ラクをして簡単に手に入れたものには価値はない

ラクをして簡単に手に入れたものには価値はない
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




※このブログは2019.11.28にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)ノ

今日は「ラクをして簡単に手に入れたものに価値はない」というお話をします。

今日のブログは、前回のお話にも引き続いた内容になってくるんですけども、要は、いくら人生にスピリチュアルの概念を入れて考えても、あなたがラクをして簡単に手に入れたものというのは、それはあなたにとっては価値がない物なんですよ。という事なんです。

前回もお話しましたが、スピリチュアルを「何でも夢が叶う魔法のように考えている」様な方もいるかもしれないんですが、そんな事は、あるワケがないんですよね・・・


スポンサーリンク



自分の手や頭を使って手に入れるから“価値”がある

以前に「トイレ掃除をするとお金が入ってきますよ〜」ってブログを上げたのは、まぁ結構前なんですけども・・・

関連記事
トイレ掃除でお金が入ってくるのは、どうやら本当らしい

ただ、こういうブログを書くと、必ず、こんな質問をしてくる人がいるんです・・・

「そのスピリチュアル的なワークを行うことにより、何%の確率で成功事例があるのか、もう少し具体的に示してください」
「毎回掃除しなければ効果はないですか?」
「水道代とトイレットペーパー代を抑えたいので、3回に1回とかでもいいですか?」

こういったことを事細かに聞いてくる人は、必ずいるんですね。

そして、こういう事を事細かに聞いてくる人には特徴があるのですが、こんな人の特徴は、「聞くだけ聞いて、結局やらない人」なんです(笑

こういった質問は、一見すると「質問」にも見えるんですけども、でも、これって結局は、自分がやりたくないから「やらなくても良い理由」を探してるだけなんです。

結局は、自分がもっとラクする事を考えているんですよ。

でも、まず、わたしのこのトイレ掃除とかのブログとか動画を観ている方って、タダで見れてますよね?

一銭もお金を使わずに、こういった情報を入手できてるんです。

それでも、まだ、「自分の手足を使って掃除をする」という事を出来たらやりたくないから、「もっとラクな方法はないか?」という事を考えているんですね。

しかし、この世の中で「ラクして手に入れられるもの」なんて無いですし、仮に、ラクして手に入ったものがあるのだとしたら、それは、あなたにとっては価値がないものなんです。

この宇宙には、「正負の法則」というものがあって、「全てのものが自分にとって全部都合が良い」なんてものは存在しないんです。

仮に、何かを手に入れたとしても、必ず、「これは幸せだなぁ」と思う部分と、「これはちょっと大変だなぁ」と思う部分の、両方ワンセットでしか手にはいらないようになっています。

つまり、陰と陽は、ワンセットなんです

もうひとつ・・・、これもブログに頂いたコメントなんですが、たぶんまだ凄く若い子だとは思うんですけども、「ブロガーとか、FXとか株とか、投資家とか、こういった職業の人ってラクしてお金儲けしてるんで、神様的に見て駄目ですよね?」とか、こんな質問をしてきた方がいたんですね。

おそらくは、別の記事の「神様に応援されるお金の稼ぎ方」という記事を観てもらってのコメントだとは思うんですが・・・

関連記事
神様が応援する“お金の稼ぎ方”と仕事のお話

この質問を読んで、「まだ若そうだから、しょうがないのかな?」とも思ったんですが、しかし、わたしから言わせれば「まだ何にも解ってないんだなぁ〜」って感じなんですね。

たとえば、お金を稼ごうと思ったら、ラクで簡単なんてものは無いんです

100%そんなものは無いのです!

たとえば、投資家になろうと思ったら、ビジネスの勉強から、お金の勉強や経済の勉強しなくちゃいけませんし、法律の勉強や、不動産とか株の勉強とか、ものすごい量の勉強をしないと、投資でお金を稼ぐなんてことは、まぁ無理なんです。

でも、投資で儲けることが出来る人というのは、こういう事を勉強するのが、楽しくて仕方がないタイプの人なんですね。

一見すると、投資家というものを、ラクしてお金儲けしているという風に見ちゃう人もいるんですけども、普段から株や経済の勉強をしている投資家の人は、勉強するのが楽しくて仕方がないから、本人は、努力をしているという感覚は無いんです。

でも、客観的に見ると、ちゃんと努力はしてるんですよ。

投資のような不労所得で成功する方たちというのは、「好きなことを猛勉強する」という、本人にとっては楽しい努力を、「楽しい」という衝動のままに行動することによって、結果を出せちゃってるんですね。

しかし、若い子とかで、「投資やFXやビットコインがラクそうだから」と考えて、何の勉強も必要ないと思っているような子が、こういった不労所得的なものを始めようとすると、100%必ず失敗するんですね。

それどころか、逆に、莫大な借金を作っちゃうんですよ。

ではこの場合、「考え方の何処が間違っているのか?」というと、この世に「ラクして儲ける事が出来る」とか、そういったものがあると信じちゃっている部分なんですね。

自分が何もしないで勝手に天から降ってくるもので、あなたにとって価値があるものなんて無いのです。

仮に、急に想像も付かないようなところから臨時収入があったりとか、そういった良い事が起きる人がいるとしたら、その人は、「普段から徳を積んでいる人だ」と言えるんです。

では、「徳」とは何か?というと、たとえば、普段から、会社の皆んなに元気で挨拶をするとか、いつも笑顔を絶やさない様にするとか、こういった「人に光を与え続けるような行動をとっている人」なんですね。

こんな人は、世間に対してもそうですし、世の中に対して、徳を積んでいるんです。

関連記事
徳を積むと幸せになる。人のために力を使うほど人生は自由になるのです

そして、「スピリチュアル的に見るトイレ掃除の話」も、結局は同じなんです。

どうしても汚れやすくて不潔になりやすい所を、無償の愛を持って自分の手を使って掃除をする・・という、こういった行動を実際に自分の手で行うから、これが「徳な行動」になるんですね☆

トイレ掃除をする人は、「トイレ掃除をする」という努力を、結局はしているんです。

わたしの場合ですと、最近は、コンビニの駐車場にゴミが落ちていたら、なるべく拾うようにしてるんですね。

何故かと言うと、徳を積むとは、「実際に、自分が手足を使って行動をする」という事だからなんです。

ご飯屋さんでご飯を食べたら、定員さんに笑顔で「ごちそうさまでした!」って言うのも、徳のある行動なんです。

これは、人に対しての徳のある行動なんですね。

飲食業って、本当にすごく大変な仕事なんですね・・・

でも、お客さんが、たった一人でも「美味しかったですよ〜」とか、「ごちそうさま」って言ってくれると、店員さんは、その一言に救われますし、光を見るんです。

あとは、掃除をしたりして周りをキレイにするのは、環境や地球に対する徳を積む行動なんですね。

で、こんなことを、自分の手足を使ってただ淡々と続けている人は、ある日突然、天から恵みが降ってくるもんなんです

でも、こういった徳を積む行動を生まれつきやっている人なんかは、そもそも自分が良いことするために努力をしているとか、そんな事を考えずに、自然とできちゃう人も、中にはいるんですね。

でも、そんな人に対して、宇宙はちゃんと恵みを与える様になっているもんなんですね(*´∀`*)ノ


スポンサーリンク



この世は、自分が投げかけたものが返ってくるだけ

たとえば、この宇宙には「因果の法則」という法則がありますが、「因果」というのは、「自分が取った行動によって、どういった結果が起きるか?」という、「原因と結果の法則」なんですね。

そして、この「因果の法則」は、人生の、ありとあらゆる場面で作用しているんです。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる

徳を積む行動というのも、要は因果の法則と同じことなんです。

掃除をしたりして、地球さんに対して「愛」を出しているから、その人は、愛を返してもらえるんです。

この宇宙は、自分の投げかけたものが、そのまま自分に返ってくるだけの、そういったシンプルな仕組みなんですね。

だから、普段から愚痴や文句や不平不満とか悪口とか言っている人は、その分、愚痴や不平不満を言いたくなる現象を引き寄せますし、人から悪口を言われるような状況になるんです。

関連記事
不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句は、一切言わない方が良い理由

たとえば、世の中には、宝くじできなり3億円当たるような人もいます。

この話は知っている方も多いかとは思いますが、宝くじが当たった人を追跡調査すると、何年か後には、8割くらいの人が逆に借金をこさえちゃって、不幸になっちゃってるんです。

関連記事
宝くじが当るとなぜ貧乏になるのか? 高額当選から借金漬けに転落する仕組みを解説

では、何でこんな事になっちゃうのか?というと、これも因果の法則ですし、「ラクして手に入れたものは、あなたにとっては価値はないですよ」という事なんですね。

まず、宝くじでお金が入るということは、ラクしてお金が入ってきたということなんです。

でも、多くの人は精神的に未熟だから、ラクして舞い込んだお金で贅沢をしちゃうもんなんですよね。

贅沢をしだすと、今度は、その人のお金を狙って、その人の周りには詐欺師とか、「その人を利用しよう!」と考える人が、集まりだすわけなんです。

でも、宝くじが当たった本人は、自分が本を読んで勉強したりとか、そうやって頭を使ったり手足を動かして手に入れたお金じゃないから、その人の「器の大きさ」自体は、別に何も変わって無いんですよね。

つまり、その人の魂が成長しているというワケではないんです。

関連記事
器が大きい人とはどんな人? 器を大きくする方法とは?

そして、お金目当てに寄ってきた人を見て、「自分の周りに人が集まってきている〜!自分は凄いんだ〜!」なんて勘違いしちゃって、傲慢になるんです。

そして、傲慢になることによって、今度は、マイナスの徳が働いちゃうんですね。

マイナスの徳とは、「悪い因果を作っちゃう」という事です。

その結果として、宝くじで当たったお金なんてあっという間に無くなりますし、それどころか、こんな人は、マイナスの徳をやってしまったおかげで、借金までこさえちゃうんですね。

マイナスの徳とは、たとえば、「愚痴や不平不満や悪口や文句を言う」というのも、マイナスの徳なんです。

これは何故か?と言うと、まず、「愚痴や不平不満を言う人」というのは、聞いている人を嫌な気分にさせるんですね。

更に、愚痴を聞いている人の波動も下げちゃうんです。

つまり、愚痴や不平不満や文句や悪口を言う人というのは、簡単に言うと「他人を不幸にする人」なんです

だから、これはマイナスな徳なんですね。

関連記事
不幸の連鎖を断ち切る。愚痴や不満を言うことは他人に迷惑をかけている

宇宙は、自分が投げかけたものがブーメランのように自分に返って来るような仕組みになっているので、結局は、こういったネガティブな発言をし続ける人というのは、最後は自分自身が不幸になるんです。

別の記事の「人生を好転させる方法」でも話しているんですが、まずは、「ネガティブ発言を一切言わないように努力しましょうね!」と話しているのは、そのためなんですね☆

関連記事
人生を好転させる方法〜幸せに向かうためのステップ〜

そして、自分がネガティブな事をまったく言わないように成長できたら、今度は、ポジティブなことを口に出して言えるようにするんです。

ポジティブな発言とは何か?と言うと、「人に光を与える言葉」なんですね☆

つまり、愛のある言葉を常に口から発する人なんです(*´∀`*)♪

愛のある言葉とは、ご飯屋さんでご飯を食べたら「ごちそうさま〜!美味しかったよ〜!」って店員さんに声をかけるのも、愛のある言葉なんですね。

会社で、元気に「おはようございます!」って笑顔で挨拶するのも、愛ある言葉なんです。

宇宙は、自分が投げかけたものがブーメランのように自分に返ってくる仕組みになっているので、だから、ポジティブで肯定的な人には、実際に物質的な良い出来事が起きるようになってくるんです

しかし、この人間界では、ブーメランが自分に返ってくるまでに、残念ながらタイムラグがあるんですね(笑

自分に良いことが返ってくるのは、大抵は、何ヶ月か後とかですし、もしかしたら10年後かもしれないんです。

でも、いづれは、必ず自分に返ってくるんです。

だから・・・

●自分が手足を使って人様に何かをしてあげる
●口を使って、愛ある言葉を投げかけてあげる
●顔の筋肉を使って、笑顔を振りまいてあげる

こんな事を、自分の為だと思って「損得勘定」でやればいいんですね。

大切なのは、やるかやらないか?ということなんです。

要は、行動するかどうか?なんですね。

あなたの行動指針には、別に「損得勘定」があってもよいんですよ☆

「わたしは、お金が欲しいからトイレ掃除します!」という考え方でも全然悪くないですし、「わたしは将来的に自分がもっと豊かになりたいから、会社で同僚に元気に挨拶しますし、喜んで同僚の仕事を手伝ってあげます!」と、こんな損得勘定を持って行動に移せばいいんですね☆

結局は、大切なのは「行動をしたかどうか?」という事なので、行動するという「労力」は必要なんですね。

だから、「この宇宙には、ラクして手に入るもので、自分にとって価値があるものなんてのは、無いんですよ!」という事になるんです。

自分の手足を使い、頭を使い、筋肉を使って、人様のためになることを行動に移すんですね。

面倒くさくても、人様のために自分が行動をすることが、結果的には自分のためになりますし、自分の豊かさを引き寄せるんですね☆

今日もご読んで頂き、ありがとうございました!


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら