Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

貧乏人を相手にしてはいけない!? お金儲けの正しい考え方

貧乏人を相手にしてはいけない!? お金儲けの正しい考え方
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(・∀・)

いやぁ〜、なんか批判受けそうなタイトルでスタートしてしまいましたが・・・w

今日は、自営業やフリーランスの方、自分でビジネスを始めようとしている方に向けて「お金儲けの正しい考え方」をシェアしますね。

先日、自営業をしている友人と話していた時に、お金儲けや仕事の考え方について、意見が一致する部分、反対に意見が相違する部分もあって結構話が盛り上がっていたのですが、そんな会話の中で得た「お金儲けのヒント」のお話をしてみます。


スポンサーリンク




貧乏人を相手にお金儲けをしてはいけない

わたしは、これが正しいお金儲けの仕方であり、仕事とはこう考えるべきだと思っています。

それでは、その理由を順を追って説明いたしますね。

まず、世の中は0.1%のお金持ちと、5%くらいの小金持ち、75%〜80%の中間層がいて、残りの20%くらいは貧困層と言えます。

この数字は、わたしが肌感覚で捉えているだいたいの数字ですが、おおよそこんな割合でしょう。

しかしですね・・・

自分でビジネスを始める人で、特に何の計画も無くいきなり始めちゃう様な人は、大抵は、中間層か貧困層を相手にしちゃうんですよね。

それは何故か?

その理由は「簡単だから」なんです。

実際、貧乏人をターゲットにしたビジネスモデルの設計なんて、恐ろしく簡単なのです

しかし、貧困層相手のビジネスでは、結局は儲かりません。

お金を持ってない人からは、物理的にお金を取れないので、これは当然と言えます。

しかし、大抵の人は、最初は中間層を狙ったビジネスを始めるのですが、次第にターゲットが貧困層に移ってきちゃうんですね。

その理由としてあげられる事のひとつは、商品が思うように売れないために、簡単に「値下げ」を繰り返し、自分でも知らず知らずのうちに「貧困層」を相手にしたビジネスに移行していっちゃうのです。

たとえば、ネットで高額な情報商材を売りさばいているような人がいますが、実はあれも貧困層相手のビジネスなのです。

なぜなら、情報商材を買ってしまうような人は、基本的に貧乏だからです。

その結果、貧乏な人が、さらに借金を背負って極貧になってしまうという、悪しき連鎖が生まれるのですね。

そして、そんな貧困層を相手にして商売を行う側も、特に難しいことをやってるわけではないので、結局は何のスキルも身につかないですし、「他人を騙す」と言うカタチで一時的にお金を手に入れるだけで、その後が続かないのですね。

それに、貧困層相手のビジネスは、まともにやっても、どうしても「薄利」になっちゃいます。

つまり、貧乏人相手の商売というのは、不幸な人が増えるだけで、誰一人として幸せにならないのです

そのため、お金儲けをする側からしたら、「貧乏人は相手にしてはいけない」というのが、正しい思考なのです。

関連記事
“楽して稼ぐ”はお金儲けの正しい考え方!?
簡単に月収100万円稼げます!←SNSでよく見かけるネットワークビジネスという名の詐欺


スポンサーリンク




お金持ちを相手にするビジネスを考える

お金持ちを相手にしたビジネスをするには、お金持ちが買うような高額商品やハイエンドなサービスを扱う必要があります。

しかし、お金持ちは「目利き」ですし、商品やサービスが持つ「正統な価値」には、ものすごく敏感で、物に対して適正な値段を自分で定めることが出来ます。

関連記事
高級品は何故高いのか? 世の中に溢れる物の“本当の値段”を判断できていますか?

たとえば、1個100万円の腕時計は、お金持ちしか買いません。

しかし、100万円の価値がある腕時計を作ろうと思ったら、それは大変なことです。

一流デザイナーを雇い、ブランディング戦略を綿密に計画し、時間をかけてプロモーションを行い・・・と、とんでもない労力が必要です。

そのため、お金持ち相手のビジネスというのは、基本的に難しいのですね。

ただ、お金持相手のビジネスというのは、普通の人相手のビジネスに比べて5倍のお金をかけて、それを10倍の価格で売るのが、お金持相手のビジネスなのです。

それでも、お金持ちからしたら、100万円の腕時計を1個買おうが、10個まとめて買おうが、お金が腐るほどあるので自分の懐はまったく痛まないのです。

資産が10億あるような人が、貯金が100万くらい減った所で、その人は何とも思いません。

そのため、商売とは、お金のある所から、お金を取らなきゃいけないのです

そして、この状況をスピリチュアル的に見てみますと・・・

天に神様がいるとしてですよ・・・

神様目線で見たら、お金持ち相手のビジネスというのは、一部の人達に偏った資産を、公平に分配する事になります

つまり、お金持ちを相手にするビジネスというのは、一言で言うと「富の分散」なのです

江戸時代の「怪盗鼠小僧」と同じことを、法律に則って正統に行う様なものなのです(・∀・)

逆に、貧乏人相手のビジネスというのは、貧困層を更に貧困にして、自分自身も儲からないのです

つまり、ビジネスをスピリチュアル的に見たとしても、「金持ち相手の商売」を考えることは「富の分散」を行うことであり、より沢山の人を幸せにする方法でもあるのですね。

関連記事
全ての人がお金持ちになるのは無理なのです。しかし将来を心配しなくて良い理由とは?

 

お金持ちを相手にするためには、自分自身も同じ器でなければならない!?

というわけで、仕事で儲けたかったら、「お金持ちを相手にする」というのが正しい思考です。

そして極端な言い方をすると、仮にどんな仕事をしていたとしても、お客さんが「お金もちか?」「貧乏か?」で、あなたの収入が変わるのです

これは、サラリーマンをやっている方には、なかなか伝わらないかもしれませんが・・・

簡単に言うと、あなたの収入というのは、あなたの取引先の人の収入に比例するのですね

わたしが過去にビジネスのやり方を教わっていた、とある経営者のお話をしますと・・・

その人が言うには、自分がフリーランスや自営業として年収2,000万円くらい(年商ではなく年収ね)稼ぎたかったら、相手にするお客さんの経営する会社の年商は30億以上無いといけないのですね。

これは仕事として人付き合いを行う場合の「バランス」のお話です。

そういった社長さんは下手すると、自分の年収(給料)が1億くらいになることもあります。

そんな経営者を相手にするには、もちろん、自分自身もそれ相応の器がないと、ビジネスパートナーとして対等な付き合いはできません。

何故かと言うと、これは、以前書きました記事「鏡の法則」にも当てはまることであり、そういった経営者と付き合うからには、自分も同じくらいの物質的価値観を持っていないと、対等な付き合いは出来ないからです。

では、わたしの場合はどうしているのか?というと、年商は30億以上ある経営者と対等に付き合えるくらいの「器の大きな人」と、一緒に仕事をしているのです(・∀・)ノ

つまり、わたし自身は年商が30億とか50億とかの経営者と対等に付き合う器は持っていないのですが、そういった器を持っている人と一緒に仕事をする事により、自分の足りない部分を補っているのですね

では、わたしの足りない部分とは一体何か?というと、それは「度胸」だったり、失敗を恐れない「勇気」と言った部分なのですね。

これは、これからビジネスを行う人には参考になるお話だとは思いますが、もしも、「自分は事業を始めたいけど、大きな借金はしたくないし、勝負に出るのが怖いなぁ」なんて方は、「勇気」や「度胸」のある「器量の高い人」と、ビジネスパートナーとして一緒に仕事をすればよいのですね☆

関連記事
ついてる人には付いて行け! あなたの運気は周りの人に影響される!?

 

最後に・・・

今日はお金儲けを考える上での正しい思考方法をシェアしてみました。

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
ビジネスで大成功している経営者に聞いた、お金持ちと普通の人の違い
収入を増やす方法。お金に困らない生活をするには?
お金よりも大切な“自分自身の資産化”


スポンサーリンク