問題は、無くならない様になっている

問題は、無くならない様になっている




※このブログは2020.6.28にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は「問題は無くならないようになっている」というお話をしますね(*´∀`*)


スポンサーリンク



問題は常に発生するようになっている

皆さん、わたしのブログや動画を見ていただいて、色んなお悩み事をコメントくださったりメールをくださるんですけども・・・

ただ、そもそも論としてお答えしますと、人生に起きる問題事や厄介事というのは、無くならないのです。

最近は、「これからは時代が変わるよ☆」と、未来予測的な事もよく話してるんですけども、たまにちょっと勘違いして、未来の世界がユートピアの様な「夢のような社会になる」と捉えてしまう方がいるんですけども、そういうことじゃないんですよね。

今の社会システムの構造的な欠陥(ピラミッド構造)が、だんだんと改善されていくことによって、今よりは良い世界になるという意味なんです。

関連記事
時代はピラミッド構造から村社会構造へ移行している! 支配構造の終焉から共生の時代へ

では、未来の世界は「何も問題が起きないのか?」というと、そう事ではなくて、問題というのは常に発生する様になっているのです。

今後は、今までの構造的な問題が、どんどんとぶっ壊れていくというか、ある勢力が今まさにぶっ壊してる所なんですけども(笑)、今までの既成のシステムが壊れることによって、確かに今までの問題は解消されていきますが、となると今度は、新しい問題が必ず出てくるようになっているのですね。

そして、新しく出てくる問題というのは、おそらく、今のわたしたちが想像もできないような高度な問題だと言えます

この話を説明するために、ちょっと例え話をしますと・・・

たとえば、今から400年前〜500年前は、日本は戦国時代だったワケです。

当時の人の悩みというのは、おそらく「生き残るためには、どうすればいいか?」というシンプルな事を常に考えていて、それが悩みだったと思います。

昔は、ちょっと飢饉が起きると、すぐに食料もなくなっちゃいますし、そこらじゅうで戦(いくさ)をやってたわけですから、いつ自分が殺されても不思議じゃない時代だったのです。

だから、当時の人々には「命の危機」という問題が常にあり、それが悩みだったのですよね。

でも、やがて時代が変わり、信長から秀吉へ、そして家康が出てきて江戸時代になると、今度はもう「死」に対して悩むことは、だいぶ軽減はされたんですね。

だから、江戸の人々は、心に余裕ができたから、歌舞伎とかの色んな芸術が開花した時代だったのです。

こんな感じに、時代というのは、問題を解決して良い方向へ進む様にはなっているんですけども、だからと言って、その時代に生きる人達の「心の問題」や「悩み」が無くなるのか?というと、それは無くならないんです。

確かに、江戸時代の人は、それ以前の戦国時代の時代の様に「命の危機」で悩む事は無くなったんですけども、でも、ほとんどの人が、まだ農業をやっていたわけなのです。

農業と言っても、今の時代の様に耕運機あるワケでは無いので、すごい重労働なんですよね。

だから当時の人は、40歳くらいになると、過重労働によって体がボロボロに壊れちゃうから、だから平均寿命が40歳位までしか生きられなかった・・・と言えるんです。

もちろん、当時の人の寿命が短かかった理由は、「医療技術が無かったから」というのもありますが、農業や漁業など、ものすごい重労働をしていたからだとも言えるのです。

つまり、江戸時代の人は、「戦で命を落とす恐怖」からは開放されても、「生きていくために重労働をしなければならない」という問題からは、開放されていなかったのですね。

 

現在の日本では、生きるための問題は既に解決されている

でも、今の時代の日本に限って言えば、「生きていくために重労働をしなければならない」という問題は、実は解消されているのです。

皆さんも、「食べていくために、仕事をしなければならない!」という話はよく聞くと思うんですけども、実は、これはまったくの幻想なんですよ。

何故か?と言いますと、日本には生活保護というシステムがあるので、実は働かなくても生きていけるからです。

皆、「食べていくために仕事をする」なんて言いますが、本当は「人よりも贅沢な暮らしをするため」とか、「平均的な生活水準で生活するため」と、こう言う理由で皆んな頑張って働いていている・・・というのが本当のところだと思うんですよ。

日本では、もう既に今の時点でも、「食べるために働かなければならない」という問題は解決されているのですね。

では、そんな現代人は、今度は「どんなことで悩むのか?」というと・・・

今度は、「会社の人との人間関係」や、「親子の仲」や、「子育ての事」や、「不倫相手がどうのこうの〜」とか、「恋人ができません〜」とか、こういう事で悩むんですよね(笑

では、戦国時代に生きていた人は、「会社の上司がムカつく」とか、「同僚に嫌なヤツがいる」とか、そんなことでは悩んでいたと思いますか?

もちろん、戦国時代の人たちは、そんなことでは悩まないんです。

そんな事で悩む以前に、「どうやったら生き残れるだろうか?」とか「どうやったら家族を守れるか?」と、ここを真剣に悩む必要があったから、人間関係のイザコザで悩んでいる暇なんて無かったんですね(笑

こんな感じに、人が持つ「悩み事」とか「問題意識」というのは、時代と共にどんどん変わっていくのです。

そしてこの時に、「問題の内容」というのは、時代が進むに連れて「より高度で複雑な問題」が発生してくると言えます

というワケで、今から20年、30年と経ったら、おそらくは、私達の常識では予想も出来ない様な新たな問題が起きてきて、そんな予想も出来ないような問題に対して、人々は悩む事になるのですね。


スポンサーリンク



進化成長するから、新しい問題が常に生まれる

これは、どこかの科学者が言った言葉なんですけども・・・

科学というのは、新しことが何か一つ解明されると、更にまた解らないことが2つとか3つくらい発見される・・・という事らしいのです。

だから、科学にしても学問にしても何でもそうなんですけども、人間の物事に対する理解度や知識レベルが先に進めば進むほど、その分、解らない事が倍々で増えていくことになるんです(笑

これは、スピリチュアルな世界でも、よくドツボにはまっている人がいるんですけども・・・

たとえば、宇宙人というのは、わたしは当然いる☆と思ってるんですよね♪

ただ、わたしとしては、ここまでなんです。

でもここで、プレアデス星人がいて、アンドロメダ人がいて、トカゲのレプティリアンがいて、グレイはアンドロイドで、あとは、人間を作ったのはアヌンナキだとか・・・こういう事まで言い始めると、もう何が本当なのかなんて検証する方法も無いですし、真実は解らないのですね(笑

だから、わたしとしては「宇宙人は居ますよ」とは言いますが、でも、それ以上は語らないようにしてるんです。

つまり、いくら考えたり調べたりしても、絶対に答えが出ない様な事で悩み続けるのは無意味なのです(笑

人間というのは、時代が進めば進むほど、より高度な問題や悩み事に出くわすようになっていますが、これは、一人ひとりの人生で考えても同じだといえます。

簡単に言うと、一生の間で「何も問題に直面しない人」というのは、実はいないんですよね

わたしは、今までに、そんな人を誰一人として見たことがありません(笑

どんな人の人生にも、ちゃんと問題が起きるんですよ。

でも、人生に起きる問題というのも、霊的視点で観ると別に問題じゃないのです。

ただ、シンプルに言って「出来事」が起きているだけなんですね。

そして、その出来事にも本当は意味は無いのです。

関連記事
人生に起きる全ての事に意味はない
ハイヤーセルフと魂の仕組み☆あなたの人生は、何が起きても問題ないのです
なぜ望まない出来事が起きるのか?ハイヤーセルフと人生の仕組み
宇宙には“幸せ”も“不幸”も存在しない!?

 

人生は、その人にとって、ちょうどよい問題が起きている

起きる出来事に、意味を付けるのは、その人それぞれが持つ「カルマ(因果)」によって違うだけです。

たとえば世の中には、毎日パチンコばかりして貯金が全然できなくて、それどころか借金まで作ってしまっても、それでも全然へっちゃらな人がいるんですよね(笑

片や、毎月コツコツ貯金をして、貯金が二千万とか三千万とかあっても、それでも老後が心配で心配でしょうがない・・・と、凄く悩む人もいるんですよ(笑

お金に関して言っても、人それぞれで、これくらいの認識の違いがあるんです。

別の例え話をしますと、たとえば会社の営業成績がいつも部署で最下位でも、本人はそんな事をまったく気にしないで楽しく生きている人もいますし、反対に、いつも営業成績がトップで、それが、たまたま今月は他の人に抜かれて2位に落ちちゃたってだけでも、すごく悩んで落ち込む人もいるんです。

つまり、「起きる出来事」というのは、その人それぞれにとって、ちょうどよい出来事が起きてるだけなのです。

要は、その人にとって、その人本人が「これは問題だ」と思う様な出来事が起きてくるということなんです

そして、起きる出来事は、それぞれが持つ「因果」によって決まってきます。

関連記事
因果とは? 前世の因果は今世の人生に現れる

因果というのは、本当に人それぞれ皆違うんです。

たとえば、わたしの場合は、生まれつき体が弱くて、子供の頃から運動とか全然出来ませんでしたし、病気ばかりしてたんですね。

では、「なぜ私がそういう体に生まれたのか?」というと、わたしの持つ因果が、「私自身が、体が弱くて病気ばかりする事を凄くネガティブなことだ」と捉えているからなんです。

だから、仮に自分の因果を簡単に知る方法があるとしたら、それは、今のあなたが「こうなったら自分は嫌だな」と思うことが、それがあなたの因果なんです

というわけで、因果を消す方法として一番いいのは、起きた出来事に対して「それが何か?」「そんな事、わたしは一ミリも気にしていませんよ☆」と思うことなんです(笑

離婚問題や不倫とかで悩む人も依然として多いのですけども、そんな事で悩まなくていいんですよ。

離婚でぐちゃぐちゃになっても「それが何か?」って思ってればいいのです(笑

起きた問題に対して「それが何か?」って平然と涼しい顔をしていられるようになったら、自分で設定してきた因果解消のプログラムを一つ乗り越えた☆という事になるんですね♪

そうしたら、しばらくの間は問題は起きないのですけども、ただ因果というのは、ほぼ永遠に無くならないのです。

何故かというと、魂は、とにかく色んな経験をすることを楽しみにしているからです☆

でも、これは言いかえると、魂は「色んな因果を作ることも楽しみにしている」という事にもなるのです。

 

魂は、経験を求めているだけ

悪い因果(つまりカルマ)を作ったら、未来世でそれを解消する事になりますし、良い因果(ダルマ)を作ったら、未来世で一見するとご褒美とも解釈できるような良い出来事を受け取れるのですね☆

とは言っても、こういった因果の仕組みは、わたしが見てる感じだと、結構皆んな現世のうちに経験するみたいなんですよ。

簡単に言うと、若い頃に好き勝手に悪い事をしてきた人は、40代、50代になったら、必ず落ちぶれていますし、悪い事をしたら、ちゃんと逮捕されてますし、人に迷惑をかけたら、ちゃんと自分に返ってきてるんですね。

そういった意味もあって、わたしは、死ぬまでに一生何も問題なくずっと幸せで生きてきた人を、今までに一人も見たことがありません。

ただ、ごくごく稀になんですけども、あきらかに人生に問題が起きているのに、本人はそれを問題とは捉えずに、あっけらかんと楽しく生きている人はいます。

でも、そんな人も、最初っから「問題を問題と捉えないような考え方が出来たのか?」というと、それはおそらく違うんですよね。

やっぱり、若い頃は色々悩んだりするんですよ。

「どうして自分だけ病気になっちゃったんだろう?」とか、「どうして自分だけ、こんなに貧乏なんだろう?」とか・・・こうやって悩む時期を一度や二度は経験するんですけども、でも、いつかは「悩むこと自体が無駄だし、悩むというのは自分から自分を不幸にすることなんだな」という事に気づく様になって、だんだんと、出来事に対して深刻になることが無くなっていくのです。

こうやって、人は成長していくんです。

逆に、こんなパターンの人も極稀にいるんですけども、死ぬ間際までに誰かの悪口を言い続けて、恨み心を持ったまま死んでいく人もいるんですけども、こんな人は「今世の人生は、まったく成長できませんでしたね」という事なんです(笑

というわけで、人生には「問題」と思えるようなことは必ず起きるようになっていますし、霊格が高い人ほど、相対比較的に「大きな問題が起きる」と言えるのです

関連記事
あなたに辛い事が多いのは、あなたの魂のレベルが高いからなのです

更に言うと、精神的な学びを熱心に行って、問題を解決すればするほど、今度は新しい問題がどんどんと出てくるんです。

だから、その都度、その問題に深刻に思い悩むことを辞めて、問題が起きても、それを逆に面白がったりとか、楽しんじゃうような考え方の方がいいんですよね☆

関連記事
スピリチュアルな不思議現象は、怖がらずに面白がった方がよい

よく「悲劇のヒロイン」って言うじゃないですか?

あれと同じで、もしも自分の人生には酷いことが一杯起きているな・・・と思ったら、逆にその状況を「悲劇のヒロイン」みたいに楽しめばいいんですよね。

つまり、人生をゲーム感覚で捉えて、楽しめばいいのです

こういう事を繰り返していると、ある時点で過去を振り返った時、「過去のあの酷い出来事があったから、今こうして幸せに生きていられるんだな〜」と、こういう風に思えるようになるんですね。

もちろん、それプラス「徳を積むような事」もやればいいんですよ。

さき程も話しました通り、わたしの見る限りでは、若い頃に横着に生きてきた人は、やっぱり40代50代になると逮捕されたりとか運転免許を取り上げられたりとか、資産が無くなったりとかしてるんですよね。

人生には、因果によって、生きている間にも、こういう事が起きてくるんです。

ということは、逆に言うと「徳を積む」ことを熱心に繰り返していると、それが何年後に自分のところに返ってきますよ☆という事になるんです

たとえば、小林正観さんのトイレ掃除の話は、わたしのチャンネルでも何度も話してるんですけども、今までにコメント欄やお問い合わせで、「トイレ掃除をしたら本当にお金入ってきました!」という方は、正確には数えていないですけども、たぶん100人以上いるんですね。

だから、問題を問題と捉えないことも大切ですし、徳を積むことも大切なんです☆

というわけで、今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした。

関連記事
徳を積むと幸せになる。人のために力を使うほど人生は自由になるのです
トイレ掃除でお金が入ってくるのは、どうやら本当らしい


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら