Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地球には、地球生まれの魂はほとんど存在しない!?

地球には、地球生まれの魂はほとんど存在しない!?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)ノ

今日は、ちょっと夢のあるお話をしますね〜♪

ちなみにこのお話は、皆様の今後の人生にはほとんど関係のないお話となりますので、別に信じても信じなくても全然OKです〜☆

単に「楽しいおとぎ話♪」だと思って聞いていただけましたら幸いです(・∀・)ノ


スポンサーリンク




地球人の殆どは、プレアデス星系から来ている!?

※画像は、おうし座の「M45プレアデス星団」。日本名は、昴(すばる)。

ライトワーカーについての記事にも少し書いたのですが、実は、今の地球人には、純粋に「地球生まれの魂を持つ人」というのは、ほとんどいないのですね(*´ω`*)♪

ただ、このお話の一次情報は本当に沢山の説がありますので、なかなかまとめるのが難しいのですが・・・

大まかに分けるとすると、「地球人の7〜8割はプレアデスから来ている」と語る人と、「地球人全員がプレアデス星系から来ている」と語る人に分けられるという感じですね♪

更に細かく分けると、「地球人の中にはアクトゥールスから来ている人もいる」と語る人もいますし、「オリオン星系から来ている」と語る人もいます。

一口にプレアデスと言っても恒星系になっていますので、いくつも太陽があり、同時に、惑星も一杯ある様です。

とは言っても、どっちにしろ、何億年も何千万年も前の話ですので、わたしとしては「今更どっちでもエエやん(*´ω`*)」と思うのですけどね♪

ただ、だいぶ前にライトワーカーの記事にも書いた通り、わたしとしては、「地球人の殆どは、別の星から来ている」という説は信じております。

何故かと言うと、そうでないと計算が合わないからです(・∀・)

はい、ここで感の良い方の中には気づいた方もいるかも知れませんね☆

わたしは普段から、人間の魂は10万回〜20万回転生します。とお話させていただいております。

そして、1回の転生の周期は、平均的には400年〜700年以上あるそうですので、大抵の人の前世は、戦国時代の最中か、もっと昔・・・という事になります。

シルバーバーチなんかは、たしか4000年位前にインディアンとして人間の体に入っていた魂だと言われています。

しかし、人間の肉体が今の私達の様な形態になったのは、これもまぁ諸説ありますが、400万年前から100万年くらい前だと言われております。

この時に、人間の肉体は、どっかの宇宙人さんによって元々地球に住んでいた猿のDNAと掛け合わされて製造されたか?

もしくは、プレアデス星系の宇宙人さんの肉体を小改造されて作られたか?と言うのは、今となっては誰にも解らないでしょう。

人間の肉体を作ったのが、アヌンナキ(ニビル星)なのか?レプティリアン(オリオン星系)なのか?プレアデス星人なのか?

まぁそんな事は今となってはどうでも良いのですが・・・

※画像は、オリオン座の「M42オリオン大星雲」

ただ、人間の肉体が地球に誕生したのが仮に400万年前だとして、最低、400年から700年の間を置いて転生を繰り返したとしても、単純に計算が合わないのですねw

つまり、ほとんどの人は、人間の肉体が地球上に誕生する前から、既に人間として、つまり「知的生命体として」、転生のサイクルに入っていたということです。

というわけで、ほとんどの人の魂は、地球生まれではなく、地球に来る前に「地球外の知的生命体に宿っていた」という事らしいのですね。

では、ライトワーカーと呼ばれる魂はどう考えればよいか?と言いますと、過去に地球人としての転生を期間を終えた魂たちが、魂レベルを上げて一旦はプレアデスに還ったのですが、最近また、自ら志願して地球に転生することを選んだ魂だと言うことが出来ます。

簡単に言うと、過去にアフガンの最前線で戦っていた帰還兵のシルベスター・スタローンが、一旦は退役して平和な生活をしていたものの、再び中東が酷い状況になってきたので再び軍隊に復帰して、再度、中東の最前線に志願してやってきた勇気のある魂・・・というのが、ライトワーカーと呼べる魂だと言えます。

関連記事
ライトワーカーの特徴とは? 人生が辛い人はライトワーカーかも!?
ライトワーカーの本当の使命とは?男女で違うライトワーカーの宿命


スポンサーリンク




自分がどこの星の生まれの魂なのか?を知るヒント

※画像は、地球人の故郷としてよく語られる「シリウス」のイメージ図。

ちなみにわたしは、なぜか子供の頃から「星」が大好きで、小学校の頃から巧みにエアーブラシを操り、星雲や星のイラストを描いていました(・∀・)

学生時代は天文部に所属していたこともあり、今でも天体望遠鏡は持っています。

皆様の中にも星空を眺める事が好きな人は多いかもしれませんね☆

わたしも、今でも、ひとりで星空を眺めるのは結構好きだったりします。

彼女がいるときは、デートでは必ずプラネタリウムに行っていました♪

で、この時に・・・

星空を眺めている時に、瞑想でやるような呼吸法を意識して、リラックスしてみましょう☆

そして、「気になる星」を見つけてみてください。

すると、その星、というか正確に言うと、その星のある方向に、あなたの生まれ故郷の星がある可能性が高いという事らしいです(*´ω`*)♪

とは言っても、わたしたちは北半球に住んでいますので、いくら星空を眺めても、同時に見える星は、単純計算で宇宙の半分しか見えません。

なので、季節や時間によっては、自分のふるさとの星が見えないこともありますし、地軸の角度から言えば、南半球に旅行にでも行かなければ、一生見ることがない星空というのもあるわけです。

そんなときは、プラネタリウムのお世話になると、何か感じるものがあるかもしれませんね☆

ちなみに、日本から見えない星座は・・・

☆はちぶんぎ座
☆くじゃく座
☆ふうちょう座
☆みずへび座
☆みなみのさんかく座
☆はえ座
☆カメレオン座
☆テーブルさん座
☆とびうお座

などがあげられます。

というわけで、今日は短いですが「地球人お魂の由来」についてお話してみました☆

読んできただき、ありがとうございました!

関連記事
地球はレプティリアンに支配されている!? 地球人と関わりがある宇宙人たち


スポンサーリンク