ライトワーカーの本当の使命とは?男女で違うライトワーカーの宿命

ライトワーカーの本当の使命とは?男女で違うライトワーカーの宿命




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)

以前、ライトワーカーについての記事を書いたのですが、私の書き方も悪かったのか、いまいち上手く皆様に伝わっていないような気もしていました・・・

というわけで、今日のお話は「ライトワーカーの本当の使命とは?」と題しまして、この地球を良くするために生まれてきた魂をもつ「ライトワーカー」について、更に詳しくお話いたします。

ただ、ライトワーカーと言う言葉は、人によって捉え方がまちまちの様なのですが、わたし自身は、基本的に「ライトワーカー」=「地球人を助ける魂」という解釈をしています

というわけで、ここはあらためて、ライトワーカーという魂は、どういう魂なのか?という事を、わたしなりの見解で、更に詳しく書いていこうと思います。

おそらく、他のスピリチュアリストと言っている事と、少し違ったお話になってくるとも思いますが、興味のある方は読んでいただけましたら幸いです(*´ω`*)ノ


スポンサーリンク




男と女で役割は違う!?ライトワーカーがやるべきこと

まず、基本的な事として、ライトワーカーというのは、「地球を良くするために他の星から生まれてきた魂を持った人」というのは、皆さんの共通認識としてだいたい合ってるかとは思います♪

つまり、ライトワーカーとは、人助けをする宿命を持った魂なのですね

では、地球を良くするためには、ライトワーカーは、何をすればよいのでしょうか?

今の地球は、誰が見ても正常な状態ではありませんし、はっきり言って、人類も異常な状態です。

この事は、スピリチュアルを学んでいる人にとってはすぐ解ると思いますが、経済学や、歴史学を学んでいる学者さんたちも、今の地球の異常性は、もっと細かに認識しています。

しかし、ライトワーカーと言う言葉は「スピリチュアル用語」であり、スピリチュアルが好きな人は、その多くは女性なのです。

そのため、世間一般に言われているライトワーカーに関する知識は、「女性のライトワーカー」の事が言われていると思うのですね

ちなみに、私が以前書いた記事も女性向けに書いたのですね。

関連記事
ライトワーカーの特徴とは? 人生が辛い人はライトワーカーかも!?

たとえば・・・

ライトワーカーは、幼少期から他人と違った価値観や、独特の感受性を持っているために、周囲に馴染めず虐めにあったりするわけなのです。

そんな幼少期を過ごす間に、「なんで自分だけこうなるの?」と人生に疑問をもって、その状況を何とかするために、スピリチュアルに傾倒し、「幸せになるための知恵」や、「宇宙の真理」などを学んでいくわけです。

でも、ここで終わってしまったら、ただの不幸な人なのです。

ライトワーカーが本領を発揮するのは、これから先なのですよ。

ライトワーカーは、過去に自分が経験した様々な辛い出来事から学んだ知識を、「今度は他人のために役立てる」という活動をし始めて、やっとライトワーカーとしての本領が発揮されるワケです

そのため、ライトワーカーにとっては、「過去の辛い経験」が必要であり、過去の経験から学んだ「幸せになる為のノウハウ」を、他人のために役立てる事により、「多くの人たちを幸せにしていく」と言うのが、ライトワーカーの使命なのですね。

たとえば、ライトワーカーは、人一倍「愛」を理解していますが、その理由は「愛」を理解するために、人一倍、辛い経験をしているからです

この事は、皆さんもよくご周知の事かとは思います。

その為、ライトワーカーの人は、人一倍「優しさ」も持っているのです。

そして、成長したライトワーカーは、今度はライトワーカーとしてのお役目を発揮するために、「優しさや、愛を振りまく」ための活動する事となります。

それこそ、ライトワーカーになってからは、何十人、何百人の人の心に「光」を灯していくのが、ライトワーカーのお役目なのです。

これが、「光の仕事人」と呼ばれるライトワーカーの人生なのです。

とは言っても・・・

今書いたことは、「女性のライトワーカー」の場合なのですね

ライトワーカーは、女性だけでなく、男性も沢山います。

では、男性の場合のライトワーカーの使命とは何なのでしょうか?

基本的には、男性のライトワーカーの使命も「愛を広めること」であり女性と同じなのですが、ただ、女性のライトワーカーと違う所がひとつあります。

それは、男性のライトワーカーは、悪と戦うという宿命も持っているのです

関連記事
宇宙の摂理と人生の目的。真理に則った生き方とは?
スピリチュアルな人に与えられた使命
子供は大人より20年進化している


スポンサーリンク




男性のライトワーカーの過酷な使命

この地球は、今、異常な状態にあるといえます。

これは、皆さん既に感じておりますね?

では何故、今この地球がこれほどまでに異常な状態であるかというと、地球は、別に成り行きでこのような状態になったわけではないのです。

つまり、今の地球は、意図的にこのような酷い状態になっていると言えます

「じゃぁ、誰が地球をこんな状態に陥れるような操作をしているのか?」というお話は、今回は省きますね。

その理由を知りたい方は、世界の仕組み、経済の仕組み、金融システムの仕組み・・・

このサイトにはいろんな記事がありますので、興味のある方は色々読んで頂ければ良いと思います。

もしくは、ネットで検索していろいろ調べてみてください☆

今の地球が何故これほどまでに異常事態になっているのか、その元凶が見えてくると思います。

で、ここからが、男性のライトワーカーのお話です。

もし、このサイトを訪れてくださる男性の中で、「自分はライトワーカーかも?」なんて思った方は、覚悟して聞いてくださいね・・・

簡単に言うと、男性のライトワーカーの役目は、地球をこのような状態にしてしまっている元凶と戦うことなのです

そして、更に言うと、男性のライトワーカーの中でも、特に大業を成すような使命を持っている人の中には、「戦って死ぬ」という宿命を持っている人もいます

ちょっと、ショッキングでしたね(*´ω`*)

しかし、わたしは、こんな話をあてずっぽうで喋っているわけではないのです。

わたしが何でこんな事を言っているのかというと、ライトワーカーに限らず、人間は、男と女で、そもそもの「生きる意味」が違うからなのですね

この話は、視点を「人類の繁栄」というところまで俯瞰すると、理解しやすいと思います。

簡単に言うと、女性は子孫繁栄と、子供を育てるために、人類にとって絶対に必要な存在です。

対して男性は、子孫繁栄のために子供を作る女性と、その子供を「守る為」に存在するのですね。

これは、スピリチュアルな話ではなく、生物学を学んでいる人にとっては、納得の行く話だとは思います。

つまり男性とは、そもそもが、女性と子供を守るために戦うために存在しているのであって、そして、その為には命を落とすという事もしょうがないことなのです。

本来、オスというのは、そういった役割であり、自然界で考えても、「オスは種の繁栄のため戦って死ぬ」というのが役割なのですね。

昔から、男は狩りに出て、戦って獲物をとって来るのが役目で、現代で言えば、外で仕事をしてお金を稼いでくるのが男の務めなのです。

対して、女は、家庭に入り子供を育てます。

つまり、男と女は活躍する場所が違っていて、男は外へ出て「社会」で活動し、女の活動の場は「家庭」やその周辺のコミュニティなのです

この本質は、昔から変わっておらず、これはライトワーカー場合でも、同じです。

そのため、男のライトワーカーは「戦うためにこの地球に生まれてきいる」と言え、女のライトワーカーは「愛を広める事がメイン」といえるのですね。

関連記事
日本人と道徳心。忘れ去られた日本人の精神性を取り戻す

 

お花畑なスピリチュアルが通用しない、地球のライトワーカー

いくらスピリチュアルな綺麗事を並べても、わたしたちの暮らすこの地球は、あくまでも三次元の物質世界であることには変わりがありません。

もしも私たちが、あの世のような「高次な世界」で暮らしているのならば、誰かと喧嘩する必要もないですし、憎しみや憎悪の感情なんて、そもそも持つ必要もありません。

なぜなら、高次な世界では、愛が全てであり、他人と争う必要なんて無いからです

しかし、わたしたちの地球は、低次な物質世界であり、これが現実です。

その低次な物質世界の惑星である「地球」という星が、今、これほどまでに異常事態になっているのを見るに見かねて、高次な世界から、わざわざ地球人として転生してきたのがライトワーカなのです。

その為、ライトワーカーとして志願して地球にやってきた魂は、最初から「これが過酷なミッションである」と理解はしています。

とは言っても、高次な世界の住人からすれば、地球のような三次元の世界は、仮想現実の様なものなのです。

そのため、「死ぬ」ということに対して何とも思ってない事でしょう。

だって、命とは「魂」ですからね。

本当は「死」なんて無いのですよ。

死とは、三次元で暮らす地球人から見た概念であって、命とは、本当は永遠に続くエネルギーであり、魂は死なないのです。

というか、魂は死にたくても死ねないのですw

そのため、高次な世界からやってくるライトワーカの魂からすれば、「二元性の世界で、ちょっと危険なスポーツや、アトラクションを経験してみよう!」という軽い気持ちなのかもしれません。

というわけで、男性のライトワーカーが、仮に「戦って死ぬ」という宿命を背負っているとしても、そもそも「死」という現象は、高次な世界から見れば「節目」と言うだけであって、「死」と言う現象にはそれほど意味は無いのですね。

関連記事
二元性を統合する! 宇宙にはポジティブもネガティブも存在しない

 

地球で活躍中のライトワーカー

今、地球にはたくさんのライトワーカーがいます。

ライトワーカーの中でも、特に、大業を成すために生まれてきているライトワーカーは、目立つので解りやすいと言えます。

たとえば、世界的に有名なスピリチュアリストやヒーラー、チャネラーも、物凄く沢山の人助けをしていることから、彼らも皆、ライトワーカーです。

バシャール、江原啓之、斎藤一人、美輪明宏、小林正観、エハンデラヴィ etc….

みんなわたしの好きな人たちばかりですが、スピリチュアルな彼らは、皆、ライトワーカーと言えます。

他にも、スピリチュアルな考え方を持って、「音楽」という媒体を使い愛を広める活動をしつつ、悪の元凶と戦った有名ミュージシャンも、ライトワーカと言えるでしょう。

マイケル・ジャクソン、ジョン・レノン、ホイットニー・ヒューストン・・・

名前をあげれば切りがありません。

彼らは皆、愛を広める為の活動をしていましたが、悪の根源からの支配を拒絶したために命を落としたライトワーカーです。

ではここで、ちょっと変わったライトワーカーをご紹介しますね。

与国秀行さんです

この方は、「幸福の科学」という宗教団体の職員ですが、かなりの武闘派ライトワーカーと言えます。

今、地球がこのような異常な状態になってしまっている元凶を名指しで批判し、その悪意ある存在と本気で戦おうとしております。

日本人が本来持つ精神の高さの重要性を説いており、日本人一人ひとりに対して「魂の気付き」を与えようと、がんばって活動している、まさに「現在の侍」です。

与国さんほど愛に溢れた人はいないと思います。

ただ、「愛」といっても、与国さんの「愛」は、日本をもっと良くしたい!という「愛国心」なのですね。

興味のある方は、YouTubeリンクを貼っておきますので、ぜひ見てみてくださいね♪

特に、男の子にはお勧めのチャンネルです☆

与国秀幸さんのYouTubeチャンネルはこちら

 

最後に・・

今日は、ライトワーカーについてあらためて書いてみました。

皆さんが思っていたライトワーカーの知識と、ちょっと違っていたかもしれませんね(*´ω`*)

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
悪魔崇拝者による金融奴隷システムからの開放。本当の敵は誰なのかを知る!
私たちは洗脳されているという事実
ニューワールドオーダー(新世界秩序)とは?
世の中の嘘を見抜く
インターネットは人類を救う!


スポンサーリンク