失恋から立ち直るための方法。元彼を忘れようとするのは逆効果!?

失恋から立ち直るための方法。元彼を忘れようとするのは逆効果!?




こんにちは☆NORIです(・∀・)

今日は「失恋から立ち直るための思考方法」と題しまして、失恋の苦しさからなるべく早く脱出する方法なんかをシェアしたいと思います☆

失恋なんて、生きていれば誰でも経験するものです。

わたし自身も、もう何回経験したか解らないほど沢山失恋しちゃってますしねw

失恋からなるべく早く立ち直るためにも、まずは、「恋愛とは何なのか?」という恋愛の本質を理解し、その上で、その恋が自分の望む通りに進まなかったという事はどういう事ことなのか?

なんて事も説明しながら、失恋からいち早く立ち直る方法を書いていきますね〜(*´ω`*)


スポンサーリンク




恋愛の本質を理解する

まずは恋愛とは何か?という事で、恋愛の本質を読み解いてみますと、このサイトでもよく書いていますが・・・

たとえば結婚は、お互いの魂を共に成長させるための「人生の学び」の為にあるのに対して、恋愛は「感性の学び」の為といえます。

そして、スピリチュアル的に見ると、恋愛とは「ただの娯楽」なのです

そのため、恋愛とは、お互いに激しい感情の起伏が起きることが前提であり、良いことが100個あれば、悪いことが100個あるのが恋愛なのです

こうした、良いことも悪いことも含めて「感情の起伏」を楽しむのが、恋愛なのですね。

そのため、本人は気づいていませんが、魂としては、良いことも悪いことも含めて激しい感情の起伏を求めているので、多くの人が恋愛相手として選びがちなのが、「魂的に未熟な人」である場合が多いのです。

魂が未熟なダメ男と付き合うと、相手が未熟で人格が低いがゆえに、あなたは激しい感情の起伏を経験するはめになりますw

そのため、魂が未熟な人は、異性からモテる傾向にあります

「ダメ男に惹かれる」というのは昔からよくある話で、恋愛の場合は、これはある意味正解なのです。

かくいう、わたしも若い頃の一時期に物凄くモテていた時期がありましたが、その頃は本当に自分でも思い出したくもないくらいの糞人間で駄目人間でした。

逆に言うと、昔はそれほど魂が未熟だったために、異性からモテていたのですかね(*´ω`*)

関連記事
モテる女性と素敵な女性は違う!? モテる女性とモテない女性の違いや特徴とは?

 

恋愛は、出会いから別れまでが一つの学びである

失恋とはたしかに辛いものですが、しかし、よ〜〜く考えてみて下さい。

恋愛が永遠に続くことなんて、そもそもありえないのですよね。

たとえば、恋愛を経て晴れて結婚したとすれば、今度は、その瞬間から「結婚生活」という魂の修行が始まります。

結婚とは、お互いの経験を積み重ねることによって、「お互いの魂を成長させる」ための人生の一大イベントです。

結婚になったら、もう恋愛とは違います。

じゃぁ、結婚せずに同じ人といつまでもドキドキとした恋愛を楽しめるのか?というと、そんな事は絶対にありませんよね?

脳科学的にも、恋愛のラブラブ感情というのは、4年もすれば消滅することが科学的に分かっているのです

つまり、恋愛とは「別れ」は必ず通過するものであり、この「別れ」という地点を通過したことにより、あなたの魂の学びがひとつ終了すると言えます。

失恋により、自分自身の心は引き裂かれるような寂しさに襲われますが、恋愛なんて、最初から「失恋もセットになっている」のですね

失恋により、別れた彼氏を卒業することによって、心が傷付いたような感じを受けますが、本当は心自体は傷ついておらず、ただ、そういった経験をすることにより、自分の魂が一つ成長しただけなのです。


スポンサーリンク




失恋相手の事が忘れられないのは、相手を忘れられないのではない

失恋をすると、いつまでも相手のことが頭から離れないものです。

しかし、こういった場合でも、本当は相手のことが忘れられないのではないのです。

では、失恋による頭から離れないあの苦しい感情の正体は何なのでしょうか?

