多くの方が不思議に感じている輪廻転生の矛盾について解説

多くの方が不思議に感じている輪廻転生の矛盾について解説




※このブログは2020.8.31にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は「輪廻転生」で、多くの方が感じている疑問についてお話しますね☆

ただ、今日のお話は、あくまでも私の考えに過ぎませんので、信じるかどうかは皆様にお任せしますね〜(*´∀`*)ノ


スポンサーリンク



前世のカルマが、まるごと未来世に継承されるわけではない⁉

先日頂いた輪廻転生に関する質問をご紹介しますね。

カルマと輪廻転生の意味からみると、地球上の人口爆発は、どう解釈するべきですか?
自我と他者の位置付けについて教えていただけるとありがたいです。

ということでした(*´∀`*)

今、地球上では人間の数が増えています。

人間の数が増えているのなら、転生する魂の数も増えることになると思うのですが、これはおかしいのでは?といった事だと思いますが・・・

まず、言えるのが、輪廻転生というものは、たとえば過去世に山田さんだった魂が、未来世で、丸ごと鈴木さんに生まれ変わるというワケではないのです。

簡単に言うと、過去世で山田さんだった魂が、未来世で鈴木さんと加藤さんに分かれて生まれ変わることもあるのです。

たとえば、アドルフ・ヒトラーの魂は、未来世で、計6人に分かれて転生しているという話があります。

もちろんこれが事実かどうか?なんて検証のしようが無いのですが・・・

ただ、宇宙の仕組みの中での「輪廻転生のシステム」とは、どうやらこういうモノらしいのです。

ヒトラーは物凄い独裁者でしたし、そのせいで、大変大きなカルマを作ったと言えます。

ヒトラーの場合、カルマがあまりにも大きいから、それを解消しようと思ったら、一人の人間に転生してたら追いつかないので、だから沢山の人に分かれて転生してきたのでは?という解釈も出来ます。

とは言っても、別に大きなカルマを持っているから、多くの人に分かれて転生するというワケでもない様なのです。

別の例え話をしますね。

たとえば、山田さんという人が、200年くらい前に生きてたとします。

山田さんは、凄く女好きで、とっかえひっかえ女遊びをしまくるような、そんなロクでもない奴だったとします(笑

でも同時に、山田さんは凄く子供が好きで、未亡人の子供や、シングルマザーの子供たちを全部受け入れて、何十人という子供の面倒をみるような、そんな良い人の一面もあったとしますね。

すると、山田さんには、どんなカルマが発生すのるか?というと・・・

まず、山田さんが女遊びをすることによって、悲しんだり、嫉妬心によって苦しむ女性が何人も発生します。

そして、山田さん自身が「あ〜、あの女の人には悪い事しちゃったな〜、悲しい思いさせちゃったな〜」と自覚した時点で、それが自分のカルマになるのです。

ただ、山田さんのもう一つの側面として「多くの子どもたちの面倒を見てあげた」という立派な人の一面もありました。

そして、山田さん自身が、「自分は沢山の子供達の面倒を見てあげて、子供達やお母さんから慕われて本当に良い人生だったな☆」と自分で思った時に、今度は、「多くの子どもたちに愛され慕われた」という良いカルマ(つまりダルマ)も、同時に発生します。

だから、一人の人間が持つカルマは決して1つではなくて、誰もが複数のカルマをかかえているのです。

こういった複数あるカルマの、どの部分を選んで転生するのか?

つまり、色んな人が作った無数のカルマを、少しづつチョイスして未来世に生まれ変わる・・・というのが、転生の仕組みなのです。

この場合ですと、過去世で山田さんと呼ばれていた魂の「女遊びをして多くの女性を悲しませたというカルマ」が鈴木さんという人の魂として転生したとしたら、もう一つの「多くの子どもたちから愛され慕われました」という良いカルマ(ダルマ)が、今度は加藤さんという人間として転生するのだと言えます。

 

カルマという経験情報データをコピーして生まれてくる

カルマ(因果)とは、簡単に言うと「情報」です。

様々な経験することによって「どう感じたか?」という「体験情報」のデータなのです

魂が求めているのは、とにかく色んな経験をすることです。

経験をすることによって、そこに様々な感動が生まれます。

時に喜んだり、時に悲しんだり、時に恨んだり、時に憎んだり、時に怒ったり・・・この様に、人間の自我意識は、あらゆる経験に対していろんな感情を持ちます。

もちろん、こういった様々な経験自体には良いも悪いもないですし、優劣の区別もありません。

そこに、色んな意味をつけるのは人間の自我なのですが、言い換えると、経験に色んな意味付をして楽しむために、私たちは転生をしてくるのです

関連記事
自我意識とは?自我についてあらためて解説します

そして、様々な経験に対して、自我が「意味付け」をすることによって生まれた「悲しい」とか「楽しい」という体験情報データが「カルマ」なのです。

この話は、パソコンに例えると解りやすいのではないか?と思います。

まず、「大いなる全て」という宇宙に一つしか無い存在は、パソコンで例えると「クラウド」だと言えます。

つまり、全宇宙のすべてのデータが保存してある、超巨大なデーターベースです。

「データーベース」=「大いなる全て」ですし、これを神と呼んでもいいでしょう。

そして、「大いなる全て」に存在している無数の経験データーの、ほんのごく一部だけを持って人間界に転生してくるのが、人間の誕生です。

これを、皆さん「分離」と言っているワケです。

もちろん、最初にもお話した通り、カルマは一つだけじゃありません。

たとえば、とある人の転生前のスケジュールを解説すると・・・

その人が、どんなカルマを持って生まれてくるのか?というと、まず1つは、100年前に生きていた山田さんが作ったカルマ(経験情報)のごく一部だけを持ってきて、もう一つは、200年前に生きていた吉田さんが作ったカルマ(経験情報)のごく一部だけを持ってきて・・・と、色んな魂が作った過去のカルマ(経験情報)を少しづつチョイスしてくるのだと言えます。

だから、輪廻転生は、一人の人間がまるっと違う人に生まれ変わるという事ではないのです

よく、「わたしはお釈迦様の生まれ変わりです」と、自分で名乗っちゃう人がいます(笑

しかし、そんな人が、世界中に何百人と居るワケなのです。

では、その人達は皆んな嘘つきなのか?と言うと、そうではありません。

ある人は、お釈迦様の「Aの体験の部分」だけを持って転生してきてきていますが、また別の人は、お釈迦様の「Bの体験の部分」だけを持って転生してきているのだと言えます。

だから、一人の人間が何人にも分かれて転生するのは、よくあることなのです。

ということは、一昔前に流行った「ツインソウル」という概念も、特別凄い事じゃないという事になります。

「魂が2つに分かれます!」と、いかにも凄いことにように宣伝し、それで金儲けした人も多いとは思いますが(笑

そもそもカルマは無数に存在していますし、無数にあるカルマを取捨選択して、人生プランを設計するのが普通なのです。

だから、ツインソウルの動画でも話している通り、「ツインどうか?」なんて、全然特別なことでもないし、むしろどうでもいいことなので(笑)そんな事は気にせずに、恋愛は好きなようにやればいいのです(*´∀`*)


スポンサーリンク



輪廻転生は地球だけの話じゃない

わたしは、スピリチュアルが好きなくせに、実は、チャネリングとかには興味が無く、やりたいとも思いません。

これはおそらく実生活が凄く充実していて、日々楽しく生きているからこう思うのかな?と自己分析しています(笑

もちろん私は、魂の存在も宇宙人の存在も、当たり前のように信じてますけども、だからと言って、特定の霊とコンタクトを取りたいとか、宇宙人に会いたいとかは思わないのです。

とわ言っても、宇宙はとにかく広大ですし、わたし自身、地球外の知的生命体は当然居ると思っています。

ただ、私自身がチャネリングして、どこかの宇宙人と直接話してコンタクトを取ってるわけじゃないので、レプティリアンだとか、プレアデス星人だとか、そういった詳しいことは知りません(笑

その上でお話をしますが・・・

輪廻転生は、別に地球だけの話ではないのです。

厳密に言うと、純粋な地球生まれの魂なんて、ほとんど居ないのですね。

皆んな、別のどこかの星で転生してから、地球に生まれてきているのです。

これは、ちょっと考えれば解ることですが、魂は分霊であり神と同じです。

ということは、魂は、地球が惑星として誕生する前から当然存在していることになります。

だから、魂に刻まれた無数とも言える経験データは、地球が誕生するずっと前からあるのだと言えます。

となると、「私はプレアデス星系の生まれです〜」とか、「わたしはシリウス系です〜」と、色んな事を言う方が居ますが、これも特段珍しい事ではないですし、特別じゃ無いということになります(笑

では、よく言う「ライトワーカー」とか、「スターチルドレン」と呼ばれる魂は何なのか?という事になりますが、これはおそらく、地球で何万年と転生し続けてきた魂が、一旦は地球を離れて別の星に転生したけど、また地球に戻ってきちゃったのが、ライトワーカーとか、スターチルドレンと呼ばれている魂たちなのでは?と、私は解釈しています。

一旦は、波動の振動数を上げて、地球を卒業し、かなり上の次元の世界に転生をしたけど、また、地球の過酷な環境を楽しみたくなって、あえて振動数を下げて地球に舞い戻ってきた・・・そんな物好きな魂たちなのですね

最近は特にそうなのですが、我々のようなオッサン世代から見ると、もう完全に宇宙人にしか見えない凄く進化をした魂の子供を見ますし、そんな子どもたちは、確実に増えてきている様です。

今までの人類とは明らかに違う、明らかに精神性が進化した子どもたちが増えてきているという事実を見ると、「一旦は地球を卒業したけど、また戻ってきてくれたんだね☆」と感じるのです☆

そんな魂たちが、また地球に戻ってきてくれた理由は、きっと、我々のような「オールドタイプの魂の人間」に「目覚めの気づき」を与え、我々も含めた地球全体の波動を上げるための背中を後押しするためなのでしょう☆

こんな感じに「進化した魂」が、今どんどんと地球に転生してきている様なのです(*´∀`*)ノ

 

最後に・・・

というわけで、今日は、輪廻転生についてあらためて話してみました。

もちろん、こんな話は、全然信じてもらわなくてもOKです。

今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした。

スポンサーリンク



Youtube動画はこちら