好きなことを仕事にするまでのステップ

好きなことを仕事にするまでのステップ
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(・∀・)ノ

今日は「好きなことを仕事にするまでのステップ」を、わたしの経験を元にいろいろと書いていきますね☆

まぁわたし自身は、今も好きなことを仕事にしているというか・・・そもそも好きなことしか仕事にしたことがありません(・∀・)

というわけで、自分の好きなことを仕事にしたいと考えている方や、好きなことで起業したいと考えている方は、是非参考にしてみてくださいね♪

関連記事
好きなことを仕事にする!は正しい考え方なのか?

スポンサーリンク





好きなことを仕事にする前に、まずやらなければいけない事とは?

ただ、「好きなことを仕事にしよう〜!」とは言っても、多くの人たちは好きもで無いことを仕事にしている場合が多いのではないかと思います。

それに、今現在好きなことを仕事にしていたとしても、それは結果論であって、仕事を続けるにしたがって仕事が上手くなり、そして収入が上がってきたから、自分の仕事を好きになった・・・

という順番の方も多いことでしょう。

ただ、本当は誰にだって好きなことはあるハズなんですよね。

その証拠に、ある程度の大人になるまで生きてきて「自分は今までの人生で何にも興味を持たなかった」なんて人は、極稀でしょう。

大抵の人は、生きている間に趣味などで色んな事を経験しますし、子供の頃を振り返れば、スポーツや音楽や芸術的なことなど、何かしらに興味を持ったことがあるはずです。

そして、大抵の場合は、子供の頃に興味を持ったことというのが、あなたが魂レベルで求めていた「好きなこと」なのですね。

実は、スピリチュアル的な話をしますと、人は「職業に引き寄せられる」と言われております。

つまり、あなたが今就いている職業は、既に「あなたにとってちょうどよい職業である」のですね。

こういったスピリチュアルな法則は、とても精密に人生に作用してきますが、ただ、ここでポイントとなるのが、仕事は「今の」あなたにとってちょうどよい職業に引き寄せられているのですね

たとえば、精神的に成熟した人は、「人を教える立場の職業」に自動的に収まると言えます。

反対に、精神的に未熟で、常に人生の愚痴や文句ばかりを言い続けている人は、たとえ好きな仕事に就けたとしても、変わらず愚痴や文句を言ってしまうものなのです

これが、その人と仕事との間にある「写し鏡の法則」です。

関連記事
“鏡の法則”あなたの回りにいる人は自分の写し鏡です

好きなことを仕事にできていない人は、まずは「自分自身が今の仕事に対して愚痴や文句を言うのを辞める」という事を実践しないと、なかなか自分の好きな仕事には導かれないないものなのですね。

そのため、順番で言うと「好きな事を仕事にしたい!」と考える前に、まずは今の仕事で愚痴や文句を言わなくなれる様に、今の仕事を一生懸命取り組んでみて「今の仕事を好きになる」という事を、実践したほうが本当は良いのですね。

これが出来ていないと、仮に好きなことを仕事にできたとしても、今度は「会社にムカつく奴がいる」とか、「このお客が嫌い」とか、何かしら不満な部分を探して文句を言い始めてしまうのです。

関連記事
職場の大嫌いな上司や同僚とどう付き合うか?

 

好きなことを仕事にするまでのステップ

それでは、好きなことを仕事にするまでのステップを具体的に書いていきますね☆

1. 好きなことを仕事にしている人の話を聞く

まずは、今の仕事の愚痴や文句を言わないように自分自身を成長させることが出来たら、次は、実際に「好きなことを仕事にして食べている人」の話を聞いてみます。

すると、人によっては、自分の予想とは少し違った働き方をしている人の現実を見る事になると思います。

まず、好きなことを仕事にしている人は、好きでないことを仕事にしている人に比べて、とってもよく働きます。

休みの日も関係なく仕事をする人も多いですし、夜中までへっちゃらで仕事をする人もいます。

しかし、好きなことを仕事にしている人というのは、皆こういった働き方なのです。

これは、不変の法則であり、当然のお話です。

たまに勘違いをしている人がいますが、SNSなどでよく見る「好きなことを1日3時間だけして月収100万円」とか、こういったキャッチコピーでお客を集めている人がいますが、彼らのほとんどは詐欺師ですので騙されてはいけません。

