Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

成功者は、神様の存在を信じている

成功者は、神様の存在を信じている
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)ノ

今日は「成功者は、神様の存在を信じている」というお話をしますね☆

さて、わたしは仕事柄、大変成功している経営者の方と会うことがあります。

で、気付いたのですが、わたしの周りにいる成功者の特徴としてあげられるのが「神様を信じている」という事なんですね。

もちろん、これはあくまでも「傾向」として見られるだけであり、神様を信じていなくても経済的に成功している人なんて沢山います。

そして、後ほど詳しく書いていきますが、別に「成功者」までとは言わなくとも、「人生が上手く行っている人」も、神様の存在を何らかのかたちで信じているんですね☆

というわけで、詳しく解説していきますね〜(*´∀`*)ノ


スポンサーリンク




わたしの周りにいる成功者を分析してわかったこと

成功者は神様の存在を信じている・・・

実は、この事は以前から本で学んだりして、わたし自身も知識として知っていたんですね。

ただ、最近になって、よくよく自分の周りにいる成功者の方々の傾向を分析してみたら、どうやらこれは間違いがないのかな?思えてきたので、今日あらためて記事に書いてみることにしました☆

というわけで、わたしの周りにいる、成功している人の特徴を上げていきたいと思いますね

Aさん 事業売上80億以上の経営者 年収(役員報酬)1億以上

Aさんの経営するお店などの事業は、事業売上の割には社員数が少なく、やたらと利益率が高い事業をいくつも展開しています。

Aさんの面白いところは、毎年、占いや祈祷で1千万円近く使うという神頼みっぷりですw

もちろん、このブログでもよく書いていますが、そもそも、神様にお金を払えば願い事が叶うわではありませんし、そんな宇宙法則は存在しません。

ただ、大切なのは「神様などの高次な存在を信じているか?」という部分なのですね。

Aさんは、スピリチュアルな知識なんてのは、もちろん全然ありません。

ただ、神様を信じているから、これほどまでに、見えないものに対してお金を使えるんだと言えます。

もしも、まったく神様を信じていないのだとしたら、効果があるかどうか解らないものに年間1千万も使わないですからねw

もちろん、本人もかなり働き者ですし、365日ほぼ無休で仕事をするような仕事ジャンキーなんですけどね♪

Bさん 事業規模推定2億くらい

Bさんは、いわゆる一人親方タイプの経営者ですので、社員もアルバイトが1人か2人いただけだと思いました。

Bさんは自分の事業だけでなく、学校や地元の企業での講演活動なんかもほぼ無料で引き受けたりして、精力的に活動をされてとても立派なお方です(*´ω`*)

Bさんの場合は、神様の存在を信じているどころか、実は、本人が霊能者だったりしますw

もちろん、仕事としては霊能力(主に予知能力らしい)は使ってませんが、たまにボランティアで、知り合いを見てあげる事はしているみたいです。

定期的に滝行などの修行もやられているようで、自分の精神性を高めるためのストイックさには頭が下がります♪

では次に、皆さんもよく知っている有名人の方はどうなのか?見ていきましょう☆

関連記事
ビジネスで大成功している経営者に聞いた、お金持ちと普通の人の違い

 

世界的な成功者も何らかのカタチで神様を信じている

では次に、世界的に有名な成功者の方をあげてみましょう。

ビートたけし

ビートたけしさんは、30年間、毎日トイレ掃除を欠かしたことがないそうです。

ちなみに、トイレ掃除に関しては以下に詳しく書きましたので、あわせてお読み頂けますと幸いです☆

関連記事
トイレ掃除でお金が入ってくるのは、どうやら本当らしい

スティーブ・ジョブズ

あまり知られていませんが、ジョブズは「禅」が大好きだったそうです。

生前、日本にも何度か来ていたジョブズですが、その目的は、実は「禅を学ぶ」という目的もあったのですね。

松下幸之助

ご存知、世界の松下電器の創業者です。

社員面接に来た学生全員に「君は運がいいか?」と質問をして「自分はめちゃくちゃ運がいいと思う」と答えた学生しか採用しなかったというのは有名なお話です。

この様に、松下幸之助さんは「運」の力を大変重要視されていました。

ということは、「運」という見えない力のエネルギーの存在を信じていた。という事なんですね。

ちなみに、2ちゃんねるを創設した西村博之氏はガチガチの唯物論者であり、堀江貴文氏とならび、スピリチュアルをハナから馬鹿にするタイプなのですが、それでも、「自分が成功したのは運が良かっただけ」と、ちゃんと答えてるんですね。

つまり、「運を信じている」ということも、間接的にではありますが、神様の様な「高次な存在」を信じていると言えるのではないか?とわたしは思うのですね

関連記事
松下幸之助とは? 経営の神様から学ぶ成功のマインド
運を良くする方法。運のいい人、運の悪い人の違いとは?

船井幸雄

日本一のコンサルティング会社である船井総研の創設者です。

船井さんは、終盤は、事業家としての活動よりも、スピリチュアル的な宇宙の法則を広めるための講演会を精力的に行っていました。

余生は、ほとんどの時間を「精神的活動」に使われていたようです。

斎藤一人

もう、説明するまでもないですね٩(๑´3`๑)۶

関連記事
斎藤一人とは?解りやすく解説

とまぁこんな感じに、成功している経営者の方は、神様を信じている・・・というよりも、間接的にではありますが、神様と呼べる目に見えない「宇宙法則の存在」を信じている方が、結構多いのですね

もちろん、これは傾向というだけであって、中には、苫米地英人博士の様に、江原啓之さんを名指して批判するような唯物論者の中にも、経済的な成功者はいるんですけどね♪


スポンサーリンク




人生が上手く行っている人は、何らかのカタチで神様を信じている

別に成功者に限らず、人生が上手く行っている人も、神様の存在を信じていることが多いようです。

もちろん、先程も書きましたとおり、成功している人全てが神様の存在を信じているわけではありません。

あくまでも「傾向」のお話です。

ただ、これが「人生が上手く行っている人」という条件で考えると、ほぼ全ての人が神様を信じていると言えます。

しかしこんな事を言うと、「わたしは人生うまく行っているけど、別に宗教に入っているわけじゃない」とか、「わたしは仕事が上手く行ってるけど、神様の存在は半信半疑だ」なんて方もいると思うのですね。

では逆に、わたしはこんな方に質問したいのですが、「あなたは、神社でゴミのポイ捨てを出来ますか?」という事なんです。

更には、「お墓を蹴っ飛ばすことが出来ますか?」って事なんですね。

これ、ほとんどの人が出来ないと思うんですよ。

まぁ、中には、こういった罰当たりなことが平気で出来てしまう人もいるかとは思いますが、そんな人は、かならず不幸な人生を送っています。

ただ、こんな場合でも「バチが当たるから」という事ではないのです。

別の記事でも書きましたが、この宇宙に「罰が当たる」なんてことは本当は無いのです。

正しくは、愛がない行いをする人は、人間から見ると「バチが当たっている」と見えるだけであり、本当は、愛という宇宙の指針に反する行動を取ることにより、その反作用によって、その人が勝手に自滅するのです

関連記事
天罰が下る人の特徴。こんな人はバチが当たる

というわけで、意外と多くの方が、間接的とは言えど何らかのカタチで神様のような「高次な存在」を信じているとも言えるのですね。

もちろん、わたしのブログに書いてあるように、「神様ってのはグレート・スピリットと呼ばれる唯一神であって〜」とか、「守護霊様ってのは、自分のハイヤーセルフやあなたの魂の一部であって〜」なんて、細かい知識は、普通の人にはないと思います。

ただ、別にこんな細かいことなんて知らなくてもいいんです。

大切なのは、高次な存在を信じることであり、実際この世の中というのは、目に見えない世界により支配されていて、見に見えない宇宙の法則に則って動いているのです

「神様を信じている人」と言っても、人によっては、「わたしは守護霊様に守られているような気がする」とか、「わたしを守ってくれるのは、きっと死んだおばあちゃんだ」と言ったように、感じ方はまちまちなんですね。

でも、どう捉えてもいいんです☆

捉え方や感じ方はその人それぞれなのですが、「目に見えない高次な存在を、なんとなく信じている」という部分が重要なのですね♪

そして、こんな人が人生が上手くいきますし、仮に大きな事件や事故が起きたとしても、それが大事にならないのですね(*´ω`*)ノ

 

神様を信じるとは、自分の力なんて僅かしか無いのだと認めることなのです

ちなみにわたし自身は、まだまだお金持ちとは言えませんが、ただ、裕福な暮らしが出来るくらいソコソコ稼げてますし、何より、遊んでいるとしか思えない好きな事で、お金を稼ぐことがちゃんと出来てしまっています。

これも、わたし自身が神様の存在を信じているからでもあるのですね。

つまり、「神様の存在を信じる」と言うのは、どういう事かと言いますと、「自分の成功は、自分の力だけじゃない」という事を認めることなのです

そして、自分の人生を良い方向へどんどんと引っ張ってくれる高次な存在に対して「感謝の気持ちを持つこと」なのですね

わたしの場合は、経済的にはちょい成功の小金持ち程度ですが、ただ、魂的にはすでに大成功の人生だとは自分で思っています。

ちなみに、わたし自身は、自分の人生が上手く行っている理由は「自分の力40%:神様の力60%」くらいの割合で考えています。

と言っても、昔は「自分の力80%:神様の力20%」くらいで考えてました。

しかし、小林正観さんのお話では、宇宙の法則としては、本当は「自分の力0%:神様の力100%」の割合だそうです。

つまり、この世の中には自分の力でどうこう出来ることなんて何もなく、すべてが宇宙の意思(神様の力)によって動いていて、自分は、ただ宿命的に定められた人生を歩んでいるだけなんだ・・・という事なのですね。

もちろん、わたしとしては、人間にはちゃんと自由意志があると考えているので、小林正観さんのように「自分の力なんて0%」とはナカナカ思えないのですが、もしこのブログを読んでくださる方の中に、「自分の力0%:神様の力100%」と思える方がいましたら、それも良いと思います(*´ω`*)ノ

わたしも色んなスピリチュアルや精神的な事を書いた本を読んでいますが、今の所、「自分の力なんて0%しかないんだよ」って語られているのは、小林正観さんとお釈迦様くらいですw

つまり、この考え方は「自由意志なんてものは無い」ということです。

もしかしたら、わたしも、あと10年位したら「自分の力10%:神様の力90%」といった考え方になるかもしれません。

そして、死ぬ直前には「自分の力0%:神様の力100%」と言った事に気づくかもしれませんけどね(*´∀`*)♪

 

最後に・・・

今日は「成功者は、神様の存在を信じている」と題しまして、最近わたしが感じたことを書いてみました☆

神様からしてみれば、一人の人間を経済的に成功させるなんてことは、めちゃくちゃ簡単なことなのです。

そして、経済的な成功者や億万長者を目指さなくとも、人生を上手くいかせて幸せになりたいのだったら、神様の存在を信じたほうがオトクなのですよ♪

その時に、小林正観さんのお話にもあるように、別に「損得勘定」があってもよいのです。

簡単に言うと、「お金が欲しいからトイレ掃除をする」という考えでもよいということです。

ただ、「こういった宇宙法則の現象を、ただ楽しみながら実践する」ってのは大事だと思うのですね☆

関連記事
スピリチュアルな現象を面白がれる人に、本当の奇跡が訪れる

このブログを読んでくださる方の多くは、すでに神様や守護霊様などの高次な存在は信じているかとは思います。

では、高次な力によって今の人生をもっと良い方向へ導いてもらうにはどうすればよいか?というと、それが「感謝をすること」なのですね。

今でも信じている高次な存在を、もっと信じて、もっと感謝してみてください

そうすれば、あなたの人生は、今よりもどんどんと良い方向へ進んで行くと、わたしは信じております☆

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
奇跡を信じる人に奇跡は起きる!? 奇跡は正しい行いによって起きるのです
すべての人は神様に守られている
全ての人間は神のために生かされている
本当の成功者になる方法。精神的な成功を目指せば経済的にも成功できる
宇宙的正義に基づいて行動すれば、幸せな人生の成功者になれる
21世紀は優しさの時代。他人を思いやり愛に溢れた人が成功者となる


スポンサーリンク