人生の目的とは? 生きている意味が解らない方へ

人生の目的とは? 生きている意味が解らない方へ




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

今日は「人生の目的」についてお話しますね。

「自分は何のために生まれてきたのだろう?」

「自分の人生の目的は何なんだろう?」

こんな疑問を持って、日々モンモンと生きている方も、多いことでしょう。

わたし自身も若い頃は、これで結構モヤモヤとしていたものです。

はたして、人間には「人生の目的」があるのか?

自分は何のために生まれてきたのか?

今日は、そんな皆様の疑問にお答えするためのお話です・・・


スポンサーリンク




人生の目的とは?

人生の目的とは何なのでしょうか?

実は、人生の目的、つまり、あなたがこの世に生まれてきた目的は、ちゃんとあるのですよ(・∀・)ノ

そして、人生の目的というのは「全人類共通」なのです

この答えを先に書いてしまいますと・・・

わたしたちは、「幸せになるため」に生まれてきているのです

この事は、このサイトでもよく言っていることですが、これが、すべての人類にとって「共通の人生の目的」と言えます。

わたしたちは、「幸せになるため」に生まれてきているので、最初から幸せな人はいません。

そのため、誰もが心に「闇」を持っていますし、「自分は不幸だ」と思ってしまうような状態で生まれてくるのです。

では、幸せになるためには、どうすればよいか?

と言うことになるのですが、これも他の記事でも書いていますが、幸せになるためには、「不幸」を「幸せ」に変換する作業が必要になってくるのですね。

そして、不幸を幸せに変えるためには、「知恵」が必要です。

そのため、幸せになるためには「努力」がいるのです

まずは、このことをご理解いただき、続きを読んでいただければと思いま〜す(*´ω`*)ノ

関連記事
間違った人生を歩んでいる時に現れるサイン。人生の進むべき正しい道とは?
なぜ人生に問題は起きるのか? 上手く行かない時には必ず原因がある
生まれてきた理由を知る


スポンサーリンク




幸せになるための方法は、一人ひとり違う

わたしたち全ての人類が持つ共通の目的は「幸せになるため」です。

しかし、人には「因果」があります。

そして、因果は人それぞれ違い、皆、他人とは違った因果を背負っています。

そのため世の中には、一見すると、すごく苦労をしているように見える人や、生まれつき何も苦労をしていないように見える人など、様々な人生を送る人がいるのですね。

とは言っても、「幸せになるため」という最終目的は、皆同じです。

ただ、幸せに向かう為の「道すじ」は、人それぞれ違うのですね

たとえば、ある人は、生まれつき重い病気や障害を抱えて生まれてきます。

そんな人は、今までの輪廻転生の過程において、かなり魂レベルを上げており、大変な困難にも打ち勝つほどの「強い魂」に成長している人なのです。

そのため、他人から見たら、病気や障害で大変な苦労をしているように見えるかもしれませんが、本人は、ちゃんとそういった困難にも打ち勝てるだけの「魂の強さ」を持っているのです。

そして、そんな大変な人生で、更に魂を磨くことにより、魂をもっと輝かせて「幸せ」に向かうために生まれてくるのですね。

そのため、健康なあなたが、病気の人や障害を持った人を見ても「かわいそうだな」とか、思う必要は無いのですね。

なぜなら、仮に、あなた自身が重い病気かかったとしたら、あなたの魂は耐えられないかもしれませんが、その人の魂は、ちゃんとそういった試練を乗り越えて、幸せになることが出来るからです。

人の因果はそれぞれ違うので、人の人生にいちいち首を突っ込んで、干渉するのは意味のないことです

反対に、子供の頃から裕福な家庭に生まれ、何の苦労もなしに生きているような人もいます。

しかし、そんな人でも、「結婚相手が見つからない」とか、「遺産問題」とかで、悩んだりしているのですね。

こういった人の悩みは、他の人から見れば「それ悩むことかぁ?!」なんて思えるような事でも、本人にとっては深刻な悩みであり、その人は、そういった悩みを解決しようと試行錯誤することで、ちゃんと魂を成長させるのですね。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる
他人の心配をすると不幸になる!? 心配は優しさではない

 

今、この場所で、幸せになるために生まれてくる

わたしたちは、この世に生まれてくる時に、ある程度の条件を自分自身で決めてきます。

生まれてくる前に、自分で決めてくる条件とは・・・

◯生まれてくる場所(国や市町村)
◯生まれてくる時代
◯どういった家族の元へ生まれるか?(親兄弟、親戚などの家族構成)
◯性別や身体的特徴

こういった条件は、あなた自身が生まれてくる前に決めて来ます。

そして、この様に「後から変えることが出来ない部分」は、宿命と言えます。

そのため、わたしたちは「幸せになる」という人生の目的を達成するために、「自分で決めてきた条件の中で幸せになる」という事が前提なのですね

たまに、「自分は日本に向かないから、海外で生活するんだ!」なんて考えて、海外に行ってしまう人などがいますが、こういった考えは、本当は間違っているのです。

とは言っても、もし、あなたの人生に「海外に行くこと」が、あらかじめカリキュラムとして決めてきているのだとしたら、あなたは「海外に行く!」と思いついた時点で、トントン拍子に計画が進み、スムーズに海外に行くことになるでしょう。

逆に、あなたが「海外に行きたい!」と思ったとしても、トラブル続きで移住計画がぜんぜん進まない場合は、あなたは「海外に行くべきではない」と考えたほうが良いのです。

同様に、ブラック企業で働いている人が、「会社をやめたい!」と思って、すぐに辞める事ができた場合は、あなたは、自分で決めたカリキュラムに沿った人生を順調に歩んでいるといえるでしょう。

反対に、「ブラック企業をやめたい!」と思っているにも関わらず、色々な要因が重なって全然やめる事ができない場合は、あなたの人生にとって「ブラック企業で働く」という期間が、必要なことなのです。

こんな人の場合は、ブラック企業で働き続けることにより、学ぶべきことがあるから、辞めようと思っても、そうそう簡単に辞めることが出来ないのですね。

同様に、いくら婚活しても結婚ができない人は、「独身のまま幸せになる」という事を自分で決めていると言えます。

もしくは、あなたは、「まだ結婚生活に耐えられるほど、魂が成長していない」と捉えることが出来ます。

このように、人生の目的の「幸せになる事」と言うのは、幸せになるために「魂を成長」させることであり魂を成長させるための「方法」というのは、全員が、それぞれ違うのですね

関連記事
なぜ、他人に親切にしなければならないのか? 他人の幸せは自分の幸せなのです
人生は宿命で決められているが、運命は自分の思い通りに出来る
幸福のヒントは脚下にある

 

人生に、失敗はない!?

