夢診断は当たるのか? 夢の意味と因果のお話

夢診断は当たるのか? 夢の意味と因果のお話
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

今日は「夢診断は当たるのか? 夢の意味と因果のお話」と題しまして、「夢の持つ意味」と「因果」についてのお話をしようと思います☆

皆さんも、夢診断を一度や二度はやった事があると思います。

しかし、夢診断って当たると思いますか(・∀・)?

まぁ、中には当たる事もありますが、わたしの場合でいうと、当たらないことがほとんどです。

といってもこのサイトによく遊びに来てくださる方は、霊的感覚が鋭い方が多い様なので、意味ありげな夢を見る方も多いかと思います。

そんな方にとっては「夢診断はよく当たる」と感じるかもしれませんね♪

では、なぜ夢診断が当たる人と当たらない人がいるのか?

そもそも、夢は何のために見るのか?

なんてお話をしていきますね〜(*´ω`*)ノ


スポンサーリンク




何のために夢を見るのか?

科学的には、「夢」は起きていたときの記憶が脳の海馬の中で再度再生され、データベースとしての「記憶の最適化」をするために夢を見るとされております。

たとえば、スリープ状態のパソコンは自動でデータの再構築を行ったりしますが、夢もコレと同じだとされているのですね。

ただ、わたしの見解としましては「人は眠っている間は、魂はあの世に帰っている」と考えております。

関連記事
眠っているとき魂はあの世に帰っている。睡眠は魂の里帰り

そして、寝ている間にあの世に帰った魂は、守護霊などの他の霊と色々と対話をすることにより、この世での人生を正しき方向へ進めるための作戦会議をしているのですね。

「あの世とは、思考が瞬時に現実化する世界である」

これも、このサイトではよくに書いていることになります。

つまり夢とは、魂があの世に帰って高級霊と対話をしていたときの記憶の断片でもあるのですが、同時に「この世で起きていた時の記憶を、あの世でも再度体現している」とも言えるのですね。

たとえば・・・

昼間にホラー映画を観たせいで怖い夢を見た!

なんて話がよくあると思いますが、この現象は、昼間の記憶が眠っている間にあの世で現実化されて、その時のあの世の記憶が「夢」というカタチで再度認識されている。

という事なのですね☆


スポンサーリンク




夢診断は当たるのか?

夢診断は、はたして当たるのでしょうか?

これは人によって違うのかな?と思います。

ちなみに、わたしの場合は、当たらないことがほとんどです(・∀・)ノ

悪い印象の夢を見たからと言って、「反対の意味」としてその後に良いことが起きることもなければ、予知夢のように「夢で観た悪いことがそのまま現実になる」なんてこともありません。

夢で見たことは、夢で見たこととして、それで完結しているのですね。

皆さんは、どうですかね(・∀・)?

そもそも、本やネットにあるような夢診断というのは、占いと同じで「統計」を取っているだけなのですね。

しかし、占いの場合は、わたしは何故かよく当たるんですよね、コレがまた。

特に西洋占星術はかなり的中しますし、以前、遊びで観てもらった有名占い師は、かなり言い当てられて面白かったです(・∀・)ノ

ちなみに、その占い師さんの鑑定料は8万円でした(訳あってわたしはお金を払ってませんがw)

まぁ、わたしのかわりに他の人がお金払うって事だから占ってもらっただけで、自分でお金払うんなら絶対にやりませんけどねw

8万払うなら、友達と飲みに行って豪遊したほうが全然楽しいですしね♪

というわけで、わたしとしては、占いとは「統計学」であり、真剣に占いという学問を学んだ人の診断は「当たって当然」という認識があります。

ちなみに、「占いが何故当たるのか?」という詳しい解説は、こちらの記事を参照にしてみてくださいね☆

関連記事
占いは何故当たるのか? 占いが当たる理由を解説します

では、夢診断はどうかというと、これは、わたし的には「当たらないもの」という認識でおります。

その理由を簡単に書きますと、夢は「霊的な要素」が強いため、人それぞれの因果も関係してきますし、統計的に簡単に判断できるものではないから。

と考えているからです。

 

夢と因果の関係

夢を見ている間、つまり眠っている間は、魂はあの世に里帰りしております。

つまり、寝ている間は、魂は「霊界」にいるということです。

わたしたちが現世に何度も輪廻転生してくる目的の中には、「因果の解消」という目的も含まれています。

そのため、現世では、人生に様々な出来事が起きてくるのですね。

そして、こういった出来事は、大抵は「嫌なこと」なワケなのですよ。

しかし、因果というのは「各々の魂」に紐付けされている事なので、たとえ眠っている間に魂が霊界にちょっと立ち寄ったからといって、因果は霊界にいる間も消えるワケではないのですね。

つまり、わたしの考えとしましては・・・

皆さんも悪夢や嫌な夢を見ることはあると思いますが、そんな時は「あの世で因果解消をしている」のですね☆

ということは、「嫌な夢を見た」ということは、夢の中(あの世)で嫌な経験をしたことにより、「その因果は消えた」という事なのです(・∀・)ノ

なぜなら、因果の解消方法というのは・・・

1、前世からの因果解消のために嫌なことを経験する
2、それでも落ち込んだり愚痴を言ったりせずに、その出来事に感謝する
3、その結果、因果が消える

というのが、因果が消えるめちゃ簡単なプロセスだからです。

つまり、仮に嫌な夢を見たとしても、その事で落ち込んだり、夢の意味を調べようとするのは意味のないことなのですね。

嫌な夢を見たとしても「これで因果が一つ消えたんだ♪」と、単純に感謝をすればよいのです☆

といっても、実はこの話は、わたしが尊敬する実業家でありスピリチュアリストの「斎藤一人さん」が仰られていたことなんですけどね(*´σー`)エヘヘ

関連記事
因果や宿命は、どのくらい人生に影響するのか? 宿命と因果のお話
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる

 

最後に・・

今日は「夢と因果」、そして「夢診断」について書いてみました♪

このサイトに遊びによく来てくれる方は霊的に鋭い方が多い様ですので、「予知夢」や「意味ありげな夢」を見る方も多いかと思います☆

わたしも、ごくタマにですが鮮明に覚えている夢を見ることはありますが、ただ、わたしの場合は、それが「悪い印象の夢」なので、そんな夢を見たとしても「因果が消えたんだ☆ラッキー(*´ω`*)ノ」と前向きに考えちゃいますけどね♪

皆さんも、もし悪夢を見た時は「因果が消えた」と前向きに考え、逆に良い夢を見た時も「これから良いことが起きるんだ☆」と前向きに考えるのが良いかと思います。

つまり、どっちにしろ自分の都合の良いように考えればよいのですね♪

なぜなら、人間には思考を現実化させる力があるのですから(・∀・)ノ

普段からプラス思考で良いことばかり考えていれば、そういった現実を自分で作り出せるのが、わたしたち人間が本来持ち合わせた力なのです☆

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
潜在意識で願いは叶う! 潜在意識とは?
引き寄せの法則を使って、思い通りの人生を!
量子力学で証明する引き寄せの法則の仕組み


スポンサーリンク