激動時代に備えたお金の話。投資や備蓄は必要か?

激動時代に備えたお金の話。投資や備蓄は必要か?




※このブログは2020.8.23にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は、以前から多かった質問にまとめてお答えすると言うカタチで〜

「投資」とか「備蓄」について、わたしの考えを話をしてみようと思います☆

今回頂きましたご質問をいくつかご紹介しますと・・・

これからやってくる大地震や異常気象に備えて、食料を備蓄しておいた方がよいか?

ハイパーインフレや預金封鎖に備えて、資産防衛のために投資をした方がよいか?

住宅ローンが返せなくなったらどうすればよいか?

金融クラッシュに備えてローンを現金一括で返済したほうが得なのか?

とまぁ、こんな感じに色んな質問を頂いておりますので、順番にお答えしていきますね〜


スポンサーリンク



毎日のほほんと生きていても、困ったことは起きない

日本は、そもそもが地震大国ですので、遅かれ早かれ大きな地震は来るでしょうし、これはしょうがない事でしょう。

最近は気象バランスも狂ってきていますので、これからは局地的な大雨も当たり前の様に起きてくると言えます。

ただ、こういった「異常気象」が当たり前のように起きる様になったら、それはもう「通常気象」となりますので、「異常気象ではない」という事になりますけどね♪

そして、今の様な「時代の転換期」には、こういった色んな事が同時に起きるものです。

これは、過去の歴史を振り返ると解るのですが、たとえば第一次大戦の時は、同時にスペイン風邪が大流行して、全世界で5000万人〜1億人の方が亡くなられたそうです。

この様に、混沌の時期というのは、混沌な状況が重なるものですし、今回の時代の転換期にも、おそらく色々なことが起きてくると予想されます。

というわけで、皆さん将来に不安を感じ、備蓄や投資に興味が湧いてきているのだとは思いますが、ただ「備蓄をするかどうか?」「投資をするかどうか?」は、それは各々で好きに決めることだと私は思うのです。

仮に私が「〇〇という生命保険に入ったほうがいいですよ!」と言ったら皆さん入りますか??(笑

こういう選択に「正解」は無いのです。

だから、皆さんも、自分の好きな様にご自由にどうぞ☆というのが、わたしの答えです(笑

ただ、これを言っちゃうと、今日の動画はココで終わってしまうので、あくまでも、わたしの考えをお話しますね☆

これは、あくまでも「わたし考え」というだけであって、皆さんもそうしてくださいね☆というお願いではありません。

皆さんは、「自分がこうしたい」という選択をするのが、それが自分にとっての正解ですので、その上で、これからお話することを参考にしてみてくださいね☆

関連記事
人生の正解は自分にしか解らない!?自由意志と選択のお話

まず、わたし自身は、特に備蓄というほどの備蓄はしていません。

と言っても、わたしは元々、料理とか全然出来ませんし、どっちらかというと出不精ですので、冷凍食品やインスタント食品を、結構買いだめをするタイプです(笑

仮に、今この瞬間に何らかの災害が起きて、食べ物がまったく無くなったとしても、二週間くらい食べるだけの食料は、元々買ってあります(*´∀`*)

それに、わたしは1日2食しか食べませんし、少ないときだと1日1食の時もあります。

食べる量も皆さんよりも、だいぶ少ないと思いますし、とっても燃費が良いと言えるでしょう(笑

とまぁ、わたしの場合、備蓄にしてはこんな感じなんですが、ただ、それ以前に、わたしは未来に対しての心配が全く無いのです

仮に何か起きたとしても「何とかなるだろう」と楽観的に考えております☆

と言っても、わたしも昔は、すごく心配性な性格でした。

もう10年以上前の話ですが、当時は思いっきりネガティブ基質でしたし、おまけに、いつも愚痴や文句も言ってました(笑

ただ、精神的なこと学ぶことにより「ネガティブが良くない!」と知り、それからは、何でもプラスに考える様に、自分の性格を変えていきました。

そしたら、本当に、人生がどんどん良くなってきたんです☆

関連記事
不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句は、一切言わない方が良い理由
不幸の連鎖を断ち切る。愚痴や不満を言うことは他人に迷惑をかけている

今はもう完全にプラス思考になりましたし、いつも、呑気にのほほんと生きられるようにもなりました(*´∀`*)ノ

ココ数年は、ずっとこんな感じに、のほほんと生きてますけども、この生き方でも、実際、困った事はまったく起きないのです

それどころか、未来を心配してネガティブに生きていた当時よりも、収入も全然増えていますし、仕事のスキルも上がっているので、一日に働く時間もはるかに短くなりました。

だから、今はのわたしは、感覚的には、ほぼ毎日遊んでる様な気分なのです(*´∀`*)ノ

毎日ダラダラとギターを弾いたり、お酒飲んだり、映画を観たり、たまにこうしてユーチューブの動画を作ったりと・・・とっても自由奔放に生きています☆

でも、こんな生活をしていても、何一つ困ったことは起きていないのですね☆

投資に対する私の考え方

次に、投資についてですが、わたし自身も、何年か前は、色々投資をしようかな?と思っていた時期もありました。

ただ、私の場合は、投資でお金を増やそう!というよりも、資産の分散と、好きな企業を応援してみようかな?というマインドで、日本の企業に対して色々投資してみようかな?とは思った時はありましたが・・・・でも結局は何もやっていません(笑

もちろん、今の様な混沌とした時代で生きていれば、資産防衛を考える皆様の気持ちは解ります。

ただ、こんな事言ったら失礼かもしれませんが、仮に、あなたが100億円とか、それ以上の資産を持っているのなら、資産を株や不動産に分散することは考えてもいいとは思います。

でも、数千万程度の現金持ってるくらいなら、たぶん、そのまま現金を持っていた方が良いと、わたしは思うのです。

下手に株に投資したとしても、今は、たまたま株価が上がってますが、どこかでガツンと落ちる時が来るのは、ほぼ間違いありません。

それに、投資経験のない方が、おかしなセミナー講師の言うことを真に受けて投資に手を出すと、高い確率で損をするのは目に見えています。

もちろん、投資をするかしないか?は自己責任ですし、投資をしたい方はすればいいと思いますが、大切なのは、そこに「ワクワク感」があるかどうか?なのです。

そして、多くの方が投資の本質を勘違いしていますが、本来は、「企業を応援する」というのが投資の目的です

ただ、今の資本主義の構造ですと、株主が一番上に来ちゃてるので、皆さん、投資を「自分だけが得をする仕組み」と言った感じに、ギャンブルのように認識してしまっているのです。

ただ、この認識も、おそらく今度数年で変わっていくことでしょう。

おそらく今後は、今のような株主優位の構造も、多くの方が持っている「投資に対する価値観」も変わっていくのではないか?と、わたしは考えています。

つまりこれも、普段私が話している、ピラミッド構造が崩れていくということです。

関連記事
時代はピラミッド構造から村社会構造へ移行している! 支配構造の終焉から共生の時代へ

その時に、多くの方が、株というモノの本来の機能に気づくのではないか?と、わはしは考えています。

もちろん、自分の応援した企業が成長することによりリターンで儲かった!という事なら全然良いと思います。

でも現状は、皆さん、自分が得をすることを最優先に考えています。

多くの方は、「今だけ、自分だけ、得をすればいい!」というマインドで投資をしようと思っているのです。

でも、この考え方自体が、もう古いのですよ。

お金は、何処まで行ってもゼロサムゲームです。

「あなたが利益を得る」ということは、「誰かが損をしてる」という事なのです

だから、自分のマインドが大事なのです☆(*´∀`*)ノ


スポンサーリンク



投資詐欺には気をつけよう(笑

確かに、お金は大事です。

ただ今後は、お金というものが、人生を幸せにする指針の上位に来るような時代ではなくなるのですね。

今後は、皆が少しづつ「お金教」という「お金の呪縛」から開放されていくと、わたしは考えてます。

よく、「株とかFX」と、こんな感じに言う人いると思いますが、でも、これがもう日本語としておかしな事言ってるという事に気づかないと駄目なんです。

何故かと言うと、株というのは、会社の価値を表すものであるといえますが、FXは、通貨の差額で利益を出すためのテクニックの話をしているのです。

それなのに多くの方は、株もFXも、両方共「自分が得をするための手段」だと捉えてしまっています。

でも、本質的なことを言うと、これらは全然違います。

だから一口に「トレード」として、株とFXを一緒のようなものに考えている時点で、マインドがおかしいんじゃないの?と私は思うのです。

もちろん、株をやるも、FXをやるのも、本人が「楽しそうだな☆」と思うなら、やればいいんです☆

ただ、世の中には、投資の素人を狙った詐欺師が溢れかえっています。

だから、皆さんも、そういった輩にだけは騙されない様にしましょうね☆

これについて、ちょっと参考になる話をしますと・・・

たとえば、競馬の勝ち負けを予想をするプログラムというのが、昔からあります。

今はAIがありますが、こういった競馬予想のプログラムは、AIが普及し出す前から色んな方が開発をしていました。

たとえば、あなたが物凄く優秀なプログラマーだとします。

そして、あなたは、遂に、ほぼ100%の確立で勝てる競馬予想のプログラムを開発に成功したとします。

するとあなたは、そのプログラムを自分で使うことにより、莫大な利益を出すことが出来るようになります。

そして、実際に、こうして儲けている様な人は、どうやら居るみたいなのです。

ただ、こういった方法でボロ儲けしている様な人は、絶対に表に姿を現しません。

それは何故か?というと、もしもあなたが、100%勝てるプログラムを自分で開発できたとしたら、あなた自身がそれで儲ければいいわけだからです。

だから、そんな場合に、わざわざ広告費を何百万も使って、自分の開発したプログラムを、多くの人に宣伝しようなんて思わないですよね?ってことなんです。

つまり、広告を打って「こうすると儲けれますよ」と宣伝している人は、200%詐欺師だということです(笑

なぜなら、本当に高確立で儲けることが出来るスキームが存在するなら、そのスキームを、お金をかけて多くの人に宣伝するといった無駄なことを、する筈ないからです

というわけで、皆さんも「投資詐欺」には気をつけましょうね(笑

庶民は何も心配いらない

今回のコロナによって、これから経済がじわじわ縮小していくのは、どうやら決定事項の様です。

ただ、その結果として、皆が少しづつ拝金主義から開放されていくことになるのは、良いことだと思います。

これからは、多くの方が「もう必死に働いて収入を上げるために努力をする必要はなかったんだ!」という事に気づいてくるでしょうし、「わたしたちは、本当はもっとラクに楽しく生きられるんだ☆」という事に気づいてくるのです。

先日、スペインに続いて、ドイツでもベーシックインカムを試験的に開始したそうです。

おそらく、この流れは世界的になっていくことでしょう。

ということは、今までの常識だった「働かざる者食うべからず」という、この価値観自体も変わってくると言う事です

今、資産防衛に躍起になっている人は、どんな人たちか?と言うと、極端な金持ち層です。

たとえば、資産が100億ありますとか、バカでかいクルーザー持ってますとか、自家用ジェット持ってますとか、そういうレベルの金持ちが、今資産防衛に必死になっていると言えます。

これから経済が縮小していくに従って、資産が無くなることを一番恐れているのが、こういった極端な金持ち層なのです。

もちろん、今はたまたまコロナによって莫大な利益を出している超富裕層の人たちも居ますが、ただ今後は、そういう方たちの資産から順番に減っていくことになるのです。

何故か?と言うと、株にしても現金にしても金融商品にしても、本当は実態が無い虚像だからです。

たとえば、今現状の株価の高騰が、実体経済に全く比例していないのは皆さんもご周知のことかと思います。

これは何故か?と言うと、今は、中央銀行が際限なく金融緩和をして、お金の総量を増やしてるだけだからです。

でも、そんなことはずっと続くわけが無いので、どこかで行き詰まるでしょう。

その行き詰まったタイミングが来ても、我々のような庶民は、何もせずに普通にしていれば問題ありません。

仮に、「資産が数千万円あります!」とか、「うちは年収4千万円です!」とか言っても、その程度の収入は庶民ですので(笑)それでも普通にしてればいいと私は考えています。

このくらいの資産規模の方が、下手に投資に手を出しても詐欺師に騙されるだけで、まず上手くいきません。

もちろん、いままでにずっと投資をしてきた人は、そのまま投資を続ければいいと思いますが、「将来が心配だ」というネガティブマインドで、素人がイキナリ投資を始めても、上手くいかないのです。

だいたい、心配とかの「恐怖の想念」が前に来ている状態で何か始めても上手く行かないよ!というのは、もう何度も繰り返しお伝えしてる事です。

あとは、最初の質問にもあった、仮に、金融システムが大クラッシュしたら、その時は、資産を完全に守る方法は無いと言えます。

金融がクラッシュしたとしたら、株を持っていても、不動産を持っていても、ゴールドを持っていても、全て一律で価値が目減りするでしょうし、結局は同じです(笑

そうなると預金封鎖も考えられますが、ただ、日本の場合は憲法を改正しないと、そもそも預金封鎖は出来ないようになってますし、仮に銀行が潰れても1千万円までは保証されるようになっているので、資産が三千万あるなら口座を3つに分けておけばいいだけです(笑

だから、わたし自身は、こういった「資産防衛」の事も全く考えてないないですし、投資にも興味が無いのです。


スポンサーリンク



既存の延長線上で未来を想像するから、将来が不安になる

来年のダボス会議のテーマは「資本主義のグレートリセット」だそうです。

この事実が示すように、今後は、資本主義の仕組み自体が変わっていく事になるでしょう。

つまりこれは、これまで150年間続いてきた資本主義経済の延長線上で未来を語っても何も解らないですよ!という事です。

今後は、今の金融の中心になっているFRBやBISなどの中央銀行が無くなるかもしれないですし、その可能性は充分にあります。

合成覇権通貨や、暗号資産と呼ばれるような、ブロックチェーンによって電子化された通貨が流通すれば、そもそも中央銀行は必要なくなりますからね♪

そうなったら「お金の仕組み」自体が変わります。

今後世界は、電子通貨が主流となり、ベーシックインカムの採用により、多くの方が働かなくなっていく方向に進んでるように、わたしには見えます。

となると、これまで散々言われてきた「年金が2000万円足りない問題」についても、もう、その問題自体が消滅するということになります。

だから、わたしは、未来に何も心配していないのです。

今までの既存の価値観の延長上で未来を想像しても、全く的ハズレなのです(笑

関連記事
今後起きる価値観の変化とは? 多くの方はお金教から開放される
崇拝と支配と依存からの開放

基本的には借金している人のほうが強い⁉

あとは、こんな質問も頂いたのですが・・・

住宅ローンを組んでる方が、「金融システムが変わるなら、今のうちにローンを完済したほうがいのか?」という事だったのですが、これについても、今借金があるなら、借金をしていたままでいいのです。

何故かと言いますと・・・

まず、住宅ローンなんてモノは皆んなが組んでるのですね。

だから、皆で一斉に「もう住宅ローン返せません!」と、100人中100人が全員がバンザイしちゃったら、当然、人数が多い側の方が立場が強くなります。

そうなったら、本当に金融が麻痺しちゃうので、政府が何とかするハズです。

実際にアメリカの場合ですと、「住宅ローン返せない人は、政府がお金出しますよ!」と、トランプさんが言っちゃってます(笑

アメリカでは、日本人のように貯金を貯め込む習慣がないので、ローンを組んでる人の割合がはるかに多く、国がお金を出さなきゃ明日にでも金融クラッシュしてしまうのです。

だから今は、中央銀行が無制限に金融緩和して、金融をクラッシュさせないように必死にシステムを延命をしているのですね。

というわけで、住宅ローンがある方も、何も心配せず、そのままローンを組んでいれば大丈夫です。

まとめ

結論としては、結局は、備蓄にしても投資にしても、自分で決めてください☆って事です(笑

ちなみに、わたしは「備え」を何にもしていません。

もちろん、わたしは独身で子供も居ませんし、もの凄く身軽な状態ですので、だからこんなに気楽にしていられるというのもあります。

子供がいる方ですと、やっぱり子供を守るためにいろいろ考えちゃうのも解ります。

だから、そんな場合は、たとえば紙おむつとかなら、余分に買っておいても腐るもんじゃないですし、粉ミルクをちょっと余分に買っておいても邪魔になるものでは無いので、こういった備蓄は習慣としても良いと思います。

ただ、いつもお伝えしているのですが、「未来に対する心配」とか「恐怖」は、持たないほうがいいのです!

それよりも、今のこの瞬間を楽しく上機嫌に生きていることの方が大切なのですね(*´∀`*)ノ

何故かと言うと、今を楽しく生きる「あなたの感情」が、あなた自身の未来をつくるからです

というわけで、いつもと同じオチにつなげましたけども・・・(笑

今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした。

関連記事
今ココがあなたの未来を創る☆ポジティブで上機嫌でいれば願望は叶う
ポジティブな人はポジティブな現実を自ら作り出している
スローライフのススメ☆新時代にあわせたお金・仕事・生き方のお話
平行宇宙と願望実現のお話☆なぜ思い通りの人生を生きられないのか?


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら