や製薬会社に利益が出るように、国民を洗脳するための仕組みだったのです

大統領も国家も、結局は企業の傘下にある状態で、実質、アメリカを支配しているのは、こうした「多国籍企業体」です。

米国が「株式会社アメリカ」と呼ばれる所以はそんなところにあります。

そして近年、こうした多国籍企業体が、どんどん日本に入ってきています。

最近、金融機関や保険会社で、外資系の横文字の会社が増えたと思いませんか?

彼らは、わたしたち日本人の財産を搾取するために日本に次々に入ってきているのです

そして、そんな状況を加速させようとしているのが「TPP」という制度なのです。

関連記事
悪魔崇拝者による金融奴隷システムからの開放。本当の敵は誰なのかを知る!

 

お金は大衆をコントロールすることにより、スポンサーである企業に流れるようになっている

まずは、わたしたちは常に洗脳されている。という事実に気づかなければなりません。

彼らの洗脳は、映画や音楽といった娯楽の中にも巧みに織り交ぜられています

なぜかと言いうと、先程も書きましたが、流行を作っているのは広告代理店だからです。

ですから、流行というものには常に違和感があり、広告代理店のスポンサーとなる企業に利益が出る情報しかマスコミは流さないのです。

たとえば・・・

「独身で過ごすなら最低ウン千万必要」

という情報もよく見かけます。

この裏では、保険会社が老後の積立保険などに勧誘するために、「恐怖感を煽って保険に入れさせる」という洗脳が行われています。

こんな事はマーケティングに精通している人なら直ぐに解ると思いますが、商品は不安を煽ることによっても売れるのです

この手法をうまく利用した、洗脳なのですね。

 

TV、新聞、ニュース番組、マスコミの言うことを信じてはいけません

TVやマスコミの言うことを信じてはいけません。

わたしはもう十数年前に、TVを見るのを辞めました。

もちろんニュース報道も嘘だらけです。

たとえば、よく気をつけて見ていると解りますが、ニュース番組というのは「不幸なニュース」をより多く誇張して報道しています

これは国民の不安を煽り、それによりスポンサーとなる企業の商品(たとえば保険とか)を買わせるためです。

その手法は実に巧みで狡猾です。

実は、人間の脳は「不幸」な情報に興味を惹かれるように出来ているので、それを熟知した洗脳なのです。

最近、殺人事件などの物騒な事件や、猟奇的な残忍な事件が増えたと思いませんか?

TVを付ければ不幸なニュース、ネットを見ても不幸なニュースが常にページ上部に表示されていますが、実際は、日本では殺人事件は毎年減り続けています

しかし、ニュースはあたかもそういった悲惨な事件が増えているように報道しています。

その理由は簡単で、そのほうが視聴率が取れるからです

ネットニュースの場合は、そのほうが広告収入が増えるからです

このように、わたしたちの周りは「常に嘘だらけ」という事を知って頂けたらと思います。

関連記事
世の中の嘘を見抜く




日本は今もなお植民地になっている

わたしたちの周りは、常に偽物の嘘情報が流され続けています。

そのすべては、企業の利益の為で、そしてその企業の多くは、日本の企業ではなく外国の「多国籍企業体」です

じつは、日本は戦争に負けてからずっと、アメリカの植民地のままなのです。

ただ、それを国民に気づかれないように、必要最低限のお金を与えられ、生かされている状態なのです。

一部の富裕層にお金を搾取されていなかったら、わたしたちは、本当はもっと豊かな生活を送れているのです。

いや、日本だけでなく、世界中の70億人の人達が衣食住に困ることなく豊かに暮らせるほどのお金も食料も、ほんとうは世界には十分にあるのです

それを一部の富裕層たちに搾取されているのが現状です。

そして、一部の富裕層達とは、国際銀行家や投資家、オイルマネーで莫大な利益を出しているごくごく一部の人たちです

そういった一部の人間達に、わたしたちが働いたお金は、気づかれないように実に巧みに搾取されています。

わたしたちは、このように世界の真実をもっと知らなければならず、わたしたちが幸福になる事を邪魔をする存在が、世の中には存在するのです

そして、わたしはスピリチュアリストとして、これからも、こういった真実を発信し続けます☆(`・ω・´)ゞ

読んで頂きありがとうございました!




こちらの記事も合わせてお読みいただけると幸いです。
お金の仕組み