Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

HSP・エンパスという個性。HSP・エンパスでお悩みの方は読んでください

HSP・エンパスという個性。HSP・エンパスでお悩みの方は読んでください
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)ノ

今日はずいぶん前にリクエストいただきました「HSP・エンパス」についてお話しますね☆

さて、HSPやエンパスという言葉は、最近になって世に出てきた言葉です。

しかし、これは逆に言うと、江戸時代には「HSPもエンパスも無かった」という事です

では、この事実は何を意味しているのか?

順を追って詳しく解説していきますので、自分をHSPやエンパスだと考える方は、是非読んでいただけましたらと思います♪


スポンサーリンク




HSP・エンパスって何?

では最初に、近年よく耳にするHSPやエンパスとはなんぞや?

というお話から行きますね(*´ω`*)ノ

HSPとは?

HSPとは、アメリカの心理学者である「エレイン・N・アーロン」という博士が1996年に提唱した人間の精神的な特性で、アメリカでは約15〜20%の方がHSPだと言われております。

HSPは、簡単に言うと「敏感体質」です。

「共感体質」とも言いますね。

たとえばHSPの人は、飲み屋とかで隣の席のグループが喧嘩を始めたりすると、自分は真っ先に影響を受けいてしまい、必要以上にビクビクして苦しくなり、その場から立ち去りたくなる様なタイプの人です。

周りに怒っている人やイライラしている人がいると、その人の感情にそのまま影響を受けてしまい、自分が萎縮してしまうようなタイプの人も、HSPと言えます。

ちなみに、ネットにはHSPチェックリストなるものがありましたので、転載しておきますね〜

1. 人の気分に左右されやすい
2. 大人数の飲み会や集まりが苦手で、いつも居心地の悪さを感じる
3. 急な予定変更にパニックになってしまう
4. 疲れやすく、1人の時間が欲しいと感じる
5. 友達が狭い範囲に少ししかいない
6. 人の輪に上手に入っていくことができない
7. 好きな人や友達、職場の人などに本音で話せない
8. すぐ人を好きになったり、相手に依存したりしてしまう
9. 職場で周りの目が気になる
10 .小さなミスにも激しく動揺する
11. 一度に複数のことができない
12. ミスが怖くて仕事に時間がかかる
13. 仕事を頼まれると断れない
14. 怒っている人やトラブルを見ると落ち込む
15. 同僚との雑談や表面的な会話が苦手
16. 仕事で注意されると、自分が全否定されたような気になる
17. 人混みで疲労困憊する
18. いまの仕事が向いてない気がして転職を繰り返してしまう
19. 体調がすぐれないことが多い
20. ちょっとしたことで落ち込みやすい
21. 職場異動や席替えなど、環境の変化にうまく対応できない
22. 相手が望むとおりにしようとして疲れてしまう
23. 時間にいつもギリギリ、もしくは遅れてしまう
24. 自分で決めるよりかは他人に決めてもらう傾向がある
25. 結果を出そうと頑張りすぎてしまう

HSPの方は、このチェックリストの半分以上が当てはまる様です。

わたしもやってみましたが、わたしの場合、若い頃の自分を思い出してみると、おそらく18個当てはまるような性格だったと思います。

でも、これは若い頃の話で、今はどうかと言うと、4個か5個です。

というわけで、このチェックリストによると、わたしは若い頃はHSPだったけど、今は治ったということになっちゃいますね(・∀・)ニヤニヤ

ちなみに、HSPは後天的ではなく「先天的」な特性らしいです。

では次に、エンパス逝ってみましょうか♪

エンパスとは?

エンパスとは、アメリカのローズ・ローズトゥリー女史によって提唱された、人間の精神的な概念です。

まぁHSPとだいたいおんなじ理論であり、エンパスは「共感能力」が高く、周りの人の影響を受け易いということですかね。

ということは、要するに「概念を発表した人間が違う」というだけで、エンパスもHSPも同じようなもんですw

ちなみに、日本人は5人に一人がエンパスらしく、HSPと同じく、エンパスも後天的ではなく「先天的」だそうです。

そして、HSP同様、エンパスの方も、割合的にはめちゃくちゃ多いという事にお気づきかと思います。

問題なのはこの「割合」なのです。

HSP→20人に一人、エンパス→5人に一人。

この割合を見て、皆様はどう感じますか?(・∀・)ニヤニヤ


スポンサーリンク




HSP・エンパスで悩む必要が無い理由とは?

エレイン・N・アーロン博士と、ローズ・ローズトゥリー女史という方・・・

まぁものすごく勉強をされていて立派な方なんだなぁと思いますよ。

しかしですね、彼女達の提唱する概念を聞いても、わたしは「それが何か(*´ω`*)?」としか思わないのですよ。

ではここで、わたくしNORI博士が人間の様々な特性についてのお話をしましょうか☆

●あがり症

沢山の人の前で話をするのが怖く、結婚式のスピーチとかでも緊張しちゃう様な人。

日本では、9割以上の人がこれに当てはまります。

●中年太り

老化により身体の代謝が落ちたため、体重が増える現象。

日本では何と中年の8割以上の人が当てはまるそうですYO(驚!)

●ハゲ

老化により髪の毛が抜けて薄くなる現象で、HSPやエンパス同様、先天的になりやすい人がほぼ決まっている。

日本の団塊世代では「バーコード」という奇抜なヘアースタイルが流行し、40代以上の男性の20〜30%が当てはまる。(NORIも最近ヤヴァいらしいw)

●運動音痴

生まれつき鈍臭くてスポーツとか全然出来ない人。

日本人の1〜2割はこれに当てはまります。

ちなみに、わたしもそうですw

●方向音痴

先天的に「右や左」「東西南北」がよくわからない人。

カーナビ使って運転しても道に迷ってしまう、わたしの様な人間の事らしいです(*´σー`)エヘヘ

日本では、20人に1人の割合で存在します。

●イケメン

滅多にいない特殊な遺伝子を持つ個体。日本ではおそらく1%以下

言ってみれは希少種でありマイノリティーな個体なので、生物学的には異常と言えるかも?

どうでしょうか?

わたしがパッと思い当たるだけでも、日本にはこれほど多くの「個性」を持った人がいることが、お解りいただけたのではないかと思います。

そろそろ何が言いたいのかお気づきかと思いますが・・・

要は、「普通の人」なんて、いないのです

すべての人は、等しく何らかの個性を持っているのですよ(・∀・)ノ

そして、あらゆる個性を持った全ての人達は、全員が価値がある人間なのです

関連記事
全ての人間には“価値”がある。価値がない人なんていないのです

 

HSP・エンパスを、自分が不幸になる理由にしてはいけない!

日本人だけに限らず、人間というのは様々な個性を生まれつき備えております。

生まれつき背が高い人や背が低い人、走るのが速い人や遅い人。

生まれつきお酒が沢山飲める人や、お酒が嫌いな人。

生まれつき優しい子供もいれば、攻撃的な性格の子供もいます。

そして、生まれつき「共感性が高い人」や「敏感な人」を、HSPやエンパスと言うらしいです。

つまり、HSPもエンパスも、ただの個性というだけなのです。

そのため、「自分はHSPだから生きるのが辛い」とか、「自分はエンパスだから人生が上手くいかない」と考えるのは、まず間違っています

そんな事で悩むのは、「自分は100人に1人もいないほどの美人に生まれなかったから、人生が上手くいかないだ」と言っているのと同じなのです。

だいたい、精神学者や、学者の説を大げさに発表するマスコミも悪いのです。

ただの個性を、あれこれ理由をつけて、さも偉そうに「精神的特性」と分析し、その理論を理由に多くの人々を不幸にさせることに何の意味があるのでしょうか?

このお話は、あらゆる精神病にも同じことが言え、たとえば「鬱病」にしても、「発達障害」にしても、ただの「個性」なのですよ。

関連記事
うつ病の原因と治し方。医者にかかると鬱病が酷くなる!?
ADHDという病気は存在しない!? 精神疾患でお悩みの方は読んでください

こんな事で、何かにつけて全て病名を付けたり、人生を不幸にするための「理由付け」をしていたら、日本人のすべての人間は何らかの病気になっているということになってしまいます。

先程も書きましたが、ハゲは病気でしょうか?

40代以上の8割が当てはまる中年太りは病気なのでしょうか?

それなら、全人口の1%にも満たない「イケメンという特性」で生まれてくる人を病気と定義すればよいのではないでしょうか?

人間という生き物は、あれこれと理由をつけて他人との「差」を付けるのが大好きな生き物であると言えます。

ちなみに、仏教で言う「悟り」とは、「差を取る」という意味でもあります。

お釈迦様は今から2500年も前に、「人に差をつけてはいけない」と、ちゃんと仰られていたのですね☆

関連記事
仏教とは?仏教と釈迦の教えを解りやすく解説してみた
仏教の「真我・無我」の意味を解りやすく解説してみた

しかし、残念ながら、人間は一人ひとり全員が違った個性を持っておりますので、いちいち「差」を付けていたら、最終的には、日本人全員が何かしらの障害をかかえていて病気だ。ということになってしまうのです。

つまり、HSPもエンパスも、ただの「個性」と言うだけで、1ミリもマイナス的要素はないのです

それどころか、見方を変えれば、HSPやエンパスは他の人とは違った「優れた才能」として見ることも出来るのです。

HSPやエンパス特有の「他人気持ちがよく分かる」なんて、素晴らしい事だと思いませんか?

敏感ということは、それだけ感受性が高く、感性が優れているということです。

そんな人は、クリエイティブな仕事に就いて、そこで自分の能力を活かすことが出来れば、お金をたくさん稼ぐことだって出来ます。

少々厳しいこといますね・・・

わたしがこういった記事を何度も書いても「自分はHSPだから」とか「エンパスが強くて・・・」と言い続けている人は一定数必ずいるのですね。

そういう人は自分の胸に手を当てて聞いてほしいのですが、本当は、HSPやエンパスに憧れているのではないでしょうか?

そして、人生でなにか上手くいかないことがあったら、今度は、HSPやエンパスを理由にして、自分の人生の不甲斐なさを証明しようとしているのではないでしょうか?

もしそうなら、HSPでもエンパスでも、ご自由になっていただければ良いと思います。

ただ、そんな場合も「自分の人生が上手く行った理由は、自分がHSP・エンパスだったおかげです!」と感謝の言葉を言える人は良いと思います。

しかし反対に、上手くいかない時に、その原因をHSPやエンパスのせいにするのは、よくありません

特に、間違ったスピリチュアルの解釈をしている人に多いのですが、自分が不幸と感じてしまう原因を、神から与えられた個性のせいにするなんて、どういうつもりなのでしょうか

そんな人は宇宙から愛されませんので、人生がもっとおかしな方向へ進むのです。

HSPやエンパスを「マイナス」に考えちゃいけないのですね。

HSPもエンパスも神から与えられた大切な個性であり、「能力」なのですよ(・∀・)ノ

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
劣等感の原因と克服。不幸の原因は劣等感にあった!
不幸から抜け出せない人の特徴。不幸を抜け出し幸せになるための方法とは?
不幸自慢をする人の心理とは? 不幸自慢は自分を更に不幸にする
悩みの原因は全て自分の中にある!原因は外には無いのです
なぜ人生に問題は起きるのか? うまく行かない時は必ず原因がある


スポンサーリンク