戦わなくても世界は変えられる

戦わなくても世界は変えられる




※このブログは2020.8.8にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日のお話は、あなたが政治に文句を言ったりして「戦う」という選択をしなくとも、別に世の中を変えることはできますし、あなた自身も幸せになることが出来るのです!と言う話をしますね( ´ ▽ ` )ノ


スポンサーリンク



「戦う」という選択をした人は、低くて重い波動領域を選択したことになる

私は以前から、「愚痴・不平不満・悪口・文句・妬み心・恨み心」といった様なネガティブな考えを持つことや、これらの感情を言葉に出して言う事は、自分にとってよくない事だと繰り返しお伝えしています。

関連記事
不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句は、一切言わない方が良い理由
不幸の連鎖を断ち切る。愚痴や不満を言うことは他人に迷惑をかけている

ただ、私がこう言うことを伝えますと、「いやいや、そうは言っても、政治に文句を言うのは必要ではないですか?」と言う意見も、結構あったのですね。

中には、「わたしは政治に関わる仕事をしてます」と言う方からのコメントも頂きましたが、その方が霊能者に観てもらったところ、どうやら龍神様が付いているらしく、「龍神様の力も借りられるので、私は政治の不正と戦います!」と宣言をされた方もいらっしゃいました。

もうちろん、そういった「戦う」という選択をするのも本人の自由ですし、実際こうして皆んなが大きな声を挙げることによって、政治が変わる事もあります。

日本人は、おしなべて大人しい方が多いですし、欧米の方に比べたら平和的な方が多いと思います。

それはおそらく、日本人の一部が縄文人の血を引いているからだろう・・・と、私は考えています。

わたしたちには、一人ひとり自由意志があるので、どんな人生を生きるのか?は、本人が自由に決めていいですし、人の人生に対して、他の人が「あなたの生き方は間違っていますよ!」なんて言うのもナンセンスです。

生き方は、全部自由に本人が決めればいいのです。

ちなみに私は、人と喧嘩するのが嫌いですし、のほほんと生きたいので(笑)そうな人生のタイムラインを選択します。

片や、世の中には、「今の政治の不正が許せないから、権力と真っ向勝負で戦います!」という方もいるんですよね♪

ところで・・・今、いたるところで二極化の話が出ています。

ただ、私としては「二極化」というよりは、人それぞれ全員が自分の世界を作り出しているワケなので、各々が違うタイムラインのレイヤーに分かれていくのかな?なんて考えていますが・・・

ここは一旦、2極化なのか?3極化なのか?4極化なのか?は置いておいて、とりあえずは「分かれる」という前提でお話しますね☆

この時に、仮に、「戦う」という選択をした方の波動は、軽くなるか?どれとも重くなるか?さて、どちらでしょう?

当然、「戦う」と言う選択をしたからには、その人の中には「怒り」の感情や「憎しみ」の感情があるわけなんですよね?

ということは、当然、その人自身は、重くて低い波動領域を選択するということなのですよ

つまり、こんな人というのは、「わたしは高次な存在に守られているから〜!」と言いながら、怒りの感情や、憎しみの感情を山ほど持って居るということなんです

では、これから世界が2極化するとして、この人はどちら側に行くのでしょうか?

ということです(笑

 

あえて自分の振動数を落として、低い波動領域を選択するライトワーカーも居る

つまり「戦う」という選択をした時点で、結局は、大昔から人類がやらかしてきた間違いを繰り返すことになるのです。

分かりやすい事例としては、「神の名のもとに!」というスローガンを掲げて、他所の国を侵略し、土地を奪い、先住民を迫害してきた人たちです。

コレれはちゃんと歴史が物語っている事実です。

ただ、いつもお伝えしているように、「戦う」という選択をする人の波動が低くて重いから、それが劣っているということではありません。

もちろん、戦わずに平和を選択をする人が、高くて軽い波動になるから優れているとか、そういうことでもありません。

これは優劣の問題ではなく、「自由意志により、どちらを選んだか?」というだけであり、「わたしはカツ丼を食べます!」「あなたは親子丼を食べるのですね♪」と、これくらいの違いなのです(笑

これは、どちらが良くて、どちらが悪いということではないのですね。

関連記事
宇宙に善悪は存在しない

今、宇宙には、11次元までの時空が存在するとか、今まさに12次元目の時空が誕生しようとしているとか、色んな話がありますが、しかし、3次元が劣っていて5次元が優れているとか、そういうことではありません。

たとえば、よく言う「ライトワーカー」と呼ばれる魂の中には、どうやら「戦う」という選択をする魂もいるみたいなのです。

つまりこれはどういう事か?と言うと、ライトワーカーの中には、自分で自分の波動を落とす事を決めて、低い波動領域に留まることを、自分で選択している人も居るということです

ということは、「戦う」という選択をしたライトワーカーは、自ら「次元上昇をしない」という選択をしているということになるのです。

だから、「自分はライトワーカーだから真っ先に次元上昇できるはず☆」とか、「自分はスターシードだから、もう5次元世界にいるはず☆」とか、そういう理屈ではないのです。

3次元を選択する人は、生まれる前にその事を自分で決めてきてるわけですので、3次元で生きる人生になります。

そしてこの時に、自分がこれからどんな世界に移行するのか?なんてのは、もう、自分の身の回りを見れば解ると思うのですよ。

あなたは今「誰かを許せない!」と思っていませんか?

憎しみや怒りの感情を持って生きていませんか?

あなたの周りで、揉め事ばかり起きていませんか?

あなたの周りに起きている事象が、ネガティブなのか?ポジティブなのか?これが、あなたにとっての答えなのです

なぜなら、あなたの周りに起きるすべての事象は、あなた自身が生み出したことですし、目に見えるすべての出来事は、「あなた」というフィルターを通して出来事を解釈しているだけだからです

関連記事
ポジティブな人はポジティブな現実を自ら作り出している
あなたの身に起きる出来事は、あなたの心の投影でしかない


スポンサーリンク



あなたが戦わなくても、戦うことが好きな人が戦ってくれる

わたしは、テレビのニュースを全く観ません。

そのため、わたしの周りには「揉め事」は、ほぼ発生していないのです。

もちろん、ほんの少しは揉め事はありますけども、でも、大きな揉め事やネガティブな出来事は、自分の近くには無いのです。

もちろん、今世界でどんなネガティブな事象が発生しているのか?という事は、一応は知識として知っていますが、ただ、私からすると、今世界で起きているあらゆるネガティブな事象は、自分とは違うタイムラインに発生してることなんだなぁ。という感じにしか思わないのですね。

どこか遠くのよく解らない外国で戦争や紛争が起きていたとしても、わたしの感覚では、それは「映画の中の話」なのです。

だから、ネガティブな映像を何かの拍子にチラッと観ちゃったとしても、それで私がネガティブに引っ張られる事もありません。

ですから、常識的な人から見ると、たぶん私は物凄く浮き世離れしているように見えるでしょうし、天然バカに見えると思います。

でも、浮世離れしていていいのですよ☆

もしも、あなたが、これからはもっと平和に、支配や依存が存在しないフラットな世界で生きていきたいと思うなら、今この瞬間、天然ボケで、のほほーんとしているのが正解なのです(笑

このチャンネルを観てくださる方は、おそらくは「平和的な世界を選択したい」と思ってる方が多いと思います。

でも、世の中には、憎悪を持って「戦う」という選択を自分から好んでする方も居るのです。

だから、仮にわたしちが日々のほほほ〜んとして、憎しみや憎悪や怒りとは無縁の世界で生きていたとしても・・・

戦うことが好きな人達が、ちゃ〜んと政府に文句を言って戦ってくれるのです(笑

国民が声を上げると、やっぱり、政治の体制って結構変わるものなのです。

だから、自分から「憎悪」や「怒り」の感情を持って「戦う」という選択をしてくれる方には、本当に感謝感謝のありがとうございます☆なのですよね(*´∀`*)ノ

 

各々の魂の役回り

政治批判をする方は以前多く、皆んな「阿部やめろ!」と叫んでいるようですが(笑)

ただ、別に、今起きている出来事は、阿部ちゃんが悪人だから起きているワケではないのです。

政治というのは、常にシステムで動いています。

だから、安倍ちゃんが辞めたら、安倍ちゃんの代わりの人が出てきて、その意思を継ぐだけなのです。

リーダーは決して総理大臣や大統領ではなく、もっと上の階層に世の中の動向を決めている人たちが居て、その人達が、今後の世の中の行く末を決めて、その台本通りに政治家がコマとして動いてるだけです。

ただ、こういった、今の世界の「対立する社会システム」も、ワンネスの視点で見ると、魂が、各々の役割分担を、それぞれで望んだ結果でしかありません

今の社会のピラミッド構造や対立構造も、全部、わたしたちの魂が望んだことなのです。

だから、世界でどれだけ理不尽なことが起きていたとしても、それすらも、ちゃんと各々の魂が望んだ通りの体験を、今正にしている最中なのです。

政治に文句を言っている人も、政治に文句を言いたくなるような体験を望んでいるから、今、文句を言っているのです(笑)

逆に言うと、文句を言わせてくれるような役回りの人、たとえば、悪徳政治家や、独裁者など、そういう役回りを担う魂に対しても、本当は感謝なのです。

何故かと言うと、ちゃんと全ての魂がドラマチックな体験ができる様に、悪役として転生してきてくれる方がいるからこそ、それに対して、怒ったり、恨んだり、憎んだりできるからです

ただ、わたし自身はもうネガティブで重い感情を持つのは飽きたので(笑)、だから私はイチ抜けることにしたのです(*´∀`*)♪

わたしはイチ抜けたから、だからテレビのニュースも観ませんし、人と意見が違っても「ふーん、そうなんですね」と言って、喧嘩もしないことにしたのです☆

わたしは、ただ自分が楽しめるように、のほほんと生きるという選択をしました。

ただ、こういう話をすると、「いやいや、わたしはどうしても、政治を変えたいと思うし、戦う選択をしたいんだ!」という方もいると思います。

それでいて、「自分はきっとライトワーカーのはずだから、次元上昇できるはずだ☆」と、こうやって都合よく思いたい方も居ると思いますので(笑)では、そんな方はどうすればいいか?という、ヒントになる様なお話をしますね。

 

波動を下げずに戦う方法とは?

