Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人はなぜ悩むのか? 悩みの原因はこうして生まれる

人はなぜ悩むのか? 悩みの原因はこうして生まれる
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)ノ

今日は「人はなぜ悩むのか? 悩みの原因はこうして生まれる」と題しまして・・・

「悩みの正体」についてお話しますね☆

今日のお話も、少し分かりにくいかもしれませんが・・・

ただ、人というのは、宇宙の法則上「悩むようになっている」というのを、まず皆様に知っていただきたいと思います

それでは、詳しく説明していきますねー


スポンサーリンク




人は、自分の思い通りにならない事を「悩み」と定義する

人には色んな悩みがあります。

そして、悩みというのは、大抵の場合で「人間関係」の悩みが大半だったりします。

夫婦間の悩み、子育ての悩み、会社の人間関係の悩み・・・これらは全て人間関係の悩みです。

他には、お金の悩みや、病気の悩み・・・なんてのもあります。

そして、こういった悩みを一つ一つ分析しますと、悩みというのは、実は「思い通りにしたいけど、それが思い通りにならないこと」が、悩みの正体だという結論に行き着きます

たとえば、人間関係の悩みの例を上げてみますと・・・

「旦那の一興一足が気に入らない!」なんて悩みがあったとしたら、その人は、旦那を「自分の思うように変えたい」と望みが、自分の思い通りにならない事で苦しんでいるのです。

「恋人の、だらしないところが嫌!」なんて場合も、恋人のだらしがない部分を「自分の思い通りに変えたい」と願う気持ちが叶わないために起きる苦しみなのです。

「子供が言うことを聞かない」という悩みも、「子供を自分の思い通りにしたい」という思いが叶わないことにより生まれてくる苦しみであると言えます。

「病気を直したい」という悩みも、「体の状態を自分の思い通りにしたい」という願いが叶わない為に起きてくる苦しみです。

と、この様に、悩みとは「自分の思い通りにならない」という気持ちによって生まれる苦しみのことなのです。

 

人生には思い通りにならない事も起きるようになっている

実は、人生というのは、「思い通りにならない」という事が、自動的に起きてくるものなのです。

何故かと言うと、魂は、そもそも「経験」を求めているからです。

ここで言う経験とは、「思い通りに物事が進んで楽しい☆」と言ったような、嬉しい経験も、もちろん含まれます。

しかし同時に「思い通りにならないから苦しい」と感じてしまうような経験も、魂は求めているのです。

仮に、人生が最初から最後まで全て思い通りに動いたとしたら、その人は「思い通りになって楽しい☆」という感情を、そもそも理解することは出来ません。

これは、病気になったことが無い人が、病気の人の苦しみを理解できないのと同じです。

失恋を沢山経験している人ほど、失恋の辛さと同時に、恋愛がうまく行っている時の楽しさもより理解できるという論法と同じことです。

そのため、人生には「思い通りにならない」という出来事も、誰の人生にも必然的に起きるようになっています。

ただここで、「思い通りにならない」という現象を、「実は、このままでも何も問題ないんだ☆」と気づくことが出来る方法があります。

それは、「感謝」をすることなんです。

ただ、この時の「感謝」は、「思い通りにならない部分」に感謝をすることは、普通の人には少し難易度が高いかとは思います。

そのため、まずは、人生で「思い通りになっている部分」に感謝をしてみるのがよいのですね

もう少し解りやすく言うと、あなたが「アタリマエ」と思っている部分に、感謝をしてみるのです。

たとえば、「今日も、目が覚めて起きることが出来た」とか、「今日も、元気に会社に行くことが出来る」とか、「今日もご飯が食べられた」とか、当たり前と思っている事に感謝をしてみることをオススメしたいのですね☆

そして、これが「宇宙から愛される方法」なのです。

宇宙の法則では、こんな人が、人生がどんどんと上手く行くようになっています。

反対に、当たり前の日常に感謝が出来ない人というのは、神様に不平不満を言っているのと同じなのです。

そのため、感謝をするということは、とても大切なことだったりするのですね〜(*´ω`*)ノ

関連記事
許すこと、感謝することで、なぜ幸せになるのか?
「ありがとう」と言えば良いことが起きる! 感謝をするとなぜ幸せになるのか?
なぜ感謝が必要なのか? 幸せになる為の感謝の本当の意味とは?
感謝の数を数えよう! 幸せになれない人は感謝を忘れている!?


スポンサーリンク




人は、経験を望むことにより、同時に悩みも生まれるのです

わたしたちが感じる「思い通りにならない」というこの感情は、多くの場合で「自我意識」によって思考された結果により生まれてくる感覚だと言えます。

結婚したい、恋人がほしい、お金が欲しい・・・

こういった望みというのは、自我意識によって生まれてくる感情なので、あなたのハイヤーセルフは、本当はこんなことを望んでいないのですね。

ハイヤーセルフが望むことというのは、ただ「経験をしたい」と、これだけなのです。

ここで言うハイヤーセルフの望む経験とは、人間界視点で見たら「悪いこと」や「良いこと」も含まれますし、「損をすること」や「得をすること」、さらには「楽しいこと」「苦しいこと」、これら全てをまんべんなく経験することを、あなたのハイヤーセルフは求めています。

ただ、あなたの自我意識が求めることは、大抵の場合で「楽しいこと」や「得をすること」や「気持ち良いこと」を求めていると思うのです。

よほどの方でない限り、自ら「苦しいこと」を求める人は少ないのではないか?と思います。

しかし、ハイヤーセルフの望むことは、「楽しいこと」も「苦しいこと」も、両方とも「経験したい!」と思っているんです

そのため、宿命的に誰の人生のも「辛い」と感じることは起きるようになっているのですね。

そして、自我意識が考える「自分が得をする事」と、ハイヤーセルフが求める「すべてを経験したい」といった望みに「相違」があるから、人は苦しみを感じるのだとも言えます。

では、なぜハイヤーセルフは「すべてを経験したい」と思うのかというと、魂には「進化成長」という意思があるからです。

関連記事
魂の成長は義務なのです。努力がいらない事はこの世に存在しない
変化と増加の法則。変化を恐れない人が成功と幸せを手に入れる

これは、魂全体の意志であり、つまりは神様の望むところなんです。

そのため、ハイヤーセルフの声を聞いてみますと、大抵の方は「もっと成長したい」と、誰もが思っているんですね。

もちろん、この時の「成長したい」という思う量には、それぞれの魂で開きはあります。

でも、本当は全ての人の魂の本体であるハイヤーセルフは、「もっといろいろ経験して成長したいんだ☆」と思っているのですね。

そして、この人間界で、良いことも悪いことも色々と経験をして、その経験データーをあの世に持ち帰ることが、わたしたちが人間界に生まれてくる目的なのです。

つまり、あの世の視点で見れば、最初から「良いことも悪いこと」も、経験として持ち帰ることを決めていますし、「幸せや不幸」も、「楽しさや辛さ」も、すべての経験を持ち帰りたいんです。

そのため、実は霊的視点で見れば、人生には「失敗」という概念は無いのです

たとえ「失敗した」と思ってしまうような事でも、あの世の視点で見れば「良い経験が出来たね☆」となるだけなのです。

魂は、たとえ人間界視点で「辛い」と感じるような事でも、ただ経験ができれば、それで嬉しいのですね(*´ω`*)ノ

関連記事
人は「人生物語」という映画を生きている。あなたと共に在る高次霊団のお話
人は人生の旅人なのです
宇宙には“幸せ”も“不幸”も存在しない!?

 

ハイヤーセルフの「経験したい」という意思が悩みを生む!?

たとえば、皆さんの中にもなにか趣味がある方は多いとは思うんですよね。

で、趣味が楽しい理由は「自分がどんどんと新しい経験をして成長していく過程が楽しいから」という理由もあるのですね。

お茶にしても生花にしても、やっていると、どんどんと上手くなるんです。

釣りにしてもゴルフにしても、次々に色んな事を経験して、上手くなるから面白いんですね。

でも、何年も同じ趣味をやっていると、途中で「飽きる」ということもあるんですね。

では、多くの人が何故途中で趣味が飽きるのか?と言うと、その理由のひとつとして挙げられるのは「成長が止まるから」なのではな無いか?と思うのですよ。

趣味って何でもそうなんですが、「やりはじめの最初の頃」ってのが、ワクワクして面白いんです。

何故かと言うと、どんな趣味でも最初は「ゼロ」の状態から始めるので、日々の成長が目まぐるしいのですよね。

でも、5年や10年と続けていると、成長が止まってくるんですね。

その理由は、人間の能力の限界に近くなるからです。

それでも、成長を望もうとすると、必ず「苦しみ」が生まれるようになってくるのです。

たとえば、わたしは若い頃は、ギタリストとしてバンドをやっていたのですが、友人や知人のバンドの中には、プロのミュージシャンを目指しているバンドというのもいたのですね。

で、彼らの共通点は、必ず「苦しみ」も同時に味わっていたんです。

自分の能力をすでに100%近く出しているのに、まだデビューできない・・・だから、もっと曲を書いて、もっと演奏の練習をするんですね。

だから苦しみも同時に生まれるのです。

わたしの場合は、そもそもプロになるつもりはなく、最初から遊びでやっていたので、バンドで苦しいと感じたことはほとんどありませんでしたが、それでも、自分が日々演奏が上手くなっていくのを感じるのは楽しかったんですね☆

で、こういった「成長を望む」という部分は、ハイヤーセルフ自身の「経験をしたい」という望みでもあるのです。

程度の違いはあれど、人は誰でも「経験したい」とか「成長したい」というのは、魂の奥底で感じているんですね

そのため、どんな人でも「何かをしたい‼」というのは、それが仮に人間界視点で見た時に大きな事なのか?小さな事なのか?は別として、こういった「経験」というのは、誰もが思うことなのです。

ただ、この時に「何かをしたい!」と思う気持ちというのは、同時に「思い通りにならない」という現象も引き寄せてしまうのですね。

そもそも、人はそれぞれ自由意志も持っていれば、因果も宿命もみんな違うので、ハイヤーセルフの望む「何かをしたい!」とか「成長したい!」という気持ちを人間界で体現しようとすると、必ずどこかの時点で「思い通りにならない」という状態にぶつかる事になるのです。

「思い通りにならない」という人間の悩みの根源は、ハイヤーセルフの望む「経験と成長」という欲求を体現しようとするために起きてくる必然的な現象であるとも言えるのです

つまり、悩みというのは、この世に生まれてきている以上、誰もが必ず感じるようになっているのですね。

そのため人は、普通にしていても、勝手に「何かやりたいぁ〜」と思うようになっていて、その結果、今度は「思い通りにならない」という悩みが自動的に出てくるのですよ(*´ω`*)

ただ、この時に難しいのは、こういったハイヤーセルフの持つ意思や、自我意識の持つ願望というのは、人それぞれみんな違うという部分なのです。

たとえば、会社では、社長や幹部の人達は、「会社の成長」という、とても大きな意思を持っています。

しかし、そこで働いている社員は、社長のように「会社を成長させたい」なんて思っていないのですね。

その結果、社内の人間関係が上手くいかないと言ったような事も起きるのです。

そのため、「チームで何かをする」と言うのはなかなか難しく、全員が「同じくらいの志」を持っていないと、必ず人間関係で揉めてしまうようになっているのですね。


スポンサーリンク




人生で悩まないためには、どうすればよいか?

では、人生の色んな事で悩まないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

1番簡単な方法は、「何も変えようとしない」という事なんです。

そして、「何も望まない」ことなんですね。

とは言っても、同時に、魂全体が持つ「経験したい」とか「成長したい」という気持ちも、ハイヤーセルフの中にはあるのも事実です。

そして、自我意識の持つ「利己的な考え」というのが、悩みを生む大きな原因でもあります。

つまり、人生に悩みが起きる原因は、自我意識の考える「思い通りにならない」という不満と同時に、魂が持つ「成長したい」とか「経験したい」という欲求でもあるのです。

人間は、誰もが「自由意志」を使って、もっといろいろ試してみたいのです。

ではこの時に、自分の望む「何かをしたい!」という感情が、自我による願望なのか?それとも魂の本体であるハイヤーセルフが求める事なのか?これを知る方法のひとつを紹介しますと・・・

その違いは、「結果に執着しているかどうか?」だと考える事が出来ます

たとえば、宿命的に歌手になることが決まっている様な人がいるとしたら、その人のハイヤーセルフは、歌うことによって得られる経験と感動を求めていると言えます。

宿命的に言えば、その人が歌手になることによって、「多くの人に感動を与える」という「徳のある行動」を求めていると言えます。

そして、自我意識では「有名になる」という事を求めている・・・

と、まぁこんな感じなんです☆

そして、多くの方は、最初の頃は自我意識の考える「思い通りにしたい」という気持ちの方が多く出ています。

たとえば、起業をしたいと考える人は、最初は「お金儲け」のために起業をするもんなのです。

「お金を儲けたい」と思うのは、自我による思考なのですね。

でも、精神性が成熟してきて、次第に自我意識が薄れてきますと、だんだんと魂の奥底に眠っていたハイヤーセルフの意思の方が表に出てくるんですね。

すると、起業をした当初の「お金儲けをしたい」という気持ちから、少しづつ「地域社会のために、自分の力を発揮したい!」なんて気持ちに変わってくるわけです。

 

まとめ

今日は、人の悩みがどう生まれるのか?なんて話をしてみました。

長くなってしまいましたので、最後にまとめますね〜(*´ω`*)ノ

1.人は、「自分の思い通りにならない」という気持ちを「悩み」と定義している

2.思い通りにならない事は人生で必ず起きるのですが、それを軽減する一番よい方法は「感謝」なのです☆

3.すべての人は、魂の奥底で「成長したい!」とか「もっと経験をしたい!」と思っていて、同時に、自我意識でも「自分の思い通りにしたい」と考えるようになっている。

4.そのため、どんな人でも「何かをしたい」と思うようになっているので、それに対して「思い通りにならない」と感じる事も、必ず経験するようになっている。
つまり、悩みは必ず発生するのです

5.なるべく悩まない方法は、「何も変えようとしない」「何も望まない」こと。
自我意識の考える「思い通りにしたい」という感情をなるべく捨てて、ハイヤーセルフの意思である「成長したい」とか「経験したい」という気持ちだけに正直に生きてみる。

6.その時に「結果に執着しないこと」が大切なのですね♪ただ、その過程を楽しめば良いのです☆
とは言っても、これが簡単に出来たら、何度も輪廻転生してくる理由が無いのですけどねw

というわけで、今日は「人はなぜ悩むのか? 悩みの原因はこうして生まれる」というお題で、悩みの仕組みについて色々書いてみました(*´ω`*)ノ

まぁ、人は悩む様になっている・・・と言うことなんです♪

だから、そんな悩みさえも「ゲーム」だと思って人生楽しんじゃえば良いんですよ

読んでいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク