ワンネスとは何か? 解りやすく解説します☆

ワンネスとは何か? 解りやすく解説します☆
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´∀`*)ノ

今日は、スピリチュアルでよく言われている「ワンネス」について解説していきますね☆

「ワンネス」という言葉は、スピリチュアル好きな方にとっては、もうお馴染みのワードかとは思います♪

一般的に言われるワンネスとは・・・

◯実は自分が全てだった!
◯あなたもわたしも同じなのよ♪
◯だから全ての人類は解り合えるんだよ〜(*´∀`*)ノ

とまぁ、ワンネスとはこんな感じの意味合いで認識されているのではないかと思います。

ただ、単純に「全ては自分なんだよ」と言われて、٩( ‘ω’ )وピコーン!と理解できちゃう方もいる反面、「え?」と疑問を持ってしまう方も多いのではないかと思うのですね。

そんなわけで、今日は、ワンネスとは何か?を頑張って説明してみますね☆

ただ、本当の意味でのワンネスを理解しようと思ったら・・・

◯人とは魂であり輪廻転生を繰り返す
◯輪廻転生をする目的は因果解消と魂の成長のため
◯すべての人の魂とは、すなわち神のことである

といった事を知らないと、なかなか説明ができないのですね。

というわけで〜

ワンネスを目指すことが、なぜ良い事とされているのか?

ワンネスを目指すと、人生にどんな事が起きるのか?

少々前置きが長くなるとは思いますが、順を追って説明していきます(`・ω・´)ゞ


スポンサーリンク




全ての魂は、元々ひとつの「神」なのです

さて、わたしのブログでも頻繁に書いていることになるのですが、魂というのは「神の分霊」なのですね。

というわけで、魂は本当はひとつしかない「神様」なのです。

1つしか無いということは、全宇宙に、それしか存在しないということです。

元々ひとつでしかない魂というのは、それしか存在しないので、神様自身は「一元論」です。

神様は、ひとつしかないので「自分と相手」を区別して考えることが出来ません。

とは言っても、神様は最初から完全体なので、全てを持ち合わせています。

神様自身は最初から全知全能であり「愛のかたまり」なのですね☆

しかし、いくら神様が愛のかたまりであるとは言っても、自分の周りに「愛の反対」の現象が存在しないために、神様自身は愛をイマイチ体験出来ません。

これは、病気になったことがない人が病気の人の気持が解らないのと同じことです。

実際、生まれてから一度も風邪も引いたことがない人は、風邪を引いて寝込む辛さを理解できないのですね。

というわけで、神様は、自分自身が「愛」をちゃんと認識するために、自分自身をいくつもの断片に分けて人間に宿らせ、様々な体験をさせるために「仮想現実空間」を作りました。

わたしたち人間は、仮想現実空間である人間界に生まれてくる時に、元々はひつしかないワンネスの存在である神様の、ごくごく一部のデータを自分切り取って、その僅かなデータを持ってこの世に誕生してくるのです。

これが、人の赤ちゃんが誕生する瞬間です。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんというのは、人間界に生まれてきても、暫くの間は大元の神様(宇宙意識)と繋がった状態にあります。

これは言ってみれば、赤ちゃんは、生まれたばかりの頃は「ワンネス」の状態であると言えます

宇宙意識には、様々な魂が長い輪廻転生の経験で得た膨大な量の「過去世のデータ」が溢れています。

この宇宙意識のことを「アカシックレコード」と呼んでも良いでしょう。

しかし、人は2〜3歳に成長する頃には、魂は大元の宇宙意識から切り離されてしまうのですね。

逆に言うと、2〜3歳になるまでの子供は宇宙意識と繋がっているので、世の中には、前世の記憶を覚えている子供も存在するわけです。

そして、人は成長していくと、大元である神様との繋がりが殆ど消えてしまうのですね。

その結果として「自我」が生まれます。

人間は、この世という仮想現実空間で人生を過ごすうちに、だんだんと自我が強くなって「自分が神である」という事をすっかり忘れてしまうのですね

これは言い換えると「ワンネスであることを忘れてしまう」と言えます。

しかし、これも神様自身が望んだ事なのですね。

何故かと言いますと、神様は、元々は一元論の存在であるために、対極の相手との比較をすることが出来ず、自分自身が様々な経験を味わい「感動」をすることも出来ないからです。