これは、武田鉄矢さんが、昔ラジオで話されていたことなんですが、当時は結構、お隣の大国での反日デモの様子がニュースで流れていたそうです。

わたしはテレビを観ないので、デモのニュースは詳しく知らないのですが、ただ、ああいったデモ行進の様子をニュースで報道するときは、デモ行進の先頭の方を写すらしいのですね。

ただ、武田鉄矢さんが実際に中国に行った時に、たまたまデモを見たらしいのですが、そこで「あれ?」と不思議に思ったそうなのです。

デモに参加ししている人数は、合計で数万人になるらしく、これはものすごい長さの行列です。

実際、確かにデモの先頭いる50人くらいの人は、プラカード持って「日本がどうのこうの〜」と叫んでいたそうですが、ただ、後ろの人達は、皆んな笑顔で楽しそうに行列を作って歩いていたのですね☆

不思議に思った武田さんは、デモに参加しているお爺ちゃんに「これは何のデモなんですか?」と聞いてみたそうなのです。

そしたら、そのお爺ちゃんは「あ?よくわかんないけど、何か楽しそうだから一緒に歩いてるんだよ☆」と、嬉しそうな返事が返ってきたのです。

つまりコレはどういう事か?と言うと、テレビでは「何処何処で何万人が反日デモ!」と、こういう見出しでニュースをやるのですが、実際は、デモに参加している99%の人は、何のデモかも知らず、ただ面白そうだからという理由で「お祭り」として参加してるだけだった!というオチなんですね(笑

わたしは、中国にも韓国にも行ったことはありません。

しかし、実際に仕事で何回も中国や韓国に行ってる人に話を聞くと、「反日感情」なんてものは、これっぽっちも無いよ!と言いいます。

つまり、反日感情は、テレビのニュースの中だけの話であり、作られた偽の情報なのです

そもそも、政治と国民は別なのですよ。

日本だって、皆んなで阿部ちゃんの文句言ってるのと同じ様に、他所の国だって、悪いのは政治であり国民ではないのです。

何処の国でも、国民の一人ひとりは、優しくて思いやりがあり、愛にあふれる善人のほうが、割合的には多いのです。

ではここで、怒りの感情を持たずに、政治や世の中に働きかけるにはどうすればいいか?とういうヒントをお話しますね☆

たとえばあなたが、今の腐敗した世の中を変えたい!と言ったような正義感がどうしても出てきちゃうなら、一旦、自分の中の怒りの感情や、憎しみの感情は、横に置いておいてください。

その上で、お祭りをやる様なポジティブな感情を持って、「明るく楽しく文句を言う!」という事をしてみたらどうでしょうか?

つまり、ネガティブな感情を持たないような活動を、何か考えてみると良いのではないか?と私は思うのです。

たとえば、以前、アベノマスクを写真に撮って「ひどいマスクだ!」「不良品だ!」「税金の無駄使い!」と、SNSでネガティブな投稿をしていた方も多かったと思います。

でもそんな時、わたしはどうしたのか?というと、ウチにあるリラックマちゃんのぬいぐるみにアベノマスクを付けて、「おい、このマクス全然使えねーじゃねーか!と、ウチのくまちゃんがお怒りです」とツイートをしたら、それはもう「怒り」や「憎しみ」ではなく、「ギャグ」になるわけなのです(笑

つまりわたしは、出来損ないのアベノマスクを「怒り」ではなく「笑い」として、ポジティブなエネルギーに転換をして発信したのですね☆

少し前にネットで流行った、サザエさんの家族がマスクをして「マスク2枚じゃ足りねーよ」という状況を表現している面白いコラがありましたが、ああいう楽しいノリが大切なのです(*´∀`*)ノ

「笑」というのは、全てにおいてプラスに働きます。

だから、ネガティブな要因も、無理やり笑いに変えちゃえばいいのです☆

関連記事
笑わせる人と、笑われる人。笑いは人の心に光を灯す

というわけで、今日は最後に、皆さんに盛大に笑っていただくために、私のおすすめのインフルエンサーを紹介します(*´∀`*)ノ

興味の有る方は、ティック・トックで「小顔マスクマンママ」と検索してみてくださいね☆

今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした。


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら