宇宙の全ての物質は、エネルギーで出来ている

宇宙の全ての物質は、エネルギーで出来ている




こんにちは!NORIです☆

今日は「宇宙の全ての物質はエネルギーで出来ている」というお話をしたいと思います☆

いきなり、こんな話を聞いても (´・ω・`)え?

って感じですよねw

実は、この話はスピリチュアルを学ぶ上では基本的な知識と言え、「引き寄せの法則」が何故実在するのか?「何故、願い事が叶うのか?」を証明できる大変重要なお話でもありますので、興味のある方は是非お読みいただけましたらと思います♪


スポンサーリンク




物質は隙間だらけでスッカスカ?!

この世のすべてのものはエネルギーで出来ています。

この事は、量子力学の分野ではすでに科学的に証明されていておりますね☆

たとえば、人間の体を電子顕微鏡で拡大していくと・・・

最初は細胞が見えてきて、次に分子構造、原子、原子核とその周りを回る電子・・・そして最後は物質の最小単位となる「素粒子」まで行き着きます。

イラストにするとこんな感じ・・・

しかし実際は、素粒子は、ひとつひとつの大きさが大変小さく、また、一つ一つの素粒子と素粒子の間は、隙間だらけと言われています。

素粒子の間はどのくらい隙間があるかというと・・・

もし、地球を構成している素粒子の隙間を全部「ぎゅっ」と押し縮めた場合、テニスボールほどの大きさまで縮まってしまうくらい、物質というものはスッカスカなのです。

更に、ひとつの原子核が1円玉くらいの大きさだとすると、その周りを回っている電子との距離は直径約200mほどにもなり、その時の素粒子の大きさは、米粒よりも小さなサイズとなります。

こんな事実も踏まえまして、上のイラストを修正しますと・・・

と、こんな感じに、物質というのはスッカスカの隙間だらけなのですね☆

つまり、この世のあらゆる物質は、99.999%は「隙間」で出来ているのです

すべての物質を構成する「素粒子」がこんなスッカスカな状態なのに、人に触れば、そこにはちゃんと「肌」としての感覚があるし、石だって鉄だって、あんなにカッチンカッチンに堅いのに、素粒子レベルの大きさまで拡大すると、実際は隙間だらけなのですね。

では、どうして隙間だらけの素粒子が、わたしたちを含めた「物質」を構成することが出来るのでしょうか?

それは、素粒子が常に動いていて、隙間を埋めているからなのです

素粒子は、ちょうど太陽の周りを惑星が公転するように、くるくると周って運動しているのですが、これが実は、ものすごい速さで動いています。

正確には回転しながらすごいスピードで振動していると言われています。

わかりやすい例えとして、自転車の車輪を思い浮かべてみてください。

自転車の車輪は止まっている状態では、スポークの部分はスッカスカに隙間があり、向こう側が丸見えで、指を入れることも出来ますよね?

しかし、これが回転している場合はどうでしょうか?

勢いよく回転する自転車の車輪に指を入れると、それは大変なことになりますw

車輪にめがけて石を投げても、回転するスポークに弾き飛ばされてしまうでしょう。

そして、私たちの体も含めて、この世のあらゆる物質は、自転車の車輪と同じ状態なのです。

物質とは、素粒子が膨大なエネルギーで運動していることにより形成されています

つまり、あなた自身も、エネルギーの塊であり、そのあなたが考えることや、普段の思考もまたエネルギーなのです

エネルギーは、東洋では「気」と呼ばれ、スピリチュアルの世界では「波動」と呼ぶ人もいます。

霊能者の間では「霊力」と言ったり、スターウォーズでは「フォース」と呼ばれていますw

このように、わたしたち人間も含めて、この世のすべてのものはエネルギーで出来ているのですね☆

関連記事
引き寄せの法則が上手く行かない理由とは? 引き寄せと量子力学のお話


スポンサーリンク




人間だけが素粒子の振動数を変えることが出来る

このように、わたしたち人間はエネルギーで出来ていることをご理解いただけたかと思います☆

エネルギーとは、素粒子が物凄いスピードで振動をしている状態です。

そして、ここからが大切なことなのですが・・・

実は、人間は、この素粒子の振動数を自分で変えることが出来るのです

バシャールは、この振動数についても、正確な数値を出しており、一般的な普通の人は毎秒10万〜17万サイクル。

仏陀やキリストなど、高次に高い人格を持つ人は、毎秒20万サイクル以上と言われています。

そして、人間の振動数が、毎秒33万3千サイクルを超えたときに、人はアセンションに向かうことができると言われているのですね♪

関連記事
アセンションとは? アセンションに向かうと起きる変化

世の中で成功したり、お金持ちになったりする人は、この「振動数が高い人」と言われています。

逆に「振動数」が低い人は、病気になったり、普段から元気がない人と言われています。

しかし、わたしたち人間は、自分の意志で振動数を変えることが出来るのです。

その、振動数を上げるためのコツは、事業家の斎藤一人さんが解説してくれていますが・・・

わくわくするような楽しいことをする
普段から大きな声で話すようにする
少し速いものに乗る(新幹線や飛行機とか)
普段から少し早足で歩く

と、このような事を普段から意識することにより、わたしたちの振動数は徐々に上がってくるようですね☆

普段から、わくわくするような楽しいことをしていると、振動数が上がるのはとても体感できやすいと思います。

たとえば、休日に思いっきり遊んで楽しかった時は、家に帰ってもまだ気持ちがワクワクして落ち着かない経験をしたことがある方も多いかと思います。

こう言った状態は「振動数が上がっている状態」なのです。

そして、スピリチュアリストや事業家の「成功法則」で頻繁に言われている、「普段から楽しい事を考える」「自分わくわく出来る大好きなことをを仕事にする」というアドバイスも、まさに的を得ているといえます。

つまり、心からわくわくするような楽しいことを仕事としていれば、その人のエネルギーの振動数が上がり、人は成功するようになっているのです

そう言われてみると、仕事が出来る人、社会的に成功する人で、のんびりとしていて動きが遅い人はいません。

成功する人は皆、行動がとにかく速く迅速です。

そして、ぼそぼそと小さな声で喋る人が成功したという事例も歴史上一人もなく、成功する人は、大抵は大きな声でハキハキと喋る人です。

振動数が高い人は、人を惹きつけますので異性にもモテます。

なぜなら、人も、物も、お金も、この世のものはすべてがエネルギーなので、振動数の高いエネルギーは、振動数の高いエネルギーと作用し引かれ合うのです

そして、ここで言う「振動数」というのは、実はスピリチュアルな世界でよく言われる「波動」の正体でもあるのですね

関連記事
波動を高くする習慣をつけよう!波動を下げると自分が損する!?

 

自分がエネルギーであることが解った時、引き寄せの法則を理解できる

近年、科学研究の進歩により、今までは解らなかった事が、徐々に解明されつつあります。

わたしは、あと100年もすれば、スピリチュアルの世界で言われている「波動」の正体、「宇宙の成り立ち」や「魂」、「人の生まれ変わり」など、あらゆることが科学的に解明されるだろうと信じています。

実際、心理学者の間では「潜在意識」の存在はすでに確認されており、人は潜在意識入っている情報どおりに行動するという事も、心理学でも、脳科学でも解明されています。

つまり、心理学や、脳科学の分野では、潜在意識に夢や願望が入ると、人は無意識のうちに自分で願い事を叶える。とされています。

しかし、願い事が叶ったり、引き寄せの法則が発動したりする理由を、もっとも簡潔に説明するなら、「この世のあらゆる物質がエネルギーで出来ているから」という理由で説明できるのですね。

この世の全ての物質現象はエネルギーです。

という事は、わたしたちは、自分自身で思考をすることにより、エネルギーである物質現象を自分自身で作り出している。とも言えるのですね

そして、これがつまり、引き寄せの法則のメカニズムなのです

関連記事
二重スリットの実験とは? 量子は人間が観察することにより振る舞いを変える!?

 

エネルギーとは神様のこと!?

皆様は、神様とはいったいどんな存在なのか考えたことはありますか?

宗教家の間では、神様はキリストであったり、ブラフマンであったり、アッラーと呼ばれていたり、大日如来と呼ぶ人もいます。

このように、宗教家の間では自身の教えの最頂点に「神」を定義しますが、スピリチュアリストは「宇宙」と呼ふことが多いようです☆

これはおそらく、宗教と言う言葉を出すと毛嫌いする人が多いので、宇宙と言ったほうが、宗教っぽくなくて恰好良いからだと思いますw

しかし、これは呼び方が違うだけで、同じものだとわたしは考えています。

つまり神とは、全宇宙に存在する膨大なるエネルギーそのものであり、宇宙創生から続く、この世のすべての情報なのです

そして、生まれつき、こういった事を感覚的に理解している人が霊能者と呼ばれたり、チャネラーと呼ばれる人たちですが、実はわたしたちも、そもそもエネルギー体なので、本来はこういった能力を誰もが兼ね備えているものなのです。

現在の教育は「科学で証明できないものは存在しない」という唯物論的な考え方が主流になってしまったために、こういった大切な事を忘れてしまっているような気がします。

しかし実際は、世の中のあらゆる物理現象は、科学で証明されている事なんて数%ほどしか無く、殆どのことは解らないのです。

科学的なセンサーを使って検知できないから、そのものは存在しないんだ!なんて考え方は、非常にナンセンスだと思います。

わたしたち人間はエネルギーであり、自らの振動数を上げていくことにより、よりクリエイティブに、より高次に進化できる存在です。

一人ひとりが、嫉妬心や妬みの感情を捨てて、わくわく感一杯でこの世界を生きることにより、わたしたちの思考はそのまま物質現象として現れ、その結果、この世から戦争はなくなり、その時、地球が本当の意味での天国になる

と、わたしは考えております☆

そして、これが俗にいうアセンションなのですね(*´ω`*)丿

読んで頂きありがとうございました!

関連記事
神は人間の創造主ではない。魂と肉体の起源のお話
魂と輪廻転生の仕組みを、図解してみた


スポンサーリンク