与えられた条件通りに生きれば、人生は楽になる

与えられた条件通りに生きれば、人生は楽になる
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)

今日は「与えられた条件通りに生きれば、人生は楽になる」というお話です〜

実は、人生で幸せになることなんで、ものすごく簡単なんですよ。

それは、「何も望まない」という事なのです。

それでは、詳しく解説いたしますね〜


スポンサーリンク




与えられた条件通りに生きると、人生はうまくいく

人生で苦労をしたくない!

大変な思いをしたくない!

まぁ大抵の人は、こんな風に考えますよね?

しかし、これ、解決方法なんて簡単なんですよね☆

それが「何も望まないこと」なのです。

悩みの原因というのは、大抵は「他人との比較」によって生まれるものです。

◯もっと異性にモテるような容姿に生まれたかった
◯もっとお金持ちの家に生まれたかった
◯病気に生まれるのではなく、健康な身体で生まれたかった
◯もっと頭が良ければよかった etc..

まぁ上げればキリがありませんが、大抵の人は、こんなことで悩んだり苦しんだりするのですね。

しかし、こういった悩みの原因となっている、「あなたの条件」というのは、そもそも、あなた自身が生まれる前に決めてきている、「あなたの仕様書」なのです

あなたの仕様書は、自分自身で決めてきているので、「このくらいのハンデなら乗り越えられるだろう・・・」という、あなたの魂レベルにちょうどいいハンデを、自分で与えていると考えてください。

そして、そのハンデを一つづつ乗り越えることによって、あなたの魂は成長をするのですね。

ただ、「ハンデを乗り越える」と書くと、ちょっと語弊があるかもしれません。

正しくは、「受け入れる」と書いたほうがよいでしょう

つまり、人生とは、あなたが生前で決めてきた「自分の仕様」を、今世で「すべて受け入れる」のが目的なのです

そのため「すべて受け入れる」という事が、人生を幸せにする事そのものなのですね。

そして、あなたは生前に、「最初から自分で乗り越えられる程度」で、自分の仕様書を書いてきていますので、本当は「すべて受け入れることが出来るハズ!」なのです。

ただ、受け入れるためには、大抵は、少し時間がかかるのですね。

そのため、幼少期は色々と悩むものなのですが、大人になるに連れて、それを受け入れて「自分はこんなに幸せだったんだ!」と納得できるようになっていくのですね。

ということは、若いうちからこういった輪廻転生の仕組みを理解して、若いうちに、全て受け入れてしまった方が、その後の人生をずっと幸せに生きることができるのですよ(・∀・)ノ

関連記事
他人との比較を辞めれば今すぐ幸せになれる!
自己憐憫は自分を不幸にする。あなたが望みだと思っている事、それ不平不満ですよ


スポンサーリンク




与えられた条件に逆らっても、魂レベルを上げれば幸せになれる

とは言っても、わたしたちには「自由意志」があります。

たしかに、輪廻転生のプログラムにより、人生は「宿命」で決められている部分も多々ありますが、それに逆らうことだって可能なのです。

ただ、その場合は、「苦労が増える」のですね。

たとえば、貧乏な家に生まれてきた人が、「死ぬまで一生貧乏暮らし」という宿命を持っているとします。

この場合、その人にとっては、一生貧乏暮しをするのが、一番ラクな人生なのです

なぜなら、それが、その人の宿命通りの人生だからです。

しかし、貧乏はやっぱ嫌だ!と言う事で、お金持ちになろうとします。

すると、本来の宿命から外れるために、お金持ちになるための「大変な苦労」が始まるわけです。

そんな人は、事業が失敗して、借金まみれになり「八方塞がり」になるかもしれません。

しかし、「八方塞がり」というのは、周りに抜け道はなくてくても、一箇所だけ出口があるのですね。

それが「上」に抜けるという方法なのです。

つまり、問題を解決するためには、精神的に成熟し、魂レベルを上げればよいです

すると、その人は、貧乏生活を抜け出して、お金持ちになることだって出来るでしょう。

ただ、その代わりに、大変な苦労もするのですね。

この様に「上に抜ける」という努力を行う人は、生前に決めてきた「宿命」よりも、「自ら過酷な試練を自分に与えている人」なのですね。

簡単に言うと・・・

人間の魂が、最初は0点だったとして、最終的には100点を目指しているとしますね。

そして、今世の1回の人生では10点くらいまで行けばいいだろうと予測して、自分に宿命を与えてきますが、めちゃくちゃ努力することにより20点くらいまで行くことも可能なのです。

確かに、人生を一番ラクに過ごす方法は「何も望まない」ことなのですが、自ら志を高く持って、もっと人生を飛躍させることも出来るのですね

関連記事
人生は宿命で決められているが、運命は自分の思い通りに出来る

 

今世の目的は、ほんの少しだけの成長なのです

小林正観さんのお話では、輪廻転生は10万回繰り返すと言われております。

そのため、今世の人生なんて、10万回のうちのたった1回なので、いきなり魂レベルをグン!と上げるような人生のカリキュラムなんて、誰も用意してきていないのですね。

魂の成長とは、本当に少しづつしか行われないのです。

輪廻転生が1万回くらいまで最初の段階は、恵まれた家に生まれて、容姿も端麗、本来なら何も不自由しない状態で生まれてきます。

しかし、1万回くらいまでの転生では、そんな恵まれた条件でも、愚痴や不平不満を言い続けています。

これが、2万回くらいになると、不慮の事故や病気を経験したりしますが、それでもやっぱり、愚痴や不平不満を言い続けます。

3万回くらいになると、不慮の事故や病気を経験しても、やっと文句を言わないくらいまで魂は成長します。

生まれ変わりの回数が4万回くらいになると、割と普通の家庭に生まれ、文句や愚痴を言わないかわりに、特に幸せも感じない、普通の人生を送ります。

5万回くらいになると、普通の家庭で、不慮の事故や病気などに見舞われるようになりますが、「人生こんな事もあるよね」と言いながら、特に文句も言いませんが、幸せも感じず死んでいきます。

そして、生まれ変わりが6万回から7万回くらいの間では、恵まれた環境に生まれてきて、その環境で「幸せだなぁ〜」と言って輪廻転生していきます。

7万回から8万回の人生は、恵まれた環境ではないにしろ、まぁ普通の家庭で普通の生活を送り「幸せだなぁ〜」と言いながら死んでいきます。

8万回から9万回の人生では、魂はさらにグレードアップしているので、誰が見ても不幸で恵まれない家庭に生まれてきます。

最初は愚痴や不満を吐いていますが、9万回も終わりに近づく頃には、そんな環境下でも「幸せ」を感じられるくらいまでに魂が成長し、「こんな家庭でも自分は幸せだ〜」と言いながら、次の人生へと輪廻転生していきます。

更に、9万回を超えると、人生を幸せと思うだけでなく、「心から感謝」が出来るようになるまで、魂が成長します

9万回から9万3千回くらいは、他人よりも恵まれた環境で「感謝できる魂」です。

9万3千回から9万6千回くらいになると、割と普通の環境に生まれても感謝ができるようなります。

9万6千回から9万9千回くらいになると、誰が見ても不幸だと思えるような酷い環境に生まれながら、そこでも感謝できる魂になります。

残りの1000回の輪廻転生は、幼少期に病気や事故などで命を落としてしまう魂として生まれてきます。

その目的は、親に悲しみを経験させて、親の魂のレベルを上げることにあります。

そのため、幼少期に命を落としてしまうような子供の特徴としては、親にまったく似ておらず、やたら可愛くて、誰からも好かれるような「天使のような子供」である場合が、ほとんどだそうです。

関連記事
人生の目的とは? 生きている意味が解らない方へ

 

最後に・・・

今日は「与えられた条件通りに生きれば、人生は楽になる」というお話でした。

たとえ、現状が辛い人生だったとしても、そこから抜け出そうと藻掻くことは、更に苦しみを生みます。

そのため、てっとり早く幸せになる方法が「すべてを受け入れる事」なのですね。

これが、一番ラクな人生だと言えます。

更に、その苦しみを受け入つつ、それでも「もっと幸せになろう!」という努力を始めると、あなたは、生前に決めてきた予定よりも、もっと魂を成長させることが出来るのですね。

それが「感謝をする心」であったり、プラス思考に楽しく自分を成長させるという「意識」を持つことです。

幸せな人とは、どんな状況下であって、「自分は幸せだ」と思える人なのです

自分で幸せだと思える人は、笑顔や明るい言葉遣いなどで、周りの人たちに「愛」を振り撒きます。

それが「徳を積む」事になり、あなたは、更に宇宙から愛され、もっと幸せな人生に進んでいく事ができるのですね☆

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
なぜ感謝が必要なのか? 幸せになる為の感謝の本当の意味とは?
なぜ、他人に親切にしなければならないのか? 他人の幸せは自分の幸せなのです
不幸から抜け出せない人の特徴。不幸を抜け出し幸せになるための方法とは?
ストレスは無くならない!? ストレスとの上手な付き合い方


スポンサーリンク