Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人生のどん底は二度は来ない!? 最悪な出来事も決して不幸ではないのです

人生のどん底は二度は来ない!? 最悪な出来事も決して不幸ではないのです
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)

今日は「人生のどん底は二度は来ない!? 最悪な出来事も決して不幸ではないのです」と題しまして、どん底人生から這い上がる方法を書きたいと思います。

わたし自身も、過去に何度かどん底と思えるような時期がありました。

その時の経験を元に、「人生どん底の時にはどういった思考をしたら良いのか?」

また、スピリチュアル的に見た場合、「どん底の人生にはどういった意味があるのか?」についても、詳しく書いていこうと思います!

そして、わたしが自信を持って、皆さんに言えることがひとつあります・・・

それは、あなたが今、人生のどん底を経験している最中だとしても、それは本当は不幸な事ではない!ということです。


スポンサーリンク




人生のどん底は、必然的にやってくる!?

わたしたちの魂は、何度も輪廻転生を繰り返すことにより、「幸せ」になることが、この世に生まれてくる目的です。

じゃぁ「幸せって何?」と考えると、多くの方が即答できないと思います。

しかし、人生がどん底にある状態の方に「幸せとはなんですか?」と聞いた場合は、おそらく即答できるのですね。

その時に返ってくる答えは・・・

◯多くは望まないので、普通の生活がしたい!
◯心が穏やかに暮らせれば、それでいい!
◯沢山のお金はいらないから、毎日ご飯を食べられればいい!

とまぁ、こんな感じで、人生がどん底の方にとっては「幸せ」は、簡単に定義できるのですね。

しかし、人生を何不自由なく生きている人にとっては、「幸せの定義」は、なかなか出来ないものです。

つまり、わたしたちは幸せになるためにこの世に生まれてきているのですが、その前に、「幸せとは何か?」という事を理解する必要があるのですね。

そして、「幸せとは何か?」を理解しようと思ったら、正反対の経験をする事が、最も簡単に「幸せ」を理解する方法なのです

その為、わたしたちの人生には、要所要所に「どん底」と思えるような出来事が必然的に起きるのですね。

更に言うと、この「どん底状態」を人生に起こすのは、自分自身の魂なのです。

なぜなら、わたしたちは、生まれてくる前に人生のカリキュラムを自分自身で設定してくるからです。

というわけで、もしあなたが人生のどん底状態だったとしたら、一見不幸と思われるようなその出来事は、「幸せ」を理解するために、必然的に起きている。と解釈したほうが良いのですね。

関連記事
間違った人生を歩んでいる時に現れるサイン。人生の進むべき正しい道とは?
調子が悪いとき、物事が上手く行かない時期の過ごし方
生まれてきた理由を知る


スポンサーリンク




人生のどん底は、何度も起きるものではない!

実は、人生のどん底状態なんて、何度も起きるものではないのですね。

それは何故か?

それは、よほどのお馬鹿さんでない限り、人は一度言えば解るからです(・∀・)

たとえば、一度殴られれば、誰だって殴られる人の痛みは解るので、他人を殴ろうなんて思いません。

一回でも病気になったことがある人は、病気の辛さが解るので、病気の人を見ても「怠けている」なんて思えなくなるでしょう。

これと同じ様に、人生のどん底は一度経験すれば、その辛さはもう十分に理解出来るので、正反対の「幸せとはどういう事か?」という事も十分に解るのですね。

そのため、人生がどん底になるような出来事というのは、本来は、人生で何度も起きるような事ではないのです

もし、あなたが人生どん底の状態だったとしたら・・・

これを抜ければ、あとは人生良くなるばかりなんですよ(*´ω`*)ノ

関連記事
未来は必ず「良い方向へ向かう」という法則

 

人生のどん底を何度も経験してしまう人は?

では、何度も人生のどん底を経験してしまう人は、どう捉えればよいのでしょうか?

実際、人生で何度もどん底状態を経験してしまう様な人もいますよね。

そういった人は、まず「魂が強い人」と言えます。

傍から見ていると、「人生で何度も辛いことが起きて、よくあの人は平気でいられるな〜」なんて思われるでしょうが、そういった人は、その人の魂の耐久性に合わせた試練を、自分で与えているのですね。

仮に、同じようなどん底人生があなたに起きたら、あなたの魂は絶えられないかもしれませんが、その人の魂は耐える事ができるのです。

そのため、もし、あなたのまわりに、人生のどん底を何度も経験して、とても可哀想に見える人がいたとしても、その人のことを心配する必要はないのですね。

なぜなら、その試練は、あなたなら絶えられないですが、その人にとってはヘッチャラだからです。

つまり、あなたが他の人を観て「自分もあんな目にあったらどうしよう」と心配しがちになってしまいますが、そんなことは心配する必要すら無いのですね。

他人を見て「私なら耐えられない!」と思うような他人のどん底人生は、そもそも、あなたには起きないのです

関連記事
悪いことは続かないけど「良いことは続く」という法則

 

人生のどん底から這い上がる方法

では、人生のどん底から這い上がるには、どうすればよいのでしょうか?

