Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タイムリープは存在するのか? タイムトラベルとは何が違うの?

タイムリープは存在するのか? タイムトラベルとは何が違うの?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)

今日は、リクエストをいただきました「タイムリープ」について書きたいと思います☆

さて、タイムリープという言葉は、もともとはSF映画やアニメから派生した概念だと言えます。(最初の発端は、時をかける少女)

それがいつの間にか、スピリチュアルやオカルトの分野でも語られるようになった・・・というのが、どうやらタイムリープという考え方の経緯の様です。

でも、タイムリープとはそもそも何なの?

タイムトラベルとタイムリープは何が違うの?

タイムリープは、実際に存在するの?

オカルト好きな方は、こんな疑問も感じてしまうのですね(・∀・)

というわけで、今日はこの辺を解説しつつ、お話を進めていきますが・・・

とわ言っても、今日のお話のポイントを先にお話しますと、わたし自身は、タイムリープなんて現象に心を奪われることは何にも意味は無いと考えているんですねw

だから今まで記事にしてこなかったのですが・・・

その理由についても、順を追って説明していきますので、興味のある方は、お立ち寄りくださいませ〜(・∀・)

スポンサーリンク





タイムリープとは何ぞや?

ではまず、タイムリープとは何か?という説明から行きますね〜

以下は、タイムリープについてのWikiから抜粋です☆

日本語に直訳すると「時間跳躍」となる。和製英語で『時をかける少女』で登場した造語。

はい、「時をかける少女」で登場した和製英語だと、書いてありますねw

まぁそれはヨシとして・・・

ではタイムリープはいったいどういった概念に基づき考案されたのか?を解説しますと・・・

たとえば、タイムトラベルという言葉があります。

タイムトラベルとは、その名の通り「時間旅行」です。

タイムトラベルとは、本人が体ごと過去や未来に「移動する」という考え方であると言えます。

では、タイムリープは?と言うと、本人の意識だけが過去や未来に行く・・・という考え方なんですね。

では、なぜタイムリープという概念が作られたか?と言うと、この理由は、タイムトラベルの考え方では色んな矛盾が生まれるからなのです。

たとえば、タイムトラベルの概念ですと、自分が過去に戻ったとしたら、その時代には、過去に存在する自分と、未来からやってきた自分の、二人の自分が存在する事になっちゃうんですよね。

こう言った描写は、ドラえもんがタイムマシンを使う時や、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で描かれていた世界観で見ることが出来ます。

でも、これだとどうしても「同じ時代に同じ人が二人いる」というオカシナ状況になっちゃうんですよね〜

そこで考え出されたのが、「じゃぁ、意識だけを違う時代に飛ばせばいいんだ☆」という、タイムリープの考え方なんです。

でも、よくよく考えると、タイムリープの考え方でも、やっぱりタイムパラドックスという矛盾は生まれちゃうんですよね。

たとえば、自分の意識が違う時代に移動したとしても、そこで、自分の親を殺したとしたら「親殺しのパラドックス」という矛盾は、やっぱり発生してしまうのですよね〜

その点、時間軸を映画の中で上手く扱っているなぁと思ったのは「君の名は」じゃないかな?と、わたしは思います☆

映画「君の名は」では、体が入れ替わるとか、スマホだけでかろうじて連絡が取れるとか、過去と未来の時間軸が重なって一瞬だけど二人が出会うとか・・・

時間というものを上手に扱って、面白い作品に仕上げているワケなんですね。

ただ、タイムリープは、あくまでも映画やアニメの世界だけに存在する考え方であって、スピリチュアリティーの観点で見ると・・・

この三次元物質世界においては、そんなモンはないのですねw

もう少し詳しく説明しますと・・・

たとえば、二次元世界に住む人がいると想像してみてください。

その人を、三次元世界に住むわたしたちの目から見たらどう見えるでしょうか?

二次元世界では「縦」と「横」しか存在しませんので、平面上に暮らす彼らは、ペラペラの平面の世界から逃げる事が出来ないのですね。

でも、その状況をわたしたち三次元世界から見れば、「どうして上か下に逃げないんだろう?」と不思議に思うワケです。

しかし、二次元世界に暮らす住人は、最初から「上」も「下」も知らないので、三次元世界からいくら私たちが「上か下に行けば?」と助言をしても、その意味すらも理解出来ないのですね。

これと同じ様に、四次元以上の高次な世界の住人から「時間には、過去も未来もないんだよ」といくら言われても、三次元世界に暮らすわたしたちからすると、四次元世界の人たちが言っている意味すらも理解できないのですね。

関連記事
5次元世界とはどんな世界? 次元上昇と波動の振動数のお話

別の記事でも書きましたとおり、4次元以上の世界、つまり霊的視点で時間というものを見ると、「過去」「現在」「未来」は、同一線上に存在していて、そこの「どの部分を意識しているか?」というだけなんです。

関連記事
時間には過去も未来も存在しない

そして、三次元物質世界であるこの人間界では、高次な次元の同一線上に存在する「過去」「現在」「未来」の情報を、あらかじめ順序通りにトレースする様、生まれる前にプログラムしてきており、これが、霊的視点で見た場合の「宿命」と呼ばれる人生のプログラムなのです

たとえば、自分が死んで霊界にいるとしますね。

で、霊界にいるあなたからすれば、そもそも「過去に行く」とか「未来に行く」という考えすら無いのです。

ず〜〜っと、今の瞬間があるだけなのですね。

でも、三次元物質世界であるわたしたちの地球では、時間は過去から未来へと流れるように出来ている・・・みたいなのです。

というわけで、わたしたちがこの地球上の三次元物質世界に存在している以上、わたしたちは、天体の運行に影響されますし、時間が過去から未来に流れるという法則に縛られますので、わたしたちには、タイムリープもタイムトラベルも出来ないというワケなのです。

スポンサーリンク





過去を変えることは、誰にでも出来るんですよ(・∀・)ノ

今回、「タイムリープについて教えてください」と、ご質問いただいた方は、おそらく「自分の過去を変えたい!」という思いがあるのではないか?と思うんですよね。

でも、実は、人の過去なんて、簡単に変えられるんです☆

この人間界では、過去は過ぎた出来事なんですよね。

で、未来は、まだやって来ていない出来事を妄想することでしか、わたしたちは、未来を意識することは出来ないのです。

つまり、わたしたち人間は、本質的には「今この瞬間」しか認識することが出来ないのです

これについては、以下の記事も併せて見てみてくださいね☆

関連記事
今を生きる。過去や未来にとらわれない生き方のススメ

人生に悩みが生まれるメカニズムは、わたしたちが「過去にとらわれているか?」、もしくは「未来を心配しているか?」の、どちらかでしかありません。

では仮に、過去に起きた嫌な出来事によって、今この瞬間、自分が悩み苦しんでいるとしたら、そんな時はどうすればよいかと言うと・・・

この事は以前もブログに書いたので併せて見ていただきたいのですが・・・

関連記事
過去の記憶を書き換えて人生を幸せにするテクニック

簡単に言うと、自分にとって都合の悪い過去の記憶は、自分で改ざんしちゃえばよいのですね

これが、過去の記憶を書き換えて、今、自分が幸せに生きるためのテクニックなんです。

実際、わたしも、スピリチュアルだけでなく、オカルトも好きなんですけども、タイムリープもタイムトラベルも、全然興味ないのですよね〜

その理由は、過去の記憶なんて、自分で勝手に改ざんしちゃえば、それでOKだからです☆

今までタイムリープやタイムトラベルについては記事に書かなかったのは、こんな事が理由だったりするんですね(・∀・)ノ

というわけで、今日も読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク