祈りが届く仕組み。あなたの祈りはこうして高次な霊に届いている

祈りが届く仕組み。あなたの祈りはこうして高次な霊に届いている
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




※このブログは2019.11.30にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは☆スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日は「祈りが届く仕組み」というお話をしますね♪

以前からもお話しているとおり、わたしたちは、色んな経験をするために、この世界に生まれてきています。

というわけで、あなたが「これは嫌だ!やりたくない!」と思っていることも、宿命的に経験をするようになっていると言えるんです。

これについては、別の記事の「なぜ人生に望まないことが起きるのか?ハイヤーセルフと人生の仕組み」も、併せて観てみてくださいね☆

関連記事
なぜ望まない出来事が起きるのか?ハイヤーセルフと人生の仕組み

わたしたち人間には、想念の力があるので、思ったことは現実化します。

だから、願い事も意外と叶いますし、あなたの「祈り」というのも、ちゃんとあちらの側の高次な存在に届くんですよね♪

魂とは、経験データそのものでもありますし、言ってみれば、魂とは、意思であるとも言えます。

今日のお話は、信じてくれなても全然構いませんが・・・(笑

あなたの祈りは、こうして高次な存在に届くんですよ。ってお話をしますね〜


スポンサーリンク



正しい祈りとは?

まず最初に、「祈りとは何か?」を、最初にお話しします。

わたしのブログを何度か読んでくださっている方なら、この意味がなんとなく伝わると思うんですが・・・

実は、祈りとは「神様を称賛すること」なんです

わたしはよく皆さんに「ありがとうって言いましょうね!」って事をお伝えてるんですね。

何故かというと、「ありがとう」という言葉は、元々は、神様を褒め称える言葉だからなんです。

ありがとうとは、「有り難し」という意味で、「滅多に起きないこと」と、こういう意味です。

滅多に起きないような事が起きたら、「滅多に起きないことを起こしていただき、ありがとうございまいます!」と、神様にお礼を言うのが、本来の「ありがとう」の言葉の意味なんですね。

つまり、「ありがとう」という言葉は、本当は「神様」に対して使う言葉だったんです

室町時代までは、「ありがとう」という言葉は、神様に対してのみ使われてきたんですね。

しかし、次第に人間に対して「ありがとう」と言うように、時代が変わってきたんです。

この時に、たまに「サンキューじゃ駄目なんですか?」と聞いてくる方が居るんですけども、あなたが日本人なら、日本語でちゃんと「ありがとう」って言ったほうが良いのです。

その理由を説明しますと・・・

言葉って凄く不思議で、日本語の「ありがとう」という音の響きには、母音が含まれる割合とかが、外国の言葉に比べて多いそうなんですね。

とある学者の方で、言葉が脳に与える効果を研究している方がいるのですが、その方が言うには、世界各国の感謝を伝える言葉の中で、アファーメーションとして一番脳に良い影響を与えるのは、日本語だそうなんです。

つまり、「ありがとう」という言う言葉の母音の割合が、脳に一番いい影響を与えて、アファーメーションとして効果があるらしいんですね☆

だから、日本語の「ありがとう」という言葉の響きには、呪文の様な効果があるんです♪

つまり、言霊なんですね☆

関連記事
言霊(ことだま)の効果は科学的に実証されている

だから、「サキュー」とか、「メルシー」じゃなくて、「ありがとう」って言いましょうね☆って事なんですね(*´∀`*)ノ

あとは、祈りの意味で間違えちゃいけないのは、よく、神社に行って「商売繁盛の祈願」とか、「結婚できますように〜」とか、こういったお願い事をしている人は、意外と多いんですよね。

でも、これは、神様に対する祈り方としては、本当は間違いなんです。

関連記事
間違った神社参拝は、不幸を呼び寄せる!?