つまり神様は、自らが「感動」をし「楽しむ為」に、あえて人間界という仮想現実空間を作り、その中に、自分自身の「分け御霊」を、仮想現実空間内にゲームのキャラクターとして放ったのですね。

そのため、わたしたちが今認識している人間界での人生というのは、神様が感動や経験を得るための「遊び場」でしかないのです(*´∀`*)ノ

更に、この仮想現実空間にもっとリアリティを出すために、神様自身の手によって、とある仕組みが組み込まれたのですね。

それが、仮想現実空間に入った魂は、自分が神であるという事を忘れるような「記憶リセット装置」なのです

記憶のリセットは、魂が輪廻転生を繰り返し、仮想現実空間に入るたびに行われます。

何故かと言うと、一人ひとりの魂が「実は自分は神様である」なんて事を最初から知っていたら、せっかく作った超リアルな仮想現実空間も、それが「神様自身の手によって作られた幻像」だということが自分で解ってしまうからです。

皆様の中にもゲームをやったことがある方は多いかとは思いますが、もしも、そのゲームの内容を最初から最後まで全部知っていたら・・・

ゲームをプレイしても何も感動は生まれないと思います。

もしも、このゲームは最初にこういった敵が出てきて〜、次にゲームキャラが病気になって〜、少し苦労して〜、その後新しい武器を手に入れて〜、ボスキャラを倒しに行く・・・

なんて筋書きが解っていたら、そんなゲームは誰もやりたいとは思わないでしょう。

そのため神様は、自分の分け御霊を仮想現実空間に放つ時に「記憶が消える」という仕組みを作ったのですね。

つまり神様は、自分自身で、ワンネスであることを忘れる仕組みを作ったのです

神様は、色んな経験をして楽しむために、あえて自分自身を「分け御霊」に分けて、この仮想現実世界に送り込んだのですが、これを、スピリチュアル用語では「分離」なんて言ったりします♪

といっても、いくら神様が楽しむための仮想現実のゲームだとしても、何の攻略法もなかったら、ゲームが難解すぎて、魂が挫折してしまうかもしれません。

魂が途中でゲームを挫折するとは、つまり「自殺」の事です。

関連記事
自殺をしてはいけない本当の理由。人生に疲れたら読んでください

そうならないように、魂は、自分自身で仮想現実空間の中に「ゲームを攻略するためのヒント」を、ちょこちょこと設定してくるのワケです。

更には、自分に「守護霊」と呼ばれるゲームの案内役もつけて、魂が仮想現実空間でちゃんとゲームをクリアできるように導くような仕組みも設けてあるのですね。

たとえば、スピリチュアルな好きな人の中には、ヨガをしたり、瞑想をしたり、ヒーリングをするのが好きな方はとても多いです。

では、こういったスピリチュアル的なワークは「何のためにやるのか?」というと、自分自身で設定した「記憶リセット装置」の設定を緩めるためにやるだと言えます。

そして、自分で設定した「ゲームを攻略するためのヒント」を、確認するためのワークが、ヨガや瞑想なのです。

そのため、ヨガや瞑想をすると、ゲームの攻略法が少しづつ解ってくるので、人生が楽になってくるのです(・∀・)ノ

これは言い換えるると、ヨガや瞑想をすることによって、「自分がワンネスである」という事を、少しづつ思い出すことが出来るということです。

関連記事
宇宙からのプレゼントを受け取る
守護霊とはどんな霊? 守護霊のお役目と人間との関係
守護霊からのメッセージを聞く方法
魂の浄化は心のメンテナンス♪魂の浄化をする具体的な方法


スポンサーリンク




自分がワンネスであることを忘れてしまう「因果」の仕組み

さて、神様とはひとつであり、わたしたちの魂は、膨大な宇宙意識のデータの極々一部だけの記憶を持って、この仮想現実世界に生まれてきます。

この仮想現実世界にて、わたしたちの魂が生きている理由は、わたしたち自身(神様自身)が楽しむためではあるのですが、よりゲームを面白くするための仕組みが「因果律」なんですよね♪

もう少し詳しく説明しますね・・・

ゲームというのは、大抵はプレイヤーが操作するキャラが成長していくものです。

ドラクエやFFのようなゲームでも、キャラが敵を倒し、お金を稼いで武器を買ったり、色んな人と会って知識を身に付けたり・・・こういった事を繰り返して、キャラが成長していくからゲームは面白いのです。

ココで言うゲームのキャラとは、つまり、あなたが認識しているあなた自身の事です。

つまり、この仮想空間でわたしたちがやっていることは、「自身を成長させること」なのですね。

関連記事
魂の成長は義務なのです。努力がいらない事はこの世に存在しない

でも、どうせ成長するなら、もっと効率よく成長したいとは思いますよね♪

というわけで、魂は「魂のレベルアップのためのカリキュラム」も設定してくるのですね。

そして、魂レベルアップの為のカリキュラムは、ソウルメイト達と共有しています。

ソウルメイトとは、ゲームをプレイする「仲間のキャラ」や「敵キャラ」の事です。

関連記事
ソウルメイトは理想の恋人ではない!? ソウルメイトの本当のお話
ツインソウルとは?嘘情報に惑わされない為のツインソウルの本当のお話

ソウルメイトについて、更に詳しく説明しますね・・・

まず、宇宙意識の中に漂う膨大な過去世のデータは、ただ無尽蔵に意識のプールの中に漂っているのではなく、ある程度はディレクトリに分けられて整理されているのですね。

そして、同じディレクトリに入っている過去世の記憶データを「共有」して生まれてくる魂が「ソウルメイト」です。

ただ、魂の持ち合わせた記憶データというのは「データ」であるがゆえに、いくらでもコピーが出来るのですね。

そのため、世の中には同じ過去世の記憶を持つ人も存在しますし、自分の守護霊が、自分の前世自身だという事も起きるワケです。

そして実は、ソウルメイトが共有するデータが、つまりは「因果」なのですね。

たとえば、前世(前回のゲームプレイ時)で、相手をひどく傷つけてしまったとします。

すると、来世(次回のゲームプレイ時)には、相手から傷つけられる経験をします。

この現象は、一見すると、最初の「相手を傷つける」という行いは、神の望むことではなかったと感じ取れますが、実はそうでも無いのです。

なぜかと言いますと、先程も書きましたとおり、神様はあらゆる経験をするためにこの仮想現実空間に自分の分け御霊を送り込んでいるので、言ってみれば、「愛」を経験するためには「愛とはなにか?」という事が解るような「愛がない行動」も必要なのですね

そのため、「相手を傷つける」というのは、神の絶対的指針である「愛」に反する行為になりますが、それを理解するために、「相手を傷つける」という失敗も、必然的に経験するのです。

これが因果の仕組みであり、わたしたち人間は、この仮想現実空間で何度もゲームをプレイする度に、「原因を作ってはそれを解消する」という事を繰り返すのですね

そして、失敗という原因を作って、それを解消することにより成長する・・・

という事を、何度も何度も繰り返すことによって、自らの魂レベルを上げていくのです。

関連記事
人は失敗を反省することで成長するようになっている

魂レベルを上げていくワークは、一人で行うのではなく、同じ因果(データ)を共有しているソウルメイト同士で、何度も行います。

つまり、仮想現実空間の中で、ソウルメイトたちと協力しながら魂を効率よく成長させる為の仕組みが「因果の法則」なのです。

そして、ゲームをクリアした魂は、あの世に還った時点で・・・

「自分は様々な経験をして魂レベルを上げるためのゲームをする為に、仮想現実世界に来ていたんだ・・・」

と、完全に思い出すことになります。

あの世に還った魂は、ソウルメイトや宇宙意識(神様)と完全に一体になることによって、仮想現実ゲームで獲得した様々な経験というデータを共有し、お互いに想い出話を語り合い、また楽しむわけです。

そしてこの時、魂は分離されていた状態から、すべてが繋がった「ワンネス」の状態に戻るわけなのですね☆

そのため、仏教の教えでも言われているのは、わたしたちがこの世でやらなければいけないことは「我」を取ること、つまり「自分はワンネスだと思い出すこと」・・・とされているのです。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる
仏教とは?仏教と釈迦の教えを解りやすく解説してみた

 

ワンネスとは、魂が元々ひとつだと思い出すこと

さて、前置きがめちゃくちゃ長くなってしまいましたが・・・w

しかし、ワンネスの意味を詳しく書こうと思うと、「神=魂」「輪廻転生」「因果」などを詳しく書かないと伝わらないかな?と思いましたので、ご了承ください☆

今回の記事では、話を解りやすくするために、「人間界=仮想現実空間のゲーム」として書いてみました。

この話の流れでワンネスを説明しますと・・・

ワンネスとは「神様(自分)が作った仮想現実ゲームのネタバレをする」ということなのです(・∀・)

なぜなら、神様は様々な経験をして楽しむために、この仮想現実空間や人間の肉体を作って、転生の度にわざわざ記憶が消えるようなプログラムも仕込んでおきつつも、「この人間界は仮想現実でしか無く、実は神様(自分)が楽しむために、あえて魂を分離させただけなのです!」と、自分でネタバレをしちゃう事になるからです♪

ヨガや瞑想をするのは、仮想現実人生ゲームの作者である神様(自分)に「これって、本当はただのゲームなんですよね?」って、意地悪な問いかけをしているということになるんですよねw

そのため、本当の意味でワンネスな状態になってしまうと・・・

「必死こいて仕事してお金を稼いだのに、実はゲーム上のオモチャのお金でしかなかった!」とか〜

「周りにいるムカつくやつは、神様(自分)が色んな経験をする為に設定した因果によって引き寄せられているだけだった!」とか〜

「病気になったのは、ゲームの難易度を上げて楽しむための設定だった!」とか〜

どうせ仮想現実だから、全部手放しちゃえば良いんだ〜(・∀・)ノ」

なんて事に気づいてしまうのですね☆

そして、「この世は仮想現実のゲームでしかなかった!」という事に心から気づいた時・・・

その人は「悟りを開いた」という状態になるわけです。

更に、「自分はワンネスだった!」と気づくことは、自分自身の「ハイヤーセルフ」を認識することが出来たと捉えても良いでしょう☆

関連記事
ハイヤーセルフとは? 守護霊との違いを解りやすく解説
悟りを開くってどういう事?

とは言っても、なんせ全知全能の神様が作った超リアルな仮想現実ゲームですからね〜

なかなか普通の人は、1回の人生で「これが仮想現実だ」なんて事は気づかないものなのですけどね♪

ただ、この世に起きる全ての現象にはそもそも意味なんか無くて、「感動と経験を得るための自分(神様)で作った茶番に過ぎない」と心から気づいた時・・・

その人は、本当の意味でのワンネスを理解し、悟りを開いた状態になるのです☆

関連記事
人生に起きる全ての事に意味はない!?

 

最後に・・・

今日は、「神=魂」「輪廻転生」「因果解消」のお話をあらためてしつつ、ワンネスとは何か?を書いてみました☆

もしも今、生きることが辛いと感じているのであれば、この記事を読んでいただき、実は、人生に起きるすべての出来事は仮想現実上の体験でしか無く、あらゆる出来事には意味はないのだ・・・

という事を思い出していただければと思います(*´ω`*)ノ

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
集合的無意識とは? 人の意識は繋がっている!?
魂と輪廻転生の仕組みを図解してみた
霊界ってどんな所? 想像を超える霊界の美しさと魂のお話
二元性を統合する! 宇宙にはポジティブもネガティブも存在しない
この世は仮想現実!? 人生に起きる苦しいこと辛いことは、すべて幻想なのです。


スポンサーリンク




Youtube動画はこちら