わたし自身も、過去に、ブラック企業での過労、会社の倒産、自分の病気、家族の怪我 etc..

こんな最悪事件が同時に重なったことがあります。

しかし、わたしはそれを乗り越えました。

どん底人生から抜け出すために、わたしが実践したことは、そんな状態でも、人生に感謝した事です

そして、とにかく前向きにポジティブになろう!と努力をしました。

どん底から抜け出そうと思ったら、悲観的にならずに、「前向きに明るく生きようとする努力」や、「感謝すること」が大事なんですね。

どん底から抜け出した今となっては、わたしはこの事をはっきりと実感できたと思います。

たとえば・・・

もしもあなたが、お金がなくて貧困でどん底なら、「それでも健康で生きている事」に感謝をします。

怪我をして苦しい人生を送っているのだとしたら、「手足は痛いけど、ちゃんとご飯は食べられる」といったことに感謝をするのですね。

なぜなら、先程も書きました通り、人間は一度言えば解るからです

つまり、辛いことが起きたとしても、その出来事により「自分は本当は幸せだったんだ!」という事が一度解ってしまえば、それ以上は、もう学ぶ事は無いのですね。

たとえ、現状で人生どん底の最悪状態だったとしても、その中から小さな幸せを見つけて、それに感謝するということを続けていくと、あなたは人生の課題を1つクリアしたことになるのです。

人生の課題をクリアするという事は、そのどん底人生は、もうすぐ終わるという事です

そして、その時のあなたは、魂レベルがワンランク上がったと言えます。

更に、どん底人生から這い出た後でも、「日々の日常に感謝する」という事を忘れず続けていれば、過去に起きたようなどん底状態は、もうやってこないのですね

なぜなら、「幸せとは何か?」を理解したあなたにとって、もうこれ以上、正反対の辛い人生を経験する必要は無いからです。

関連記事
「ありがとう」の言霊で人生を好転させる具体的な方法まとめ
なぜ感謝が必要なのか? 幸せになる為の感謝の本当の意味とは?
魂のレベルが高い人と低い人。特徴や違いとは?

 

どん底から抜け出すために、理性的な思考をする

そしてもう一つ、どん底人生から抜け出すための方法として、「理性的に思考をする」ということも大切です。

なぜなら、後ほど詳しく解説しますが、あなたに起きるどん底人生と言うのは、あなたが間違った方向へ進もうとしているのを軌道修正するためにも起きるからです

そして、間違った方向へ人生を進めてしまう原因は、大抵は「考え方の間違い」なのです

わたしの感じでは、人生に起きる辛い出来事の多くは、前世の因果が原因になっている場合よりも、今世での考え方の間違いが、ただ単に年を取ってから起きている場合の方が多いと感じます。

その時に、「じゃぁ自分の考え方の何が間違っているのか?」という事が、自分で解らなければなりません。

大抵は、「自分のどこが悪いのか?」なんてことは、自分ではなかなか気づかないものですからね。

そのため、人生には、「自分の考え方のどこが間違っていたんだろう?」と、理性的に思考をする期間が必要なのですね

これはある意味「悩む」と言う行為と似ているかもしれませんが、悩むと言うのは、起きてる現象について、ただマイナス思考になっているだけの場合が多く、実際は、その問題を解決するために「冷静に思考をしていない」という事がほとんどです。

たとえば、お金の事でどん底を経験している人の場合は、「今後、お金で困らないようにするにはどうすればよいか?」という事を具体的に考えることが、理性的に思考をするということです。

病気になってしまい人生どん底の人は、「自分は何故病気になったのか?」ということを考えてみる必要があり、もしかしたら、「今までの考え方の間違いにより身体が悲鳴を上げているのではないか?」と、冷静に分析をした方がよいのですね。

ちなみに、私の身におきた過去のどん底人生の原因は、「マイナス思考で根暗だった」という自分の性格や考え方の間違いが原因だった。と、今でははっきりと解りました( *´艸`)

一番いけないのは、自分のどん底人生を、先祖の霊のせいにしたり、悪霊のせいにしたりすることです。

わたしの経験上、霊などの外部的要因で人生が悪い方向へ進んでいるなんて事例は、とても少ないと思います。

大抵は、本人の考え方の間違いによって、人生が悪い方向へ向ってしまうのです。

関連記事
お金を引き寄せ続けていける人の特徴を分析して解ったこと
なぜ人生に問題は起きるのか? 上手く行かない時は必ず原因がある
ストレスは無くならない!? ストレスとの上手な付き合い方

 

感謝を忘れると、どん底人生は繰り返す!?

仮に、どん底人生から這い出したとしても、すぐに感謝を忘れてしまい、以前のように不平不満を吐き出す事を続けていると、また同じことが起こります。

そのため、もし、どん底人生が何度も繰り返し起きるようであれば、あなたは「日々の感謝を忘れていないか?」という事を、一度考えたほうが良いのですね。

たしかに、人間は一度言えば、よほどの分からず屋でもなければ理解できる生き物です。

そのため、一度どん底人生を経験をすれば、大抵の人は、そこから「幸せとは何か?」を学ぶのですが、どん底から抜け出しても、すぐに以前の自分に戻ってしまう様では、本当は「幸せとは何か?を理解できていなかった」ということになってしまいます。

簡単に言うと、過去にお金に困ってどん底人生を経験したとしても、少しお金を手に入れたらまたすぐにギャンブルなどで無駄遣いをしてしまうような人には、同じようなどん底人生が何度でもやって来るということです

関連記事
ギャンブル依存症という病気は存在しない!? ギャンブルに依存する人の特徴とは?
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる
幸福のヒントは脚下にある

 

どん底の期間は、人生の転換期

人生のどん底期間は、人生の転換期であるといえます。

つまり、「今までのあなたの考え方は間違っていたので、これを気に直しなさい」と言われているのですね。

じゃぁ、誰に言われているのかと言えば、その相手はハイヤーセルフでも守護霊でも別にどう捉えてもよいのです。

ただ、どん底人生を経験するということは、あなたの魂が「真の目的」から外れた人生を歩んでいるというサインなのです

つまり、今まさに人生のどん底を経験している最中だとしたら、それはあなたにとっての人生の転機であり、「これから人生は良くなりますよ!」とも言えるのですね

あなたに人生の転機を知らせてくれる大いなる存在は、愛に満ちています。

なぜなら、あなたにどん底人生を経験させることにより、あなた自身が人生を誤った方向へ進みそうになっている所を軌道修正してくれるからです。

その為、どん底状態がひどければ酷いほど、「あなたはそれだけ間違った考え方をしていて、人生を誤った方向に進もうとしていた」と言えるのです。

その軌道修正は、ある意味「力技」で強引に感じあるかもしれませんが、そうでもしないと、あなたの人生を本来の良い方向に向かわせることが出来ないのですね。

その為、たとえ今の人生がどん底の最低状態でも、やっぱり「感謝」することが大事なのですね。

じゃぁ誰に感謝するのか?というと、間違った方向へ進みかけていた自分の人生を、正しき方向へ導こうとしてくれている、大きな存在に感謝をするのですね

守護霊様でも、神様でも、ハイヤーセルフでも、宇宙意識でも・・・感謝をする相手は、誰でも良いのです♪

関連記事
守護霊とはどんな霊? 守護霊のお役目と人間との関係
ハイヤーセルフとは何か? 守護霊との違いを解りやすく解説
人生の目的とは? 生きている意味が解らない方へ

 

まとめ

今日は、どん底人生を経験している方に向けて、どん底から這い上がる方法や思考法などを書いてみました☆

少々長くなってしまったのでまとめてみます・・・

1. 人生のどん底は、必然的にやってくるのだけれど、それはあくまでも自分自身の魂が決めたことである。しかし、そこですぐに「感謝」をすれば、どん底なんてすぐに抜け出せるし、同じようなどん底人生は、もうやって来ないのです。

2. 人生のどん底を何度も経験してしまう人は、過去の人生において「何も学んでいないのではないか?」と言うことを、改めて考えたほうがよい。

3. どん底人生から這い上がるには、まずその状態で「感謝」をすること。感謝をするとは、つまり「自分はもう、幸せとはなにか?を理解出来きました」と、自分の魂に伝えることなのです。

4. どん底から抜け出すためには、「原因」と「解決策」を冷静な思考することが必要。なぜなら、「人生がどん底状態にある原因」を自分で理解する必要があるから。そして、大抵は「自分の考え方の間違い」が、人生のどん底という結果に現れるのです。

5. 人生どん底の期間は、人生の転換期と言えます。あなたの魂が本来進むべき道から外れた時に、軌道修正のためにどん底人生の期間を経験するのです。そして、どん底人生から学ぶことにより、本来進むべき人生へ向かえるのですね♪

最後に、皆様にお伝えしたいことは・・・

人生がどん底なのは、あなたにとってその経験が必要だから起きているといえます。

しかし、それは決して罰ではないのです。

それは、どちらかというと、あなたの魂を見守る存在の「愛」であり「優しさ」なのですね。

そのため、そういった大いなる存在に「感謝」をすることが大切なのです。

どん底人生とは、文字通り、今が一番悪い時です。

という事は、もうこれからは、「良い人生」しかやって来ないのですね

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
ピンチはチャンス!は本当です。試練を喜ぶと宇宙が味方する!?
心の避難場所を作る。頑張り過ぎない為の自分に合った生き方とは?
未来は100%自分自身で作り出すことが出来る
人生は宿命で決められているが、運命は自分の思い通りに出来る
人生に起きる全ての事に意味はない!?


スポンサーリンク