神は人間の創造主ではない。魂と肉体の起源のお話

神は人間の創造主ではない。魂と肉体の起源のお話




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

今日は「神は人間の創造主ではない」と題して、わたしが思っていることを書きたいと思います☆

◯神とは何なのか?
◯魂の起源とは?
◯人間は誰が創造したのか?

今日のお話は、あくまでも私の考えですので、全然信じてもらえなくてもかまいませんが・・w

わたし自身は、今の所「これが真実だろう」と思っています♪

前回の記事の補足的な記事になると思いますが、興味のある方は読んでみてくださいね〜(・∀・)ノ

関連記事
魂と輪廻転生の仕組みを、図解してみた


スポンサーリンク




人間にとっての神とは?

いきなり濃ぃ〜話題からいきましょうw

人間にとっての神とは何か?

わたしが思うに、神とは「絶対神」であり「唯一神」です。

要は、「神は宇宙に1つしかいない」という考えですね♪

そして、人間一人ひとりも、同じく神だと考えています

神道で言う「分け御霊」とか「分神」という考え方ですね。

この話の説明をするには、前回の記事の「魂と輪廻転生の仕組みの図解」を参考にしてもらえると、何となく伝わるかとは思います。

そして、神とは、時間と空間を超越している存在です。

神とは宇宙の創造主でもあり、もしビッグバン理論が正しいのだとしたら、ビッグバンを起こしたのも「神」と言えるでしょう。

しかし、最近のスピリチュアリティーでは、宇宙は偶発的に発生し、その時の初期異常によって偶然「二元性の世界」が創造されたと、唱えるスピリチュアリストもいます。

逆に、科学者の中には、「もう数式で宇宙の真理を解明するの無理!」って事で、「宇宙は何者かによって創造された」と唱える学者も増えてきていますね(・∀・)

もちろん、現時点では真相なんて解りませんし、この問題の答えが出るまでには、あと数百年はかかるでしょう。

関連記事
「真我・無我」を解りやすく解説してみる
神様は自分の中にいる


スポンサーリンク




人間にとっての宗教とは?

世界中にあるいろんな宗教の教えは大変素晴らしいものだと思います。

しかし同時に、教えの要所要所で、情報が湾曲しているとも思います。

この傾向は特に聖書に顕著に現れていて、聖書の内容が湾曲している原因は、人間が大衆支配を行うために、支配階級にとって都合のいいように神の教えが歪められているという点が、気になるんですよね。

特に、これまでの歴史でアーリア人が行ってきた事は、基本的には、「占領」「略奪」「殺戮」です。

ネイティブアメリカン、黒人、アジア諸国の黄色人種、オーストラリアのアボリジニ・・・上げればキリがありませんが、ここ300年ほどは、アーリア人による占領と虐殺の歴史でした。

そして彼らは、こういった所業を、神の名のもとに行っていたのです

しかし、こんな事は少し考えれば解るのですが、世紀の大天才であるイエス・キリストが、「他の大陸に攻め入って土地を増やしなさい」とか、「その土地に住んでいる人は、人間じゃないので皆殺しでOK」なんて言うはずがありません

つまり、現在の宗教とは、支配階層の都合が良い様に、勝手に間違った解釈がされているといえます。

つまり、わたしの中では、「神」と「宗教」は、別物として考えています

宗教を作ったのは、あくまでも未熟な人間自身なのですね♪

関連記事
宗教とは何か? 宗教の問題点と、自分に合った宗教との付き合い方
日本人の独特な宗教観
宇宙に善悪は存在しない

 

人間の創造主とは?

人間の創造主とはいったい誰なのか?

わたしは、ダーウィンの進化論は「一部間違い」だと思っています。

それは「人間は猿から進化したのではない」という部分です。

実は、この事はダーウィン自身も認めており、「人間だけは、進化論が当てはまらない」と、ちゃんと説明しています

科学的にも、人間が猿から進化したという痕跡は一切発見されておらず、これは「ミッシング・リンク」と呼ばれ、世界中の学者たちの頭を悩ませているのですね。

では、人間を作ったのは誰なのか?

やっぱ、宇宙人さんでしょう(・∀・)ノ

オカルトファンの間では、人間の創造主は「アヌンナキ」であるという説が一般的ですが、もちろん、その真相は解りません。

ただ、人間の創造主は地球外の知的生命体だ。

と言う部分までは、これは間違いないないのかな?とわたしは思っています。

じゃぁ、人間を作ったのが宇宙人なら、「宇宙人=神」なのか?

と思われそうですが、そうではないのですね。

宇宙人は、あくまでも「肉体」の創造主なのです

一説には、宇宙人にとっても、ひとつの生命体を創造することはとても難しいらしく、人間の完成までには何百万年もかかったという事らしいです。

では、肉体をもった生命体の創造が、なぜそんなに難しいのか?

それは、肉体に「魂」を宿らせることが難しいからだと言われております。

関連記事
人類の起源と宇宙人。ダーウィン進化論は間違いなのか!?
地球人と関わりがある宇宙人たち。地球はレプティリアンに支配されている!?

 

魂の創造主とは?

人間の肉体をDNA操作により設計し製造したのは・・・まぁ、どっかの宇宙人でしょうw

それがアヌンナキでもプレアデス星人でも、正直何でもイイんですけどね(*´ω`*)

じゃぁ、肉体に宿る「魂」は誰が作ったのか?

この部分に関しては、わたしも解りませんし、知りませんw

もし、誰か知ってる人がいたら教えてください☆

という訳で、魂について、一般的に言われている説を書きますね。

魂とは、宇宙の中心にある巨大なエネルギー体(つまり神自身の分け御霊)であり、わたしたちの体の中には、神と同じもの(魂)が入っています。

そして、どんなにテクノロジーが発達した知的生命体にとっても、魂を作り出すことは不可能です。

なぜなら、魂とは、宇宙そのものであり、神と同じだからです。

つまり、神と同じ「たいそうな物」が、皆さん一人ひとりの体の中に入っているのです(・∀・)ノ

という事は、皆さん一人ひとりが「神である」と言う事になりますね☆

我は神なり、愛と光なり」 (斎藤一人)

一人ひとりが神であると言う事は、全ての人間は「生まれた時点で価値がある」という事です。

と同時に、全ての人類が「愛そのもの」であると言えます。

なぜなら、宇宙とは「愛」を理解するための、ネガティブとポジティブ、両方の情報の集合体だからです。

というわけで、人間は多かれ少なかれ、誰だって「愛」を持っているのです

関連記事
二元性を統合する! 宇宙にはポジティブもネガティブも存在しない
全ての人間には“価値”がある。価値がない人なんていないのです!

 

最初から愛に溢れた、人類と言う存在

とは言っても、世の中には「こいつに本当に愛があるのか?」なんて思えるような、嫌なやつもいますよねw

しかし、そんな性格がひん曲がったへんちくりんな奴でも、やっぱり愛を生まれつき持っているのですね。

たとえば、強盗殺人を犯すような犯罪者でも、警察には捕まりたいと思っているから、必死で逃げます。

「警察に捕まりたくない」と思う犯人は、自分を愛しているのですね。

つまり、そういう人は、他人には愛は出せないけど、自分にはちゃんと愛を持っているのです。

「自己愛」ってやつですね。

と言っても、自己愛自体は全然悪くはないのです。

逆に、真面目すぎる人が、「自分には価値がない」と思ってしまい、自分を愛さなくなってしまった結果、鬱病になったり自殺したりしてしまう人もいますからね。

人類全体で見れば、「自分を愛する」と言うのは良いことなのです。

なぜなら、魂とは「分け御霊」と言う神の分神なので、自分を愛していないということは、神を愛していないのと同じことです。

つまり、魂は、自分の魂も、他人の魂も、同じなのですね

「愛」は、自分にも他人にも両方出すことによって、宇宙に祝福されるといえます

 

最後に・・・

最近はこんな話を書いても意外とたくさんの人が読んでくれることが解り、調子に乗って、あらためて「魂や神」について書いてみました♪

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
宇宙人とUFOテクノロジー。地球人の叡智を超える地球外知的生命体
全ての地球人に贈る、宇宙人からのメッセージ


スポンサーリンク