なぜ人生に問題は起きるのか? うまく行かない時は必ず原因がある

なぜ人生に問題は起きるのか? うまく行かない時は必ず原因がある




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)

今日は「なぜ人生に問題は起きるのか?」というお話をしてみますね。

さて、最近良くお問い合わせを頂く中で、「自分に起きる問題にはどういった因果があるのか?」というお問合わせが多いのですが・・・

問題が起きるのには、必ず原因があると言えます

しかし、わたしの記事の書き方も悪かったのか、「問題の根源」という部分がいまいち伝わっていないな?と感じましたので、今日はあらためて「因果の法則」。つまり「原因と結果」について書いてみますね☆


スポンサーリンク




問題が起きたときは、まず自分の言動の間違いを分析してみる

皆様からお問い合わせを頂く相談内容をあらためて見返してみると、その原因の殆どは、「前世の因果は関係ないのでは?」と言うことに気付きます

ついでにいうと、「宇宙からの高次なメッセージとして何か問題が起きている」という以前の話であることも多いのですね。

つまり、殆どの方は、現世においての自分の考え方や行動の間違いにより、その結果として、困った問題が起きているだけ。といえるのです。

たとえば、若い頃に勉学に励むこと無く遊びまくっていたのなら、年を取ってから精神が成熟することなんてありませんし、その結果、将来的にお金を稼ぐ事が難しくなるのは、当たり前のことです。

別の記事にも書きましたが、ダンマパダの仏典にこんな言葉があります。

若い時に心を育てることなく
または財産を作ることもしなかったならば
魚のいない沼にいる
老いた鷺のように悩む

若い時に心を育てることなく
または財産を作ることもしなかったならば
昔のことを嘆きながら
使い古された矢のように横たわる

この言葉をめちゃ簡単に解説しますと・・・

若い頃に人格を成長させる努力をしなかったり、一生懸命働かなかった人は、年を取ってからホームレスになってもしょうが無い。と言う事です。

これも「原因と結果の法則」により導き出されるその人の人生であり、その人は、自分が若いときに作った因果を、年を取ってから解消する。という学びを行う事になるのですね。

簡単に言うと、前の日にお酒を飲みすぎて朝まで騒いでいたら、次の日は二日酔いで苦しむのも仕方ないということです。(わたしの事ですがw)

つまり、殆どの人にとっては、何か問題が起きたのなら、前世の因果とかではなく、「今までの自分の言動に問題はなかったか?」という事を、先に考えた方が良いのですね。

特に、スピリチュアルに傾向する人に多いのですが、何か問題が起きると、すぐに「前世がどうだ」とか、「自分いついている霊の影響がどうだ」とか、「これはきっと宇宙からのメッセージなんだ!」と考える傾向にあります。

わたしたちの人生は「魂の成長」のためにあります。

そのため、何も起きない人生では魂は成長しませんので、色んな出来事が起きるといえます。

そして、魂の成長の為には、何万回と繰り返される輪廻転生のプログラムにおいて、効率よくいろんな事件が起きてきます。

しかし、多くの方の人生に起きる問題を聞いていると、殆どの人が、それ以前の問題なんですよ。

つまり、前の日に自分がアイスクリームを食べ過ぎているのを棚に上げて、「今朝は下痢になってしまったんですけど、これはどういった因果なのだろう?」と悩んでいるのと同じなのです

人生に何か問題が起きたら、まずは、「自分が今までどういった人生を送ってきたか?」という部分から考える必要があるのですね。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる
因果や宿命は、どのくらい人生に影響するのか? 宿命と因果のお話
歳をとる前にコレをやれ!老後の資産の作り方


スポンサーリンク




前世の因果は、もっと解りやすいカタチで出てきます

もちろん、輪廻転生のプログラムにおいて、過去世で解消することができなかった幾つかの因果は今世に出てきます。

しかし、それはもっと解りやすいカタチで出るのですね。

たとえば、誰から見ても貧乏で、たいへん恵まれない環境の家に生まれてくる人もいます。

そんな人は、「なぜ自分だけこんな貧乏な家に生まれたのだろう?」と悩む事でしょう。

しかし、自分が生まれてくる家というのは、自分の魂が生前に決めてくるので、これは前世からの因果なのです。

生まれつき障害をもっていて、「なぜ自分だけが、障害を持っているのだろう?」と悩む人もいるでしょう。

こういった場合も、その人は、「今世は障害と向きあって人生を生きる」と、生前に自分の魂が決めてきている、その人が今世で解消すべき因果なのです。

そして、人間の性格というのも、前世からの因果を引き継いでいると言えますので、生まれつき「攻撃性が高い子供」というのも実際にいますし、「生まれつき優しい子」もいるのですね。

生まれつき攻撃性の高い子供というのは、その子が現世で解消しなければならない課題は「劣等感の克服」と、「優しさや愛を学ぶこと」と言えます。

しかし、そういった攻撃的な性質の子供が、それを解消すること無く人生を過ごしていくと、最終的には犯罪を犯して逮捕されたりして、人生の最後の最後でやっと自分の考え方の間違いに気づかされる時が来るのです。

しかし、この場合も、その人が因果の解消をしようと色々悩み始めたら、それはもう前世の問題ではなく、「今世での考え方の間違いに気付けるかどうか?」というのが、その人の学びとなるわけです

以前、「自分が車で交通事故を起こした」という過去を話してくださった方がいました。

その人はスピリチュアルなことを色々学んでいたようで、「この事故はこういった意味があるんだ!」と自分なりに分析していた様ですが、わたしに言わせれば、その人の事故の原因は「前方不注意」というだけなのですね。

つまり、重さ1トン以上の鉄の塊を転がしているという感覚がその人にはなく、その人が事故を起こした原因は、ただ、不注意な自分の性格に問題がある。というだけのことなのです。

そのため、その人の場合は、そういった自分の軽率な性格を直さなければ、同じような問題が何度も起きるのです

では、こんな人の場合はどうでしょうか・・・

たとえば、今まで人生がうまく行っていた人が、いきなり大きな病気になったりする事があります。

実際、ちゃんと健康管理をしていたのに、病気になる人というのは、病気になるのです。

そんな時に「なんで自分だけ?」と感じるかもしれませんが、人生の途中から大きな病気になる人のほとんども、実は、今までの自分の考え方の間違いが体の不調となって現れることがほとんどなのですよ

たとえば、わたしの場合ですと、わたしは生まれつき体が弱く、体育の授業とかも頻繁に休んでいたのですね。

ただ、わたしが「生まれつき体が弱い」という部分は前世からの因果であり、わたし自身の魂が、生まれてくる前に「弱い肉体に入って精神を磨く」という因果をもって生まれてきているのです。

しかし、わたしは途中からも病気になったのですが、途中から病気になった原因は「わたしの考え方の間違い」が、体の不調として出たのですね。

そのため、考え方を改めたら、今となっては病気はほとんど治ったのです。

しかし、中には何をしても病気が治らないなんて人もいるのですね。

そんな人は、「今世は、人生の途中で病気になる」と前世で決めてきていると言えるのです。

そのため、そんな人の場合は、自分が病気であることをすべて受け入れてしまえば、次第と因果が解消されて、病気が治っていくものなのですね。

つまり、一般的な普通の人生を送っている人が感じる「人生の問題」というのは、「その人の今までの人生での考え方の間違い」が、年を取ってから出てきているだけ。といえるのです。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる
前世の記憶は何故消えてしまうのか? ちょっと変わった前世のお話

 

自分の今までの人生の間違いに気づくには?

とは言っても、「自分の人生で、どういったところが間違っていたのか?」というのはなかなか気づかないものです。

というか、こういう事は自分では解らないもんなのですよね。

そのため、わたしの所にも質問や相談事が絶えないわけなのですが・・・

しかし、よほどの場合は、年を取って死ぬ頃には、「今までの自分の人生は何が間違いだったのか?」ということに気付くことになります。

なぜなら、自分の考え方や行動の間違いというのは、本人が間違いに気づくまで、同じ問題が起き続けるからです

そして、自分の考え方の間違いによって起きる人生の問題ごとは、回数を増す事にどんどんと大きくなっていきます

これは、守護霊からのメッセージと捉えることが出来、その人が間違った方向に人生を進めないための、守護霊からの愛のサインなのですね。

そのため、人生の最後の最後になれば、大抵の人は、「自分は間違っていた」と言うことに嫌でも気づかされるのです。

しかし、人生最後の死ぬときに、自分の考え方の間違いを気づくようじゃ、もう遅いのですね。

なぜなら、死ぬ寸前で間違いに気づく様では、その人は今世で学びを行うことは出来なくなってしまうからです。

そのため、そんな人は、自分が解消できなかった因果を来世に持ち越して、来世もまた、因果解消のために頑張る事になるわけです。

これを「因果がめぐる」と言います。

つまり、その人は、今世では、何一つ魂を成長させることができなかったという事なのですね。

更に酷い人になると、因果を解消するどころか、自分で因果を増やしてしまう人もいるくらいです。

そして、人生とは、因果を解消することにより魂を成長させるから、楽しい人生が送れるのです。

そのため、因果の解消というと「辛いこと」と思われるかもしれませんが、本当は「楽しいこと」なのですね。

なぜなら、因果を解消することによって魂が成長するから、人生の楽しさを理解できるようになるからです

というわけで、人生で何か問題ごとが起きたら、なるべく早いうちに「自分の考え方の間違い」に気付いたほうが良いのです。

では、簡単に「自分の考え方の間違い」に気づくためにはどうすればよいかというと・・・

色んな人の考え方を聞いたりして、「自分の考え方と何が違うのか?」を分析してみるのが良いと思います。

どうしても分からないのなら、わたしが分析してみます。

ただ、これは、「わたしだから解る」ということではなく、本人には解らないだけであり、まともな人なら、誰にだって解ることなのです。

なぜなら、「我が家の常識は、他所の非常識」という言葉があるように、人生に同じ問題が何度も起きる人の多くは、自分や自分の家族だけが持っているオカシナ常識に囚われてることが多いからです

人間は、自分の家族だけでなく、大抵は自分と同じような考え方の人に囲まれて生きています。

その為、自分の考え方の間違いに、なかなか気づかないのです。

関連記事
“鏡の法則”あなたの回りにいる人は自分の写し鏡です
悩みの原因は全て自分の中にある!原因は外には無いのです
常識を疑わないと不幸になる!? 偽物の幸せ像を信じていませんか?
人間の常識は、宇宙の非常識!? 宇宙視点で生きられる人は人生が豊かになる

 

最後に・・・

今日は、人生に起きる様々な問題と、その因果について、あらためて書いてみました☆

何か問題が起きたときに、すぐにスピリチュアル的に前世の因果のせいにするのではなく、まずは、「今まで自分がどういった人生を生きてきたか?」という事を振り返って頂ければと思います

その方が、自分の前世を調べたりするよりも、遙かに手っ取り早く、幸せで楽しい人生に向かうことが出来ますので(*´ω`*)ノ

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
間違った人生を歩んでいる時に現れるサイン。人生の進むべき正しい道とは?
不幸自慢をする人の心理とは? 不幸自慢は自分を更に不幸にする
人生のどん底は二度は来ない!? 最悪な出来事も決して不幸ではないのです
人生に起きる全ての事に意味はない!?
地震等の災害が起きる理由と、被災される方の魂の学び
与えられた条件通りに生きれば、人生は楽になる


スポンサーリンク