環境を整えると心も豊かになる。幸せになるために必要な生活環境の大切さのお話

環境を整えると心も豊かになる。幸せになるために必要な生活環境の大切さのお話
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´∀`*)

今日は「環境を整えると心も豊かになる」というお話をしますね♪

さて、わたくし事ですが、先日お引っ越しをしたんですね☆

で、新しい住まいが、これがまたもの凄く快適で、もう部屋から一歩も出たくないくらいリラックスできるんです♪

おかげで、いつも気分も良いですし、心穏やかに過ごせる時間も増えて言うことなし☆なんですが・・・

ここで「ふっ!」と思ったんですね。

「今までの環境が、いかに異常だったのか!」って事に気づいてしまったんです・・・


スポンサーリンク



ゴミ溜めの中にいると、いずれそれが普通になる

わたしの以前の住まいは、ごみ溜・・・というワケでは無かったんですが、まぁ、家族と一緒に暮らしていたという事もあり、常に色んな制限を受けていたんですね。

それに、部屋の家具も、全部子供の頃から使い続けてきた物とかで、かれこれ30年以上使い続けてボロボロだったワケなんです。(↑上の画像はイメージですので、ここまでは酷くなかったですよw)

それでも、家具や絨毯を買い換えるのはもったいないし、壁紙も黄ばんだまま、カーテンもボロボロ、布団もマットレスも染みまるけ・・・と、こんな部屋で暮らしていたんですね。

もちろん、「掃除をする」という事はスピリチュアル的に見ても良いことですので、なるべくキレイにするようにはしていたんですが、いかんせん、元がボロボロなので、きれいに掃除をしても、マットレスの染みや壁の黄ばみが取れるわけではなく、ボロい部屋のまんまなのは変わりなかったワケなんです。

関連記事
トイレ掃除でお金が入ってくるのは、どうやら本当らしい
神様は綺麗好き! 掃除は金運良くし幸福を引き寄せる最高の神事です

しかし慣れとは恐ろしいもので、こんな部屋で何年も暮らしていると、「これが異常である」という事に、自分自身でまったく気づかなかったんですね。

でも、「気分的に気づかない」のは、まぁいいんです。

これは問題ないんですよ(*´∀`*)

問題なのは、汚い部屋に毎日いて、使い古されたボロボロの物に囲まれて生きていると、それが原因で少しづつ体調も悪くなりますし、波動も乱れてくるんですね。

つまり、体調の不具合や、波動の乱れ、ここに気づかないんです

というか、少なくとも、わたしは気づきませんでした・・・

これがつまり、「ゴミ溜めの中にいると、いずれそれが普通になる」という現象で、わたしは、30年以上も、使い古されたボロボロの物に囲まれて生きていたせいで、そういった物が出す、あまりよろしくない波動の悪影響を少しづつ受け続けていた・・・という事なんですね。

ちなみに、今のお部屋はと言うと、家具は全部新品で書い直しましたし、築年数も割と新しいので、もう、周りに見えるもの、目に入る物全てが「ぴっかぴか!」なんです☆(*´∀`*)ノ

で、この状態が本当は「理想」なんですよ☆

「諸行無常」と言う様に、物というのは必ず古くなりますし壊れていきます。

古いものを大切に使い続けるのは確かに良いことだとも思いますが、やっぱり「加減」というものはあるんですね。

シミの付いたままの布団で何年も寝ているのは、やっぱり異常なんですよねw

今は布団なんて数千円で買えるので、とっとと書い直せばよかったんですが、それをしなかった理由は、わたし自身が「それが問題な事である」という認識がなかったからです。

でも、体や心を整えるなら、生活環境というのは本当に大切なんだなぁ〜と、あらためて身にしみて思ったわけなのですね(`・ω・´)ゞ


スポンサーリンク



自分の周りの環境が異常ではないか?を考えてみたほうが良いかも?

たとえば、これはブログでよく書いていることなのですが、わたしは過去に、それはそれはとんでもないブラック企業で働いていたことがあるんですね。

今日はこの機会に、わたしが過去に働いていた会社が、どれだけブラックだったかぁ\(^o^)/なんて話も一緒にしてみようと思いますが・・・

たとえば、休みの日だけでなく、盆や正月、早朝でも深夜でも、社長から携帯が鳴ったら、すぐに出なければなりませんでした。

そして、正月には、ひとりひとりが社長の家に出向いて、挨拶に行かなければなりませんでした。

週に一回は、社長をランチかディナーに誘わなくてはいけない決まりになっていて、社長を食事に誘うのですが、まず、1発めは断られるんです。

なんで断られるのか?と言うと、「お客さんとは、誘っても断られるものだ」「ここで諦めずに、客に食らいつくことを覚えろ!」という教育だったみたいですが・・・

本業の仕事をやりながら、こんな事に何時間も時間を取られていたワケです。

おかげで、残業なんて、深夜12時を過ぎることもよくありました。

1年に何回かは、社長が幹部社員を連れて寿司屋とかに出かけるのですが、その時に、社長が寿司屋の大将に「こいつらは、ウチの社員なんだが、皆んな俺と食事がしたくてしょうがないって聞かないんだよ〜」と、まるで、社員が社長を誘っている様に見せかけて話していました。

つまり社長は、寿司屋の大将に対して、「自分はこんなにも社員から人気があるんだぞ(エッヘン!)」というマウンティングをするために、社員を引き連れて寿司屋に行っていたのです。

