Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地獄に行く人と天国に行ける人の特徴や違いとは? こんな人は地獄行きです!

地獄に行く人と天国に行ける人の特徴や違いとは? こんな人は地獄行きです!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

今日は「地獄へ行く人、天国へ行く人の特徴や違いとは? こんな人は地獄行きです!」と題しまして、死んでから、地獄へ行く人と天国に行ける人の特徴などを、書きたいと思います!

人は、犯罪を犯したり、悪いことをすれば地獄に行いきます。

これは、誰もが知っていることですよね♪

しかし実際は、この世では罪にならなくても、あの世では罪になる事も結構あるのです

そのため、「えっ!こんなことでも地獄に行っちゃうの!?」という事も、かなりあるんですよね。

今日は、おそらく多くの人が知らないであろう「地獄へ行ってしまう様な行い」や、地獄へ行く人と、天国に行く人の、以外な特徴を、それぞれ書いてみますね(・∀・)ニヤニヤ


スポンサーリンク




地獄に行くか?天国に行くか?に、この世の身分は関係ない

「地獄に行く人」、「天国に行ける人」の特徴は、この世での生まれや身分、会社の役職などは、まったく関係ありません

この世でお金持ちであったとか、会社で上の方の役職に就いていたとか、そんな事は、あの世で天国に行けるどうかの基準としては、まったくどうでも良いことです。

この世で会社を経営していたから天国に行くとか、ボランティアをしていたから天国に行くとかも、まったく関係はありません。

では、地獄に行くか天国に行くかは、何で決まるのでしょうか?

簡単に言うと、地獄に行くか?天国に行くのか?は、「どれだけ人に親切にできたか?」で決まります

と言うよりも、正しくは、「この世で人に親切にしてきた人は、地獄に行かなくて済む」というのが正しいでしょう。

この理由については、また順を追って説明していきます(・∀・)ノ

ちなみに、宗教家や政治家、会社経営者など、この世で一見立派な立場だった人の方が、死んでからは地獄へ行くことが多いようです。

関連記事
悪霊の正体と種類。悪霊に憑りつかれやすい人の特徴
魂と輪廻転生の仕組みを、図解してみた
死が近い人に現れる現象。死期が近い人には特徴がある!?


スポンサーリンク




この世で幸せに楽しく生きた人が、天国に行ける

天国に行ける人の特徴としてまず上げられるのは、「人に親切にしてきた人」と言えます。

そしてもうひとつ・・・

自分自身も「人生を楽しく幸せに生きたかどうか?」で、天国か地獄かが決まります。

人生を、楽しく幸せに生きた人は天国に行きますし、人生を文句ばかり言って不幸に生きた人は地獄に行くのです

こう書くと、なんだか逆のような感じもしますよね(・∀・)

では、その理由を説明しますね♪

まず、わたしたちがこの地球に生まれてくる理由は、一言で言うと「幸せになるため」と言えます。

そのため、生まれて来た状態で幸せな人。という人はいません。

なぜなら、わたしたちは全員、幸せになるために「不幸」と感じる様々な試練を持って生まれてくるからです

幸せになるという事は、この不幸と感じる試練を、魂を磨き様々な人生経験をする事により、「不幸」を「幸せ」に変換する事だからです。

つまり、この世で楽しく生きた人というのは、不幸を幸せに変える為の努力をしてきた人なのです

そのため、この世でどんな辛いことがあっても、愚痴や不平不満を言うこと無く、幸せに楽しく生きた人が、あの世で地獄に行かなくて済むのですね。

関連記事
神に祈る事によって人は救われる。正しい祈りとは?
生まれてきた理由を知る

 

死んでからは、この世での生き方が、そのままあの世で反映される

実は、あの世は、「天国」「地獄」が明確に二分化されているわけではありません

わたしたちは死ぬとまず、あの世の「幽界」と呼ばれるエリアに行きます。

幽界は、この世で生きていた時の考え方が、そのまま反映される世界です。

つまり、この世で「人に親切にしてきた人」は、幽界の中でも「親切な人ばかりが集まるエリア」に行き、反対に「この世で人に意地悪ばかりしていた人」は、幽界の中でも「意地悪な人ばかりがいるエリア」に行きます。

そして、幽界の中は、このような「親切な人ばかりがいるエリア」と「意地悪な人ばかりがいるエリア」が、無数に存在していて、幽界の上層エリアが「天国」、下層部エリアが「地獄」と、呼ばれているのですね

たとえば、この世では、人間は似た者同士が集まりコミュニティーを作ります。

不良グループは、不良同士でつるんでお互いに縄張り争いや、喧嘩や犯罪ばかり犯して生きています。

反対に、心が優しい人達は、同じような心が優し人たちばかりと友だちになり、お互いに優しい言葉を掛け合って幸せに生きています。

実は、あの世もコレと同じなのです。

簡単に言うと、あの世の天国と地獄というのは、「似た者同士が集まる場所」というだけなのです

その為、この世で、窃盗、殺人、暴行などの犯罪や、悪いことをしていた人は、あの世に行っても、同じ様な人たちとお互いに犯罪を犯し合い、憎しみ合って生きる地獄の生活が待っています。

逆に、この世で人に親切にして生きてきた人は、あの世に行っても、親切な人ばかりが集まるエリアに生き、お互いに親切にされるような、幸せな天国生活が出来るのです。

関連記事
霊界ってどんな所? 想像を超える霊界の美しさと魂のお話
死ぬとどうなる!?あの世ってどんな所? 死後の世界は存在する

 

この世では罪にならないが、あの世で罪になること

それでは次に、この世では罪にならないけど、あの世では罪になるような「行い」について書いてみますね。

これは、意外と盲点なことも多いと思いますが、こういったことでも、あの世では罪となり、地獄へ行くのです。

自分が知っていることを人に教えない人

たとえば、会社の同僚が、仕事のやり方が解らなくて困っているとします。

しかし、あなたが「同僚が知らない仕事のやり方」を、自分はよく知っている場合・・・

同僚に、仕事のやり方を教えないのは罪になるのです

まっすぐ地獄行きですw

もし、自分が知っている事で他人が困っているとしたら、他人に教えて助けてあげるのが当然なのです。

ただ、教えてあげれば天国に行けるというわけではありません。

地獄に行かないだけです。

なぜなら、これくらいの親切は、当たり前の事だからです

ですから、自分が知っている事や、自分が出来る事は、「無償の愛を持って他人にしてあげる」という考え方が大切なのですね☆

逆に、自分が知らない事や、自分にも出来ない事は、もちろん人に教える事も出来ないので、それは教える必要はありません。

ただ、ここで、自分が出来ないからと言って「出来る人を妬む」という事をしてはいけないのです

妬みや嫉妬心というのは地獄行きなのです。

では、どうすればよいか?

出来ない事は、人にお願いすれば良いのですよ(・∀・)ノ

この世は、助け合いなのです。

自分が知っている事や得意な事があったら、その力を他人の為に使い、逆に、自分が不得意なことや出来ないことは、誰かに助けてもらう。

こういった、お互いに助け合う精神が、大切なのですね

関連記事
あなたの仕事は人を幸せにしてるか?色んな職業をスピ的に検証してみる

愚痴・泣き言・文句・不平不満ばかり言っている人

こんな人もまっすぐ地獄行きですw

なぜなら、このサイトでもよく書いていますが、愚痴や不平不満を言うというのは、それだけで周りの人に迷惑をかけているからです

この世では、愚痴や不平不満を言うことは「言葉だけ」の問題の感じがしますが、あの世は想念の世界なので、愚痴や不平不満で、まわりを攻撃しているのと同じです。

そして、この世には「言霊」という言葉があるように、この世でも、「愚痴や不平不満」と言うのは、マイナスのエネルギーで相手を攻撃しているのと同じことなのですね。

関連記事
不幸の連鎖を断ち切る。愚痴や不満を言うことは他人に迷惑をかけている

願い事ばかりしている人

「願い事もダメなの!?」と思った方も多いかもしれませんね(・∀・)

では、なぜ願い事ばかりしている人も地獄行きなのでしょうか?

願い事と言うと綺麗に聞こえますが、実は、宇宙的視点で見れば、願い事は、神様に対して不平を言っているのと同じなのです

よく神社などで、

「彼氏ができますように!」
「幸せになれますように!」
「お金持ちになれますように!」

と、やたら願い事をしている人がいますが、これ、神様からしたら、不平や不満をぶつけられているのと同じなのですよ

そもそも、わたしたちは幸せになるためにこの世に生まれてきているので、幸せの種である「不幸」は全員が持っているのです。

そして、「幸せになる」とは、不幸を幸せに変える「努力」をすることなのです。

ですから、本当は、神社へ行ってもお願いごとはしてはいけないのです

神社は、神様に「日頃の感謝」を伝えるところです。

今日も幸せに生きています。ありがとうございます

と、神様に現状報告をしにいくのが正解なのですね。

関連記事
神社での参拝の仕方や初詣の作法。神社はお願いするところではない!?
願い事が叶う仕組み

嘘をつく人

基本的に、嘘をつく人は、小さな嘘であっても地獄行きです。

もちろん、嘘の中には、他人を助けるための嘘もあります。

その人を傷つけないようにするために、優しさで嘘をつく場合もあるでしょう。

しかし、こういう場合でも、やっぱり地獄に行きます。

ただ・・・

悪いことをすれば、「地獄に落ちる」のは間違いないのですが、こういった人を助けるための嘘をつく場合は、「地獄に行く」と言えます

では、「地獄に落ちる」と「地獄に行く」は、何が違うのでしょうか?

この違いは、また後で説明しますね〜♪

 

死んでから天国に行けるような生き方が、この世で成功する生き方

どうでしょうか?

こんな事でも罪になるのか!と驚いた方も多いかもしれませんね(・∀・)

しかし、安心して下さい。

上に書いたようなことは、ほとんどの人が実践できませんから☆

つまり、わたしたちは、ほぼ全員地獄行きなんですよ(・∀・)

ただ、「自分は地獄行きだ!」と悲観をするようでは、地獄の中でも益々下層エリアに落ちていってしまいます。

そのため、上に書いたような「人に親切にする」「愚痴や不平不満を言わない」という事は、常に心がけなくちゃいけないのですね。

そして、こういった事を心がける事は、死んでからもなるべく地獄へ行かない様にする為だけでなく、そのまま、この世でも幸せに生きることに繋がるのです。

つまり、地獄へ行かないように努力するという事は、この世でも成功する生き方なのです

たとえば、「お金持ちになりたい!」なんて願う人は多いことでしょう。

しかし、先程も書いた通り、願い事とは基本的に「不平」です。

では、お金持ちになりたいと思ったら何をすればよいかというと、とにかく人に親切にする事であり、困っている人を助けることなのです。

なぜなら、このサイトでもよく書いてますが、収入は「助けた人の数に比例」するからです

これは、何もスピリチュアルな話ではなく、ビジネスを考える上で基本中の基本の話です

ビジネスとは、お客さんを幸せにして、困っている人の悩みを解決することなのですね。

その結果、副産物としてお金が入ってくるだけのことなのです♪

関連記事
お金を引き寄せるには、妬みや嫉妬心を捨てる
宇宙貯金のお話

 

地獄に行く人と、地獄に落ちる人

さきほど、嘘をつく人は、たとえそれが「親切心」からくる嘘だとしても、地獄に行くと書きました。

では、「地獄に落ちる人」と、「地獄に行く人」は何が違うのでしょうか?

人は、悪いことをすれば地獄に落ちます。

犯罪者は、地獄の最下層に落っこちていきます。

これは当然ですよねw

逆に、人を助けるために「嘘」をつくような人は、地獄に行く人なのです。

簡単に言うと、地獄に行く人というのは、地獄に落っこちてしまうような人を、地獄からすくい上げてあげる立場の人なのですね

人は、悪いことをすれば地獄に落ちるわけなのですが、地獄に落ちた人は地獄で現世の行いを反省します。

そして、ある程度反省が出来たら、少し上のエリアに移動することが出来るのです。

この時に、地獄に落ちた人というのは、地獄に行く人によって、上のエリアに引っ張り上げられるのですね。

つまり、自分から地獄に行く人と言うのは、あの世でも「人助け」をする人なのです

関連記事
前世の記憶は何故消えてしまうのか? ちょっと変わった前世のお話


スポンサーリンク




まとめ

今日は、地獄に行く人と天国に行ける人の違いや特徴、地獄に行ってしまう「以外な行い」などを書いてみました☆

それでは、最後にまとめてみますね♪

1. 地獄に行くか?天国に行くか?は、この世での家柄や身分は、まったく関係ない。

2. この世で幸せに楽しく生きた人が、天国に行ける。とは言っても、あの世には明確に天国・地獄と2分されているわけではない。

3. この世での生き方が、そのままあの世で反映される。この世と同じように、あの世でも似た者同士が集まる。

4. この世では罪にならないけど、あの世では罪になることが結構ある。その為、以外な理由で地獄に行く事になる。

5. 天国に行けるような生き方を目指すことと、この世で成功する生き方は、全く同じである。

6. 嘘をつく人は地獄に行くが、自ら地獄へ行くような人は、「地獄に落ちる人」を助けるために地獄に行くと言える。

まぁ正直言うと、わたしたちは全員地獄行きなんですよ(*´ω`*)

しかし、そんな事は別に気にしなくてもよいのです。

なぜなら、今からでも人に親切にして、常に笑顔でプラス思考で明るく生きる事を心がけていれば、それはそのままこの世でも人生が上手くいくことであり、また、死んでからもなるべく天国に近いところへ行く方法でもあるのですからです♪

逆に「どうせ自分は地獄行きだから、この世で好き放題生きてやる!」なんて考えは、地獄の最下層にひたすら落っこちて行く事になりますので、自暴自棄はいけませんよ☆

読んでいただだき、ありがとうございました!

関連記事
宗教とは何か? 宗教の問題点と、自分に合った信仰の仕方
日本人の独特な宗教観
孤独死はなぜ問題なのか?人の死に方を考える


スポンサーリンク