関連記事
簡単に月収100万円稼げます←Facebookなどでよく見かけるビジネス勧誘の嘘

好きなことを少しだけ片手間でやって人よりも沢山のお金を稼ぐ方法などは、この世に存在しないのです。

もしも仮に、好きなことを少しだけして稼いでいるような人が実際にいたとしても、その人は、見えないところで必ず人の何倍も努力をしています。

ただ、そういった努力がそもそも好きなことを達成するための努力なので、本人には苦になっていないというだけなのですね。

2. 自分が子供の頃に何が好きだったか?を考えてみる

次のステップとして、自分が子供の頃、どんな事に興味を持っていたかを思い出してみてください。

大抵の場合、それがあなたが心の底から好きなことなハズです。

ただ、この時に「自分の才能」については考える必要はありません。

何故かと言うと、実際、好きなことを仕事にして、なおかつ人よりも沢山お金を稼げる様になるには「生まれ持った才能」と「運」も大きく関係してくるからです

そのため、好きなことをして人の何倍も稼げるようになる人は、「運」や「才能」が最初から備わっている人か、もしくは、自分を運の良い人に作り変えるような「メンタルトレーニング」も同時にしている人だと考えてください。

ちなみに、わたし自身も以下の記事に書いたような「運を良くする方法」を実践しております☆

関連記事
運を良くする方法。運のいい人、運の悪い人の違いとは?

3. 好きなことを趣味として始めてみる

次に、あなたの好きな事をとりあえず趣味として始めてみましょう☆

読書が好きな人は本を読みまくってみる。

映画が好きな人は映画を観まくってみる。

なんでも良いのですが、とりあえず自分の好きなことを具体的に行動に移してみます。

もちろんこの時点では、一銭にもなりませんし、むしろ趣味代でマイナスになるくらいです。

しかし、そんな事は気にせずに、とにかく休日等の空いた時間を利用して、自分の好きな事にどんどんとチャンレンジしましょう♪

4. インプットからアウトプットを意識するようにする

好きなことにガンガン打ち込み続けて、だいぶ経験やスキルが付いてきたのではないでしょうか?

おそらく1年も好きなことをやり続けていれば、周りの人よりもかなり上手くなりますし、知識もついてきているハズです。

そしたら今度は、趣味で身につけた経験やスキルを「アウトプットする」という事を意識してみてください☆

つまり、今までは自分がただひたすら楽しむためにやっていたことを、今度は「人に教える」というマインドでやり始めるのです

この時に、人に教えるだけでなく、自分が好きなことをして培った技術で「人の代わりにその事をやってあげる」というマインドでもかまいません

つまり、料理が好きな人なら、料理教室を始める・・・というのでも良いのですが、まぁこれだとハードルが高いので、まずは、ブログなどで料理について書いてみるとか、Youtubeなどで料理の動画をアップして、今度は「情報を発信する側」に回るのですね。

さて、ここまで来ると、少しづつですがお金が稼げるようになってきます。

なぜなら、インターネットというプラットフォーム上には、広告費でお金を稼ぐという方法がゴロゴロあるからです。

あとは、「今後、自分の好きなことをどれだけ極めていくか?」によって、「いくら稼げるか?」が、勝手に決まっていくと言えるでしょう。

スポンサーリンク





今の時代ほど好きなことでお金を稼げる時代はない!?

