最高の自分になるには環境を変える! 最高の自分を引き出す方法

最高の自分になるには環境を変える! 最高の自分を引き出す方法




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

「最高の自分」って、なんだか良い響きですよね♪

誰だって一度は、「こんな自分は本当の自分じゃない!」と思うことはあるでしょう。

自分は、本当なら・・・

◯もっと健康で、気分も最高でいられるハズ♪
◯思ったとおりに目標がどんどんと達成できるハズ♪
◯いつも自信に満ち溢れて、生きている喜びを心から感じるられるハズ♪
◯もっと物事が成功して、少々の失敗も気にならないハズ♪

とまぁ、こんな感じに「最高の自分」を妄想したことがあるのは、わたしだけではないと思います(・∀・)ノ

しかし、人生には色々嫌なことも起きるものなのです。

とくに、わたしたちの身の回りは、最高の自分になるどころか「最低の自分」に引きずり降ろされてしまうような様々な「原因」が満ち溢れているのですね。

そんな世の中でも、人生のなるべく多くの時間を「最高の自分であり続けるための方法」として、まずは、最高の自分になれない原因となっている悪しき事柄を明らかにし、その原因を排除することも大切なのです

そして、最高の自分に向かう為の妨げとなる原因を取り除いた後、最高の自分に向かうための方法を実践することにより、人は本来の「最高の自分」を表現することが出来るのですね☆

今日のお話は、説明がなかなか難しいのですが・・・

がんばって、なるべく解りやすくお伝えしてみますね〜(`・ω・´)ゞ


スポンサーリンク




最高の自分から遠ざかってしまう悪しき環境を変えていく

わたしが思うに、最高の自分になりきれない原因のほとんど、まぁ9割くらいは、周りの環境が原因なのですね

たとえば、あなたの気分が落ち込んでいるとしますね。

じゃぁ、なんで気分が落ち込んでいるのかと言うと、あなたの気分を落ち込ませるような環境がまわりに存在しているからなのですね。

たとえば、会社にムカつく奴がいるとか、会社の上司が嫌いだとか、旦那がウザいとか・・・

大抵は、こんな事が、最高の自分になれない原因なのですよ。

しかしこういった環境と言うのは、言ってみればあなたの魂の成長に必要だから、必然的にムカつく上司がいる職場に就職してしまったり、ウザい旦那と結婚してしまう様になっているのですね。

これは、スピリチュアル的には「因果の解消のために起きる宿命的な出来事」と言えるでしょう。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる

じゃぁ、今の現状を「因果解消のために我慢しなければならないのか?」というと、そうではないのですね。

後ほど詳しく書きますが、実は、「我慢」と言うのは、人生にまったく必要ないのです

それよりも、自分が幸せになるために「環境を変える」という事をしたほうがよいのです。

そして、環境を変える努力をすると、人はより「最高の自分」に近づくのです。

簡単に言うと・・・

◯会社に嫌なヤツがいる → 転職するか、そいつを叩きのめす☆
◯夫婦仲が悪い → 離婚するか、しばらく相手の顔を見ないようにする

といった具合に、何かしらの行動をとったほうが良いのですね。

こんな事を書くと、「それって因果の解消にも魂の成長にもならないんじゃないの?」と思われそうですが、そうではないのですね。

たとえば、会社にムカつく奴がいて、それで会社を辞めたとしたなら、次の職を探す必要もありますし、必ず努力が必要な状態に迫られるのですね。

そして、その「努力」が魂を成長させるのです

旦那が嫌いで離婚をすれば、当然、生活面で苦しくなったりする状況にもなるわけなのですが、その人にとっては「変化した生活環境の中で幸せに生きる為の努力をする」というのが、魂の成長になるのです

それよりも、嫌なことを我慢して、その状況にただ耐えるということは、最高の自分になるための一番邪魔になる事なのですね。

それどころか、置かれた悪しき環境の中で、ただひたすら我慢をするというのは、魂の成長にはならないのです

そのため、最高の自分を目指すためには、まずは、最高の自分になれるための「環境づくり」なのですね。

そして、最高の自分になるための環境を作るための努力や行動をするからこそ、魂も成長し、人は幸せになれるのです(*´ω`*)ノ

関連記事
悩みの原因は全て自分の中にある!原因は外には無いのです


スポンサーリンク




最高の自分になるためには我慢は必要ない

スピリチュアルな世界では、「楽しいことをしましょう」とか、「ワクワクすることをしましょう」という話がよくあるのですが、コレって正解なのですね☆

もっと言うと、嫌なことを我慢したり、嫌なことに耐えると言うのは、最高の自分ではなく、どんどんと「最低の自分」に向かってしまうことなのです。

この話は、少々説明が難しいのですが・・・

別の記事でも書きましたが、まず、人間というのは「怒り」の感情が出ているときは、知能指数が下がるようになっているのですね。

関連記事
怒ると自分が損をする!? キレて得をすることは何一つ無い

そして、落ち込んでいるときや、元気がない時というのも、正常な思考が出来ないようになっているのです。

更に、誰かによって抑圧されている時とか、ひどく虐げられている時というのも、思考力が下がるのですね。

そして、こういった人間の脳の仕組みを上手く利用しているのが、カルト宗教であったり、怪しい自己啓発セミナーなのです。

カルト宗教や怪しい自己啓発セミナーの特徴というのは、まず、信者や客をホテルとかに泊まり込みでカンヅメにして、外部との連絡を一切とらせないようにするんですね。

つまり、「抑圧をする」のですね。

以前、怪しい自己啓発セミナーに行ったことがある人に話を聞いたのですが、ホテルにカンヅメで、朝は6時に起こされて、夜の12時まで永遠と出された課題を遂行する事を要求されるらしいのですね。

わたしは、「まるで牢獄の様だなぁ」と思ったのですね。

でも、セミナーに参加した本人は、3日で20万円とか払ってるわけですし、自分が行ったセミナーが、「詐欺集団が行うインチキの洗脳だ」という事を、自分で認めたくないのです。

そのため、その人は「大変だったけど、楽しいセミナーだった」とか周りの人に話すのですね。

しかしその人は、インチキセミナーでの極端に抑圧された環境に身を置いていたために、既に正常な思考が出来なくなっているから、20万も取られて酷い目にあったのに「楽しかった」とか言っちゃうのですよね。

こういった怪しい自己啓発セミナーやカルト宗教というのは、とにかく、被験者に苦痛を与えて正常な思考を出来なくさせることが目的なのです

そして、抑圧することにより、被験者の人間のパフォーマンスを低下させた上で「支配下に置く」のです

よく会社で、上司が部下を怒鳴り散らすような場面がありますが、あれって、部下の能力をどんどんと下げているのです。

本来、人間は「褒められてパフォーマンスが上がるもの」なのですよ。

これは、誰だってそうなのですね。

そのため、最高の自分になりたかったら、自分の周りに、自分を酷く扱う人を置いちゃいけないのです。

これはスピリチュアルなお話でも何でも無く、人間の脳の構造がそうなっていると言うことです。

そのため、最高の自分になりたかったら「辛い状況を我慢する」というのは、しちゃいけないのですね

辛い状況を我慢したからといって、その後に待っているのは、以前と同じ「辛い状況」が続くだけなのです。

関連記事
我慢や苦労は美徳ではない! 嫌なら辞めればよいのです。

 

最高の自分から遠ざかる、ブラック企業という最悪な職場環境

わたしの知り合いにブラック企業を経営している人がいます。

その人は、人間的にかなり問題アリな人ですが、ビジネスの能力はめちゃくちゃ高いので、会社はかなりの売上を誇っています。

ただ難点なのは、その人、めちゃサイコパスなのですねw

関連記事
サイコパスの正しい知識。他人の心の痛みを感じないサイコパスとの付き合い方

そして、そこで働いている社員は、全員がまるでゾンビのようなのですね。

そこで働いている社員の中に、10年以上前から知っている人がいるのですが、その人は、その会社で働く前は、まぁ普通の人だったのですよ。

しかし、その会社に入社して暫くしたら、ミスが段々と多くなり、仕事の能力が著しく下がったのです。

彼の能力が下がってしまった理由は簡単で、その会社が超絶的なブラック企業だからなのです。

その会社では、日頃から社長が社員を殴りつけるのは当たり前で、2日間48時間寝ないで仕事させるなんて事も普通に行われているのです。

その分、給料は他社より多めなのですが、よくよく考えたら、労働時間が3倍なのに給料が1.5倍って、全然得じゃないんですけどねー。

でも、そこで働いている社員は、常に過酷な条件で抑圧されているから、そういった当たり前の計算もできないほど、思考力が正常に機能しなくなっているのです。

だから、「労働基準監督署に駆け込む」といったことや、「転職する」といった思考も出てこないのですね。

つまり、最低の自分の状態まま、ずっと生き続けていてしまっているために、本人も今の環境が最低だということに、まったく気付かないのです。

この様に、人間にとっては「抑圧」とか「我慢」とかは、人としてのパフォーマンスや思考力を下げることなのです

そして、一旦思考力が下がった状況が長く続いてしまうと、最低の自分になってしまったことに疑問を持つこともなく、そこから這い上がる事も難しくなってしまうのですね

そのため、他の記事でも書いていますが、ブラック企業なんて今すぐ辞めるべきですし、我慢をしたりして自分を虐めることで、良いことなんて一つもないのですね。

関連記事
ブラック企業を今すぐ辞めなければならない理由とは?

 

最高の自分になるためのステップ

最高の自分になるためには、まずは、「最高の自分になる事を邪魔する要素を排除する」ことが大切なのです。

では次に、最高の自分に向かうための具体的な方法となりますが・・・

これはもう、このサイトでも頻繁に書いていることになります♪

◯言霊(アファーメーション)を利用する
◯明るくプラス思考を維持する
◯常に感謝を忘れない
◯自分は守護霊などの高次な存在に守られていることを日頃から意識する

といった事になります(・∀・)ノ

言霊やアファーメーションに関しては、ネガティブな発言やマイナス思考な言葉を吐くのは一切やめて、明るく楽しくなるような言葉を使うようにするだけです。

関連記事
言霊(ことだま)の効果は科学的に実証されている

プラス思考を維持する方法は、「プラス思考でいる」というある程度の努力が必要ですが、これも練習すれば出来るようになります。

なんで、プラス思考になるのに努力が必要なのかと言うと、人間の脳は自動的にネガティブな事を考えるような構造になっているからです

そのため、脳の仕組みに逆らって「プラス思考を維持する」というのは、自分から「楽しいことを考え続ける」という努力がいるのですね。

関連記事
明るくプラス思考な人は価値があり、人生で悩むことも無くなる
マイナス思考は自分も他人も不幸にする。プラス思考のススメ

常に感謝を忘れないような生き方とは・・・

たとえば、レストランでご飯を食べたら、会計のときには必ず「ごちそうさまでした♪」と言うようにするとか、そんなことから始めるのが良いと思います。

関連記事
「ありがとう」と言えば良いことが起きる! 感謝をするとなぜ幸せになるのか?
なぜ感謝が必要なのか? 幸せになる為の感謝の本当の意味とは?

守護霊などの高次な存在を意識するのは、たとえば、ハイヤーセルフを信じている人は、自分のハイヤーセルフを感じるのも良いと思います。

関連記事
ハイヤーセルフとは? 守護霊との違いを解りやすく解説

ハイヤーセルフの中には、本来の自分だけでなく、「最高の自分」というのも存在しますので、そこにフォーカスするのが良いでしょう☆

そして、守護霊も神様も、あなたのそばに常に24時間体制で付いてくれていますので、単純にその事を信じて「高次な存在に感謝する気持ち」を持てばよいのですね☆

関連記事
守護霊からのメッセージを聞く方法
守護霊とはどんな霊? 守護霊のお役目と人間との関係

 

最後に・・・

今日のお話は、皆様にうまく伝わったかどうか、自分でも自信ないですが・・・(*´ω`*)

要は、「悩むだけで何もしない」というのが、一番いけないことなのですね。

悩みや問題があったら、「問題解決のための行動をとっとと始めるか?」

それがめんどくさかったら「問題を受け入れて悩むのを辞めるか」というのでも、別に良いのです。

どちらを選んでも、魂は成長しますから♪

スピリチュアル的に見て、いくら人には宿命があると言っても、わたしたちは「自由意志」によって、自分の環境を変えていくことを許されています。

それなら、自らの魂の成長と精神性の向上のために、自分で環境を変えるという努力をした方がよいと、わたしは思います

なぜなら、すべての魂には「進化・成長」といった宿命が含まれていますし、わたしたちの魂は「幸せになる」という義務があるからです

それが、最高の自分に向かうための方法なのだと、わたしは考えております☆

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
人生は宿命で決められているが、運命は自分の思い通りに出来る
因果や宿命は、どのくらい人生に影響するのか? 宿命と因果のお話


スポンサーリンク