Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

全ての人がお金持ちになるのは無理なのです。しかし将来を心配しなくて良い理由とは?

全ての人がお金持ちになるのは無理なのです。しかし将来を心配しなくて良い理由とは?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

今日は、以前から記事の中でも書いていた、「全ての人がお金持ちになるのは無理な理由」を、更に詳しく説明しようと思います☆

「お金持ちになりたい」とは誰もが思うことなのですが、以前からわたしは「全員がお金持ちになるのは無理ですよ〜」という事を書いてきました。

しかし、それに対して「なんで?」という質問も頂いたのですね。

この理由を説明しようと思っても、わたし自身がどうやって説明すれば上手く伝わるかな・・・

と、色々考えても、なかなか説明が難しかったので今まで記事にしなかったのですが、今日は、なるべく解りやすく「全ての人がお金持ちになれない理由」を書いてみようと思います。

とわ言っても、全ての人がお金持ちになることは不可能だからと言って、別に落ち込む事はないのですよ♪

なぜなら、全ての人がお金持ちにはれなくても、全ての人が豊かになることは可能だからです

「お金持ちになる」のと「物質的に豊かになる」のとは、似ている様で違うのです(・∀・)ノ

そして、「全ての人が豊かになる社会の実現を」目指して活動している方も、結構多いのですよ☆

更に、人々が物質的に豊かになる事は、「アセンションにつながる事だ」と、わたしは思っています


スポンサーリンク




お金が増えることと、豊かになることは違う

「お金が増える事」と、「物資的に豊かになる事」は、似ているようで違います。

これを説明するために、「人口が5人だけの国」という例でお話しますね・・・

その国には5人の人が住んでいました。

Aさんは魚屋さんを営み、Bさんは服屋さん、Cさんは陶器を作り、Dさんは八百屋で野菜を売り、Eさんは鍛冶屋を営み、皆それぞれが商売をしていました。

5人の人達は、決してお金持ちではないにしても、衣食住に困ることはなく、それなりに皆が幸せに暮らしていました。

ある時、魚屋のAさんが、近年まれに見る大漁につき、お店で沢山の魚を売り始めました!

すると、他の人たちは沢山の魚を買い、魚屋のAさんは、一時的にお金持ちになりました。

お金持ちになった魚屋Aさんは、以前から欲しかった物を買うことにして、服屋さんで服を買い、陶器屋さんで陶器を、八百屋で野菜を、鍛冶屋で新しい道具を買いました。

すると、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんも、少しだけお金持ちになったので、皆がそれぞれ欲しい物を、他の店で買いました。

反対に、Aさんは、買い物をしたために結果的には貯金は減り、元の状態に戻りました。

では、この状態を神様が宇宙から眺めていたとしたら、誰がお金持ちになったのでしょうか?

実は、誰もお金持ちにはなっていないのです

だって、そもそも、この国にある「お金の量」は変わっていないのですから♪

しかし、皆が欲しいものを買うことができて、結果的には、全員が物質的に豊かになったのですね

そして、このお話は、人口が1億3000万人でも同じです。

さらに言うと、ITによるグローバル化が進んだ世界70億人でも、基本的に同じことです。

これが、お金持ちになることと、豊かになることの違いなのです。

うまく伝わりましたしたかね・・・(*´ω`)??

つまり、「お金持ちになる」という事は、お金の流れを「自分のところで止めている」というだけのことです。

また、「お金持ちかどうか?」という判断は、「他人よりも自分のほうがお金を持っている」という「他人との比較」により生まれる現象に過ぎないのです。

「他人との比較」といえば、このサイトでもよく書いていますが、「他人と比較しているうちは幸せになれない」という法則があります

そのため、「お金をただひたすら貯金する」という事は、実は、豊かになる事なんかではないのですね。

実際、貯金は、増えれば増えるほど安心感が得られるのではなく、「貯金を失うことによる恐怖心」の方が大きくなります。

この悪しき現象は、わたしも実践済みですw

とは言っても、貧困の場合は別ですよ。

現状でお金に困っている人は、少しでもお金を貯める努力をしたほうが良いです。

なぜなら、この世界はあくまでも物質世界なので、物質的な貧困状態では幸せになる事はできないからです

関連記事
他人との比較を辞めれば今すぐ幸せになれる!
貯金ができない人の特徴と原因。生活費の節約は意味がない!


スポンサーリンク




誰かがお金持ちになれば、誰かが貧乏になる

スピリチュアルや自己啓発の情報を発信している人の中には、「皆んなでお金持ちになりましょう!」と、言っている人は多いようです。

しかし、先の例から解るように、実際は、皆がお金持ちになるのは無理なのですよ(・∀・)

世の中の仕組みとして、もしあなたが、お金持ちになる事が出来たとしたら、その分、誰かのお金が無くなっているのです。(当たり前ですが)

めちゃくちゃ簡単に言うと、もしも、国民全員が年収1,000万円になったら、それは皆がお金持ちになったのではなく、単に、通貨の価値が下がっただけなのです

ですから、本当は「みんなで豊かになりましょう!」と言うのが正しいと私は思うのですね☆

更に言うと、「みんなが豊かになれる世界を作りましょう!」と言うのが、もっと正しいのかな?とわたしは思います♪

こんな話をすると、お金持ちになる事が悪いことに思えてしまいますが、そうではないのですね。

なぜなら、正しいビジネスによりお金を稼ぐ人というのは、お金を払ってくれる人(お客)に対して、「貰ったお金と同等以上の価値」を、ちゃんと相手に与えているからです。

そのため、正しい方法でお金持ちになっていく人というのは、周りの人から感謝され、尊敬もされるので、益々お金持ちになっていきます。

関連記事
ありがとうと言われた数で人生が決まる。感謝をされる生き方のススメ

ただ、世の中の、お金の「絶対量」というのは変わらないのですね

そのため、誰かがお金持ちになるということは、誰かが貧乏になるということであり、世の中のお金は、ただ「移動」をしているだけなのです。

心が優しい人が、お金儲けに罪悪感を感じてしまうのは、こういったお金の本質を、直感的に感じているからです。

つまり、自分が稼ぐってことは、「他の人が貧乏になっちゃうじゃん!」、「そんなの何か嫌だ」と、思ってしまうためです。

しかし、本当は、「お金儲け」とは、人々に感動を与える事であり、お金はその対価として貰えるというだけなのです

ただ、例外として、この世界には「お金を作り出す」という事をしている人達もいます。

まぁ、簡単に言うと「銀行」がそれに当たるわけなのですが、銀行は、何もないところからお金を作り出し、そのお金を誰かに貸し付けることにより、利子を取って、利益を上げています。

そして、借金をすべて回収した時点で、作り出したお金は消滅するようになっているのです。

これは、「信用創造」という仕組みが可能とする、銀行だけが持つ「錬金術」です

そして、一部の人達が、こういった金融の仕組みを利用することにより莫大な利益を上げて、かわりに多くの人達がお金に困っているのが、今の世界の現状なのです。

関連記事
お金の仕組み
悪魔崇拝者による金融奴隷システムからの開放。本当の敵は誰なのかを知る!
収入を増やす方法。お金に困らない生活をするには?

 

これからの時代は、お金は無くても「豊か」になっていく

上に書いた「人口が5人だったら」という例の様に、物質的に豊かになることは、長い歴史の中で継続的に起きていることです。

その証拠に、わたしたちは、100年前よりも、誰もが物質的に豊かな生活をしています。

貧困が問題とされる世の中でも、誰もがスマホを持っていますし、実際は、日本に住んでいて「餓死する」なんて事は、まずありません。

では、なぜ世の中は、どんどん豊かになってきているのか?というと、「生産性が上がっているから」なのですね。

では、なんで生産性が上がってきているのか?というと、テクノロジーが進歩しているからなのです。

つまり、テクノロジーの進歩は、人々を幸せにするのですね☆

そのため、わたしの見解としましては、アセンションはスピリチュアルな分野から起きるのではなく、「科学」の躍進により、アセンションのきっかけが作られていくと考えています

これと同じ事は、海外のチャネラーの方も言っています。

そして、テクノロジーの進歩は、これからの時代は、指数関数的に爆発的に加速すると言えます。

そのため、これからの時代は、より安価に良いものが購入できるような時代が加速します

実際、デジタルコンテンツは年々値段が下がってきており、Youtube動画を観たり、ネットで様々な情報を得るのは、「タダ」で出来る様にまでなりました。

同様に、食料品や、工業製品なども、更に高品質になり、「収入に対しての相対的な価格」は、安くなっていくのです。

そのためわたしは、このサイトでも、「これからの時代は、多くの人の平均収入は下がっていくけど、何も困ることはないですよ」という事を、言っているのですね♪

ただ、今の日本は、「物の値段が下がっていく」というスピードが加速しすぎていると言えます。

そのため、デフレ・スパイラルになってしまってしまい、結果的に、消費は進んでも企業の利益は上がらないから、給料も上がらず貧乏になる・・・

という悪循環になってしまっているのも事実なんですけどね。

じゃぁ、インフレになればよいか?というと、そういう訳ではなく、「インフレ」と「通貨の価値」とは、別のことなので、これがまた説明が難しいのです・・・(*´ω`*)

関連記事
未来は必ず「良い方向へ向かう」という法則

 

老後の為に貯金するのは無駄!?

よく、ファイナンシャルプランナーとかが、「老後には5000万円必要です」とか喋っているのを見る機会があると思います。

で、そういった人たちの話を聞いていると、「65歳で定年したら、あと40年生きるので、今から毎月いくら貯金して、あと何十年かけて、〇〇万円貯めましょう」。なんて話をしているのですね。

わたしは、そんな人の話を聞くと、この人達は、本当にお金の事を分かっているのかなぁ?と疑問に思っちゃうのです。

だって、仮に貯金が5000万円あるとしますよ。

じゃぁ、「もう働かなくても老後は安泰だ!」と思って、仕事を辞めたとしても、その5000万円は、40年経ったら2500万円くらいの価値に下がっているわけなのですよ。

なぜなら、歴史の流れから見ても、物価は上がっていくものだからです。

しかし、その間も仕事をし続けていれば、ずっと給料を貰えるわけなので、「時代に沿った価値のお金」を、貰い続けることが出来るのです。

そのため、利子がほとんどつかない銀行にお金を入れておくとか、現金をタンスに隠していくというのは、数年程度の短いスパンで見れば良いことなのですが、何十年ものスパンで見ると、お金を腐らせているだけなのです。

つまり、必要以上の貯金を何十年もし続けるということは、実は、お金を少しづつ捨てているのと同じです

将来、贅沢な暮らしをしたかったら、貯金を考えるよりも、「いかに稼ぎ続けることが出来るか?」を考えたほうが良いのですね

そのため、こういった事をよく理解しているお金持ちの人は、現金を貯金するだけでなく、株式や不動産に分散させているのです。

関連記事
将来が不安な方へ。お金の不安を解消する生き方

 

まとめ

今日は「全ての人がお金持ちになることは出来ないけど、将来を心配しなくて良い理由」を、書いてみました。

少しでも皆様に伝われば幸いです(*´ω`*)

でわ、簡単にまとめてみますね♪

1. お金が増えることと、豊かになることは違う。全員がお金持ちになるのは無理だけど、全員が「豊か」になることは可能。また、そういった世界の実現のために、多くのスピリチュアリストや自己啓発家、科学者の方々が、頑張っているのですよ♪

2. 誰かがお金持ちになるということは、誰かが貧乏になると言う事。そのため、お金持ちになろうとしている人は「お金をいただく相手に対して、同等以上の価値を与える」という、正しいビジネス思考で行動する事は必須。

3. これからの時代は、国民全体の相対的な収入は下がることが予想されるが、「お金は無くても豊かに生きられる」時代になっていくのです。わたしは「人類の力」を信じています(`・ω・´)ゞ

4.お金は、貯め続けても価値が減っていくものなので、若いうちから老後の為に貯金するのは意味がない。貧困状態は別として、老後に備えて何千万も貯金するよりも、常に稼ぎ続ける事が出来る「価値を提供できる人間」になることを考えたほうが良い。

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
お金よりも大切な“自分自身の資産化”
これからは激動の時代になる〜来たるべき未来を幸せに生きるための方法〜
貧乏人を相手にしてはいけない!お金儲けの正しい考え方


スポンサーリンク