神様の伏線☆人生には予定表と目印が存在する!?

神様の伏線☆人生には予定表と目印が存在する!?




※このブログは2021.1.5にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです。

今日もご視聴いただき、ありがとうございます☆

今日は、「あなたが生まれてくる前に、自分で決めてきている事があるのです☆」というお話をしますね(*´∀`*)ノ

スポンサーリンク



生まれる前に決めてくる初期設定

まずは、読者の方から頂いた質問を紹介しますね・・・

今子育て中で、2人の娘がいます。
上の娘は、私と誕生日が同じです。
上の娘の時は、予定日の一月前に切迫(せっぱく)早産になり、その月に生まれるとばかり思っていましたが、それから1ヶ月後の私の誕生日に生まれたのです。
とてもびっくりしているのですが、親子で同じ誕生日というのは、何か意味があるもなのでしょうか?

もうひとつ、読者の方から頂いたメッセージを紹介します・・・

私には今8歳の息子がいるのですが、3歳くらいの時に「貴方は何のために生まれてきたの?」と聞いたら「人を笑顔にするために生まれてきた」って間髪入れないで教えてくれました。

と、メッセージをいただきました。

ありがとうございます(*´∀`*)ノ

1つ目の質問の、「誕生日に関する不思議」ですが、実はこういう事例は結構多いのです!

以前に読んだ本(誰の著書かは忘れました・・・)では、自分の誕生日と、父親の誕生日と、更に、お爺ちゃんの誕生日までもが同じで、しかも、1月1日なのです!という人が居るという話がありました。

親と子供の誕生日が同じ方は結構多いのですが、ただ、確率的には365分の1で起きることなので、単なる偶然かもしれません。

しかし、親と子供とお爺ちゃんの誕生日まで同じとなると、365×365で、13万3225分の1の確率になります。

ここまで来ると、流石に偶然とは思えませんよね(笑

以前の動画で、「アガスティアの葉(インドに古くから伝わる預言書)」のお話をしましたが、その預言書に名前が書かれてある人が400万人くらい居るらしく、予言もかなり当たるそうです。

関連記事
未来や前世が解るインドの予言書「アガスティアの葉」とは?

そして、こういう事例から何が解るのか?と言うと、人生には「宿命的な予定表がありそうだ」という事です。

これは、スピリチュアル界隈ではよく聞く話ですが、「自分はどんな人生を送るのか?」というのを、人は、生まれる前にだいたい決めてきています。

たとえば、「わたしはスポーツ選手になる!」という予定表を組んで来るとします。

スポーツ選手の人生をより深く体験するためには、運動能力が優れた肉体をチョイスしたほうがいいですし、トレーニングに耐えられるような強いメンタルも備えてたほうがいい!・・ということになります。

というわけで、まずは、無限とも言える膨大な量の過去世の記憶の中から、「強い肉体を持っていた人の記憶」をチョイスします。

更には、「強いメンタルを持ち合わせていた別の人の記憶」も、まるでデーターをコピーするかのように、様々な過去世の記憶を上手くチョイスして生まれてくるわけです。

つまり人は、色んな人の過去世の体験データを、いろいろ選んで掛け合わせて、今世に転生してくるわけです。

というわけで、世界中には同じ過去世の記憶を持つ人が何人も居るのです(笑

ある人は、「Aさんのこの部分の体験」の記憶を持って転生し、また別の人は、「同じAさんの別の部分の体験の記憶」をチョイスしてして生まれてくるのですね。

輪廻転生の仕組みをざっくり言うとこんな感じであり、そのため、人間界に居る魂の数と、あの世の魂の数が比例しないという、輪廻転生の矛盾点とも言える事が起きてるわけです。

関連記事
多くの方が不思議に感じている輪廻転生の矛盾について解説

 

人には、宿命的項目が存在する

何時、何処の国に生まれて、親はどんな人で、どんな兄弟がいて、どんな親戚が居て、何時頃に誰と出会って・・・という、この辺りの事は、だいたい予定通りだそうです。

でないと、「アガスティアの葉」の様な預言書の説明がつかないですしね♪

そして人生には、こういった「宿命的な事柄」があるのだ!という事を示すために、「誕生日が同じ」であったりとかの「目印(伏線)」となる事柄を、生まれる前に自分で決めてきているのでは?というのが、わたしの考えです。

もちろん、人生には自由意志があるので、自分で決めて自分で決断することが大事です。

だから、「ウチは貧乏な家に生まれたから・・・」と言っても、一生貧乏で我慢する必要もなく、お金持ちになりたいと思えば、そっちの人生を選択することも、自由意志で出来る!と、わたしは考えます。

ただ、この時に、自分の初期設定は、どうしても変更不可能だということも、お伝えしたいと思います。

特に、何時の時代に、どの家に生まれて、どんな身体的特徴で生まれてきたのか?なんて、後から変えられません(当たり前ですが 笑)

私の様に、生まれた時点から病弱な体の人間が、人生のどこかの時点で、「オリンピックに出ます!」とか言っても、それは無理なのです(笑

オリンピックに出られる様な人というのは、子供の頃から、学年で一番くらいの高い運動能力を最初から備えているものです。

これが「宿命的な事項」です。

だから、無理なことまで自由意志でのどうこうしようとすると、そこには苦しみが生まれるので、あまり突拍子もない事を望みすぎるのも、わたしはオススメしていません。

せいぜい、「年収10億円くらい欲しいなぁ〜」とか、この程度の目標にしておいた方が良いでしょう(笑

逆に言うと、この程度の願望実現なら簡単にできる!と、わたしは考えております♪

関連記事
想像もできない素晴らしい未来を引き寄せるステップ☆奇跡の起こし方

スポンサーリンク



伏線は自分で設定してくる

たとえば、何年も会っていない双子の兄弟が、お互い、結婚した相手が同じ名前でした!とか・・・こういう話は、皆様も聞いたことがあるかとは思います。

つまり、「人生には予定表があるんだよ〜!」という、スピリチュアル的な伏線に気づかせるために、人生の節々に、いろんな目印を自分で設定してきているのです。

だから、この動画のタイトルは「神様の伏線」となっていますが、実は、伏線は自分でつけているのですね

わたしたちは、地球に生まれてくる時点で、過去世の記憶を忘れるようになっています。

ただ、あまりも全部の事柄を忘れちゃうと、それはそれで人生が辛いでしょうし、人生の道筋で迷子になっちゃいことも考えられるので、だから「迷わないための伏線」なのです。

「実は、この世は仮想現実です!」

「あなたの本体は、ハイヤーセルフというカタチで高次な次元に存在していますので、あなたという存在は、本当のあなたではありません!」

「人生はRPGのゲームみたいなもんだから、本当は全部上手くいくようになってるから大丈夫☆」

ってな感じのメッセージを自分で感じ取れる様に、色んな伏線が設けてあるのだと言えます。

2つ目の質問の・・

子供に「貴方は何のために生まれてきたの?」と聞いたら、「人を笑顔にするために生まれてきた」と答えてくれました。

この事例も同じで、「わたしたちはスピリチュアルな存在なんだよ☆」ということを、一発で親に思い出させるために、子供がこういう事を喋りだす様、あらかじめプログラムして生まれて来ているのだと言えます

この時に、通常は、親よりも子供のほうが霊性(魂)は進化しています。

関連記事
子供は大人より20年進化している

よく、「子供が親を選んで生まれてくる」と言いますが、これも本当で、より霊性(魂レベル)が進化した魂が、親に気づきを与えるために、子供がこんな事を喋り出すのです。

そして、これからの時代、こんな事を喋りだす子供たちは、どんどん増えてくるでしょう。

もし、この動画を観てくださる方の中にも、「うちも親子で誕生日が同じです☆」とか、「双子だけど、お互いの旦那さんの名前が同じです!」とか、こういう不思議な体験をされている方がみえましたら、それが、生まれる前に自分で決めてきた「伏線」なのです。

実は、わたしたちは皆んなスピリチュアルな存在なんだ!全部上手く行く様になってるから全然大丈夫なんだ!と、こういう事を思い出すために、自分で伏線を設定してきているのですね

今日もご視聴いただき、ありがとうござました☆

スピリチュアリストのNORIでした(*´∀`*)

スポンサーリンク



Youtube動画はこちら