なぜ才能がある人とない人が居るのか?不公平な人生のメカニズム

なぜ才能がある人とない人が居るのか?不公平な人生のメカニズム




※このブログは2021.2.5にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

世の中には、なぜ才能がある人と、そうでない人がいるのか?

今日は、こんなテーマについて、話してみようと思います☆

まずは、今回頂いた質問を紹介いたしますね・・・

私はどうしても不思議に思うことがあります。

俳優さんとか芸能人の方など、顔もすごく良くて、勉強もできて、運動もできて、人にも優しくて、みたいな人っているじゃないですか?

なんでそんなに、なんでもできる人が世の中にはいるのでしょうか?

私は残念ながらそう言う人間ではないので、最近来世でもいいからそう言う人間になりたいと思っています。

どうしたらそのような人間になれるのでしょうか?

それでは、お答えしていきます〜

スポンサーリンク



才能は、生まれる前に自分で決めてくる

この話しは、スピリチュアル的な不思議な話なので、信じられなくても全然構いませんが(笑

人生の仕組みを「オンラインゲーム」に例えて話してみますね。

オンラインゲームには、何百人、何千人が、皆んなで同時に参加しますが、その時に「自分のキャラクター」を、自分で設定できるようになっています。

たとえば、Aさんは、オンラインゲームに「勇者」として参加をするとします。

勇者としてゲームに参加するからには、勇者らしい装備が必要なので、「剣」や、「盾」や、「鎧」といったような、勇者らしい「道具」を準備します。

更には、勇者だから、体力もあったほうが良いし、運動神経も優れていたほうが良いので、運動神経抜群の強靭な肉体をチョイスします。

こんな感じに、ゲームに参加する前に、最初に「自分のキャラクター設定」をします。

こういったキャラクター設定は、自分自身でするのですが、ただこの時に、同じゲームに参加する他のメンバーともいろいろ話し合って、お互いに「キャラ設定」や「各々の役割」を決めるのだと言えます。

たとえば、Aさんは勇者の役でゲームに参加するから、Bさんは魔法使いとしてゲームに参加する!ということを、皆で打ち合わせをして決めるわけです。

魔法使いとしてゲームに参加するBさんは、「傷を治す能力」や「ヒーリングの能力」を、初期設定として設定します。

それに対して、他のメンバーが「それいいね!」と、全員が了承をしないと、ゲームには参加できない・・・といった仕組みになっていると考えてください。

そして、この例え話で言う「ゲームのステージ」が、つまりは今の地球です。

最初に決めてくる初期設定が、過去世で、色んな魂が経験した「経験データ」だと言えます。

たとえば、勇者としてゲームに参加する人は、過去に勇者として地球に転生した経験がある人が作った「勇者としてのノウハウや経験データ」をコピーして、今世に生まれてくるワケです。

一緒にゲームをプレイする同じパーティーの人が、つまりは「同じ目的」や「同じ体験」を皆んなで共有しよう!と決めてきているソウルメイトだと言えます。

芸能人など、容姿端麗で、歌の才能に恵まれていて、尚且、勉強も出来るといった様な、色んな設定を同時に持ち合わせている人も実際にいますが、しかし、そういった設定(才能)も、「わたしはこの才能を使って、地球で色んな体験をします☆」と、自分で決めてきているというだけの事なのです。

それに対して、他のメンバー(ソウルメイトとか)が、「君が芸能人の役をやって皆んなを感動させるなら、わたしは、君の芸能活動を観て素晴らしい感動の体験ができるのを楽しみにしてるよ☆」と、こんな感じに、周りの人も了承をしているワケです。

と、この様に、本当は、皆んなで役割を分担しているだけであって、「演劇の配役」を、皆んなでそれぞれ演じてるだけなのです。

しかし、わたたしたちは、地球に転生するタイミングで、あの世の記憶を忘れるようになっているので、自分とは違う配役の人を見て、「何で、あいつは主役なのに、わたしは脇役なのよ!」と思っちゃうワケです(笑

関連記事
平等よりも公平な社会へ☆平等という言葉に騙されないで!

 

才能は個性の違いでしかない

宇宙視点で見れば、芸能人という配役も、一般人という配役も、どちらも優劣はありませんし、ただの役割分担でしかありません。

芸能人の方は、自分が芸をやることにより、素晴らし体験をしますが、片や、それを観るファンの方(一般人)も、芸能人の活躍を見えることによって楽しむわけですし、音楽や歌を聞いて素晴らしい感動体験が出来るわけです。

だから、どちらが優れていて、どちらが劣っているとかはありません。

たとえば、「歌が上手い」という特性も、「歌が下手」という特性も、宇宙視点で見れば、ただの「個性」でしか無く、ここに優劣はありません。

もちろん、「容姿端麗」という特性も、「ブサイク」という特性も、どちらも、かけがえのない個性です。

ここに、優劣の概念もなければ、善悪の概念もありません。

以前に「ヒトラーは天国に行っている」という話をしましたが、これに対して、読者の方が解りやすいコメントを下さったので、あらためて紹介させてください・・・

ヒトラーもまた、自分のやるべき事を決めた上で生まれてきました。

ヒトラーは人間に様々なことを気づかせるため、大きな変化をおこすために、この誰もやりたくない事をあえて自分がやる決意を持って生まれてきました。

彼は、歴史的には残忍冷酷な人となっていますが、あの世に戻った際には「お前よくやったな!」と拍手で迎えられたそうです。

正にこのコメントが的を得ていると思うのですが、しかし、こういった考え方は、おそらく30年とか40年前は、到底受け入れられなかったと思うのです。

でも今は、時代もだいぶ変わってきたので、この論法が腑に落ちる方が、かなり増えてきたと感じます。

「ヒトラーという独裁者の役」を演じる存在が居るからこそ、他の人たちは、ヒトラーの所業を観ることにより、「独裁はよくない!」「戦争は悲惨だから、やっちゃいけない!」という事を学ぶことが出来るのです。

つまり、多くの魂に「愛」に目覚めてもらうために、あえて悪役を演じるために地球に転生してきている魂もいるということです

魂の進化は、常に行われています。

20世紀は「戦争の世紀」でしたが、時代は21世紀になり、もう多くの人類が「戦争から学ぶ」という段階は卒業しました。

だから、これからの時代は、もうヒトラーのような人間は出てきません。

そういう段階の学びは、多くの人類は卒業したので、今後人類は「次の段階の学び」に移行しようとしています。

これからは、もっと深くて、高度な「精神的な学び」が用意されているのだと言えます。

スポンサーリンク



現世利益的な成功を求めなくていい

多くの方は、「何者か」になろうとします。

ただここで、わたしたちが「何者か」というモノを、どの様に定義づけしているのか?を、よく考えてみてほしいのです。

皆さんがなりたがっている「何者か(特別な存在)」は、今のこの時代の「縦構造のピラミッド社会」において、「他者よりも利益を得られる状態」であったり、「周りに影響力を与える状態」だったり、こういった状態になろうとしているのではないでしょうか?

解りやすくいえば、今の時代は「お金儲けが出来る人」を凄い人という風に定義してますし、「皆から称賛される様なことが出来る人」を凄い人と定義づけして、特別な人扱いをしています。

他には、「異性にもてる人」を凄い人だと定義づけして、皆でここを目指そうとしています。

ただ、今後の新しい時代の価値感で大事なのは、こういった「特別な人」になろうとすることが幸せになることじゃないのだ☆という事に気づくことが大事なのです。

たまに、「風に時代」と呼ばれる新しい時代の価値観を勘違いしている方がいますが、新しい時代は、「誰もが好きなことをして自己実現出来るようになる!」とか、「全ての人が称賛される人になることが出来る!」ということではありません。

そうではなく、「特別な人になりたい!」とか、「何者かになりたい!」と思ってしまう価値観が、今までの「土の時代」と呼ばれてきた古い時代の価値観なのです

つまり、「何者かになろうとする必要なんて、なかったんだ!」ということに気づいた人が、これからの時代を、幸せに生きることが出来るのです

だから、何者かにならなくていいのです(笑

別に、お金も稼げなくてもいいですし、社会貢献もしなくてもいいのです。

世のために人のためになることや、人助けなど、何か大きな事をしなければ!なんて事も考える必要もありません。

あなたは、あなたのままで良いのです

「自分は、このままで何も問題なかったんだ!」と、心から思えた人が、これからの時代は幸せになれます。

ただ、これは不思議なのですが・・・

「何者かになろうとしなくていいんだ!」と、自分で心から思えると、何故か、何者かになってしまう確率が上がるのです(笑

この話はビジネスで例えると解りやすいんですが、要は、「お金儲けをしようとすると、お金儲けが出来ない」という法則に似ています。

そんな事は考えずに、ただ自分の好きなことに熱中していると、何故か、お金が入ってくるようになる確率が上がるのです。

だから仮に皆さんが「自分の才能って何なんだろう?」とか、「わたしの人生の使命は何なんだろう?」と、この答えを知りたいと思ったら、まずは「何者かにならなければならない」という執着心を捨てることです。

旧来の社会システムのルールの中で自己実現をすることなんて、自分の魂の求めていないんだ!という事に、気づくことが大事なのですね

 

自分軸を定めて今ここを生きる

新しい時代になれば古い価値観の中で言われてきた成功というのが手に入るというワケではありません。

「何者かになれるかどうか?」というのは、結果論であって、オマケなのです(笑

だから、何者かになれなかったとしても、そもそも何も問題ありません。

この話は、今までの価値観を180度変えて考えないと、なかなか腑に落ちないとは思いますが、お金とか、地位とか、影響力とか、名誉とか、肩書とか・・・こういうものは後からオマケでついてくる、どっちでもいいモノなのですね。

この部分を先に欲しがると、これからの時代は辛いのです。

だから、お金も、名誉も、肩書も、影響力も、地位も、求めなくて良いのです。

シンプルに言って、「自分で自分の幸福感を定められる人」が、これからの時代は幸せになれます。

つまり、「自分軸で生きましょう!」ということです☆

というわけで、最初の質問にあらためてお答えしますと・・・

来世でもいいからそう言う人間になりたいと思っています。
どうしたらそのような人間になれるのでしょうか?

この質問にお答えしますと、そもそも「そういう人間になりたい」という思考パターンを持っているのが、古い時代の価値だと言えます。

更に言うと、来世のことなんて誰にも解らないですし、もっと言うと、解らなくてもいいのです!

あなたのハイヤーセルフも、来世のことなんて気にせずに「今この瞬間を生きること」しか求めていません。

あなたの魂は、自分の夢や目的を来世に先送りしたいなんて事は、絶対に思っていないハズです。

ただ、「今のあなた」の「ありのまま」を認めてあげて、今この瞬間を、幸せに生きることをしてみてください☆

今日もご視聴いただき、ありがとうございました。

スピリチュアリストのNORIでした。

関連記事
今ココがあなたの未来を創る☆ポジティブで上機嫌でいれば願望は叶う
なぜ自分軸で生きた方がいいのか?
自分軸で自由に生きる☆ワンネスを意識し魂に正直になる生き方のススメ

スポンサーリンク



Youtube動画はコチラ