わたしたちは、人生で様々なことを経験します。

ある時は「上手く行った!」と喜ぶこともあれば、またある時は「失敗しちゃった・・・」と落ち込んでしまう時もあるでしょう。

しかし本当は、人生には失敗は無いのです

どういう事か説明いたしますね♪

わたしたちは「幸せになるため」に生まれてきます。

そして幸せになるためには、自ら設定した因果を解消する必要があるのですが、この「因果の解消」は、人生の「課題」と言えるのです

もし、人生に出された課題が、「簡単に解決できてしまう様な課題」だっとしたら、魂の成長は望めません。

そのため、人生に起きてくる様々な課題は、自分の力でギリギリ解けるかどうか?という難しい課題を、自分自身で設定してくるのですね

そのため、「課題が解けずに失敗する」という事は、当たり前のように起きるのです

しかし、人生の課題をクリア出来なかったとしても、本当は失敗ではないのですね。

なぜなら、失敗する事により、「この方法ではダメだということが解った!」と、さらに魂が成長するからです。

そのため、一見「失敗」と思われるような人生のトラブルも、人生を長いスパンで見れば、それは失敗ではなく、「魂が成長した」という事なのですね

つまり、魂の成長とは、「失敗」を無くして有り得ないのです。

失敗は成功のもと

昔の人はよく言ったもんですが、この言葉はそう言った意味を含んでいるのですね。

そのため、もしあなたが、人生で「失敗した!」と思ってしまうような事が起きたとしても、それは、失敗ではなく、「この方法は間違いだった!」という新たな知恵を付けた事であり、本当は、魂がワンランク成長しているのですね☆

関連記事
覚悟を決めれば人生は上手くいく! 人生が上手く行かない人は覚悟が決まっていないから!?

 

人生の目的を明確にし、幸せに生きるためのヒント

全人類共通の人生の目的は、「幸せになる事」です。

しかし、わたしたちは誰でも、「自分には生まれてきた目的が、もっと他にあるような気がする」と思っちゃいますよね♪

実は、そういった「個々の人生の目的」も、ちゃんと自分自身で生まれてくる前に決めてきているんですよ☆

ただ、「個々に課せられた人生の目的」と言うのは、ちょっと解りにくくなっているのですね。

なんで、自分で決めた人生の目的が解りにくくなっているのかというと、それを試行錯誤することも、また魂の成長につながるからなのです。

そして、大抵の場合、「自分が子供の頃、どういった性質だったか?」を考えてみると、本当の人生の目的のヒントが見えてきます。

人によっては、二十歳ぐらいに自分の人生の目的に気づく人もいますが、50歳や60歳くらいになってから、突然覚醒したように人生の目的に気づく人もいます。

ただ、殆どの人は、死ぬまでまったく気づかない事でしょう。

しかし、それは悪いことでもなんでもありません。

そもそも、全人類は「幸せになる」という共通の目的を持っているわけなので、自分の人生の具体的な目的が解らなくても、楽しく幸せに生きているだけで、あなたは、ちゃんと人生の目的を達成しているのです。

ただ、もうワンランクレベルを上げて考えると、具体的な人生の目的に気付いたほうがより幸せになれるのですね。

では、自らが生まれてくる前に決めてきた、具体的な人生の目的は何なのか?

これを知る方法を書きますね。

それは、「目標を持つ」と言う事なのです

そして、あなたが設定した人生の目標が、以下の条件に当てはまる場合、おそらくその目標は、「自分自身で生まれてくる前に決めてきた」と考えて間違いないでしょう。

◯自分自身が幸せになれる目標である
◯同時に、自分の周りの人たちも幸せになる事が出来る目標である
◯自分の目標を第三者(神様目線)で見た時に、神様が喜ぶような事である

あなたが設定する人生の目標が、この3つをクリアーしている場合、その目標はおそらく達成が出来ますし、また達成する過程に起きる様々な困難に対しても、あなたは苦痛を感じず楽しみながら取り組むことが出来るでしょう。

このように、人生の目標を自分自身で設定すると、その目標が「正解」だったら、更に楽しい人生を送ることが出来ますし、今よりも絶対に幸せになれます。

しかし、「どれだけ考えても自分の目標が解らない」なんて人は、無理して、人生に目標を設定する必要はありません。

そんな場合でも、あなたの人生の目的は「幸せになるため」という「全人類共通の目的」が、ちゃんとあるのですから♪

関連記事
人生に起きる全ての事に意味はない!?
目標達成できる人とできない人の違いとは? 目標達成の方法

 

最後に・・・

今日は「人生の目的」について書いてみました☆

私たちが生まれてきた「目的」が、何となく伝わりましたら幸いです♪

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
徳を積むと幸せになる!? 人のために力を使うほど人生は自由になるのです
人生の目的が無くなると早死にする!?
悪いことは続かないけど、良いことは続くのです!


スポンサーリンク