もちろん、事前に「いいかお前ら!寿司屋に行ったら、皆んなで俺のことを褒めるんだぞ!!」と強く念押しされていたので、社員たちは皆口を揃えて「自分たちは、社長のことを心から尊敬してるんです!」「だから、今日は皆んなで社長にごちそうするんです!!」と言った感じに、結局は社員全員で食事代を払わされていましたw

週に一度の会議は、会議とは名ばかりで「俺はこんなに偉くて凄いんだぞ!」という社長の自慢話大会でした。

会議とみせかけた社長のマウンティングを聞かされる拘束は、夕方の6時から翌朝4時まで続きました。

ある幹部社員は、毎回土下座をさせられ、傘でバシバシ殴られていました。

挙句の果てには、社長が買った車のローンが払えないので「車の代金が払えないのは、お前らが無能だからだ」と言われて、何人かの社員は、実際に社長に数百万円渡してしまったようです。

さて・・・

このお話を聞いて、「え?なんで、そんなクソ会社でいつまでも働いていたの?」と不思議に思う方も多いでしょう。

実はこれが、「人間は、糞溜めの中に長く居ると、そこが糞溜めの中だということを忘れてしまう」という恐ろしい現象なのです

もちろん、今のわたしなら、当時のブラック会社の社長が、いかに人間的に未熟であるか?なんてことは一発で見抜けるのですが、当時は、そんな事も見抜けないほど私自身が未熟だったのです。

だから、「自分が、ありえないようなブラック企業に居る」という事に気づくことも出来ずに、そんなおかしな会社に10年以上もいてしまったのですね。

幸い、わたしは自分で言うのもなんですが、業務成績は優秀だったもんですから、土下座をさせられるとか、殴られるとか、そういったことは無かったですが・・・

しかし、他の幹部社員たちは殴る蹴るは当たり前で、中には、車を蹴られて凹まされた社員もいました(その社員は数日後に逃亡しましたw)

つまり、何が言いたいのかと言うと、人は「学び」を行わないと、こういったサイコパスに搾取され続けてしまうんです。

「学び」とは精神的な学びもそうですし、もちろん、経済やビジネスのこと、ありとあらゆる知識を身に着けたほうが、結果的に生きていく為に自分が得をするんですね。

わたし自身は、この頃はまだスピリチュアルや精神的な学びにも出会う前でしたから、自分自身も無知でしたし、同時に精神的にも未熟でしたので、「自分が異常な環境に身を置いている」という事実に気づけなかったのですね。

これにもう何年か早く気づいていたら、おそらく、白髪も今より少なかったと思いますw

関連記事
サイコパスとは? 他人の心の痛みを感じないサイコパスの特徴
ブラック企業を今すぐ辞めなければならない理由とは?

 

異状な環境に身を置き続けることにより、何が変わってしまうのか?

皆様の中にも、もし、嫌いな親と嫌々一緒に住んでいる方がみえましたら、そんな方は、早めに家を出た方が良いに決まってるんですね。

もちろん、金銭的な理由ですぐに行動に移せない場合もあるとは思いますが・・・

人間は、あまりにも長い間、異状な環境の中に身を置いていると「これが異常である」という事に慣れてしまうんです。

ただ、こんな事を言うと「慣れるんならいいんじゃない?」って思う方もいるかも知れませんが、そうではないのですね。

ゴキブリに殺虫剤をかけ続けていると、いずれそのゴキブリは、殺虫剤を餌にして生きていけるようになるんですが、でもこれって、言ってみれば「奇形」なんですよね。

ベトナム戦争を経験した帰還兵、湾岸戦争から還った兵士たちは、「敵兵を殺すことは正義である」と教育を受け続けていたために、正常な世界に帰ってきたら、皆んなPTSDになったり、犯罪者になったりと、普通の生活を送れなくなる人が多いんです。

これも、異状な環境に居続けたことにより「心の歪み」が出来てしまった結果なんですね。

わたしの場合ですと、過去にこんなメチャクチャな会社で長年働いていた経験もあるために、今でも、休みの日も仕事をするのが当然と思ってしまっているとこもあります(まぁ仕事好きだからいいんですがw)

子供の頃はエンパス気質が強かったのですが、その反面、過去に、裏切り、嘘で騙される・・・何度も経験したので、今となっては、最初から人を信用しないしアテにもしない様になった為、ある意味、他人に対しての感情が少し欠落しているかな?と自分で思うこともあります(*´ω`*)

これも、わたしが長いあいだ異常な環境で過ごしてきた為に身についてしまった「図太さ」と言えば、いい感じに聞こえますかね♪

そして、今はまったく正反対の自由な環境で生きていて、尚且、当時の社長の年収の3倍は稼いでいるので、これも因果解消のために、必然的に経験するべく「良い体験」だったのかな?なんて思っておりますけどね(`・ω・´)ゞ

というわけで・・・

皆様も、自分の周りの環境を見渡して「ここを改善したら、もっと良いかな?」なんて事が少しでもあったら、ぜひ、それを早めに実行してみるのが良いと思います☆

読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
親が嫌いな人へ。親子問題の解決法。親子の因果は何度でも繰り返す!?
人付き合いは「逃げられない人間関係」だから意味がある


スポンサーリンク