宗教とは何か? 宗教の問題点と宗教の考え方

宗教とは何か? 宗教の問題点と宗教の考え方




こんにちは☆NORIです(・∀・)

今日は「宗教」のお話をしますね〜☆

宗教については以前から記事にしたいと思っておりましたが、先日、ある読者の方から「宗教についてどう思いますか?」と問い合わせをいただきましたので、これを機会に記事にする事としました♪

というわけで、わたしが考える「宗教」について色々書いていこうと思います(・∀・)ニヤニヤ


スポンサーリンク




そもそも宗教って何?

まずは、そもそも宗教って何なのよ?というお話から始めましょう。

世界には5大宗教と呼ばれる大きな宗教があります。

キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、仏教、ヒンドゥー教です。

ユダヤ教は「ヤハウェ」と言う神を信仰する宗教で、紀元前1300年ほど前に、モーゼが奇跡を起こしてイスラエル人を助けたことをきっかけにエルサレムで生まれました。(有名な海をぱかっと割るやつです)

キリスト教は、キリストが神の生まれ変わりということで、同じくエルサレムで今から2000年ちょっと前に出来ました。

その600年後には、同じくエルサレムで、ムハンマドと言う人が「神から掲示を受けた!」と言い出したことから、イスラム教が始まりました。

長くなるので簡単に説明しますと、最初にユダヤ教ができて、人々は、しばらくはヤハウェを信仰していたのですが、途中からキリストが出てきて「わたしはヤハウェが今の世に遣わした救世主なのだ」と言い出しました。

しかし、ヤハウェを信仰するユダヤ教の人たちは、「そんなこと言ってねーわ!」と怒って、キリストを十字架に貼り付けにしました。

しかし、死んだと思ったキリストは復活し、「奇跡」を起こすことにより、キリスト教が誕生しました。

そしてしばらくは、ユダヤ教を信仰する人、キリスト教を信仰する人がいたのですが、今度はムハマンドという人が洞穴で修行をしている時に「神から啓示を受けた!」と言い出して、その教えを広めることにより、アッラー(ヤハウェのアラビア語読み)を信仰するイスラム教が誕生しました。

ここで注目してほしいのが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3宗教は、もともとは同じ神様を信仰している。という事です。

そして、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教徒とも、聖地とされる場所は同じエルサレムで、実際エルサレムには、キリスト教の教会と、ユダヤ教の「嘆きの壁」と、「岩のドーム」と呼ばれるイスラム教の神殿が隣り合わせに建っています。

つまり、それぞれの宗教が、「エルサレムは俺んとこの聖地だ!」と主張しあっている状態なのですね。

そのため、エルサレムを管理している、イスラエルとパレスチナを含めた中東諸国では、戦争が耐えないわけなのです。

そして先日、トランプ大統領が、「エルサレムをイスラエルの首都と認定する!」と宣言したことが問題になっていますが、これは何を意味するのかといいますと・・・

今まで、どの国の持ち物でもなく、宙ぶらりんな状態で国連が管理していた「エルサレム」という地区を、「イスラエルの首都にする」ということは、「エルサレムはユダヤ教の物です」と宣言したことになるのですね。

もちろん、ユダヤ人たちは喜びますが、反対に、現在迫害に苦しんでいるパレスチナ人や、イスラム教徒などは、怒り心頭なわけなのです。(実際は全てのユダヤ教信者が、トランプ推しなわけではありません)

つまり、「また戦争が起きるな・・・」というのが、今の状況なのですね。

で、次に仏教ですが、仏教は、簡単に言うと、2500年前にインドで生まれて、それが中国に渡り、日本に伝わったものです。

しかし、その過程で、経典に書かれてあることの解釈が色々と変わったりしたので、インドの仏教と、日本の仏教は、色んな所が違うわけなのですね。

実際、インドにはヒンドゥー教もあったわけなのですが、簡単に言うと、ヒンドゥー教のほうが仏教よりも「民衆にとっては触りの良い教え」だったっために、今のインドは、ほとんどがヒンドゥー教信者になっています。

関連記事
ユダヤ教とは?ユダヤ教とユダヤ人の迫害の歴史
イスラム教とテロリスト。なぜテロは起きるのか?
神は人間の創造主ではない。魂と肉体の起源のお話


スポンサーリンク




宗教は、あくまでも人間が作ったのです

宗教は、「神の教えを広める」という目的を持っていますが、そもそも宗教が出来た理由は、悩める人々が幸せになるために「心の拠り所」が必要だったからです

しかし、仏教の経典にしても、ユダヤ教の旧約聖書にしても、キリスト教の新約聖書にしても、それを作ったのは人間であり、しかも、教祖の弟子たちによって、教祖が死んでから何年も後に書かれた「メモ書き」が元なのですね

そのため、「それって、本当に教祖が言った言葉を、そのまま書いてあるの?」なんて事も、疑わしいものなのです。

だって、メモ書きを残したのは、教祖本人ではなく、二流の弟子たちなワケですからねw

まぁでも、大抵はどの宗教でも「良いこと」は書いてあるのは間違いないと思いますけどね。

そして、こういったいろんな宗教の教えの部分には「黄金率」と呼ばれる共通する部分があり、たとえば「あなたが人にしてもらって嬉しいことは、人にもしてあげななさい」とか、こういう「愛の部分」ですね♪

こういった部分は、素直に自分に当てはめて生きていけば、実際に幸せになる事は出来るでしょう☆

そのため、聖書や経典を読むのは、わたし自身は、とっても良いことだとは思います♪

関連記事
「真我・無我」を解りやすく解説してみる

 

宗教は必要か?

では次に、「宗教は必要かどうか?」という点から考えてみましょう。

わたしとしては、現時点では「宗教は必要」と考えております。

なぜなら、人類は、まだまだ未熟であり「何かすがるもの」が必要だと思うからです

実際、宗教を信仰することにより、間違った道に進むこと無く、心から幸せを感じる人生を生きている人もいっぱいいるとは思いますしね♪

そのため、現在、なにかしらの宗教に入っている方は、あなたの宗教を楽しんで続けて頂ければ良いと思います。

ただ、それはあくまでも、「あなたが信仰をすることにより、ちゃんと幸せになれているなら」という条件がつきますが・・・

もし、あなたがなにかの宗教に入っているとして、心は幸せを感じているのに、お布施によって貯金がどんどん減っているような状態だとしたら・・・

それは、話は違ってきます。

この場合は、あなたは、「自分が洗脳をされている事」に気づかなければなりません。

たとえ、心が幸せを感じていても、生活が貧困状態であれば、いずれは、心の方も不幸になっていきます

もしくは、「本当は自分は不幸だと気付いているのに、自分が選んだ宗教が間違っていたという事を自分で認めたくない」という心理状態になっている可能性も高いです。

この世界では、物質的な貧困状態では、絶対に幸せになる事はできません。

関連記事
全ての人がお金持ちになるのは無理なのです。しかし将来を心配しなくて良い理由とは?

 

現在の宗教の問題点

では、現代の宗教の問題点とは何でしょうか?

それは、宗教という「哲学的な教え」が、「ビジネス」や「大衆支配」のためのツールとして利用されている事実だと思います

実際、権力者にとっては、大衆を支配するなんて、簡単な事なんですよね。

なぜなら、殆どの人は精神的に未熟であり、知恵もないからです

さらに、物質的に貧困に陥っている人間は、正常な思考をする事ができなくなりますので、益々簡単に洗脳をすることが出来ます。

そのため、「触りの良い教え」を利用することにより、一部の人達が国民を支配するための道具に使われてしまっているのが、現在の宗教なのです。

宗教団体と言うと、なんだか嫌な感じを受けるのはそのためで、それは正常な思考でしょう。

なぜなら、実際世の中には、真面目に宗教をやっている団体よりも、洗脳目的で宗教をやっている団体の方が、はるかに多いからです。

わたしは、あえて、どの宗教団体がこういった悪事を働いているとかは、書きません。

それはもう、皆さん一人ひとりの感性で感じ取って貰えば解ることだと思いますしね〜(・∀・)ニヤニヤ。

関連記事
スピリチュアルの危険性


スポンサーリンク




宗教の様なものは世の中には沢山あります

宗教のようなものは、今の世の中には沢山あると言えます。

たとえば、「自己啓発セミナー」と呼ばれるセミナーの中には、たいへん怪しいモノも沢山あるらしいですね。

怪しい自己啓発セミナーは、外界と遮断された空間の中で、大声で叫んで何かやったりとかの、日常では体験できない状況を意図的に作り出すことにより、セミナー参加者を洗脳させ、高額なセミナー費用を取り、そして、洗脳に成功した人間を利用して、また新たな洗脳予備軍を集めるシステムとなっております。

しかし、こういった怪しいセミナー参加者のほとんどは、それでも「良い体験が出来た!」と大満足なご様子ですが、これは単に、外界から遮断された空間で異常な体験をさせられた事を、「自分の精神レベルが上がった」と勘違いしているだけに過ぎません。

そして、新興宗教でもこれと同じ事が行われ、信者が正常な思考判断が出来ないようにするために、外界から遮断した空間に隔離して、自分自身で思考をする暇もあたえないように、肉体的にも精神的にも極限まで追い詰めるような「修行」を行います。

まぁ、こういった事は多くの方がすでにご存知だとは思いますし、その証拠に、オウムのサティアンで修行していた信者の映像を見ても「これは楽しそうだ!」と思った人は、一人もいなかったでしょうw

とは言っても、こういった怪しい自己啓発セミナーや、宗教に騙され洗脳される人というのは、必ず一定数いるんですよね。

なんで、このような状況が成立するかというと、世の中には、それだけ精神的に未熟な人が多いからなのです

騙されるような人というのは、問題を自分から解決しようと努力をすることもせず、ハナから「何かに助けてもらおう」という考えの人です。

そのため、簡単に宗教団体に依存してしまうのです。

悪意ある宗教団体は、「信者を依存させること」を目的としていますので、向こうからしたら、「信者(カモ)を集めるのなんて余裕だわ〜」と思っている事でしょう。

なぜなら、世の中は、わたしたちが想像するよりも、騙されるようなアホが一杯いるからですw

そしてこれは、宗教団体や、自己啓発セミナーを行う人だけでなく、スピリチュアルな業界でも普通に行われています。

騙されやすい人とうのは、とにかく、自分から依存をしたがります

そのため、以前の記事にも書きましたが、わたし自身も、全ての相談者に返事を書くわけではないのです。

なぜなら、「この人はわたしに依存しそうだな?」と判断した人に対しては、「あなたは自分から依存を求めていますよ」と言うことに、気付いてほしいからです

つまり、わたしに依存してくるような人は、わたしは、あえて切り捨てるようにしているのです。

その理由は、ええかげん、「自分が依存心を持っているために不幸になっている」ということに気付いてほしいからです。

「そんな依存思考で生きていると、詐欺師に簡単に騙されて不幸連鎖に陥りますよ!」という事を学んでほしいからです。

逆に、悪意ある宗教団体や、詐欺師の占い師やスピリチュアリストは、こういった依存心のある人が大好きなので、「あなたのことはなんでも理解できるわよ」と、優しい言葉で近づいてくるわけなのですね。

関連記事
騙す人と騙される人は同罪!? 詐欺に合う人の共通点
本物の霊能者と、偽物の霊能者、違いや見分け方とは?
スピリチュアルで不幸になる人の特徴とは?
相手に依存しない生き方をしよう! 友達・恋人・夫婦・人間関係を上手く行かせる方法

 

じゃぁ、何を信じればよいの?

このように、一口に宗教団体と言っても、まともな宗教団体もありますし、悪意ある宗教団体もいますので、「宗教は必要ない!」なんて事は言えないのですね。

ただ、宗教という教えは、そもそもは「哲学」なのですよね

経典とは、人間が幸せに生きていくための知恵が書かれた教科書であり、聖書でもコーランでも、書かれてあることは、大抵は「ためになるお話」なのです。

ただ、それを利用して、お金儲けをしたり、大衆支配をしたりしている人たちがいますよ、という話なのです。

そのため、わたしたちは「自立」をしなきゃいけないのです。

それでも、もし何か1つ神を信じたいのだとしたら・・・

「自分の中の神を信じる」というのはどうでしょうか?

宇宙には、宇宙誕生より存在するめちゃくちゃ巨大なエネルギーがあります。

ただ、エネルギーとはいっても、それは現在の物理学では解明されていないので、とりあえずエネルギーと言っておきますが、その偉大なるエネルギーが、ひとりひとりの中の魂にも入っているのです。

神社に鏡が置いてあるのは、「神はあんたの中にいるんだよ、ということに気づけ!」という神道の教えです。

そして、自分の中に神がいるってことは、相手の中にも神がいるって事になります。

つまり、「他人の嫌がることはしちゃいけないよ」と言うような、宗教の黄金率の部分だけを、信じていれば良いのです

ちなみにわたしは、何も宗教はやってないですが、神社やお寺に行くのは好きです。

何故かと言うと、ふいに呼ばれたような気がするからです。

わたしたちは、日本人としてこの日本という国に生まれました。

そのため、もし宗教を何かひとつ信じるのなら、神道を信じるのが良いと思います

なぜなら、わたしたちは、この時代のこの日本に生まれてきた理由を、すべてあの世で決めてきているからです

わたしたちは、理由があってこの日本に生まれてきているので、この日本で古くから信仰されている宗教を素直に信じておくのが、自然だと言えますよね(*´ω`*)ノ

関連記事
神道とは?神道を解りやすく解説してみた
日本人の独特な宗教観
神様は自分の中にいる

 

最後に・・・

今日は、宗教について色々と書いてみました☆

あなたが、どんな宗教を信じるのかは、それはあなたの自由です。

しかし、そこで、他の宗教信者と喧嘩をするようでは、宗教の教えを営利目的に利用している人たちと同じ思考です

これは、スピリチュアルを信じている人にも言えることですが、他人と喧嘩するようでは、本末転倒なのですね。

そのため、わたしの記事に批判を入れてくる人に対しても、わたしは無視することにしました。

なぜなら、こんな簡単な事にも気づけ無いほど、レベルが低い人を相手にするのは時間の無駄だからです。

皆さんは、自分が楽くなれる宗教を自由にやっていけばよいですし、何も宗教をやっていない人は、自分の中に神を持つのもよいでしょう。

もしくは、バシャールのようなチャネラーを信じてもよいですし、江原博之さんのファンになるだけでも良いと思います。

ただ、あなたが信じる宗教がインチキ詐欺師ではないか?という点は、注意したほうが良いですね。

といっても、詐欺師は簡単に見破ることが出来るんですけどね♪

たとえば、お布施というカタチで、あなたの貯金がどんどん減り始めたら、あなたは「詐欺師」を「教祖」として信じるように洗脳されていると言えるでしょうw

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
仏教とは?仏教と釈迦の教えを解りやすく解説してみた
「真我・無我」を解りやすく解説してみる
日本人と道徳心。忘れ去られた日本人の精神性を取り戻す
世界から戦争や貧困を無くす方法を考えてみた


スポンサーリンク