BURST BARRICADE(THE STAR CLUB)

BURST BARRICADE

●アーティスト/THE STAR CLUB
●作詞/HIKAGE
●作曲/HIKAGE

腐敗を腐敗とぶちまけて どこが悪いんだ?
偽善を偽善と説き伏せて 何が間違いだ?
それこそが真の声だぜ――自由だ!

ところがどうだ 飛び出した芽は摘み取られちまう
汚職を暴露しようもんなら東京湾に浮く
誠実に生きりゃ馬鹿見る 覚悟しな!

立ちはだかるバリーケード でも俺は日和りゃしねぇ
Hey,brothers お前個人じゃ たかが知れてるが・・・・・・

掟は確かに俺たちの身を護ってくれるが
実は奴らのご都合次第で俺たちの手錠
風俗が乱れてるだと? 手前の所為だ!

差し出す物 全てが今の最上と見せかけ
奴らの前に俺たちは皆 虫ケラ同然だ
納得する気なら とっくに手首を切ってるぜ!

立ちはだかるバリーケード でも俺は日和りゃしねぇ
Hey,brothers お前個人じゃ たかが知れてるが
Hey,brothers やる気にならなけりゃ 何も始まらねぇ

 

解説

名古屋のパンクバンド、THE STAR CLUBが1986年に発表した、世の中の支配体制を批判した曲です。
当時、米ソが冷戦状態で、世界は核の脅威に晒されていました。
そんな中で、STAR CLUBというバンドは、特に政治批判や、世の中のおかしな風潮を揶揄した歌詞を、軽快なパンクサウンドに乗せて歌い続けた、社会派メッセージバンドといえます。
過激な不良ファッションに似合わず、Vo.であるHIKAGE氏のインテリ性が若者の心を掴み、一躍日本のパンクムーブメントのアイコン的な存在となりました。
尚、STAR CLUBは今もなお活動中で、Vo.のHIKAGE氏は50歳を超えても、メッセージ性の高いサウンドを放ち続けております。

今では、イルミナティーやフリーメーソンと言った秘密結社の名前が一般的になり、世の中の多くの人が、世界を支配しているのは国ではなく、国際銀行家であったり、軍産複合体による企業だということを知っています
しかし、HIKAGE氏は、いまから30年も前に「今の世の中はオカシイ!」「世界は悪しき存在によってコントロールされている!」と言った真実に直感的に気づき、世界の支配構造や陰謀を、若者たちに届けようとしたのではないでしょうか?
実際、STAR CLUBの楽曲には、政治批判や体制批判の歌が、かなり多いといえます。

ちなみに、一般的には、ジョン・レノンも同じ様に、世界の陰謀に気付いていて、その事を歌い続けたために暗殺されたと言われています。