実は、今の時代ほど、好きなことをして簡単にお金が稼げるような時代はありません。

わたしたちは、そんな時代に生まれたことが、とってもラッキーだということに、まず気づいたほうが良いのですね。

その理由のひとつして挙げられるのが、先程も書きましたインターネットの登場です。

インターネット上のYoutubeなどの様々なプラットフォームは、誰でも無料で使えて、しかも、お金も入ってくるような仕組みです。

たとえばわたしの友人の彼女は、クラッシックギターを趣味で弾くのですが、これがなかなかの腕前で、今でもレストランとかで1回演奏すると1万円くらいだけどギャラを貰える・・というくらいの腕は持っているのですね。

しかし、彼女自身はとても貧乏で、今でも貧困生活を余儀なくされています。

それはどうしてなのか?

それは、彼女自身が「今の時代は好きなことをして簡単にお金を稼げる」という事を知らない事に問題があるのですね。

たとえば、Youtubeなんかでは、若い女の子がプロ顔負けでギターを弾いている動画を50本も作って上げておけば、1年くらいかければ、それだけで月30万くらいは定期的に稼げる様になるのです。

問題は、こういった事を知っているかどうか?なのですね。

これが「情報格差」なのです。

※ちなみに、この例は「若い女の子」というところがミソで、同じことをオッサンがやっても、もっと収益は下がります。

関連記事
経済格差の原因とは? 知識格差とモチベーション格差のお話

 

これからは副業が当たり前の時代になります

さて、これからは副業をして稼いでいくのがどんどんと当たり前の時代になっていきます。

どうしてそんな事が言えるのかと言うと、たとえば、これからの時代を悲観的に捉えれば・・・

「副業しないと多くの人は十分な収入を得られない時代なるから」と言えます。

しかし逆に、これからの時代を楽観的に捉えれば・・・

「まったく働かなくてもちゃんと食べていける時代になる」とも言えるからです。

これらの言葉の意味は視点が違うだけ、言っていることは同じです。

ちなみに、下の2つの記事も、視点が違うだけで同じことを書いていたりします♪

関連記事
これからは激動の時代になる〜来たるべき未来を幸せに生きるための方法〜
仕事を遊びに変える思考。新時代の働き方で豊かな未来を目指す

これからの未来を明るく捉えれば、誰もがインフルエンサー(※1)になれますし、Youtuberやブロガーになれるのです

そして、実はこのような「情報コンテンツを発信する」という稼ぎ方が、一番簡単で努力もいりません。

何故かというと、そもそも発信されている情報というのが、その人の趣味だったり「好きなこと」だったりするからです。

こう言ったことを、何も本業に捉われずに、副業として遊び感覚でやっても、ちゃんとお金は入ってくる良い時代になったのですね♪

ちなみにわたしも趣味でこうして記事を書いていますが、うちの様な完全趣味サイトでも、広告費は毎月ちゃんと入ってくるのですね(・∀・)♪

(※1)インフルエンサー
世間に大きな影響を与える人物、特に人々の消費行動に強い影響を与える人物のこと。

スポンサーリンク





好きなことはどんどんと変化していく!?

これからの時代は「仕事の形態の移り変わりが恐ろしく早くなっていく」という特徴があります。

そのため、同じことを続けていても、それで継続的に10年、15年と収入が入り続けるということは、確率的には少なくなってきます。

ただ、そんな場合は自分の好きなことも、関連する内容で少しづつ変えて行っちゃえばよいのですね☆

たとえばわたしの場合は、学校を卒業してもすぐに就職せずに、最初はいろんなバイトをしていたのですね。

その理由は、「自分の好きなことが明確に解らなかった」という理由もありますが、「ラクして稼げることが何かあるんじゃないか?」とモヤモヤとした気持ちを常に持っていたからです。

しかしある時、わたしはとあるデザイン事務所に運良く拾われました。

ここなら、子供の頃から好きだった「絵を描く」という事を仕事で活かせそう〜☆

との予想通り「パースレンダラー」の仕事をやらせてもらいました。

パースレンダラーとは、建物とかの完成予想図を絵で描く。というお仕事です。

ただ、その会社はパース制作をしているにもかかわらず何故か建築事務所ではなくデザイン事務所だったので、今度はデザインが無性にやりたくなり、グラフィックデザインも手がけるようになっていったわけなのですね。

すると時代は、第一次デジタル革命によって、デザイナーの仕事も一気にデジタル化していきました。

この時点でわたしは手書きでイラストを描くのは一切やめて、PCを仕事でメインに使うようになり、3Dを使ったCG制作や、動画制作なんかも同時にこなせる商業デザイナーとなったわけです。

そうこうするうちにインターネットが登場し、同じパソコンを使う仕事という理由で、次第にWebデザイナーにも興味を持ち始めました。

ちなみにこの時点で、わたしは最初大嫌いだったパソコンを大好きになってしまい「インターネットってめっちゃ魅力的やん☆」と思うようになっていました。

わたしがWebデザイナー始めた16年〜18年位前、最初は一銭にもなりませんでしたが、「とにかくお洒落で格好イイWebサイトを作りたい!」という猛烈な衝動に押されて、正月休み全部返上して独学で勉強したりしていました。

その結果、すぐにWebデザイナーとしても稼げるようにはなりましたが、今度は、Webデザイナーをやっていてもなかなか収入が上がらないということに気づきました。

じゃぁ次はってことで、同じくWeb媒体の仕事に従事しつつ、今度は、SEOやらWebマーケティングやら通販のコンサルティングの仕事なんかも同時にやるようになっていったのですね♪

つまり、インターネットでどの様にマネタイズをするか?という事を、クライアントのかわりに考えてあげるというお仕事です。

この時も、突き動かされるように、Webマーケティングやビジネスの勉強を独学でかなりやりました。

その結果、今となってはWebに関する仕事はかなり広範囲にこなせるようになったのですね♪

そして、ここに書いたわたしが経験した様々な職種は、いずれもわたし自身は楽しんでやってこれましたし、全部が好きなことなんですよね☆

この様に、仕事というのはその時代に合わせて、自分の好きなことや興味のある内容で、少しづつ横にスライドさせていけばよいのですね♪

そうすることにより、複数のスキルが勝手に身に付いていきますし、スキルの掛け合わせによって収入も増えていくのですね☆

関連記事
お金よりも大切な“自分自身の資産化”

 

最後に・・・

今日は「好きなことを仕事にするまでのステップ」というお題でいろいろと書いてみました☆

皆さんが想像していた内容とちょっと違ったかもしれませんね・・・

まぁ正直申しますと、好きなことをしてラクして簡単に稼ぐなんて方法は無いんですけどね(・∀・)

好きなことでお金を稼ごうと思ったら、そのジャンルについて人の何倍も勉強するのは当たり前のことなのです。

しかし、わたしの周りを見ていても、好きなことがちゃんとあり、普段から勉強している人も意外と多くいるのですが、皆、自分がインプットするだけで終わっちゃってるんですよね。

これ、非常にもったいないです。

大切なのはアウトプットであり、「好きなことをして仕入れた情報を、自分の頭の中に入れたままにしない!」という事なんですよね。

そしてこれは、スピリチュアル的に見ても、あまり好ましい行動ではありません。

なぜなら、スピリチュアル的に言えば、人は、自分の知っていることは、周りの人に教えなくちゃいけないからです。

これこそが、「親切心」であり「愛ある行動」なのですね☆

自分が知っていることを人に教えなかったり、自分が身につけた能力を世の為人の為に使わないとうのは、徳のない行動なのです

関連記事
徳を積むと幸せになる。人のために力を使うほど人生は自由になるのです

そして、自分が生み出したコンテンツなどをアウトプットして、その価値によって人々の心が動いた時・・・

宇宙の法則により、心が動いた人の数に比例してお金が入ってくるようになっているのです(・∀・)ノ

これが、仕事をスピリチュアル的に見た場合の「原理原則」なのですね

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
神様が応援する“お金の稼ぎ方”と仕事のお話
お金と仕事。これからの時代の働き方のヒント
魂の成長は義務なのです。努力がいらない事はこの世に存在しない
価値を生み出さずにお金を稼ぐのは、本当の成功者ではない
お金がない人、お金に困らない人の特徴や違いとは?
お金の仕組み

スポンサーリンク





Youtube動画はこちら