Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

職場で効果抜群! 褒めるテクニック。陰で人を褒めると人間関係が上手く行く!

職場で効果抜群! 褒めるテクニック。陰で人を褒めると人間関係が上手く行く!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`)ノ

今日は「職場で効果抜群! 褒めるテクニック。陰で人を褒めると人間関係が上手く行く!」と題しまして・・・

人を「褒める」というのは、仕事や人生を豊かにするために、めちゃ効果的なんですよ☆

というお話をしますね☆

と言っても、今日のお話は「ただ単に相手を褒めましょう」というのとはちょっと違います。

実は、「褒める」という方法にはちょっとしたテクニックがあります。

そして、この「褒めるテクニック」を使うと、職場の人間関係だけでなく、友人間、恋人間、夫婦間などの全ての人間関係が上手く行くようになり、その結果、人生がどんどんと良い方向へ進むのです♪


スポンサーリンク




なぜ人を褒めると仕事や人生が上手く行くのか?

この事は、普段からこのサイトに遊びに来てくれる方は、感覚的に既にご理解いただいているとは思いますが・・・

人を褒めると人生が上手く行きます

人を褒めることによって上手く行くのは、人生全般に言えることで、仕事、友人関係、家族関係、夫婦関係・・・全てが上手く行く方法と言えます。

では、なぜ人を褒めると人生が上手く行くのか?

その理由を簡単に説明しますと・・・

人を褒める人は、褒めた相手を始め、多くの人から好かれる人になるからです。

人を褒める人は、多くの人から好かれ、今度は自分が褒められる人になります。

その結果、人を褒める人は、自分自身が明るくハッピーになります。

日ごろから褒められ続けている人は、自己肯定感が高くなり、人生がどんどんと上手く行きます。

不意に、人生で問題が発生しても、普段から人を褒めている人は多くの人から好かれているので、必ず誰かが助けてくれます。

人を褒める人は、相手を気持ちよくさせます。

その結果、「気持ちよくなりたい☆」と願う人が、あなたの周りに集まります。

そのため、これをビジネスに置き換えると、商売が繁盛します。

とても簡単な、原理原則です。

というわけで、人を褒めるという事は、良いことだらけなのですよ(*´ω`)ノ

と、ここまでは多くの方が納得できることだとは思います。

しかし、そうは言っても、実際は「人を褒める」というのは、結構難しい部分もあるのです。

たとえば、皆さんもこんな経験は無いでしょうか?

〇良かれと思って相手を褒めたのに、逆に相手から「何か裏があるのでは?」と疑られてしまった。
〇職場の異性の後輩や同僚に対して、純粋に相手の良いところを褒めただけなのに「気がある」と勘違いされてしまった。

なんて経験はありませんか(*´ω`)?

人は十人十色の性格があり、必ずしも自分の本心が、相手に完璧に伝わるわけではありません。

そのため、人間関係とはなかなか難しいのも事実なのです。

そこで今日の記事で皆様にシェアしたい褒めテクニックは、「本人のいないところで褒める」という方法なのです☆

 

自分の評価を上げる為に有効な「陰で褒める」というテクニック

日本人は特に「陰口」が大好きです。

職場のランチの時間などは、大抵は、その場にない上司や同僚の悪口で盛り上がっていたりするもんですw

この理由は、日本人が元々持ち合わせている「共感性の高さ」が要因しています。

日本人は、「周りに同調したい」と考える人が多いため、たとえ悪話や陰口であっても、その話に同調して共感するという事を選んでしまうのですね。

ただ、この事はこのサイトでも頻繁に書いておりますが、そもそも、「誰かの悪口を言う」というのは、自分にとってマイナスになる事ばかりなので、やらないほうがよいのです!

もしも、会社の同僚が、他人の悪口に共感を求めてきたら、あなたは、話を逸らすとか、テキトーに「へ~そうなんぁ」とか相槌を打っておけばよいのです。

相手の悪口に賛同して、自分も一緒に悪口を言って盛り上がってはいけません。

では、そんな時はどうすればよいかと言うと・・・

あなたから話題を振るようなタイミングを見計らい、その噂話を、陰口ではなく「陰褒め」にしてみてください。

すると、周りの状況は180度好転します☆

たとえば、あなたが「職場の上司から気に入られたい」と考えているとしますね。

この場合、どうすればよいかと言うと・・・

「上司のご機嫌を取る努力をする」というのも、まぁ間違いじゃありません。

しかし、もっと良い方法は、「上司がいないところで、上司の事を褒めまくる」をやった方が、数段効果があります

たとえば、あなたがいつも上司に厳しくされていて、本心では上司の事をムカついているとしますね。

そんなあなたの様子を見た同僚は、あなたを労うような気持で「○○部長、いつもあなたの事を目にかけて怒って、ほんとムカつくね!」なんて、言ってくるかもしれません。

そんな時でも、あなたは・・・

「うん、確かに部長はわたしに厳しいけど、わたしは、いつも親身になって指導してくれる部長に心から感謝してるんだ☆」
「部長のお陰で、わたしは人間的に凄く成長できているんだ!」

と・・・

あたかも、心からそう思っているかのような笑顔で、同僚に答えてみてください

この時点では、まだ本当に思ってなくても良いので、とりあえず「口に出して言う」と言うのが大切です。

そしてこれを、出来れば会社の人たち全員に言うのですw

すると、「あなたが部長を褒めている」という噂は、いづれ部長の耳に届きます。

その結果どうなるかと言うと・・・

あなたに対する部長の態度は、次第に変わっていきます

人とは、そういうものなのです。

更に出来たら、こういった事は、家族や友人と言った、職場の人間とは接点が無い人たちにも同じことを話した方が良いのですね。

何故かと言うと、「自分は部長に感謝しているんだ!」と皆に喋っていると、脳の構造上、自分自身が本当にそう思うようになっていくからです。

その結果、あなた自身は次第にプラス思考へと変わっていき、人生が好転していきます。

なぜなら、人には誰しも「思考を現実化させる力」が備わっているからです。

そのため、プラス思考で楽しいことばかり考えている人には、楽しい未来がやってきます。

つまり、あなた自身が変わると、あなたの周りの人も、必ず変わるのです

これが宇宙の法則であり、人間関係の原理原則でもあるのですね(*´ω`)ノ


スポンサーリンク




人は、噂話を勝手に大きくし広める

これは、人間の脳の構造がそうなっていますよ。というお話なのですが・・・

人と言うのは「噂話」を勝手に誇張しますし、自分の勝手な解釈で、話を大きくしてしまうのですね。

そのため、普段から人の悪口などの「陰口」を言っている人は、その人の発した悪口は、どんどんと大きく誇張されて人に伝わっていくのです。

では何故、噂話はどんどんと誇張され大きくなっていくかと言うと、噂話を聞いた人は「事実を知らないから」なのですね。

つまり、「本当の事」を知らない人は、本当の事を知らないがために、噂話で聞いた話の内容の「大きさ」を図る手段が無いのです。

そのため、噂話というのは、噂話となった瞬間に真実からは切り離され、どんどんと大きく変化していくものです。

これを「誇大認知」と言って、人は、事実を見てもいないのに物事を決めつけようとする性質があります。

そのため、普段から陰口を言っている人と言うのは、言ってみれば、悪性の病原菌ウイルスをまき散らしているのと同じくらいの大罪を犯していると言えます。

これが、スピ的に見た「陰口」や「噂話」をする人が魂レベルが低く、宇宙からも愛されない理由なのです。

更には、陰口や悪口を普段から言っている人は、周りから「この人は悪口を言う人」という烙印を押され続けてしまっているのを忘れてはなりません。

では反対に、「陰で人の事を褒める」という事を日常的に行っている人はどうでしょうか?

こんな人は、言ってみれば「幸せウイルス」を爆発的に広めている人であり、スピ的に見ても「徳」を積んでいることになりますし、宇宙からも愛されます。

噂話と言うのは、悪い話も、良い話も、誇張されて広まるものなのです。

その結果、いつも人を褒めている人は、そのまま自分が褒められる人になり、自己肯定感が高まります。

自己肯定感が高まれば、当然仕事は上手く行きますし、出世もするし、お金も稼げるようにもなります。

こうして、「人を褒める人」というのは、自分の人生がどんどんと上手く行くのですよ(*´ω`)ノ

 

陰で人を褒めると、すべての人間関係の問題が解決⁉

わたしは、この事を全ての人が実践したら、将来的には、すべての人間関係の問題は無くなるのではないか?とすら思っています。

人間関係の問題とは、職場の人間関係だけでもなければ、近所付き合いの人間関係だけに留まりません。

大きく言えば、地域全体の人間関係の問題であったり、もっと言えば、国家間の人間関係にだって、これは当てはまるでしょう。

そのため、言ってみれば、「陰で人を褒める」というのは、世界から戦争を無くすことだってできるのではないか⁉

とすら考えております☆

とは言っても、そんな理想の世界が到来するのには、まだまだ時間がかかりそうなので~

とりあえずは、わたしたちの周りから始めていこうではありませんか(*´ω`)ノ

 

陰で褒めるテクニックで気を付けたいこと

では次に、今回の「陰で褒める」というテクニックを使うにあたり気を付けたいことを書きますね。

実は、このテクニックが通用しない相手もいるのです。

それが、サイコパスと呼ばれる特殊な人格を持った人間です。

サイコパスは、「人を思いやる」という感情が普通の人よりも極端に少ないため、このテクニックは通用しません。(わたしもサイコパス相手に実験済みですw)

関連記事
サイコパスとは? 他人の心の痛みを感じないサイコパスの特徴

とは言っても、あなたの上司が仮にサイコパスだったとしても、そのもう一つ上の上司はサイコパスではないかもしれません。

そのため、出来るだけ多くの人に対して、「その人の事を褒める」という事を実践した方が良いのですね。

なぜなら、その方が「あなたが○○さんの事をとても褒めている」という噂が、より広まるからです。

そして実際は、サイコパスの割合なんてとても少ないので、このテクニックは大抵の場合で上手く行くので、まぁ安心してください☆

 

まとめ

今日は「人を褒めると人生が上手く行く」というお話を書いてみました☆

最後にまとめてみますね~

1. 陰口を言うなら「陰で褒める」を実践する。本人を直接褒めるのもよいけど、「陰で褒める」の方が、実際はやりやすいです。
その理由は、相手が目の前にいないので「言いやすい」から☆

2. 陰口、悪口は一切禁止!これらのマイナスな言葉は一言も言ってはいけません。今日から止めましょう。

3. 「褒める」という事は、全ての人間関係の改善に使えるのです。ただし、サイコパスには通用しませんが・・・

4. 「陰で褒める」と言うテクニックは、職場の人間関係で最も効果がありますが、家族間、友人間でも使える、幸せを広める手法でもあるのです☆

読んでいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク