すべての人類が「愛と光の存在」なのです☆

すべての人類が「愛と光の存在」なのです☆
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




※このブログは2020.5.25にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は「愛」について、再度話してみようと思います☆(*´∀`*)ノ

今日のお話も、たぶん半分くらいの方には共感してもらえないだろうな〜というのを覚悟をして、「ただ自分が喋りたいから喋る!」というスタンスで、お話していきますね(笑


スポンサーリンク



なぜ多くの方は「愛=許し」と捉えているのか?

最近は、新しいリスナーの方も増えてきて、それはそれですごく嬉しいんですけども・・・

ただ、そうなると今度は、以前と同じ様な質問が、また繰り返し大量に来るという現象が起きるんですよね(笑

そのひとつが、「愛」の解釈についてです。

たとえば「愛とは何か?」を考えたときに、皆さんが認識されている多い答えが「愛とは許すことだ」と、こう答える方が非常に多いんです。

「愛とは許しである」と言えば、確かに、許すことも愛の概念に含まれると思うんですね。

ここは、まぁ間違いないかなと思うんですよ。

たとえば、先日いただきましたコメントの一つをご紹介しますと・・

全てを受け入れるという無条件の愛という概念については分かるのですが、やはり、人間関係というものは双方向なので、浮気や不倫をする相手でも許す(愛する)にしても、それは心の領域においてで、実際の現実面では、そうされた場合、相手に対して適切な言動に出る必要があると思います。

それは自己の尊厳(愛)にもつながると思います。

自分側と相手側の出方によって作り上げられていくのが愛だと思います。

いつも学ばせていただいてますが、どうも違和感が拭えなくてメッセージしました。

との事だったんですね(*´∀`*)

このコメントは、結構前にアップした「愛」について話した動画に頂いたコメントなんですけども、たぶん多くの方は、この方のコメントを読んで「的を得てる」と感じたと思いますし、「良いこと言っているな」と感じたんじゃないかな?と思うんですよ。

でも、わたしはあえて「確かにそうなんですけども、でも、愛ってそれだけじゃないですよ」って返信をさせていただいたんですね。

それは何故かと言うと・・・

たとえば「愛=許し」なら、一生パートナーが出来ずに、一生独身で子供も出来ない人は愛がないのか?という事になるんですよ。

更に言うと、無人島で一人で住んでいる人がいたとしたら、その人は愛が無いの?って事になるんですよね。

もっと言うと、世の中には、生まれてから寝たきりの植物状態で、ただ心臓と脳だけが動いていて、誰ともコミュニケーションを取ること無く一生を終えて死んでいく人もいるんですよね?

では、こういう人は、そもそも愛という概念とは無縁の世界に生きているの?って事になっちゃうんですよ。

 

愛とは「自分と相手」の相対性で計るものではない

これは、精神世界を考えるときに、大切なことなんで、あらためてお伝えしますけども・・・

愛というのは、全ての人が最初からを持ってるモノなんです

愛がない人なんて、この宇宙にいないんですよ。

どんなに凶悪な犯罪者でも、本当は愛のかたまりなんです。

信じられないかも知れませんけども、そうなんですよ(笑

ただ、それが、過去世から積み重ねられてきた膨大なカルマ(因果)によって、本質的な愛の部分が隠れちゃってるんですよね。

だから、わたしたちは、一回一回の転生による人生で、過去世のカルマを消し行き、カルマの奥に隠れた「愛の部分」をなるべく発揮するために、この世に何度も生まれてくるんです。

では、愛とは「どうやって発揮するものなのか?」というお話をしますと・・・

まず、ほとんどの人は、愛というのを、相手と自分と言った「人間関係」というシチュエーションの中で「愛」というモノがあると考えてるんですね。

だから、多くの方は「愛とは許しである」と解釈するんです。

要は、人間関係で発生した、たとえば「相手を傷つけてしまったこと」とか、「自分が傷ついてしまったこと」とか、こう言うのを全て許してあげるのが愛なんじゃないか?って解釈するんですね。

でも、ここで「相手と自分」って言ってる時点で、もう考え方が分離してるんですよ。

なぜなら、魂とはワンネスだからです

だから、「なんで分けて考えてるの?」って事なんですよね(笑

関連記事
自分軸で自由に生きる☆ワンネスを意識し魂に正直になる生き方のススメ
ワンネスとは何か? 解りやすく解説します☆


スポンサーリンク



愛とは、相手は関係なく、ただ自分が発揮するもの

わたしは、別の動画で「愛とは光みたいなもんなんだよ」と、わたしなりに一応は結論を話してるんですね。

ただ、周りを照らして、優しさや、暖かさや、もちろん「許す」ということもそうなんですけども、こういったエネルギーを、ただ自分が発揮するんですね☆

こういったエネルギーを、相手がどうとか関係なく、全ての人が本当は持ってるんです。

それを、自分が持ってるんだ!ってことを思い出すために、私達は何度も転生をしてくるんですよ。

だから、本当は「全ての人が、愛と光の存在」なんです。

斎藤一人さんの有名な教えで、「我は神なり、愛と光なり」という言葉があるように、何年も前に、一人さんが簡潔な言葉で答えを出してくれてるんですよね(笑

皆んな「自分と相手」とか、恋人同士なら「わたしと相手」とか、親子関係なら「わたしと子供」とか、「わたしと親」とか、そういう風に分けて考えちゃうんですよ。

でも、これは本当に周りをよく見渡して冷静に考えてほしいんですけども、一生パートナーが出来ない様な人なんて、実際わたしの友達にもいますし、そんな人は世の中には沢山いるんですよ。

では、そんな人は愛を出せないのか?というと、そんなワケないんですよね。

ちょっと話がソレますけども・・・

人の見た目というのは、実は、霊格が高くなると整ってくるんですよ。

これはちょっと誤解を与えやすいことだから、本当はあまり言いたくなかったんですけども・・・

簡単に言うと、魂レベルが高い人は「美男美女」なんです。

と言っても、これは「霊界での話」なんですけどね(笑

この世では、むしろ、逆になることも多いんです。

別の動画の「魂レベルは見た目に影響するのか?」とかいう動画でも確か話したと思うんですけども、この人間界の道理で言うと、人の見た目というのは、因果によって決定されるんですね。

それも、生まれる前に自分で決めてくるんです。

関連記事
魂が綺麗な人は美人やイケメンに生まれてくる!? 魂の性質は容姿に影響するのか?

だから、霊格が高い人は、よりレベルの高い学びを行うために、生きていく上であえて不利になるような、異性から観てまったく魅力が無い様な見た目を選択する事もあるんですね。

ただ、そんな人も、あの世に還っていくと、あの世では自分の本質がどんどん現実化されていきますので、魂が綺麗な人は、どんどん綺麗な整った見た目に戻っていくんです。

と言っても、これはあくまでも霊界での話で、この人間界はカルマが優先されるので違いますよ!ってことなんです。

 

愛の本質は「人類愛」であり、 全ての存在に対する愛なのです

ジョン・レノンは、しょっちゅう愛を語ってたんですよ。

歌の中でも、いつも「Love」って歌ってたんですよ。

では、ジョンの言う「Love」という言葉は、恋人同士や、結婚している人など、パートナーのいる方にだけ向けて「Love」という言葉を使っていたと思いますか?

マイケル・ジャクソンも、コンサートので「皆愛してるよ☆」といつも言っていたんですよね。

マザーテレサも、愛を語ってたんですよ。

では、彼らが語った愛は、「わたしと、あなた」という、対人関係の事を言っていたと思いますか?

これは、本当に多くの方が見落としていると思うんですけども・・・

歴史上の偉人達、聖人君主が語る「愛」というのは、自分と相手の恋愛とか、親子の愛とか、そういう愛の事だけを言っているんじゃないですよ。

「博愛」という言葉があるように、「人類愛」の事を言ってるんです

もっと言うと、人間の魂だけでなくて、地球上の全ての生き物、自然、もちろん、石っころとか水とか空気とかも含めた「全て存在に対しての愛」なんですね

これが、愛の本質なんですよ☆(*´∀`*)ノ

皆んなが、思っている愛というのは「恋愛の話」なんです(笑


スポンサーリンク



恋愛は、ただ楽しむモノであり、それ以上でもそれ以下でもない

恋愛というのは、精神世界のレベルで見ると、学びと言うよりも娯楽なんですね。

そんなに深い意味があることじゃなて、ただ楽しむのが恋愛なんです。

皆、恋人やかパートナーが自分の思い通りに動いてくれない!とか、こういうことばかりで悩んでいるんですね。

9割以上の人は、そうなんです。

でも、本質的なことを話しますと、それも含めて、恋愛とはただ楽しむもんなんですよ。

遠距離恋愛で2ヶ月とか3ヶ月逢えないのが辛い!とか言う人もいますけども、それだけ何ヶ月も会えない時期を引っ張るから、次に会えるときにめちゃくちゃ嬉しいんじゃないんですか?

毎日会ってたら、どんなに好きな相手でも飽きますよ?

だから、みんな結婚してもすぐ離婚しちゃうんじゃないのですか?

もちろん、離婚するのが悪いんじゃないんですよ。

べつに、したいなら何度でも離婚すればいいですし、結婚も何度でもすれば良いんですよ(笑

二股かけたい人は二股かければいいですし、不倫が好きな人は、不倫でドロドロの修羅場を楽しめば良いんですよね(笑

それも含めて楽しむのが、恋愛なんです(*´∀`*)

恋愛とは、相手が自分の思ったとおりの言動を取ってくれないから、だから楽しいんですよ

ほとんどの人は、この本質を解ってないんです。

多くの方は、お互いに思い通りにならない人間関係について、ああでもないこうでもない、と言ってるだけなんですね(笑

たとえば、男だと「ツンデレ系が好きです〜!」って人もいると思いますし、女の人だと「わたしはオラオラ系の男に惹かれます〜!」って人もいると思うんですけども、これも、そういう事なんですよ。

相手が、自分の予想に反した行動をちゃんと取ってくれるから、だから、恋愛というのはドキドキしますし、楽しいんですよね☆

でも、とくに若いうちは、こういった娯楽としての相手と自分とのやり取りを「愛」だと思っちゃうんですけども、こういうのは、恋愛の「恋」の部分の本当の「初期段階」なんですね。

それが、やがて結婚して子供が生まれたりすると、今度は「親としての子供に対する愛」の意味が解ってくるんです。

でも、これも、まだ本質的な愛じゃないんですよ。

 

愛の本質とは?

最初にも話したんですけども、本質的な愛とは、自分が最初っから持っているものなんですね。

相手に対して与えるとか、反対に、自分が愛を与えてもらうとか、もう、そういうことじゃないんです。

全ての魂が、最初から持っている光の部分が「愛」なんですね

だから、究極的に愛がある人というのは、ただ「光の存在」なんです

その人がいるだけで、ただ周りを照らして、なんとも暖かな気持ちになって、安らぎに包まれる気持ちになれるのが、愛のエネルギーなんですね☆

そんなエネルギーを、もちろん相手に与えてあげるのもいいですし、自分を癒やすことに使うのもいいんですね。

これが自分を愛するって事で、自己愛というのも、これも意外と大切な理由でもあるんです。

これから2020年からは、本当に時代が大きく変わるんですよね。

そして、新しい時代には、こういう事を何となく分かってる人が増えてくるんですよ。

新しく生まれてくる子どもたちは、もう私達よりも魂が進んでるから、生まれた瞬間から、本質的にこういう事を解っている子供がどんどん増えてくるんですね。

関連記事
子供は大人より20年進化している

これから生まれてくる子どもたちというのは、もう本質的にワンネスを理解できている子が増えてくるんです

だから、そんな子供に対して、親が変なことを教えて、逆に、相手と自分を分離をさせる考え方を押し付けちゃいけないんですよね。

あとは、これからは、我慢や苦労をして、損得とか、競争意識とか、現世利益とかを優先する時代じゃないんです。

昔は、我慢や苦労が美徳だったんですけども、もう、これからは時代が変わるんですね☆

だから、逆に言うと、大人が子供に教えることなんて、あんまり無いんですよ(笑

ただ、子供がすくすくと大きくなるように、あとは、危険な時とかは守ってあげるような気持ちで、子供をサポートしてあげばいいんですよね☆

新しい時代は、本当に魂の夜明けだから、皆さん楽しみにしていてくださいね(*´∀`*)

というわけで、今日は、あらためて「愛」について、話してみました♪

スピリチュアリストのNORIでした。

関連記事
あなたは自分を愛せていますか? 自分を褒めてあげると人生が上手くいく
本当の愛とは何か? 愛の意味を勘違いしていませんか?


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら