怒りや憎しみの感情が沸いてきた時のちょっと変わった考え方

怒りや憎しみの感情が沸いてきた時のちょっと変わった考え方




※このブログは2020.8.16にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は、怒りや憎しみの感情が湧いてきた時の、ちょっと変わった対処法のお話をしますね☆


スポンサーリンク



怒っている時間を長引かせると自分が損をする

この話は、かなり前の動画「怒ると自分が損をする」でも話していますが、怒りの感情を持ったりイライラすると、誰が一番損するのか?と言うと、自分なのです。

関連記事
怒ると自分が損をする!? キレて得をすることは何一つ無い

そして、スピリチュアル界隈でもよく言われているように、怒りの感情や、憎しみの感情は、重くて低い波動を出している状態だと言えますし、低い波動をあなたが望まないなら、それはあなたにとって良くないことでしょう。

更に、この話は脳科学的にも説明できますし、スピリチュアル的に考えても同じ事が言えます。

たとえば脳科学的には、「怒る」という感情が25秒以上続くと、それからもずっと怒りの感情を持ち続けてしまう傾向にある様です。

ただこれは逆に言うと、仮に、怒りの感情が湧いてきたとしても、25秒以内であれば、比較的簡単に怒りを沈めることが出来るということになります。

怒りを鎮める為には、深呼吸をするのも効果的ですし、別の方法ですと、手をパン!と叩いて、手に痛みの刺激を与えることによっても、怒りのエネルギーを鎮めることが出来ます。

こういったちょっとしたテクニックを使って、なるべく早く怒りを沈めたほうが、自分のためなのです☆

更に、脳科学者の苫米地英人博士のお話では、人は、怒ったりキレたりれると、その瞬間、知能指数が下がるそうです。

この現象を解りやすく見ることが出来るのが、煽り運転です。

煽り運転は何故起きるのか?というと、怒りによって知能指数が下がるから「事故を起こすかも知れないような危険な運転をしたらどうなるか?」ということを考えられなくなるからなのです。

だから、突発的に高速道路の真ん中に車を停めたりとか、通常では考えられないような危険な行動を取ってしまうのですね。

ただ、こういう話をすると、「そうは言っても、どうしても怒っちゃうのは仕方がないんじゃないですか?」とか、「怒りを我慢するのは体に良くないんじゃないの?」と、こういったご意見もあるでしょう。

もちろん、人間は感情の動物ですので、時には怒りたくなる時もあります。

ただ、私がお伝えしたいのは、「怒りを我慢しましょうね!」ということではなく、「怒っている時間を長引かせるのは、あなたが損をするだけですよ」という事なのです

怒りの感情を長引かせるのは、あなたの未来にとってよくないから、だから、なるべく早く怒りを鎮めたほうがいいよ!という話をしてるのですね☆

簡単に言うと「怒っている時間」が重要なのです。

更に詳しく説明しますね・・・

 

怒っている時間が長いほど、また怒りたくなる未来を引き寄せる

これは、別の動画「人生は常に今の連続であり、時間には過去も未来もない」でも話ていますが、大切なのは、「人生は今の連続である」というこの部分です。

関連記事
今ココがあなたの未来を創る☆ポジティブで上機嫌でいれば願望は叶う

だから、「怒る」という事を今継続させるという事は、今後も怒りたくなるような状態を継続させるという事になります。

つまり、年がら年中怒り続けている人というのは、絶え間なく怒り続けてしまうような現象を、自分で引き寄せ続けているのです

これも、引き寄せの法則なのです。

そして、前回の動画でも話した通り、怒りの感情を持ちながら思考している事は、その思考内容を引き寄せるパワーが、感情を入れていないときに比べて何千倍も強くなります

ただ、人の脳は、元々、怒ったりイライラしたりしやすい様に出来ています。

だから、人は誰しも、ネガティブな事象を引き寄せやすいのです。

もちろん、「わたしは怒り続けている人生が好きなので、今後も怒り続ける人生を選択します!」という事なら、そんな人生を選ぶのもその人の自由意志なので別に良いと思います(笑