何故かと言いますと、わたしたちは「宿命」というある程度のシナリオに沿って生きることを、自分で決めて、この世に生まれてきているからなんです。

そして、宿命には「いろんな事を経験する」という目的が、プログラムされているんですね。

その経験内容というのは、人それぞれの因果の内容によって皆んな違うんですが、楽しいこともそうですけども、もちろん、あなたが辛いと思うようなことも、宿命的にプログラムされています。

だから、神様に対して「何々をどうこうしてください」と祈るのは、これは祈りでも何でも無くて、神様目線で見れば「与えられた人生に対する不平不満を言っている」という事になるんです。

つまり、ほとんどの人は、実は、神様に対して不平不満を言っているんです。

でも、当の本人は、自分の不平不満が、正当な望みだと勘違いしちゃっているんですね。

では、「神社に行ったら何をお願いすればいいの?」って話になるんですけども、神社というのは、そもそも願い事を言うところではなくて、「日頃の感謝を伝えに行く所」なんですね

だから、神社に行ったら、ただ神様に対して「今年も健康に過ごせました、ありがとうございます」と、言えばいいんです。

更には、「来年も健康に生きられそうです、いつもお守りいただきありがとうございます!」なんて、言えばいいんです。

わたしたちは、想念の力があるので、思ったことは、現実化するんです。

もちろん、宿命の範囲内でですけどね・・・

しかし、あなたが思ったことは、あなたの想念の力によって、あなたが引き寄せるんです。

つまり、引き寄せの法則なんですよ☆

関連記事
引き寄せの法則の真実
願い事が叶う仕組み

でも、ここで、神様から応援される人というのは、自分の力だけじゃなくて、神様の力も借りられる人なんです。

つまり、その人についている、守護霊さんや、指導霊さんや、補助霊さんや・・・いろんな高次な霊が、あなたのために力を貸してくれるんです。

というわけで、次は、「高次な霊が、あなたに力を貸してくれる仕組み」について、解説をしますね☆

関連記事
守護霊さんと楽しくコンタクトを取ろう!
守護霊とはどんな霊? 守護霊のお役目と人間との関係


スポンサーリンク



祈りが届く仕組み

このお話は、別に信じてもらわなくても全然構わないんですが・・・(笑

実は、人間と神様が、直接コンタクトを取るのは不可能なんです。

よく、霊力の強い方とかが、「わたしは神様とコンタクトをとっています☆」って方もいるんですけども、でも、スピリチュアリズムの理論で言うと、それはちょっと違うんですね。

その人がコンタクトを取っている相手は、神様ではなくて、実は、高級霊なんです。

別の記事の「わたしが神様を信じている理由」でも話しているんですけども、神様とは、宇宙の法則そのものなんですね。

関連記事
そもそも神様って何? わたしが神様を信じている理由

つまり、全自動で運行される、完璧な宇宙のシステムの事なんです☆

そのシステムのプログラムの一つに、「因果の法則」とか、「正負の法則」とか、人間の視点で見た場合の、こういったいろんな法則が観測できるワケなんです。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる

神様を、一神教(宇宙に一つしかないとてつもなく大きな存在)という事で説明すると、こういう事になるんです。

こういった、宇宙に一つしかない「大いなる存在」のことを、シルバーバーチは「大霊」って言ってますし、江原啓之さんは「グレート・スピリット」というカッコいい呼び方をしているんですね♪

神道だと天之御中主様という事になりますし、キリスト教だとGODになるんです。

ユダヤ教だとヤハウェになりますし、イスラム教だとアッラーになるんですね。

こんな感じに、一神教の場合、神様という存在は宇宙に一つしか無いんです。

ということは、あなたの近所にいるお稲荷さんとか、神社に宿っている神様とかは、スピリチュアリズムでは「高級霊」ということになるんですね。

でも、高級霊だから「なんだ、神様じゃないのかよ!」とか、そういう事ではないんです(笑

高級霊なんで、そりゃ人間に比べればもう遥かに立派な存在ですし、叡智を超えた存在であることは間違いないんですね。

だから、神道の「八百万の神」って言われるような「神様が800万人いる!」と言えばそうですし、これも間違いではないんです☆

要は、ここの解釈の仕方は、その人の認識にまかせて、別に自由でいいんですね☆

 

霊的ヒエラルキーの概念図(あくまでもイメージです)

たとえばですよ・・・

皆さんは、アリンコと人間って、コミュニケーションを取ることが出来ると思いますか?

これの答えを言いますと、これは、無理なんですよね。

もっと解りやすく例えると・・・

ミジンコと人間が、コミュニケーションを取ることなんて不可能なんです。

ミジンコと人間が、「今日はいい天気だね〜」なんて、世間話は出来ないんですねw

では、なぜ無理なのか?というと、存在の大きさに差がありすぎるからなんです。

でも、たとえば、人間と犬とか、人間と猫とかなら、まぁ一応は、コミュニケーションが取れるんですね♪

関連記事
動物と会話ができる女性のお話。黒豹との会話で判明した意外な事実とは?!

これは、人間と犬の存在の大きさ、つまり、「魂の進化の段階の差」が、それほど離れていないからなんです。

神様、つまり、スピリチュアリズムで言う「グレート・スピリット」という存在と、人間がコンタクトをとるなんてことは、魂の進化の差に開きがありすぎて、これは不可能なんです。

でも、わたしたちの祈りというのは、ちゃんと届くんですよ♪

では、何故わたしたちの祈りはちゃんと届くのか?って言いますと、皆さんには、ちゃんと守護霊さんがついてるからなんです☆

守護霊さんは、ひとりじゃなくて、大抵の人は、何人もついているものなんですね。

そして、守護霊さんは、あなたのソウルメイトでもありますし、あなたと、非常によく似た性質をしていますし、ソウルメイトの中の、あなたの一段とか二段上の進化した魂が、あなたの守護霊さんなんです。

更に言うと、実は、守護霊さんにも守護霊さんがついているんですよ(笑

守護霊さんの上についている守護霊さんにも、やっぱり守護霊さんはついているんです(*´∀`*)

更にその上の守護霊さんにもまた守護霊さんがついていて・・・という感じに、こういった魂の階層構造は、無限に続いているんですね。

そして、その一番上の行きつくところが、スピリチュアリズムで言う「グレート・スピリット」という大元の神様の存在なんですね☆

たとえば、伊勢神宮は、日本担当の神様なんです。

氏神様というのは、その地域担当の神様なんです。

更に言うと、アジア地域代表の神様とか、地球担当の神様とか、太陽系担当の神様とか、銀河系担当の神様もいるんですね☆

でも、これくらいの大きな神様(高級霊)であるそんな大きな存在と、人間が直接コンタクトなんて出来ないんですね。

というか、普通の人の場合は、近所のお稲荷さんとか、氏神様とかの高級霊でも、コンタクトを取ることなんて出来ないんです。

何故かと言うと、魂の進化の差(つまり霊格の差)が違いすぎるからです。

では、何故あなたの祈りがちゃんと神様に届くのか?と言うと、間を仲介してくれる高級霊が、その間に何人もいるからなんです。

その霊の代表格が、あなたの守護霊さんなんです☆(*´∀`*)ノ

更に、守護霊さん上についている守護霊さんも、また仲介してくれるんです。

更にその上についているもっと霊格の高い守護霊さんとかが、皆んなで力を合わせて、祈りを届けてくれるんですね♪

例えるなら・・・・

平社員のあなたが、高い志を持って「この会社の仕組みを変えたいんだ!」って思ったら、まずは、直属の上司に言うんですよね。

いきなり社長に言っても、話は聞いてもらえないんですw

そしたら、その上司は、今度は部長にお願いするんですよ。

部長は、専務にお願いするんです。

専務は、社長にお願いして、社長は、株主とかに相談したりとか、顧客にも相談するんですね。

こんな感じに、霊界というのも「階層構造」になっているんです。

自分の会社の本当に権限を持っているのは実は株主だけど、その株主とは直接会うこと話すことも出来ないのと同じ様に、神様と直接コンタクトは出来ないんです。

では、わたしたちが、高次な存在に「いつもありがとうございます」と、こういった神様を称賛する言葉を言った時に、高級霊たちが、あっちの世界で何をしてくれているのか?と言うと、高級霊たちも、同じ様に「ありがとうございます!」って祈りの言葉を、あの世で唱えているんです☆

あの世というのは、思考が瞬時に現実化する世界ですし、そもそも、思考は現実化するんですね

だから、神様に応援されるような人で人生がうまくいく人というのは、簡単に言うと、そんな人には守護霊さんと呼べるような高級霊が、何十体とか、下手すると何千体とか何万体とかついていて、その人のために、そういった高級霊が皆んなで一斉に祈ってくれるんですね

関連記事
神様が応援する“お金の稼ぎ方”と仕事のお話

そして、その祈りの想念が、物質化現象として人間界に現れてくるんです。

これが、祈りが現実化するメカニズムだと言えるんですね☆

まぁ、信じたくない方は、全然信じていただかなくてもいいですけどねw

 

ちゃんと祈りが届くにはどうすればよいか?

