Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女の役割・男の役割。生まれ持った役割をこなせば夫婦仲は上手く行く!?

女の役割・男の役割。生まれ持った役割をこなせば夫婦仲は上手く行く!?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

今日は「女の役割・男の役割。生まれ持った役割をこなせば夫婦仲は上手く行く!?」と題しまして、男と女のそれぞれが持つ「役割」のお話をしましすね☆

さて、以前に書いた記事「イクメンは男を駄目にする!?」で、読者の方から「男女の性分業は間違いだ!」というコメントを頂きました。

まぁ、私自身そもそも性分業を推奨しているわけないのですが・・・

この辺がうまく伝わって無かったようですので、あらためて「男と女の違い」や、夫婦仲などの男女間の仲を上手く行かせるためのヒントとなる様なお話を、いろんな側面から書いていきますね♪


スポンサーリンク




生まれ持った「男の役割」「女の役割」とは?

男と女がまったく違う生き物であることは、多くの方は既にご理解頂いているかと思います。

と言っても、今日のお話は、「女性は感性が豊か」とか、「男性は理論的」とか、そういった話からもう少し踏み込んだ、「根本的な男と女の違い」というお話になります。

事あるごとに議論に上がる男と女の「役割の違い」。

皆さんはどう思われますか(・∀・)?

この結論を先に書いてしまいますと・・・

まず、女とは「子孫繁栄のために子供を育てる」。というのが生まれ持った役割と言えるます。

そして女性の持つ「子育て」という役割は、今も昔も基本的にはあまり変わってはいません。

しかし、男の場合はちょっと違うのですね。

男の場合は、女子供を守るために「戦う」。というのが、生まれ持った役割だと言えます。

ただ、今の時代の人類は20世紀とは違い、いつでもどこでも戦争をしているワケではありません。

まぁ、日本以外の国では、まだまだ戦争をし続けている所も多いですが・・・

それでも、21世紀に入り人類は割と争わなくなったのですね。

特に日本は世界的にも例を見ないほどの平和な国ですので、男の役割が「戦う事」だと言っても、もう、女子供を守るために誰かと戦う必要は無いと言えます。

しかし、女子供を守るという男の役割は、やっぱり変わらないわけで、それを今の時代で言えば、「仕事をしてお金を稼ぐ」というのが男の役割と言えます

何のために仕事をしてお金を稼ぐのか?というと、自分の奥さんと子供を食べさせるためです。

しかし、現在のようなテクノロジーの進歩した社会は、単に「食べさせる」という目的も、本当は必要なくなってきているのですね。

この理由については、このサイトの他の記事を色々読んで頂けますと何となく伝わるかとは思いますが、簡単に言うと、今の時代の日本に限って言えば、国民は働かなくても食べていける社会システムが、既に出来上がっているからです。

関連記事
未来は必ず「良い方向へ向かう」という法則

その証拠に、世の中にはこれだけ沢山のニートや無職の人がいるのに、みんなちゃんと3食ごはんを食べられていますし、衣食住には困っていないのですね。

では、今の日本において「男の役割とは何か?」を更に明確にすると、「奥さんや子供が、より豊かに暮らせるような環境を整える」というのが、男の役割であると言えます

そのために一生懸命仕事をし、福祉や育児環境の整った社会システムを作るのも、男の役割です。

そして、奥さんや子どもたちがより豊かに暮らすために、沢山のお金を稼ぐのも男の役割です。

要は、奥さんが子育てに100%の能力を発揮できるように、「奥さんを笑顔にするために常に努力をする」というのが、男の役割だというと、解りやすいかもしれません。

そのため、女性が結婚相手を選ぶ時に、より年収の高い男性を選ぶのも、専業主婦を希望するのも、より女性の扱いが上手な精神的に成熟した男性を選ぶのも、これは凄く当たり前のことなのです。

とは言っても、そんな男性なんて、割合的には1%もいないのですねw

実際には、ガンガン稼ぐ能力もあって尚且女性を笑顔にできる「女性慣れした男」なんてのは、1000人にひとりくらいしかいません。

そして、いま世の中で起きている「シングルマザーの貧困問題」や、「保育所難民」などの問題も、すべて「男の能力不足」が原因だと言えるのです。

これについては、次の項で更に詳しく説明いたしますね〜


スポンサーリンク




女性と子どもたちが幸せになれないのは、男の精神性が低いから!?

たとえば、シングルマザーの貧困問題は、明るみに出ていないだけで実際はかなりのシングルマザーが直面している社会問題だと思います。

実際、わたしのまわりにも、口癖のように「金が無い(*´ω`*)」と言っているシングルマザーはいます。

では、シングルマザーでお金がないのは、その人が悪いのか?というと、まぁ本質的にはそうなのですが・・・

ただ、問題を「社会全体」まで俯瞰すると、男が悪いという事になるのですね。

なぜなら、男の役割はそもそも外で仕事をしてお金を稼ぐ事なので、離婚をしたとしても、十分な養育費を払うのは当然だからです。

そのため、日本では離婚調停を行った場合、大抵の場合は男が慰謝料と養育費を払うようになっていますが、これも正解なのですね。

ただ、それが出来ない男が増えてきている事が問題なのです

つまり、だらしない男や、稼げない男が増えてきているのが、根本の問題だと言えるのですね。

と言っても、そんな男を選んでしまった女性の方にも、同時に「選択ミス」という自己責任もあるわけなのです。

そのため、結婚というのは、離婚のリスクまで考えると、女性は「自分の選んだ男がちゃんと自分と子供を経済的に幸せにしてくれるだろうか?」ということをよ〜く考えたほうが良いのです。

ただ、実際には、そんな能力の有る男は1000人に一人か、万人に一人しかいません。

ということは、一人の能力の高い男に沢山の女性が扶養されるのも、これまた当然の結果であり、そのためわたし自身も不倫や愛人関係を全然否定しませんし、どんどんやればよいとは思ってるのですけどね(・∀・)ノ

ここでちょっと「男の役割」のお話に戻りますが・・・

昔は、男は戦に出て戦うのが目的であり、その結果として「死んでもしょうがない」という宿命だったのですね。

同様に、女は戦争で戦うような身体的特徴をそもそも備えてはいません。

そのため戦争で戦うのは男の役割ですし、自分が死んでしまっても大丈夫な様に、女子供を守るのと同時に「自分の種をばらまく」というのも、男の役割だったと言えるのです。

というわけで、男という生き物を生物学的な視点で見ると、「女に自分の子供を産ませて、あとは放ったらかし」という様な駄目男も、実は自然な姿なわけなのです。

更にこの理屈を現在に当てはめると、仕事で稼ぐ能力の高い一人の男が、自分の家庭は持たずにそっこら中に愛人を作って、そして、それぞれの愛人に生活費として毎月100万円づつ払う・・・

なんて、どっかの芸能人みたいな生き方をする男というのが、生物学的に見た本来の男の姿としては正しいということななるのですね。

そして、そういった能力の高い一人の男に、何人もの女性が愛人契約をするということも、生物学的に見ると、実は正しかったりすのですね(*´ω`*)

関連記事
なぜ不倫をしてしまうのか? 不倫を繰り返す人の因果や宿命のお話

 

性分業は正しいのか?

では性分業についてはどうでしょうか?

わたし自身は、性分業に賛成なわけではありませんが、ただ、生物学的に備えられた男と女の持つ「役割」を考えると、どうしても性分業になってしまうのは、今の時点では仕方がないのかな?とは思っています。

そもそも男は、最初から赤ちゃんを上手にあやせる様な「体つき」をしていません

女性の方が男性よりも赤ちゃんを上手にあやせるのは、生物学的に見て当たり前なのです。

そのため、「夫婦で仲良く子育て」というのは、そもそも最初から無理があることであり、子育てを「奥さん50%」「旦那さん50%」で実践しようとすると、本来なら上手く行くはずが無いのです。

なぜなら、男は最初から子育て向きの脳の構造をしてませんし、子育てをするような身体的特徴も備えていないからです。

もしも、「ウチは旦那とわたしと、半分ずつ上手く子育て出来ている」なんて方がみえましたら、あなたの旦那さんは、よほど精神的に成熟した方か、もしくは「無理をしている」と考えたほうが良いでしょう。

もちろん、男が全く子育てに干渉してはいけないとか、そういうことではありません。

だって、それじゃぁ「愛」が無いですからね。

そういう事ではなく、子育ての割合的には「奥さんが7〜8割」「旦那さんが2〜3割」と言うのがやっぱり上手くいくわけなのですね。

同様に、女性は「外に出て仕事をする」ということには、最初から不向きな脳の構造や身体的特徴をしているのですね。

仕事とは、昔で言う「戦い」です。

まぁ今は戦争がないので、男の役割は「仕事でお金を稼ぐ事」という事になっていますが、仕事という活動を通してお金を稼ぐということは、大抵の場合は「理論的」であり「合理性」を追求することですなのですね。

こういった事も、脳の構造的には最初から男のほうが得意なのです。

そのため、現在のような性分業は、言ってみれば「自然と出来た」と言えるわけです

その結果、今の世の中は、経済的な視点で見ると、男に有利なようになっています。

今の世の中は、男のほうが女よりも平均的な収入も多いですし、この物質世界で豊かさを追求すると、どうしても「男の経済力に頼る」といった状況になってしまうわけです。

しかし問題なのは、そういった世の中になってしまったのを良いことに、多くの男が「男の方が偉い」と勘違いをしてしまっていることなのですね。

現在のような「男が威張るような世の中」になっているのは、男が男女の役割を理解していないからであり、シングルマザーの貧困問題も、保育所が足りない問題も、そういった社会システムを作れなかった男の責任なのですね。

更に言うと、夫婦仲が悪いのも、子供が言うことを聞かないのも、大抵は男の責任であると言えるのです。

何故かと言うと、最初にも書きましたとおり、戦争のない今の時代での男の役割は、奥さんや子供をより豊かにすることであり「笑顔」にさせるような努力をすることだからです。

そして、これを理解していない男が多いために、多くの奥さんや子供たちが笑顔になれないわけです。

これは、とある婚活スクールの先生が言っていた言葉なのですが・・・

その婚活スクールには、男も女も入学しているのですが、ただ、実際は女性の生徒さんに教えることは、ほぼ無いそうです。

まぁ、料理や家事といった実践的なトレーニングは行うそうですが、婚活スクールでは、女性に精神的な事を教える必要は無いそうです。

なぜなら、平均的に見ると、女性は精神的に既に成熟しているからです。

問題なのは男の方で、男の役割は「女性と子供を笑顔にすること」であり、そのために「仕事そしてお金を稼ぐこと」という、根本的な事を男が解って無いために、教えることが沢山あるという事なのですね。

 

これからの時代の男と女の在り方とは?

では、これからの時代の男と女は、どう有るべきか?

はたまた、どうなって行くのでしょうか(*´ω`*)?

ここでちょっと染色体(DNA)のお話をしますね♪

女の染色体は「XX」で、男の染色体は「XY」だと言うことは、皆さんの中にもご存知の方も多いかとは思います♪

しかし近年、男の染色体の「XY」の「Y」の部分が、どんどんと小さくなってきているのですね。

これはどういうことかと言いますと・・・

生物学的なお話をしますと、あと1000年後か1万年後かは解りませんが、将来的には「男」という性は消滅します

もしかしたら、あと数百年でそうなるかもしれませんw

これは他方面の学会で言われていることであり、将来、「男はいなくなる」とされているのですね。

そしてその間に、女の方は、男を必要としなくても妊娠と出産が出来るように進化するのでは無いか?と言われております。

つまり、人間(女性)の両性具有化です。

ちなみにわたしの考えとしましては、未来の世界での女性の両性具有化には、医療テクノロジーの進歩も関与してくるのではないか?と考えております。

スピリチュアル的に見ても、そもそも魂には性別なんてありませんし、輪廻転生においても性別なんて関係なく生まれ変わると言われております。

そう言えば、高次に進化した宇宙人さんも、大抵は性別なんて無く両性具有だと言われておりますね♪

つまり、今後の時代の流れとしては、男と女の隔たりはどんどんと無くなっていくのですね。

これからは、男という性別が消滅する未来に備えて、女が男の役割も果たすように、少しずつ人類全体が進化していくでしょう

そして、その兆候として、現在の様な「女性が活躍する社会」というのが、どんどん明るみに出ているのだと思います。

ただ、今のところこは、まだ古い価値観を持った男が沢山いるせいで、なかなか女性が活躍できる社会システムが作られていないのですね。

しかし、将来的には少しづつですが、人類の進化に合わせて、子育てと子孫繁栄の能力だけでなく、「外でお金を稼ぐことが得意な女性」というのも、どんどんと増えていくことが予想されるのですね☆

関連記事
子供は大人より20年進化している

 

まとめ

今日は、「男と女のそれぞれが持つ役割」について色々書いてみました☆

少々長くなりましたので、最後にまとめますね〜

1、生物学的に生まれ持った男と女の役割の違いは、「女は子育てと子孫繁栄」、「男は仕事でお金を稼ぎ奥さんと子供を幸せにする」ということである。

2、今の世の中に見る「シングルマザーの問題」や、「女性に不利な社会システム」が出来てしまった原因は、女性や子供を幸せにする社会を作れなかった、男の能力不足が原因だと言える。

3、現在の性分業は必然的に起きていると言えます。しかし問題なのは性分業ではなく、男が、女や子供を幸せにできていないことなのです。

4、今後の人類の進化を考えると、男はいなくなります。ガ━(゚Д゚;)━ン!!
そんな未来に向けて、女の役割だけでなく男の役割も同時にこなせる様な女性が、どんどんと増えていくでしょう☆

ちなみにわたしは独身で子供もいません☆

今後も結婚するつもりもありませんが、このお話は、あくまでも人類の「平均値」のお話となります。

というわけで、わたしと同じ様に独身の方や子供がいない方も、特に気にしないでくださいね(・∀・)ノ

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
正しい子育ての考え方。親子の関係を間違えない為に
独身を幸せに生きる!生涯独身を恥じる時代は終わりました


スポンサーリンク