神様から愛される生き方は、幸せと成功の近道です

神様から愛される生き方は、幸せと成功の近道です




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)

今日は「神様に愛される生き方」のお話をしますね♪

このサイトでも頻繁に書いている、神様に愛されるような生き方や、宇宙から好かれるような生き方は、この世でそのまんま幸せになる事でもあり、同時に、あの世に言ってからも天国に行けるような生き方であると言えます。

さらに、神様に愛される生き方をしている人が、この世でも「成功」と呼べる人生を送ることができる人だと言えます。

そして、今日の記事では、「神様」という言葉を連発しますが、別に神の存在を信じていない人や、スピリチュアルが嫌いな人に読んでいただいても、参考になるお話だと思います。

神様やスピリチュアルを信じていない方は、宇宙には、「人生がうまくいくための原理原則の様なものが存在するのだ」と捉えてもらうと、解りやすいのかな?なんて思います(*´ω`*)ノ


スポンサーリンク




神様は、正当な努力をする人、愛に溢れた人が好きなのです

このサイトでは、努力をしたり、魂の成長をさせることは、そのまま幸せになる生き方であると、何度か説明をしております。

とは言っても、皆さんのコメントを見ていると、この辺がまだ上手く伝わっていないのかなぁ〜?

なんて感じもしましたので、「正当な努力とは何か?」「愛の精神とはなにか?」そして、「神様から愛される生き方とは、どういった生き方なのか?」というのを、改めて詳しく書いていきますね。

過去の自分よりも少しでも成長できれば、神様から愛される

このサイトでは、「他人と自分を比較することは意味がないことだ」とは、何度か書いております。

関連記事
他人との比較で得た幸福感では幸せになれない

なぜなら、日本だけでも1億3000万人の人間がいるのに、他人と自分を比べることによって、自分の評価をしていたら「キリがない!」からです。

仮に、他人との比較によって、自分自身を成長させていくようなタイプの人がいたとしますね・・・

◯誰々より学校の成績で勝ちたい
◯誰々より良い会社に就職したい
◯誰々より素敵な恋人を見つけたい
◯誰々より早く結婚したい
◯誰々よりも年収の高い人と結婚したい

こんな思考で生きている人は、「誰々」と比較している間は、ずっと劣等感を持つことになります。

だって、比較しているということは「負けている」ということですからねw

関連記事
劣等感の原因と克服。不幸の原因は劣等感にあった!

仮に、誰かに勝ったとしても、その瞬間は優越感を感じるかも知れませんが、他人と自分を比較する癖がついているような人というのは、また同じ様に、他人と比較してもっと多くを望もうとするものです

そのため、他人との比較によって自分の価値を定めているような人というのは、永遠に欠乏感を持ち続けて劣等感を感じながら、そのまま年をとって死んでいく。という人生になってしまうのですね。

では、どうすればよいかというと・・・

自分と誰かを比べるのではなく、自分自身で自分の価値観を定めることが大事なのですね

そして、もしあなたが「人生で成功したい」と考えるなら、「過去の自分と比べて、今日の自分はどれだけ成長できたか?」を考えるのが良いと思います。

この時に、あくまでも「自分自身の価値観」で、自分の価値を定めれば良いのです。

他人と比較する必要はまったくありません。

簡単に言うと・・・

今まで挨拶をするのが苦手だった人が、今朝は昨日よりも大きな声で「おはようございます!」と、1回でも言えたのなら、その人は「成功者」なのです

今まで一度も仕事をした事がない人が、初めてバイトをして、1日1,000円でも自分の力で稼ぐことが出来たら、その人も成功者なのです☆

他人と比較してはいけません。

あくまでも、今の自分は、「昔の自分と比べて、ほんの少しでも成長しただろうか?」という部分がポイントなのですね☆

そして、たとえそれが周りの人から見た時に「ほんの少しの成長」であったとしても、神様から見ればそれは「大きな成長」であり、「その人の人生は成功に向かっている」と言えるのですね。

関連記事
人間の常識は、宇宙の非常識!? 宇宙視点で生きられる人は人生が豊かになる
常識を疑わないと不幸になる!? 偽物の幸せ像を信じていませんか?

競争意識は必要ない

幸せになるためには、努力は必要です。

たとえば、お金を稼ごうと思ったら、まず考えなければならないのは、「どれだけ人のためになることができるか?」という利他の精神です。

で、「どうすれば人のためになるだろうか?」という方法を一生懸命考えたり、行動する努力が必要と言えます。

神様から見たら、こういった努力は「正当な努力」と言えます。

ただ、この時に勘違いしやすいのが、「ライバルに勝つ!」とか「ライバルを倒す!」なんて考えは必要ありません。

自営業にしても、サラリーマンにしても、お金を稼ぎたかったら、ただ淡々と、「人を喜ばせること」を考えればよいのですね。

こういった事は、優れた経営者や、ちゃんとした自己啓発のセミナーなんかでも言われることです。

では、なぜ競争意識が必要ないのか?と言うと、簡単に言うと、市場原理として、世の中はそうなっているからと言えます。

と言っても、競争心をむき出しにするような人でも、努力をする人は、結果的にはお金などの「望む物」を手に入れることはできます。

これは、良い言い方をすると「バネにする」とも言えます。

しかし、競争によって得たお金や物いうのは、時に、「他人から奪ってしまった!」という事にもなりかねません。

どういうことかと言いますと、お金を稼ぐためには、「頂くお金に対する正当な価値を相手に与えなければならない」という法則があるのです

関連記事
価値を生み出さずにお金を稼ぐのは、本当の成功者ではない

競争によってお金を得る場合、時にこの法則が破られてしまいがちです。

そして、競争によって自分が誰かに勝ったのだとしたら、もしかすると、相手はあなたを恨むかも知れません。

人から嫌われていたら、幸せな人生を送れる確率はどんどんと低くなります。

そのため、本当は、なるべく沢山の人に好かれる努力もしたほうが良いのですね。

関連記事
誰からも好かれる人になる、簡単な世渡り術

競争意識で相手を倒すことばかりを考えている人は、神様から見ても愛がある人とは言えません。

神様は、愛がある人が好きなので、そんな人は、神様も力を貸さないと言えるでしょう。

お金を稼ぐ場合でも、仕事で成果を上げる場合でも、要は「考え方」なのですね。

競争意識なんて捨てて、それよりも「協力意識」を大事にしたほうが良いのです。

なぜなら、協力意識とは、すなわち「愛」だからです

愛がある人は神様から愛される

愛がある人は、ただそれだけで神様から愛されます。

では、愛がある人とは、どういう人かと言うと・・・

たとえば、電車でお年寄りに席を譲ってあげられるような人は、愛がある人です。

おばあちゃんの手を引いて、横断歩道を渡ってあげるような人も、愛がある人ですね。

こういった例は、とてもわかり易いですよね♪

とは言っても、実際、わたしは電車にほとんど乗りませんし、横断歩道を渡れずに困っている老人なんて、今まで見たことがありませんw

田舎の老人はヤンチャなので、皆んなニューヨーカーのごとく、車を強引に止めて渡ってしまうのですよ(*´ω`*)

じゃぁ、どこで愛を出せばよいのかと言うと・・・

たとえば、会社に行ったら、いつもよりも1.2倍くらいのテンションで清々しく挨拶できたら、その人は愛がある人と言えます。

なぜなら、清々しい声で挨拶できる人というのは、その声を聴くだけで、周りの人も少しだけ幸せな気分になれるからです。

お店でご飯を食べたときも、レジで「ごちそうさま♪」と、ちゃんと言える人も、愛がある人です。

お客さんが「ごちそうさま」と言ってくれるだけで、お店で働いている人は嬉しくなりますし、仕事のモチベーションも上がるのです。

そして、愛がある人は、「ありがとう」と言う頻度が、とても多い人と言えます

関連記事
言霊(ことだま)の効果は科学的に実証されている

「ありがとう」とは「感謝の気持ち」であり、感謝の気持ちを持っている人は、神様から愛されます。

なぜなら、たとえ神様の存在を信じていないような人でも、常日頃から周りに感謝をしているという事は、自分の魂がこの世に生まれてきた理由を本能的に理解しているからと言えるからです

自分の魂は、神様の分霊であり、わたしたちは常に「宇宙と一つ」です。

言い換えれば、自分の魂の生みの親は神様であり、感謝をするということは、魂の生みの親である「神様に対して感謝している」ということになるのですね。

関連記事
「ありがとう」と言えば良いことが起きる! 感謝をするとなぜ幸せになるのか?
なぜ感謝が必要なのか? 幸せになる為の感謝の本当の意味とは?
幸せを振りまく方法。他人を幸せにできる人が、自分自身も幸せにする

努力は必要でも、苦労は必要ない!?

神様は、正当な努力をする人が好きです。

そして、正当な努力を続けている人なら解ると思いますが、実は、努力をするという事は、とても楽しい事なのです

とはいっても、苦労をする必要はありません。

よく、「若い頃の苦労は買ってでもしろ!」なんて言う人がいますが、実は、苦労なんて望まなくてもよいのです。

なぜなら、人生には、宿命的に「苦労」と感じるような出来事が、自動的に起きるようになっているからです

だから、自分から苦労は望まなくてもよいのです。

ただ、人生の宿命プログラム通りに、ある時に苦労がやってきたとしても、その人の魂が成長してしまっていると、それは苦労ではなくなるのですね。

人生には、確かに宿命どおりに、色んな出来事が起きます。

しかし、その出来事には意味はなく、意味を付けているのは自分自身なのです。

簡単に言うと、同じ出来事を経験したとしても、魂が成長している人は、起きた出来事を、ただの「転機」と感じますが、魂が未熟な人は「困難」と感じて、「自分は苦労してる」と解釈するのですね

関連記事
人生に起きる全ての事に意味はない!?

そのため、魂(人格)を成長させるということは、困難をものともしない人間に成長するということであり、その結果として、魂レベルが高い人は、いつも悩みがないかの様に、幸せな人生を送れるのです

関連記事
人生を無駄に頑張ってはいけない! 間違った努力をしていませんか?
我慢や苦労は美徳ではない! 嫌なら辞めればよいのです。

 

神様から愛される人は、神様が力を貸してくれる

努力すること、自身を成長させること、愛を出すこと・・・

こういった行動を取れる人は、神様から愛されます。

そして、こういった行動を取ることは、本当はとても楽しいことなのです。

◯夢や目標に向かって、正当な努力をする
◯自分を成長させていく
◯周りの人に親切にし愛のある行動をする

こういった事は、神様から愛されることであり、本人にとっても楽しいことなのですね

では、神様から愛されると、どんな事が起きるのかと言うと・・・

まず、人生が上手く行くようになります。

困難なことや厄介な問題ごとが起きても、それほど大した事件にもならず、問題は解決します♪

さらに、お金に苦労することもなくなります。

あなたの周りにいた、ムカつく奴や気に入らない人間は、少しづついなくなります。

日々、自分は幸せだと実感できるようになります。

簡単に言うと、ラッキーな人生を送れるようになります♪

(*ω・)ノイェーイ☆

わたしは、神様の存在を信じています。

とは言っても、神様が、ひげを生やして杖をついた、禿頭の爺さんの姿をしているとは思っていませんw

どちらかというと、宇宙を構成する大元となる巨大なエネルギーの塊が宇宙には存在し、そのエネルギーが、ある法則に沿って、それぞれの人間に入っている魂に影響を与えている。と言ったような考え方です。

関連記事
魂と輪廻転生の仕組みを図解してみた

そして、ここで言う「ある法則」というのは、わたしたち人間が「愛」と認識するエネルギーなのでしょう。

そんな愛に溢れた大きな存在は、時に、釈迦やキリストの姿をして、わたしたちの前に現れます。

そのため、わたしは宗教を否定しているわけでは無いのです。(たまに宗教家の悪口は書いてますがw

つまり、神様から愛されるような行動をとっている人は、神様がちゃんと力を貸してくれるので、人生が上手くいく!ということなのですよ(*´ω`*)ノ

関連記事
他力本願の本当の意味とは? 他力本願は他人任せではない
本当の愛とは何か? 愛の意味を勘違いしていませんか?


スポンサーリンク




最後に・・・

今日は、「神様から愛される生き方」を、皆様にも広めるために、こんな記事を書いてみました♪

このお話は、信じたほうが絶対にお得かと思います♪

こういったお話をサクッと信じられる方は、人生がどんどんと幸せになっていきますし、本当の意味での「人生の成功」という事も理解できるようになってくるでしょう☆

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
神に祈る事によって人は救われる。正しい祈りとは?
本当の成功者になる方法。精神的な成功を目指せば経済的にも成功できる
人間の常識は、宇宙の非常識!? 宇宙視点で生きられる人は人生が豊かになる
夢は大きく志は高いほうが、オトクな理由とは?


スポンサーリンク