多くの方は、神社で不平不満を言っているだけなんですね・・・

「合格できますように!」とか、「結婚できますように!」とか、「商売繁盛お願いします!」なんて神様に祈るのは、これは、自分の人生に対する不平不満なんです。

では、あなたが何か達成したい願望とかがあったとしたら、どうすればよいか?というと、こんな風に祈るのがいいんです・・・

たとえば、志望校に合格したいのなら「わたしは、いままで一生懸命勉強してきたので志望校に無事受かりそうです。ありがとうございます!」って言えばいいんですね☆

家内安全を祈願するなら、「おかげさまで1年間無事に健康に過ごせました、ありがとうございます」「来年も健康に過ごせるのは神様のおかげです。ありがとうございます!」と、こんな感じに感謝の言葉を伝えればいいんです♪

この時に、たとえばあなたが、ちょっと意識高い系の人だとして、達成したい目標とかがあるとしますね。

そんな人が、神様と呼ばれる高級霊たちの力を借りたい場合、どうすればよいか?というと、まずは、自分の力で、色々とやってみることなんです

そもそも、わたしたちの魂は、経験を積むためにこの世に来ているので、やっぱり、率先していろんな事を経験したほうがいいんですね。

で、こうやって自分の力で色々やチャレンジすることを、あなたのハイヤーセルフも望んでいるんです。

更に言うと、失敗も恐れちゃだめなんです。

何故かと言うと、私達の魂は、失敗も含めて、色んな経験を求めているからなんです

まずは、自分の手足を使って、行動をするということが大切なんですね。

関連記事
ラクをして簡単に手に入れたものには価値はない

トイレ掃除の話にしてもそうなんですけども、たとえば、出先のお店とかでトイレ掃除をすると、そのお店担当の神様(つまり高級霊さん)が、「あ、うちのトイレ掃除してくれてありがとう!、じゃぁお礼にあなたの人生も応援するわ〜!」って感じに、トイレ掃除をした人に対して、守護霊的な役割で応援をしてくれるんですね。

だから、世の中に対して徳を積み続ける人というのは、守護霊さんだけでなくて、高次な存在が、何千人とか何万人とか、ついているんです☆

関連記事
トイレ掃除でお金が入ってくるのは、どうやら本当らしい
徳を積むと幸せになる。人のために力を使うほど人生は自由になるのです

そんな高次な霊たちが、「霊団」となって、その人のために、皆んなで一斉にあの世で祈ってくれるんです。

そういった高級霊たちの、もの凄い量の祈りのエネルギーが、その人の人生をどんどん良い方向へ持っていくんですね。

徳を積むということは、実際の行動が大事なんです。

徳を積むというのは、上にいる高級霊たちに喜んでもらうことをする事です。

では、「高級霊は何をしたら喜ぶのか?」と言うと、人類全体の霊格が上がるような行動なんですね

何故かと言うと、人類全体の霊格を上げること、つまりは、「人類全体の魂レベルのアップ」が、高級霊たちのあの世でのお仕事だからなんです

つまり、人間界で徳を積む人というのは、高級霊たちのお仕事のお手伝いをする人なんですね

だから、徳を積み続ける人に対しては、高級霊たちも、嬉しくて力を貸してくれるんですよね♪

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事
霊界ってどんな所? 想像を超える霊界の美しい暮らしと魂のお話
人は人生の旅人なのです
自分探しは意味がない!? あなたの使命は生まれる前から決まっている
人は「人生物語」という映画を生きている。あなたと共に在る高次霊団のお話

スポンサーリンク



Youtube動画はこちら