ただ、わたし自身は、イライラしたりするのも怒るのも好きではないので、のほほ〜んとする人生を選びますけどね(*´ω`*)♪

これは、普段から話している通り、のほほんとした人生を選ぶのも、怒りまくる人生を選ぶのも、どちらが優れていて、どちらが劣っているとかは無いですし、どちらが良くて、どちらが悪いとか、そういった優劣の区別、善悪の区別はないのです。

どちらでも好きな方を選べますよ☆というだけなのですね(笑

ただ、この動画を観てくださる方の中には、「私は怒り続ける人生が好きなんです!」という方は、おそらく少ないのではないか?と思います(笑

というわけで、前置きが長くなりましたが・・・

次に、怒りの感情が湧いてきた時に、なるべく早く怒りを鎮める「考え方」のお話をしますね☆


スポンサーリンク



この世は仮想現実であるということをあらめて思い出そう!

これも、いつも話していることになりますが、わたしたちの本当の魂(ハイヤーセルフ)は、ひとつ上の次元に存在しています。

そして、魂の本体である「本当のあなた(ハイヤーセルフ)」は、今のあなたには想像できないような全知全能の存在なのです☆

イメージ的には、高次な次元にいる全知全能の本当あなたが、ゲームのコントローラーを握っていて、あなたが今あなただと認識している自我意識による自分、つまり自分の脳の思考や肉体を、コントローラーで操縦しているのです。

だから、人生というのは、言ってみれば超リアルなRPGのゲームだと言えます☆

ということは・・・

仮に物凄い怒りの感情が湧いてきたり、物凄く悲しい感情が湧いてきて胸が張り裂けそうなった場合でも、物凄い怒りの感情を持ったり、イライラいしたり、悲しんだりしているのは、コントローラーによって操縦されている「アバター」が、そう思ってるだけなのです。

これは、「アバター」と言ってもいいですし、ゲーム内の「キャラクター」と言ってもよいでしょう。

簡単に言うと、怒ったりイライラしたりしてるのは本当のあなたじゃなくて、本当のあなたが操縦しているゲーム内のキャラクターだと言うことです

私達は、悲しい映画を観て感動をしますし、悲惨な場面の映画や、主人公がイラッとするような場面を映画を見ても、楽しむことができます。

これと同じ様に、たとえ、あながた自身が怒ったりイライラしていたとしても、ハイヤーセルフである本当のあなたは、その状況を上から眺めていて楽しんでいるのです☆

つまり、ハイヤーセルフである本当のあなたは、まるで映画を観るかのように、自分が操縦するアバターの一挙手一投足を楽しんでいると言うことです。

そしてこれが、魂の仕組みなのですね(*´ω`*)ノ

だから、仮に、あなたに物凄い怒りの感情が湧いてきたとしても・・・

「あれ?ちょっと待てよ・・・」

「今、怒っているのは私じゃなくて、私が操縦しているゲーム内のアバターだよね?」という事に気づけると、「な〜〜んだ」と、怒りが覚めてくるのです☆

実際わたしも、去年くらいからは、自分の人生に起きるあらゆる出来事を、こういう風に捉える様にしています。

もちろん私も、怒りたくなる時はあります。

時にイラッとする時もありますし、これは人間ならば誰にでも有る事でしょう。

ただ、最初にもお話したように、脳科学的に言っても、25秒以上怒りの感情を持つのは、それ以降も怒っている時間を長引かせる事になりますし、スピリチュアル的に言っても、人生は「常に今ここ」ですので、今ここであなたがイライラしたり怒っているから、だから未来のあなたもイライラしたり怒ったりし続けるんだよ。という説明が出来ます。

だから、怒りの感情が湧いてきても、なるべく早く切り替えればいいのです。

怒りを我慢して、抑え込む必要はありません。

実際わたしも、一瞬は「むむむ!」と怒りの感情が湧いてくることはあります。

でも、怒りを抑え込んだままモヤモヤした状態を長引かせるくらいなら、一発「ばかやろう!」と怒鳴って、すかさず25秒以内に考え方を切り替えればよいのです。

この時に、「あっ、今怒っているのは本当の私じゃなくて、仮想現実空間内のアバターが、仮想現実の出来事をに対して勝手に怒ってるだけなんだ☆」「な〜んだ!バカバカしいな〜☆」という事に気づければ、今度は、その出来事は「笑い」変わってきます☆

怒りたくなるような出来事を一旦俯瞰して、自分が神様目線になって見てみれば、「これは全然怒るようなことじゃないし、どうでもイイことだった!」という事に、意外と気づけるものですし、それが解ると本当に笑えるものです。

つまり、大切なのは、「怒ることのバカバカしさ」になるべく早く気づことであり、なるべく早く「怒り」を「笑い」に変えちゃうことなのです

関連記事
人は「人生物語」という映画を生きている。あなたと共に在る高次霊団のお話

 

怒り続けている人は、怒ることを楽しんでいる

このテクニックは、実際に皆さんもやってみると、「あーなるほど☆」となると思います。

仮に怒りが湧いてきたとしても、そこで直ぐに状況を俯瞰すると、本当に笑えてくるのです(笑

つまり、人生は「悲劇」も「喜劇」も一緒であり、霊的視点で見ると、実際は「悲劇」も「喜劇」も区別はないのですね☆

これは以前からお伝えしていることですが、霊的視点で見れば、物事には善悪の区別や優劣の区別はありません。

ただ、魂が分離したことによって各々の魂が持っている「自我意識」が、あらゆる善悪や優劣もジャッジをしているだけです。

ハイヤーセルフの視点で見ると、わたしたちが今当たり前のように感じている優劣の区別や善悪の区別といった、あらゆる価値観は、一切存在しません。

そして、「あらゆる価値観が実は無かったんだ!」という事に気づくと、人は笑えてくるのですね☆

そして人は、一旦笑い入れば、今度は笑っちゃうような出来事が連鎖的に起きてきます。

何故かというと、これも、引き寄せの法則と同じ原理だからです。

たとえば、世の中には、「わたしは小学校の頃からいじめられて〜、社会人になってもいじめられて〜、おまけに病気で〜、お金もなくて〜、彼氏も居なくて〜、結婚もできません〜、今50歳です・・・」とまぁこんな感じに、年がら年中ずっ〜と悲しんだり怒ったりしている人がいます(笑

ただ、こういう人というのは、悲しみや憎しみを感じる状態を、自分自身で継続させていて、それで人生を楽しんでいるのです

こういった話を本人に言っても、到底納得できないとは思いますが、でも本当はそうなのです。

自分で引き寄せ続けてきた人生が、今のあなたの現状なのですね。

だから、このメカニズムにさえ気づければ、たとえ今60歳でも70歳でも、気づいた時点で「勝ち」なのです。

気づいた時点で、くるっと180度向きを変えて、常にポジティブで常に明るく楽しい人生を選択すればよいだけなのですね♪

今は至るところで「2極化」の話題が上がっています。

ただ、わたしとしては「2極化」なのか?「3極化」なのか?それとも「無数」に分かれるのか?ここはハッキリとは解りません。

でも一つ言えるのは、実際にわたしの周りを観察してみても、今、世の中で起きている現象の「捉え方」が、人によって全然違うのです。

この状況を、私自身は大変面白い現象として観ています。

普段からお伝えしている様に、怒りの感情を持ったり、恨み心妬み心を持つのは、低くて重い波動を出していることになります。

だから、当然そんな人は、低くて重い波動の現実世界で生きることになってしまいます。

そうなると、願望実現もしにくいですし、思い通りに生きられない人生になるということです。

もちろん、わたしたち人間は、魂を分離させた時点で、そもそも「思い通りにならない」という状況を楽しむために、この人間界に転生して来ています。

だから、重くて低い波動領域を選択して「思い通りにならない」という状況を継続させるのも、その人の自由ですし、それが決して魂的に劣っているということでもありません。

ただ反対に、「もう重い波動の世界は飽きたから、わたしはもっと自由に楽しく生きられる軽い波動の世界を選択します☆」という事なら、怒りや、悲しみ、憎しみと言ったようなネガティブな感情は持たないほうがいいので、そんな場合は今日の動画を参考にしてみてくださいね☆

というわけで、今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした。

関連記事
なぜ望まない出来事が起きるのか?ハイヤーセルフと人生の仕組み
ハイヤーセルフと魂の仕組み☆あなたの人生は、何が起きても問題ないのです

スポンサーリンク



Youtube動画はこちら