ネガティブで否定的な人への対処法

ネガティブで否定的な人への対処法




※このブログは2020.10.8にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は、質問にお答えするコーナーです(*´∀`*)ノ

職場に毎日愚痴ばかり言う人がいます。
割と仲が良い人なので「愚痴を言わない方が良いよ」と教えてあげるのですが喧嘩になります。
離れたいけど、仕事が一緒なのでそうもいかず。
私がこの人達と同レベルて言う事でしょうか?

ということなのですが・・・

実は、こういった質問はものすごく多いのです!

自分が精神的な学びを行うことによって、愚痴、不平不満、人の悪口を言わない様に努めて、自分の波動を下げない様にしてるのに、周りの人が愚痴や不平不満を言ってるというパターン。

酷い場合ですと、向こうが一方的に誰かの悪口を言ってきて、それに対して「あなたもそう思うよね?」と、賛同を求めてくるパターンもあります(笑

でも、まずここを抑えておきたいのですが・・・

これは、わたしが普段からお伝えしていることですが、あなたの目の前に在る現象は、基本的には「あなたの主観」というフィルターを通して、あなたが体験しているだけなのです

それを踏まえた上で、今日は「相手の発するネガティブ波動」の悪影響を受けないようにするためはどすればいいか?その対策をお話をしますね☆

関連記事
あなたの身に起きる出来事は、あなたの心の投影でしかない


スポンサーリンク



相手が目上の人でも、親のように接してあげればいい

こういう問題が出てくる時は、大抵は相手が職場の人間関係か?もしくは恋人や夫婦の場合です。

共通して言えるのは、何らかの理由があって「その人間関係を続けなければならない」と、自分が思いこんでいる場合で発生する問題だと言えます。

たとえば、相手が愚痴や文句を言ってきても、その相手が大して仲の良くない知り合なら、今後その人と会わなければいいだけですからね(笑

しかし、相手が職場の人間の場合は、ナカナカそうは行きません。

たとえば、相手が職場の上司の場合・・・

これは、一見すると対策が難しそうな感じもしますが、ただ「上司と自分」という関係が根本にあり、その上で上司が自分に愚痴や文句を言ってくる場合は、これはそんなに悪い事でもないのです。

何故かと言うと、たとえば、目上の人が、客先の悪口や愚痴をあなたに言ってくる場合は、「部下であるあなたを頼っている」とも言えるからです。

実際、上司からすれば、部下を信頼してないと、部下に対して愚痴を漏らすなんてことは、なかなかしないものです。

部下のことを信頼していなかったら、もっと上司たる振る舞いをするでしょうし、毅然とした態度を取るでしょう。

部下であるあなたに対して愚痴や不満をぶつけてくるということは、部下に「弱いところ」を見せちゃってるわけです。

だから、こんな場合、「自分は頼りにされているのだ☆」と、プラスに考えて素直に喜んじゃいましょう(*´∀`*)

こうやって、何でも自分のプラスになる様な考え方をするのが大事です☆

その上で、逆に、自分が親になったつもりで、子供(上司)の愚痴を聞いてあげるという気持ちになればいいのです(笑

たとえ相手が年上の上司でも、「人間的には自分のほうが大人なんだ」ということを自分でちゃんと分かっていればいいのですね。

その上で、「ああ、この子は、まだこの段階の人生の学びをやってるんだし、しょうがない子だなぁ〜」と、上司の愚痴を聞いてあげればいいのですね(笑

関連記事
子供は大人より20年進化している

 

ネガティブエネルギーのキャッチボールをしてはいけない

ネガティブな人の愚痴を聞いていると、あたかも相手にエネルギーを奪われているような感じがします。

ただここで、自分が相手に同調をしなかったら、相手のネガティブ波動の影響は受けないのです。

イメージ的には、自分の心にバリヤーを張る感じを想像してもらうと解りやすいと思います。

今回ご質問頂いた方のように、「職場の仲の良い同僚が愚痴や文句を言ってくる」という場合も対処法は同じです。

相手が何を言ってきても、相手に「同調」をしなければ良いのです。

この方は、「私もこの人達と同レベルと言う事でしょうか?」と質問してきていますが、そもそも、この方は相手の事を「自分の仲の良い子だ」と自分で言っていますし、会話のキャッチボールをしているうちは、相手と同じレベルです。

もちろん、この方が、同僚のことを真剣に思っていて、「愚痴や不平不満を言うことによって本人が不幸になっていくのは可哀想だ!」という気持ちもあるでしょう。

しかし、こちらがいくら相手のことを思っていても、相手の性格を変えることは出来ないのです。

これはいつもお伝えしていることですが、基本的には、人は人を変えることは出来ません

仮に相手が変わったとしたら、それは、相手が自分で気づいて変わったってだけで、人に言われて変わったわけでは無いのですね。

そして、その人が愚痴や不平不満を言っているという事は、まだ、その段階の学びをしているということです。

でも、相手のネガティブな言葉を聞いたあなたが、「それは良くないから辞めたほうがいいよ」と、相手を変えようとする言葉を相手に投げかけているということは、お互いに、ネガティブなエネルギーのキャチボールをしている状態なのです。

だから、この方は、自分では相手のことを嫌に思っているかもしれませんが、波動的に見ると二人とも同じレベルです。

仮にどちらか片方が、常に前向きで肯定的な言葉を発していて、いつも高い波動でいられる様な人なら、ネガティブなエネルギーのキャチボールは成立しません。

「波長同調の法則」というのがあるのですが、人間関係は、同じ波長(つまり周波数域が同じ人)が引かれ合っているのです。

同じ波長の人が、今あなたと一緒にいる人ですし、それが現実の人間関係です。


スポンサーリンク



人間関係は「似た者同士」しか成立しない

仮に、相手が物凄いネガティブな言葉ばかり発する人でも、それを聞く側の人が、ポジティブで肯定的な人なら、相手がどれだけ否定的でネガティブな事を言ってきても、「ふー、そうなんだ、へーふーん〜」と言った感じに、会話のキャッチボールにならなくなります。

だから、波長が違う人同士が仲良しになることは無いのです

根暗でマイナス思考の人は、根暗でマイナス思考の人同士と仲良くなり、お互いにネガティブな言葉を言い合って、それを楽しみます。

だから、今回質問いただいたこの方の場合も、もしも相手のことが本当に嫌なら「相手にしない」という選択をすればこの問題は解決します。

そして、相手にしない事によって、たとえ職場で孤立してしまったとしても、本人が「自分はこんなネガティブで否定的な人ばかりのコミュニティなんて嫌だ」と思うなら、一人で居る方が正解なのです

関連記事
孤独と孤高の違い。人間は誰もが“一人”なのです

更に、仮にそんな職場をクビになったとしても、それは「おめでとうございます!」なのです(笑

否定的な人ばかり居る職場から開放されて「よかったね☆」という事なんですよ♪

ただ、こんな時にも、自分が相手のネガティブに一切影響を受けずに、いつも心穏やかにニコニコしていると、相手もこちらにつられて肯定的で前向きな人間に変わってくることは、実際にあります。

わたしは普段から「あなたの目に写るあらゆる物理現象は、自分という心のフィルターを通して見ているだけですよ」という事は話していますが、本当に、自分が変わることによって相手が変わることがあるのです。

関連記事
あなたの身に起きる出来事は、あなたの心の投影でしかない

つまり、人間関係の問題は、自分が変わる事によって相手も変わって解決するか?

もしくは、波長が違う人は、だんだんと離れていって自然と疎遠になり解決するか?

このどちらかだと言えます。

そして、スピリチュアル界隈で今盛んに言われている「2極化」という現象も、こういう事なのかな?と私は解釈しています。

本当に、自分と波動が違う人は、自然と離れて疎遠になるものなのです。

つまり、宇宙の法則によって、嫌な奴とは自然に離れることができるから、ラッキーな時代になったとも言えるのです(笑

しかし、自分が「こいつ嫌だなー」と思っているのに、未だに何年も一緒にいるという事は、自分と相手は同じ波長の人間だという事です。

解りやすく言うと、ネガティブな相手に合わせて一緒に愚痴を言い合うのも、反対に「その愚痴やめろよ!」と相手を否定するのも、エネルギーの流れで言うと、同じなのです(*´ω`*)

 

相手との問題も、自分の中だけで自己解決できる⁉

わたしにメールをくださる方は多いのですが、中には、職場の上司の悪口を、事細かに詳細にメールで送ってくださる方もいます。

この場合、本人は「相談」のつもりでメールをくれるのでしょうが、メールの内容が、相手に対する恨み心を永遠と綴っているだけということに、本人は、まったく気づいていません

しかし、「上司がどれだけ嫌な奴か?」という事を、私に対してメールで愚痴っている時点で、この人も相手と同じレベルだということです。

そもそも、相手と違う波動になった時点で、相手に対する愚痴は出てこなくなるはずです。

たとえ職場に嫌な奴やネガティブ言葉を発する奴が何人もいたとしても、まわりの環境に関係なく、自分が一貫して穏やかな心を保って、前向きで肯定的な事だけを言っていればいいのです。

ただ、こんな事を言うと、「相手のネガティブエネルギーを受け取ったら、それを発散しないといけないのでは?」と言ってきた方が過去に10人以上いましたが、そもそもその考え方自体が間違っていて、相手のネガティブなエネルギーをまともに受け取っているから、そういう発想になるのだと言えます。

相手の愚痴や嫌味や悪口なんて、受け取らなければいいのです!

ネガティブなエネルギーは、受け取らずに、受け流しちゃえばいいのですね☆(*´∀`*)ノ

相手の発したネガティブエネルギーなんて、あなたが受け取りさえしなければ、宇宙のどこかに飛んでいって消滅して終わりなのです(笑

優しい人ほど、無意識にネガティブエネルギーのキャッチボールをしちゃいがちですし、真面目な人ほど、相手のネガティブエネルギーを受け止めてあげるのが「優しさだ」と思ってしまっているものです

ただ、そんな事を続けていたら、自分の心がもちません。

だから、ネガティブな人の言うことなんて、まともに受けずに、受け流しちゃえばいいのです☆

例えるなら、自分が耳栓をしているような気持ちになって、相手の言葉をまともに聞くのを辞めればいいのです。

相手の愚痴に心を動かされるのではなく、「ああ、この人はまだこの段階の学びをしているんだ!まったく、しょがない奴だな〜☆ははは(*´∀`*)」と、自分が神様になったつもりなって、子供の相手をする様に話を聞いてあげれば、自分は影響を受けなくなります。

そして、ネガティブで否定的な人に対して、自分が一貫して肯定的な受け答えをしていると、あなたに合わせて相手が変わってくることがあります。

もしくは、相手があなたから離れていくこともあります。

そしてこれは、どちらに転ぶか?は解りませが、どちらに転んでも、めでたし!めでたし!なのです(笑

つまり、ネガティブで否定的な人の対処法は、相手を変えようとするのではなく、「自分の対処の仕方だけで解決するんだ!」と気づくことですね(*´∀`*)ノ

ココに気づけば、自分の周りの状況が変わってきます。

今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした。


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら