情報開示は本当にあるの?ディスクロージャーについての私の見解とこれからの時代のお話

情報開示は本当にあるの?ディスクロージャーについての私の見解とこれからの時代のお話




※このブログは2020.11.26にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは☆スピリチュアリストのNORIです(*´∀`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます☆

今日は「ディスクロージャー(情報開示)」について、わたしの見解を話そうと思います!

スポンサーリンク



情報開示に依存をするのは「他人軸」です!

スピリチュアルな界隈では、「もうすぐ色んな情報開示がある!」という話題で持ち切りの様です。

もちろん、わたし自身、情報開示はあると思っています。

でも、最初に皆さんにお伝えしたいのは、まず、情報開示に対して過剰な期待をしないでほしいという事です。

ここ最近、わたしは同じような事を繰り返し話していますが、これからの時代は「自分軸」が大事です☆

だから、「政府が情報開示をしてくれれば、それで一気に世界が変わるんだ!」という、「他人軸」の考えは持たないほうがいいのです

たとえば、トランプさんは、Qアノンから救世主の様に扱われている様ですが、トランプさん自身が「わたしはアメリカ・ファーストです!」と言っている通り、トランプさんが当選したところで、別に、わたしたち日本人が幸せになれる!なんて事はありません。

とりあえずトランプさんが当選してくれれば、今のところは日本にとって都合がいい!というだけで、トランプさんが当選したところで、世界がユートピアになって日本人も幸せになれるというワケではないのです。

こんなことは、ちゃんと経済を見れば解ることでしょう。

こういった「ヒーローに頼る」という思考は完全に他人軸です。

そもそも、情報開示なんて、ここ数年で結構小出しで出てきています。

小出しでポツポツ出てきてるから変化が気づきにくいのですが、たとえば皆さんが、イルミナティや、ディープステートという言葉を知ったのは何時頃でしょうか?

わたしの場合、イルミナティという言葉を知ったのは5〜6年位前で、フリーメイソンについては20年位前から知っていました。

今、ディープステートとか、イルミナティとか、300人委員会とか、フリーメイソンとか、そういう言葉はもう中学生でも知っています。

だからもう、これらの情報は、陰謀でも何でも無いのです。

というか、最初からこんな事は都市伝説でも陰謀でも何でもなかった・・・というのが正しいでしょう

別に意図的に真実が隠されていたワケではなく、皆んなが興味を持たなかっただけなのです。

特に、日本ではそうなのです・・・。

 

陰謀や都市伝説は「あなたが知らなかった」というだけ

たとえば、都市伝説で有名なユーチューバーの方は何人かいらっしゃいますが、意外と帰国子女の方が多いのです。

今はだいぶマシになりましたが、以前の日本は、メディアの報道を国民が100%信じ切る様な、そんな社会でした。

でもこれが、ヨーロッパ諸国やアメリカの場合だと多少状況が違っていて、皆んな、テレビよりもインターネットなのです。

特に、アメリカの場合は、マスメディアの情報を全く信用していない方が本当に多いそうです。

たとえば、日本人で「レプティリアン」という言う言葉を知っている人なんて、ほとんど居ません。

でもこれが、アメリカの場合ですと、何と9000万人の方が、レプティリアンの存在を信じているそうです!

これは、レプティリアンを知っている人の数ではなく、信じている人の数です。

だから、知ってる人の数も入れると、たぶんアメリカ人の半分くらいは、トカゲの宇宙人の話を何らかのカタチで聞いたことがあるのだと思います。

今から30年〜40年くらい前の話ですが、アメリカで「ビジター」という有名なSFのホームドラマが放送されていました。

ある日突然、人間とまったく同じ見た目の宇宙人が地球にやってきて、地球人と友好を結び仲良くなる・・・というお話なのですが、だんだんと彼らの本当の正体が解ってきて、実はその宇宙人が、トカゲの宇宙人(レプティリアン)で、人間のきぐるみを着て人間に化けていた!というお話です(笑

つまりアメリカでは、今から30年〜40年前のゴールデンタイムのテレビドラマで、レプティリアンが出てくるお話を堂々と放送していたのです(笑

だから、あちらでは、日本で言われているような「都市伝説」や「陰謀論」の話題は、もっと一般的に語られています。

そして、一部の帰国子女の方々が、アメリカでは結構当たり前とされている都市伝説的な話を日本に持ち帰りました。

当然、日本人のほとんどは、「レプティリアン」とか「イルミナティ」の話なんて皆んな知らないワケですし、だから、こういう都市伝説的な話を最初に日本に輸入して広めた人は、今、都市伝説系ユーチューバーとして有名になっているというワケです。

関連記事
地球はレプティリアンに支配されている!? 地球人と関わりがある宇宙人たち

 

情報は、以前からじわじわ出てきています

もちろん、レプティリアンが本当に居るかどうか?なんて、わたしも知りません。

まぁでも、イルミナティという組織も、フリーメイソンという組織も、別に隠されいたワケではなくて、昔から存在していたのは事実です。

たとえば、わずか2年前や3年前なら、「これは言っちゃ不味いだろ〜」というジャンルの話は、やっぱりありました。

しかし今は、そんな話を、めちゃくちゃ沢山の人がYoutubeで話しています(笑

たとえば、歴史認識にしても、5年前なら「大東亜戦争が、どうどういう戦争だったのか?」「なぜ、あの戦争は起きたのか?」といった話は、ほとんどの人が、教科書に書いてあることが正しいと思っていたのではないでしょうか?

そして、この件について真相を語ることは、ある意味タブーとされていました。

でも、今となっては、教科書に書いてある歴史の話なんて「体のいい建前だ」と気づいて居る人のほうが多いのでは?と感じます。

最近は、ネットのリスティング広告やYoutube広告にも、「GHQが何をしたのか?」とか、「国連の正体」というタイトルの書籍の宣伝や、セミナーに誘導する広告が結構出てきました。

しかしこれも数年前なら、そんな広告は、広告会社の審査に通らなかったのでは?と思うのです。

だから、少しづつですけども、既に情報開示は進んでおり、色んな真実の情報は出てきています。

とはいっても、そんな中でも、本当の深層部の情報は、おそらくずっと表に出てこないだろう・・・と思います。

たとえば・・・

今、実際に世界を動かしている人たちが誰なのか?という本当の本当のところは、これからも出てこないのかな?と思うのです。

こう言うと、「イルミナティが世界を動かしているでは?」と思われそうですが、仮にイルミナティが本当の親玉なら、その情報が、わたしたちの様な一般市民に届くこと自体が、既におかしいのです。

スポンサーリンク



本当の支配者の存在が表に出ることは、今後もない

今は、イルミナティなんて言葉は、子供でも知っています。

でも本当に、イルミナティが世界を牛耳ってるなら、そんな情報が出てくるハズが無いのです。

これだけ情報が出てきているという事は、イルミナティの更にその上に、わたしたちには絶対に見えない「本当の親玉が居る」という事です

本当の親玉は、トカゲの宇宙人だ!という人もいますし、色々な情報がありますが、たぶん本当のところはずっと解らないと思います。

わたし自身も、レプティリアンが居るのかどうかなんて知りませんし半信半疑です。

ただ、ここが大事なのですが、仮に、レプティリアンが居ようがが居まいが、別に、わたしには1ミリも関係のないことなのです。

そして、皆さんにも関係のないことなのです。

自分が幸せになれない原因をイルミナティのせいにしたり、トカゲ宇宙人のせいにするのは、それはちょっと違うのですよ。

「もうすぐ凄い情報開示ある!」と、一部の方は浮かれている様ですが、本当の本当のところは絶対に出てこないでしょうし、仮に情報開示があったところで、その情報開示によって、今苦しんでいる人が一気に幸せになるとか、そういうことではないのです。

「幸せになれるかどうか?」というのは、「自分が何処にフォーカスをするか?」だけであり、要は考え方だけです

思考によって、あなた自身の目に映る物理現象が変わってくるのです。

だから、これができる人とできない人の差が今大きく開いており、二極化が進んでいるのです

「トランプさんが世界を変えてくれるんだ!」とか、「ヒーローが悪をやっつけて世界を平和で平等にしてくれるんだ!」といった考え方は、コッテコテの他人軸の考え方です。

もちろん、これから世界は大きく変わって行くことは予想されますが、仮にヒーロー(トランプさん)が現れたとして、そのヒーロがー悪の組織を倒したとして、では、その次はどうなるのか?

ヒーローと思われていた人(トランプさん)が、今度は民衆を支配するということも充分あるでしょう

今の社会システムはピラミッド構造になっているというお話は、以前からさせていただいておりますが、これが今、ぶっこわれている最中です。

ピラミッド社会がぶっ壊れている理由は、わたしは、おそらく自然発生的だと思っています。

でも、次にわたしたちが作っていく世界は、簡単に言うと「リーダーがいない社会」なのです。

関連記事
時代はピラミッド構造から村社会構造へ移行している! 支配構造の終焉から共生の時代へ
多様性の時代へ!! 新時代は「皆と同じ」じゃ辛くなる!?

 

これからは「個」の時代です

これからは「個」が大事な時代になります。

人は、一人ひとりが違った個性を持っていますが、その個性をお互いに尊重しあえるような、そんな多様性の時代になるのです。

というか、そういう社会にしていかないと、もう持続不可能なので、「皆でそういう社会をつくりましょう!」というお話をしているわけなのですが・・・

新時代の社会システムには、今までの社会の様に「指揮命令系統のあるシステム」ではありませんし、そこには、カリスマ的なリーダーの存在もありません。

皆んなが皆んな、お互いに尊重し合って暮らしていく、そんな「縄文時代のような社会」になっていくのだろう!というのが、一部のスピリチュアル界隈でよく言われていることです。