実は、失恋によってもたらされる寂しさや苦しさの正体は、「自分が認められた」という成功体験を忘れられないのです

その理由を説明いたしますと・・・

大抵の人は心の奥底に少なからず劣等感を持っているものです。

わたしたちが心の中に持っている劣等感は、たとえば、子供の頃に親から怒られた記憶とか、学校の勉強ができなかった記憶とか、仕事で失敗した記憶とか・・・

こういった、失敗体験が誰の心の中に劣等感として潜んでいるのですね。

しかし、人はひとたび恋愛状態になりますと、いままで「自分は価値がない」なんて思っていた人でも、相手からは「世界一大切な人だ!」と思われ、そういった扱いを受けるわけです。

簡単に言うと、恋愛が楽しいのは、自分がお姫様の様に特別扱いをされるからなのですよね♪

そのため、失恋による苦しさの正体というのは、恋愛が上手く行っていた時の「成功体験」を忘れることが出来ずに、それにしがみついていると言えるのです

つまり、失恋して相手の事が忘れられないと言う感情も、深く読み解いてみると、自分自身が過去に経験した「特別に扱ってもらった」という成功体験を忘れられないだけなのですね

失恋とは、ほんとうは相手は関係なく、自分自身の心の問題です。

こんな事を書くと、「それでも、わたしは元彼の事が好きなの!」と反論してくる方も多そうですね。

しかし、本当にそうでしょうか?

もしも、あなたに新しい彼が出来たとして・・・

その彼が、元彼よりも何倍も素敵な人だったら、きっとあなたは元カレの事なんて、あっという間に忘れてしまいますよw

自分ではなかなか気付きませんが、失恋による何とも言えない苦しさの正体は、本当は、自分が劣等感を晴らすことが出来た成功体験にすがっているだけに過ぎないのです。

そのため、劣等感の強い人ほど恋愛依存症になりがちです

たとえば、子供の頃に親が凄く厳しかった人や、親から暴力を受けて育ってしまった人などは、劣等感が普通の人より何倍も強いので、その劣等感を解消するために恋愛相手に常に依存してしまいがちになります。

その為、劣等感が強い人と言うのは、悪い男に捕まって、都合のいい女になりがちなのです。

関連記事
劣等感の原因と克服

 

失恋をいつまでも引きずっていると、また変な男に引っかかってしまう!?

多くの方が、失恋の心の痛みは時間が解決することは分かっていると思いますが、しかし、失恋の心の痛みを引きずっている間は、自分自身にマイナスになるだけで何も良いことはありません。

そのため、失恋の心の傷は、なるべく早く消してしまったほうが、自分自身のためです。

そして、先程も書きましたが、失恋をいつまでも引きずっているタイプの人は、悪い男に引っかかりやすいという傾向があります。

なぜなら、恋愛依存症になりやすい人は劣等感が強い人なので、常に誰かに依存して自分の劣等感を晴らす事を恋愛相手に求めてしまうからです。

そると、そういった女性の感情を利用して近寄ってくる悪い男が、世の中にはいるんですよね。

実際、若い頃は、男同士の会話で「あの子、最近彼氏と別れたばっかだから今イケば落とせるぞ!」なんて会話はよくあったものです。

失恋して落ち込んでいる女性に巧みに言い寄って、都合の良い相手にしてしまうという事を趣味のようにやっている男は実際にいますし、また、劣等感の強い女性というのは、そういった変な男に騙されてしまうものなのです。

もし、この記事を読んでくださっている方の中で、

相手がロクデナシだと解っていても、好きだから別れることが出来ない
酷い彼氏だったけど、別れた今でも相手のことが好き

なんてパターンは、あなた以外の人は「そんな男は別れて正解!」と思っていることをまず知りましょう。

仮にそんな男と結婚してしまったなら、それこそ人生全てが台無しになってしまいます。

こういう恋愛に陥りやすい劣等感の強い人は、どこかで自分の思考の間違いに気づかないと、また同じような変な男に騙されることを繰り返してしまいます

このような場合は、自分自身を俯瞰して見ることにより、「自分の姿がいかに惨めか?」という事を冷静に分析してみることが大事なのですね。

すると、いつかは心から「別れてよかった」と思えるようになる思考になれるものです♪

関連記事
相手に依存しない生き方をしよう! 友達・恋人・夫婦・人間関係を上手く行かせる方法


スポンサーリンク




失恋から立ち直るための方法

それでは、失恋から立ち直るための方法を具体的に書いてみますね。

これは、すでに多くの人が実践しているかもしれませんが、物理的に元彼を思い出すようなものは全て処分する

という方法が効果的です。

写真やメアド、携帯番号、LINEのIDは全て消してしまいます。

プレゼントとか、もらったものは全て売り払うか、捨ててしまいます。

失恋相手が同じ職場の場合、もし可能なら、転職をするという事も視野に入れたほうが良いでしょう。

相手と家が近い為に忘れられない要な場合でも、もし可能なら、引っ越しするなんてことも、考えたほうがよいでしょう。

このように、まずは物理的に自分の周りにある元彼の亡霊は、自分自身の手ですべて消してしまいましょう。

そして、自分の中で「元彼の記憶を消す」という儀式を行うこともオススメです

たとえば、二人で仲良く移っている写真なんかは、盛大に燃やしてしまって、それに手を合わせて合唱し、「これで全て終わりました。ありがとうございます!」という具合に、自分自身でケジメの行動を取る事により、気持ちの切り替えが早く出来るようになります。

関連記事
孤独と孤高の違い。人間は誰もが“一人”なのです

 

元彼を忘れようと努力するのは逆効果!?

失恋した相手のことを何とか忘れようと努力をしてしまう人がいますが、実はこれ、逆効果なんです。

どうしてかと云いますと、忘れようと意識を続けるということは、その人の記憶を忘れないように脳に刷り込み続けるのと同じことだからです。

これは、人間の脳の構造によるもので、脳のRASという情報のフィルター機能がそうさせています

忘れようとする事は、つまり、その都度、その人の事を思い出すという事です。

たとえるなら、ダイエットをしようとしている人が、目の前のテーブルの上にスイーツを次々と並べ続けているのと同じ事なのです。

これを続けていては、あなたは益々失恋相手のことを自分の記憶に深く刻み続けてしまいます。

そして、こんな思考を続けていたら、あなたの心が消耗するだけでなく、仕事や勉強にも悪影響をきたしますし、あなたの人生そのものに悪影響を与えてしまいます。

では、どうすればよいか?

失恋の痛みを忘れたかったら、「まったく別のことに集中する」というのがオススメです

運良く、すぐ次の恋愛相手が見つかる場合は良いのですが、多くの方はそんなワケにもいかないでしょう。

たとえば、なにか新しい習い事を始める。とか、資格を取るために勉強するとか・・・

こういった、恋愛とはまったく別のことにエネルギーを注いだほうが、結果的に失恋の痛みは早く癒えます。

さらにこの時、自分の将来のために「資格」なり「勉強」なりに力を注ぐということは、言い換えれば、失恋のエネルギーを自分自身のためになるようなプラスな方向へ使う事にもなるのです。

つまり、失恋のマイナスエネルギーは、自分のためになるプラスエネルギーに変換することが可能なのですね

 

失恋により汚れてしまった自分の心を浄化する

人間の心というのは「器」に例えることが出来ます。

失恋により大きく傷ついた心というのは、言い換えると、心という器の中が、濁った水で一杯になっている状態なのです

この汚れた水をかき出していけば、自然と元通りの綺麗な水で心は満たされるようになります。

しかし、先程も書きましたが、失恋の本当の心の痛みというのは、相手は関係なく自分自身の問題です。

つまり、心の中にたまった汚れた水を掻き出すことは、あなた自身がやらなければならないことなのですね。

そのためにはどうすればよいか?

実は、アファーメーションが有効なのですね☆

アファーメーションとは、このサイトでもよく出てくる言葉ですが、理想とする自分像を短い言葉にして言い続けるという作業を行うことです。

たとえば、失恋により傷ついてしまった心を癒やすアファーメーションは・・・

わたしは幸せに生きています

と、ただこれだけで良いのです。

逆に、「元彼と別れたことにより自分は魂を成長させることが出来て今は幸せになっています〜」なんてややっこしいアファーメーションは必要ありません。

ただ、「わたしは幸せに生きています」とひたすら言葉で言うか、心の中で言葉を唱え続けていれば良いのです☆

これにより、心の中の汚れた水を綺麗にし、失恋の苦しみから早く脱出することが出来るようになります。

 

まとめ

いやぁ、とは言っても・・・

失恋って本当に苦しいものですね(*´ω`*)

わたしは最近あまり失恋していないのでラクですがw

最後に今日のポイントをまとめてみますね♪

1. スピリチュアル的に言えば恋愛はただの娯楽。娯楽なのでそこには感情の激しい起伏が含まれ、魂もそういった楽しみを求める。そのため恋愛相手としては「魂が未熟な人」を選びがちであり、またそういった魂が未熟な人は、異性からモテる傾向にある。

2. 恋愛は、そもそも永遠に続かないもの。出会いから別れを経験して、そこで一つの学びが終了する。

3. 失恋相手を忘れられないのは、本当は、相手の事を忘れられないのではなく、自分が大切にされたという「成功体験」にすがっているだけ。

4. 劣等感の強い人ほど恋愛に依存するので、劣等感の強い人は悪い男に引っかかりやすい。その為、失恋をしてもなるべく早く立ち直ったほうが、次の恋愛で失敗しにくい。

5. 失恋からなるべく早く立ち直るためには、元彼の物質的な情報を全て削除する!

6. 元彼を忘れたかったら、忘れようと努力するのは逆効果。脳の構造により忘れようとすればするほど、忘れられなくなる。なので、元彼を忘れたかったら、趣味や仕事など、まったく別のことに注力する。

7. 失恋により傷ついてしまった自分の心は、アファーメーションで浄化できる。

読んでいただきありがとうございました!

関連記事
出会いは必然! 結婚相手や恋人など、全ての出会いに意味がある


スポンサーリンク