お魚の「スイミー」のお話は、皆さんもご存知かとは思いますが、スイミーのお魚は、皆んなが同じ動きをしています。

しかし、スイミーのお魚の群れには「命令系統」が存在しているわけではありません。

何百匹、何千匹という魚の群れが「一つの意識体」として機能し、共生し合って生きているのです。

だから、スイミーは「ワンネス」に凄く近いのです☆

そして人間も、本来ああいう感じで生きていたそうです。

特に、縄文時代の日本人や、ネイティブアメリカンの人たちは、そうだったのです。

それが、ここ2000年の歴史の中で、宗教を中心としたピラミッド構造による「支配をする」という社会システムに変わってしまったのです。

でも、今それが2000年ぶりに、また元に戻ろうとしているのです。

この状況を、占星術では「水瓶座の時代の到来」と言っているのですね☆

関連記事
崇拝と支配と依存からの開放

スポンサーリンク



情報開示の予想

これからものすごい情報開示があると期待している方が多い様ですが、では、仮にどんな情報開示があったら皆さん驚くのでしょうか?

政府が「宇宙人はいますよ!」と言っても、特に、こんな動画を観ている様なわたしたちは、今更驚かないのではないでしょうか?

「実はフリーエネルギーがありますよ!」と言われても、「そりゃあるだろう!」と、思うだけなのではないでしょうか?(笑

今でも既に、科学者の方の何人かは「地球外生命体は居て当然だ」と話してますし、ネット世界では、フリーエネルギーなるものは存在していて当たり前的に思っている人が多いのです。

仮に、レプティリアンがアメリカ大統領と一緒に肩を組んでテレビ出演とかしたら、それは物凄いびっくりするディスクロージャーですけども(笑

でも、そんな情報開示の仕方は絶対にありません。

せいぜい政府が「地球外の知的生命体の存在の可能性を認めました!」と言った様な、こんな「ぼかした表現」でしか言わないだろうな・・・と思います。

だから、わたしから言わせれば、「何月何日に大きな情報開示があって、それにより社会が変わります!」というのは、与太話なのです。

情報開示というのは、そいった「お祭り的なこと」ではなく、以前からじわじわとやっていることです。

先程もお伝えしました通り、今はアメリカに行けば、皆んな「レプティリアン」という言葉くらいは知ってますし、イルミナティなんて言葉は、今となっては中学生でも知っています。

そもそも、イルミナティなんて隠された情報でも何でもなかったのです。

ただ、「知らなかった我々の勉強不足だった」というだけです。

 

イルミナティに怒りを覚えてはいけない

こういった「影の政府の存在」を知って、その人達に激しい怒りの感情を持つ人も居るとは思いますが、ただ、そういうのは辞めたほうがいいでしょう。

何故かと言うと、結局は「自分が何処にフォーカスしているか?」が、全てだからです。

あなたが今見ている世界というのは、どこまでいっても「あなたがフォーカスしている出来事」を観ているだけです。

関連記事
現実は心の数だけ存在する
あなたの身に起きる出来事は、あなたの心の投影でしかない

だから、同じ日本に住んでいながら、私のように日々のほほんと楽しく生きている人もいれば(笑)、反対に、自分とは直接何の関係のないハズの中国共産党の存在や、アメリカ大統領選挙の事にどんどんと首を突っ込んでいき、自分で自分の感情をかき乱してネガティブになっている人もいるのです。

先日も、そんな人から、「バイデンさんが大統領になったら世界は大変なことになる!」と、半ば怒り口調でコメントを頂いたのですが、それは、あなたにとっては大変な世界になる!という事なのです。

何故かと言うと、そこにフォーカスをしているのは、その人自身だからです。

でも、わたしにとっては、そういう世界にはならないのです。

今、大統領選挙の情報にカブりついて、自分で自分をネガティブにしている人は、おそらく2〜3年前には、北朝鮮のミサイルの問題とかにカブりついて、同じ様にネガティブなっていたのではないでしょうか?

しかし今、北朝鮮のことなんて誰も話題にしませんよね?

そういえば、ミサイルも飛んでこなくなりましたよね?

それは何故なのか?

簡単に言うと、北朝鮮(金正恩)の更に上に居る「本当の黒幕」が入れ変わったからです

今、世界を動かしている方々(つまりイルミナティ)の力が弱まってきていて、「紅組」から「白組」に交代していく最中なのです。

と言っても、この流れを作っている更に黒幕の方々(イルミナティの更に上の人達)は、今後も表に出ることは、まずありません。

だから、もう何も心配いらないのです。

関連記事
陰謀論を追求しても自分が不幸になるだけ

 

最後に・・・

とにかく、今を生きてください。

将来の心配、過去の後悔、まだ起きてもいない事に対する恐怖・・・これらは全部無意味です。

ここの意味が伝わるかどうか?が、人が本当に霊性を取り戻すかどうか?だと言えますし、ここが解ると、何が起きても幸せに生きることができるのです☆

今日もご視聴いただき、ありがとうございました☆

スピリチュアリストのNORIでした。

関連記事
新しい時代の価値観はこう変わる!! 価値観の大変革に期待しよう☆
今後起きる価値観の変化とは? 多くの方はお金教から開放される
あらゆる常識が覆る時代をどう生きるか?

スポンサーリンク



Youtube動画はこちら